編集の仕事はWebの拡大とともに増える傾向にあります。

しかしながら編集の経験者の数はそう多くはなく、Web媒体の編集者は足りない現状があります。

未経験から編集業務に携わるには、チャンスの時期と言えるでしょう。

ここではそんな編集者の仕事に転職をするための心構えや、編集の転職の上手な選び方についてまとめてみました。

編集転職を成功させるためにやるべき5つの事

自分の判断で業界や職種などを絞りすぎない

新卒の場合にも言える事ですが、中途で転職する場合、今まで自分がやって来た事、興味を持ってきた事をよく洗い出してみましょう。

全く興味もなければ業界にも商品にも触れた事がない、というようなテーマの媒体は厳しいかもしれませんが、日常生活で触れる機会のあるものや事、今まで興味はあったけれど携わるチャンスのなかった物など、少し間口を広げて考えてみると、応募できる案件が増えて来るはずです。

休日や福利厚生などの確認

気になる案件を見つけたら、条件の確認も大切です。

休日は?

勤務時間は?

どうしても時間が不規則になりがちな職種です。

口頭でも必ず残業の有無、休日出勤の有無は確認しておきましょう。

強制ではないけれど、やはりその場で他のメンバーが遅くまで働いているのに一人だけ帰るのはちょっと、など、自分の性格もよく考えて、聞き方を変えてみるのも一つの方法です。

名目だけ福利厚生の制度はあっても、入ってみたら誰も使っていないかもしれません。

「その制度は年間どれくらい利用されていますか?」など、具体的な質問を考えてみましょう。

媒体や表現手法、企業規模などを確認する

上にも書きましたが、現状需要が高いのはWeb媒体の編集者です。

どうしても紙媒体にこだわるのか、Web媒体でも紙媒体でも編集者の仕事にこだわるのか、雑誌を扱いたいのか、小説や漫画などが扱いたいのか、出版社の出版物にこだわるのか、ベンチャー企業のWeb媒体にチャレンジしてみるのもありなのか、自分の中の可能性や現状の需要状況などを照らし合わせて選択肢を考えましょう。

現状の幅広い選択肢に何があり、自分の中ではどこまでが許容範囲で、どこからが範囲外なのか、しっかり考える必要があります。

実は今まで選択肢に無かった物が意外にしっくりくる、なんて事もありますので、初めの選択肢は幅広く集めてみましょう。

自分の強みを知っておく

自分に何ができるのか、どんなスキルや知識があるのか、きちんと整理し、人に説明できるようにしておきましょう。

なんとなくでは絶対に相手には伝わりません。

話を盛りすぎてしまっても入社してから自分の首を絞める事になってしまいますし、話さなければ入社のチャンスを逃してしまうかもしれません。

正しく自分のできる事をまとめ、話せるように準備しましょう。

転職の目的を明確にする

自分は何がしたいから転職を考えたのか、そのポイントを明確にしておきましょう。

そのポイントがブレてしまうと転職の意味がなくなってしまいます。

新しい仕事を決める際も、最後にそのポイントがズレていないか、きちんと確認できるようにできるだけ整理して、明確にする必要があります。

編集の仕事に転職するに当たっての必要な心構え

譲れない条件は決めておく

これは上記の目的にもかなりリンクする部分が出てくると思いますが、どこまでの条件は絶対に譲らないのか、どこまでなら譲れるのか、そこを予め決めておくと交渉がしやすくなるでしょう。

扱う題材がドンピシャだったら他の条件は多少譲る、この条件だけは絶対に譲らないなど、自分の中である程度条件のラインを決めておくといいでしょう。

自分を客観的に評価する。過小評価も多大評価もNG

自分にできる事、できない事、得意な事、アピールポイントをできるだけ客観的に把握しておきましょう。

過小評価し過ぎてもチャンスを逃す事になりますし、過大評価しすぎても入社してから自分が困る結果になります。

何が得意で、自分が入社したら会社にどんなメリットがあるのか、できるだけ具体的に説明できるようにしておく事が大切です。

編集の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

年収の高い会社を選ぶ

現状の基本給、実際の年収はいくらなのかきちんと把握しておきましょう。

年収の提示額がいくら以上なら今よりも年収が上がったと言えるのか、いくら以下だと下がってしまうのか、残業代はつくのか、現状の残業代がどのくらいなのか、計算しておく事が必要です。

自分の価値を高める

年収の高い会社はそれだけ求められる内容もハードルが上がります。

それに伴うだけの自分のアピールポイントはどこにあるのか、今までの実績などを説明できるようにまとめておきましょう。

自分にあった編集の転職求人の選び方や注意点

自分はどんな内容の仕事がしたいのか、どんな働き方を目指しているのか、ただなんとなく漫然と仕事を選ぶのではなく、1つ1つの要素を自分の中で明確にしながら仕事を探していく事で、より自分にあった仕事を見つけましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

編集者の仕事の雇用形態にはいろいろな形があります。

正社員、契約社員、派遣社員、外部委託、アルバイトなど、自分の働き方ややりたい内容に合わせて選ぶ事もできます。

またやりたい仕事に希望の雇用形態があるのかどうかはきちんと聞いてみると良いでしょう。

【選び方②】扱う題材から探す

何を扱う媒体を編集するのか、どんな媒体を編集するのかが明確になっている場合はそこから仕事を探してみましょう。

現状はWeb媒体の求人のが圧倒的に数がありますので、Web媒体の編集者の求人は狙い目です。

【選び方③】会社の業態や規模から考える

Web媒体の場合はベンチャー企業が参入している事も多いので、比較的自由度が高く仕事ができるケースが多いです。

ただ給与面では今後上がる可能性はありますが、スタートは低めの傾向が高いです。

会社の将来性を見越してベンチャーに就職するのも1つの手ですが、どうしても安定した企業に就職したい場合は、会社の規模などをきちんと調べておくといいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

働き方の自由度と給与はなかなか両立が難しいのが現状です。

給与が高い場合は就労時間が長かったり、自由度が高いと給与が低かったりと、なかなかどちらも好条件という仕事は少ないので、どちらが自分にとって重要な条件なのか整理しておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地がどこになるのか、今住んでいる場所から何分くらいで行けるのか、乗換えはあるのか、電車で通うのかバスなのか、自転車通勤や車通勤は可能なのかなど、住んでいる場所と勤務地との位置関係、通勤手段は把握しておきましょう。

まとめ

転職を成功させるために必要なのは、何を持って「転職が成功した」と言えるのか、という点を自分の中で明確にしておく事です。

そのためには必要な条件や自分の目標をしっかりと決める事が転職成功のための第一歩と言えるでしょう。


関連キーワード

編集求人

編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

著名人や有名人に会える華やかな世界。または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。実際はどんなことをしているのでしょうか?今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。雑誌編集者の大まかな仕事内容大きく分けて6つの項目に分かれています。締め切りに向かってスケジュールが進行していき、6つの項目を順

web編集求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時にアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方ではないでしょうか。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、webライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなweb編集のお仕事についてご紹介。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!web編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にweb編集の仕事といっても、働く場所や参加するプロジェクトによって、仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュ

書籍編集バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

編集の仕事は、企画を考え、本や雑誌、Webなどのコンテンツを作ることです。企画を考え、それが通ったら、ライターやデザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を発注し、予算と期限内に形にまとめ、印刷所に入稿します。編集者になりたいけれど、大手出版社は採用人数も少なく競争率がとてつもなく高いので狭き門。ですが、私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めば、そのまま正社員になれる場合もあります。私はこんなところで書籍編集のアルバイトをやりました私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。出版社で仕事をしたのはこの時が初めてだったの

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、リストラも盛んに行われているため、転職を考える人も少なくないでしょう。そこで、編集プロダクションの転職におけるポイントや注意点を解説します。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2個のことブラック企業編集プロダクションは総じて、ハードワークであり、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事。それでいて給料も安いことがよく指摘されています。実際にその通りなので覚悟が必要なのですが、編集プロダクションの中でも、多少なりとも差があることも確か。「楽な仕事」や「高収入」であることはまずありませんが、「今

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションには、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないともよく言われるのですが、本当なのでしょうか…。気になるその実態に迫ってみましょう。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社によって幅がありますが、14〜18万円くらいです。正社員で転職した場合転職の場合は、経験値やランクによってかなり変わります。平均的には19〜25万円といったところですが、経験が浅い人はもう少し安くなりますし、ベテラン編集者であれば、30万円を超える場合もあります。パート・アルバイト時給で1000〜1500円くらいが平均的です。編集

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

編集プロダクションの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションでの仕事が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?出版社との違いなども経験者が解説

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見、きれいで楽しそうで、割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたらいいのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製

編集プロダクション求人でよくある募集内容や編集の仕事の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業務なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。編集プロダクションのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌、ムック本などを企画し、取材や編集を行って印刷所に入稿するところまでを請け負います。自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリ