編集の仕事はWebの拡大とともに増える傾向にあります。

しかしながら編集の経験者の数はそう多くはなく、Web媒体の編集者は足りない現状があります。

未経験から編集業務に携わるには、チャンスの時期と言えるでしょう。

ここではそんな編集者の仕事に転職をするための心構えや、編集の転職の上手な選び方についてまとめてみました。

編集転職を成功させるためにやるべき5つの事

自分の判断で業界や職種などを絞りすぎない

新卒の場合にも言える事ですが、中途で転職する場合、今まで自分がやって来た事、興味を持ってきた事をよく洗い出してみましょう。

全く興味もなければ業界にも商品にも触れた事がない、というようなテーマの媒体は厳しいかもしれませんが、日常生活で触れる機会のあるものや事、今まで興味はあったけれど携わるチャンスのなかった物など、少し間口を広げて考えてみると、応募できる案件が増えて来るはずです。

休日や福利厚生などの確認

気になる案件を見つけたら、条件の確認も大切です。

休日は?

勤務時間は?

どうしても時間が不規則になりがちな職種です。

口頭でも必ず残業の有無、休日出勤の有無は確認しておきましょう。

強制ではないけれど、やはりその場で他のメンバーが遅くまで働いているのに一人だけ帰るのはちょっと、など、自分の性格もよく考えて、聞き方を変えてみるのも一つの方法です。

名目だけ福利厚生の制度はあっても、入ってみたら誰も使っていないかもしれません。

「その制度は年間どれくらい利用されていますか?」など、具体的な質問を考えてみましょう。

媒体や表現手法、企業規模などを確認する

上にも書きましたが、現状需要が高いのはWeb媒体の編集者です。

どうしても紙媒体にこだわるのか、Web媒体でも紙媒体でも編集者の仕事にこだわるのか、雑誌を扱いたいのか、小説や漫画などが扱いたいのか、出版社の出版物にこだわるのか、ベンチャー企業のWeb媒体にチャレンジしてみるのもありなのか、自分の中の可能性や現状の需要状況などを照らし合わせて選択肢を考えましょう。

現状の幅広い選択肢に何があり、自分の中ではどこまでが許容範囲で、どこからが範囲外なのか、しっかり考える必要があります。

実は今まで選択肢に無かった物が意外にしっくりくる、なんて事もありますので、初めの選択肢は幅広く集めてみましょう。

自分の強みを知っておく

自分に何ができるのか、どんなスキルや知識があるのか、きちんと整理し、人に説明できるようにしておきましょう。

なんとなくでは絶対に相手には伝わりません。

話を盛りすぎてしまっても入社してから自分の首を絞める事になってしまいますし、話さなければ入社のチャンスを逃してしまうかもしれません。

正しく自分のできる事をまとめ、話せるように準備しましょう。

転職の目的を明確にする

自分は何がしたいから転職を考えたのか、そのポイントを明確にしておきましょう。

そのポイントがブレてしまうと転職の意味がなくなってしまいます。

新しい仕事を決める際も、最後にそのポイントがズレていないか、きちんと確認できるようにできるだけ整理して、明確にする必要があります。

編集の仕事に転職するに当たっての必要な心構え

譲れない条件は決めておく

これは上記の目的にもかなりリンクする部分が出てくると思いますが、どこまでの条件は絶対に譲らないのか、どこまでなら譲れるのか、そこを予め決めておくと交渉がしやすくなるでしょう。

扱う題材がドンピシャだったら他の条件は多少譲る、この条件だけは絶対に譲らないなど、自分の中である程度条件のラインを決めておくといいでしょう。

自分を客観的に評価する。過小評価も多大評価もNG

自分にできる事、できない事、得意な事、アピールポイントをできるだけ客観的に把握しておきましょう。

過小評価し過ぎてもチャンスを逃す事になりますし、過大評価しすぎても入社してから自分が困る結果になります。

何が得意で、自分が入社したら会社にどんなメリットがあるのか、できるだけ具体的に説明できるようにしておく事が大切です。

編集の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

年収の高い会社を選ぶ

現状の基本給、実際の年収はいくらなのかきちんと把握しておきましょう。

年収の提示額がいくら以上なら今よりも年収が上がったと言えるのか、いくら以下だと下がってしまうのか、残業代はつくのか、現状の残業代がどのくらいなのか、計算しておく事が必要です。

自分の価値を高める

年収の高い会社はそれだけ求められる内容もハードルが上がります。

それに伴うだけの自分のアピールポイントはどこにあるのか、今までの実績などを説明できるようにまとめておきましょう。

自分にあった編集の転職求人の選び方や注意点

自分はどんな内容の仕事がしたいのか、どんな働き方を目指しているのか、ただなんとなく漫然と仕事を選ぶのではなく、1つ1つの要素を自分の中で明確にしながら仕事を探していく事で、より自分にあった仕事を見つけましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

編集者の仕事の雇用形態にはいろいろな形があります。

正社員、契約社員、派遣社員、外部委託、アルバイトなど、自分の働き方ややりたい内容に合わせて選ぶ事もできます。

またやりたい仕事に希望の雇用形態があるのかどうかはきちんと聞いてみると良いでしょう。

【選び方②】扱う題材から探す

何を扱う媒体を編集するのか、どんな媒体を編集するのかが明確になっている場合はそこから仕事を探してみましょう。

現状はWeb媒体の求人のが圧倒的に数がありますので、Web媒体の編集者の求人は狙い目です。

【選び方③】会社の業態や規模から考える

Web媒体の場合はベンチャー企業が参入している事も多いので、比較的自由度が高く仕事ができるケースが多いです。

ただ給与面では今後上がる可能性はありますが、スタートは低めの傾向が高いです。

会社の将来性を見越してベンチャーに就職するのも1つの手ですが、どうしても安定した企業に就職したい場合は、会社の規模などをきちんと調べておくといいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

働き方の自由度と給与はなかなか両立が難しいのが現状です。

給与が高い場合は就労時間が長かったり、自由度が高いと給与が低かったりと、なかなかどちらも好条件という仕事は少ないので、どちらが自分にとって重要な条件なのか整理しておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地がどこになるのか、今住んでいる場所から何分くらいで行けるのか、乗換えはあるのか、電車で通うのかバスなのか、自転車通勤や車通勤は可能なのかなど、住んでいる場所と勤務地との位置関係、通勤手段は把握しておきましょう。

まとめ

転職を成功させるために必要なのは、何を持って「転職が成功した」と言えるのか、という点を自分の中で明確にしておく事です。

そのためには必要な条件や自分の目標をしっかりと決める事が転職成功のための第一歩と言えるでしょう。


関連キーワード

編集求人