編集の仕事って面白そうだけど、何をすれば編集者になれるんのだろう?

そんなふうに考えたことはありませんか?

なんとなく難しそう、具体的にどのような仕事をしているのかよく分からない、何をしたら編集者になれるのか全く見当がつかないなど、敷居が高いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

実際にはWebの普及に伴い様々なWebメディアが立ち上げられており、一方でそのサイトを編集できる人の数は少なく、編集者は足りていないという現実があります。

紙媒体がなかなか苦戦している現在、Webに絞って編集者を目指すのも良いかもしれません。

転職をして編集者という憧れの仕事に就いてみませんか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

編集者になるには?

どのような媒体の編集をしたいのか、自分の得意なことを活かせる媒体を探すのか、まずは積極的に学んでみたいことや自分の得意とすることを考えてみましょう。

今までアパレルの仕事をしていたのならファッション系のサイト、金融系の仕事をしていたなら節約術や上手なお金の貯め方などの生活系のサイト、というように自分の持っている知識や経験が活かせるサイトを選ぶと採用されやすく、即戦力として働けます。

まずは自分の持っている知識や経験を、学生時代まで遡って思い出してみましょう。

編集者になるにはどのような資格・経験が必要?

編集者になるには、特に決まった資格や経験などを要求されることはありません。

ただし、専門性の高い医療系や法律・金融系のサイトを希望する場合には、そのサイトに必要な知識や経験が問われることがあります。

例えば病院や薬局での勤務経験・薬剤師や看護師資格などがあると重宝されるでしょう。

とは言え、一般的な情報サイトではそこまでハードルの高い資格を求められることはまずありません。

特に未経験から編集者に転職を考える場合には、経験がない分、業界や商品に対する専門知識などで経験を補えることをアピールできれば、採用に繋がる可能性が上がります。

編集にはどのような種類がある?

編集者と言っても、どのような媒体の編集をするのかによって仕事内容は大きく変わってきます。

ここでは、媒体別に編集者の仕事内容について触れていきます。

紙媒体の編集

主に雑誌・ムック・書籍・フリーペーパー・カタログなどの紙媒体の編集者の場合、工程も多く関わる人も多岐にわたります。

一般的に編集者というと雑誌などのイメージが強いかもしれませんが、大手出版社の編集者はやはり狭き門であることに間違いはありません。

いきなりそこを目指すのはなかなか難しいかもしれませんが、ステップアップしていくことで可能になることもあります。

また、出版社の規模などによって、編集者が企画も編集もライティングも撮影も全てをこなすようなケースも出てきます。

一度に多くのことを初めてこなす、というような状況になる可能性も考え、どこまで自分にできるのか自分のキャパシティも考えながら就職先を選びましょう。

最近では、地域密着型のフリーペーパーの編集者を募集しているのをよく見かけるようになりました。

編集者としての入り口としてはハードルが低いので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

Web媒体の編集

Webサイトのページの企画や構成を決め、編集するのが主な仕事です。

Webの場合は文章の構成以外にもSEO対策や対策ワードの設計・構成なども任されることもあるため、紙媒体とはまた違う知識やスキルを求められるケースがあります。

もちろん文章の構成や誤字脱字のチェックが主な仕事内容ですが、業務範囲がどこからどこまでなのか、きちんと確認してから仕事に就くことをおすすめします。

SEOについてはそれなりに知識や経験が求められるため、自分にできること・できないことをしっかり精査しておきましょう。

できないことを面接でできると言ってしまうと後から悔やむことになりますので、業務の範囲についてはしっかりヒアリングすることをおすすめします。

動画の編集

この仕事はどちらかというと、クリエイター色の強い仕事になります。

編集者という呼び方もあまりされませんので、ここでは触れません。

編集者の就職先や募集状況は?

Web編集者の募集が一番多いのが現状です。

紙媒体の編集者へ転職希望の場合は未経験OKの募集というのは少なく、未経験で他職種からの転職を考えた場合、一番狙い目なのはWebの編集者だと言えます。

Web媒体を運営する企業は現在も増えており、一つの企業が多くのサイトを立ち上げているケースもあります。

それに対して、サイトごとに編集者を置くには無理があり、人材不足なのが実情です。

またサイトの乱立により記事そのものの執筆をするライターも不足しているため、いきなり編集者にチャレンジするのはハードルが高いと感じる場合には、まずは未経験OKのライターの募集に応募してみるのも良いでしょう。

そこでライターとして経験を積んでから、編集者にステップアップするという方法もあります。

編集の主な就職先

編集者の就職先には、どのような企業や団体があるのでしょうか。

その働き方などによっても少しずつ就職先も変わってきます。

具体的にどのような企業や団体で、どのような働き方ができるのか見ていきましょう。

出版社

雑誌や書籍などをメインで発行する出版社は、まず編集者の就職先として誰もが思い浮かべる企業ではないでしょうか。

確かにここでは多くの編集者が活躍しています。

ただしここへの転職は、未経験では余程の専門知識やスキルがあるなどの場合以外はかなりの狭き門だと思った方が良いでしょう。

いきなり出版社の編集者になるのは難しくても、最初は「編集アシスタント」と呼ばれるアルバイトから仕事を覚え、段階を踏んでステップアップする方法もあります。

最終的に出版社での編集者を目指すことは充分に可能です。

自分のスキルアッププランを考えながら、就職先を探していくのも一つの方法です。

編集プロダクション

出版社などの編集部から記事を請け負って作成したり、ムックなどを丸ごと1冊請負ったりします。

規模が小さい分仕事の量に波もありますが、Webと紙媒体の両方を手がけていることも少なくありません。

一から編集業務全般について教えてもらえるケースも多いので、編集者として力をつけるには非常に有難い職場となります。

大きな仕事が入った場合急に募集がかかることもありますので、こまめにチェックすると良いでしょう。

未経験で編集の仕事に就きたい場合は、編集プロダクションを視野に入れておくことをおすすめします。

サイトの運営会社

Web媒体の運営会社は、今最も編集者の募集の多い企業です。

紙媒体との大きな違いは、SEO対策のワード設計業務が必要になることです。

入社してから覚えることももちろんできますが、SEOって何?という状態では入ってから困ることもありますので、事前にある程度の基礎知識は身につけておきましょう。

編集者としてのスキルが元々あれば有利ですが、未経験でもそのサイトで取り扱う情報に詳しかったり、知識が豊富だったりといった条件に合えば、採用される可能性はあります。

逆に募集があったからといって、全く知識も経験もない業界や興味の持てない業界にいきなり飛び込んでしまうと、後から自分の首を絞めることになってしまうので注意が必要です。

ここでも編集者と同時にライターの募集をしていることが多いので、募集職種をよく調べ、自分にできそうな職種から始めてみると良いでしょう。

企業内の説明書や広報誌などを作成するセクション

企業の中でも広報誌やメーカーなどの商品の取り扱い説明書を作成するセクションなどでも、編集者が必要になります。

完全に外注している場合は別ですが、編集者という仕事を経験したいと思うのならば、今自分のいる企業や団体の中で編集者の必要なセクションがないかどうか調べてみましょう。

自分が制作に関わっている商品がある場合には、その取り扱い説明書を作成するには充十分な知識があるということなので積極的にチャレンジしてみましょう。

このような知識を活かして社内で異動先を見つけてみるのも、編集者への第一歩になり得ます。

編集者としてのスキルを身につけ、やりたい媒体などへの転職とステップアップするのも一つの手段です。

編集者の働き口はどの程度あるの?

既に書きましたが、現状では紙媒体よりもはるかにWeb媒体の編集者の需要が多いです。

ハローワークや転職情報サイトなどを調べてみると、募集自体はかなりの数が出ています。

やはり経験者の募集が多いですが、未経験でもトライできる仕事や、編集の経験はなくても業界知識や商品知識などを見てくれる企業もありますので、根気良く探してみると良いでしょう。

あなたのやる気を買ってくれる会社が、きっと見つかるはずです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

経験者が語る!その1:私の転職事情

筆者は、テレビなどの番組の制作会社から、旅行サイトの編集者に転職しました。

経験者が語る!その2:私は編集に転職するためにこんなことをやりました

全くの異業種からの転職を成功させるためには、今までどのようなことに携わってきたのか、その経験をどのように仕事に活かせるかを面接でアピールすることが大事です。

事前準備としては何が必要で、どのような知識や経験が採用に繋がるのかを考えながら準備を進めると良いでしょう。

今までの仕事で経験したことをきちんとまとめてみる

番組制作を行う際、企画を立てた後にやることはリサーチです。

徹底的にリサーチを行い、今から作る企画がきちんと成立するのか、企画に対してどのような意見が多いのかを把握しておく必要があります。

そのリサーチの結果によって企画の構成を変えたり、場合によっては企画そのものが変わってしまう場合もあります。

またそのリサーチ内容によって別の企画の原案が生まれることもあり、リサーチは大切な工程になってきます。

実際に制作に入った後も、迷ったりつまずいた時に、リサーチの結果に戻って考え直すこともあります。

私は、今まで仕事の中で大切にしてきたことは何だったか、何を軸に仕事をしてきたのかということをきちんと整理して、面接時にしっかりと自分の言葉で話せるように準備をしました。

仕事の中で培われたモノとアピールポイントを整理する

番組制作の現場はとにかく体力勝負です。

夜中までの撮影や早朝の準備などは当たり前で、自分の体力には自信がありました。

番組制作という仕事柄情報を収集するためのアンテナの高さにも自信がありましたので、そちらもアピールポイントとして話しました。

また、旅行という非日常に上手く取り入れられる流行について、自分なりの意見もまとめておきました。

このように、編集経験がなくても自分がこの仕事でやっていける、今までの経験が役に立つということをアピールすることが大事だと思います。

未経験で編集に転職する際に準備しておきたいこと

編集経験のない状態から編集者に転職するためには、事前にどのような準備が必要か、下調べはどの程度必要かなどについて解説します。

サイトで扱っている題材に対して、自分の経験や知識がどのように役立つのかまとめておく

編集経験がない分、題材に対する理解や専門知識があることをアピールにできるように、また自分の経験を活かす方法をまとめておきます。

自分ならではの切り口で、専門知識を活かした企画をいくつか考えておくのも良いでしょう。

また、経験に基づいた裏技などを盛り込んだ企画も面白いかもしれません。

編集の知識がないのであれば、専門知識で補えることを最大限にアピールする必要があります。

自分が興味を持っていることや調べたことなどから、ユーザー視点での意見をまとめておく

何年も同じ題材で記事を作り続けていると、どうしても企画が偏ってしまいがちです。

そんな中、ユーザー視点から考えた新しい企画をいくつか準備しておくことで、新しい流れを作れることをアピールします。

自分なりのアンテナで情報を収集し、ユーザー視点で欲しい情報や知りたい内容をまとめた企画を考えます。

編集者としての適性があることをアピールできれば、採用になる可能性が高まります。

転職する際の注意点

これはどの職種でも同様ですが、自分の思っているイメージだけで仕事や会社を選ぶのはやめましょう。

「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、事前に情報収集・リサーチをしっかり行うことをおすすめします。

特にこの業界は納期があり時間に追われることも多く、残業や休日出勤を求められるケースも少なくありません。

労働条件は必ず確認し、自分にその覚悟があるのか自分自身を見つめ直すことも大事な作業です。

編集の仕事に興味がある方へ

編集者の仕事は雑誌や書籍に限らず、Webサイトの増加によって求人数も増えています。

いきなり編集者への転職が厳しい場合にはまずライターなどを経験し、その経験をもとに編集者にステップアップするという方法もあります。

自分の得意分野や今までの経験を活かせる分野を扱う媒体での編集アシスタントのバイトから始めたりライターを経験するなどの方法も視野に入れつつ、最終的に編集者への道を目指すのも良いでしょう。

編集者への道は簡単ではありませんが、転職の際は是非この記事を参考にしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

編集ライター求人でよくある募集内容をご紹介!これから求人を探す方はぜひご覧下さい!

文章を書くことが好きな人や作家を目指している人の中には、編集ライターの仕事に憧れている人は少なくないでしょう。雑誌や新聞社などでキャリアをスタートさせる人もいますし、フリーランスとして実績を積む人もいます。最近はネットを介して仕事を募集しているため、気軽に始めることができるようになりました。ただ、編集ライターの仕事にどうすれば就くことができるのか、興味があるけど何をしたら良いのか分からないという人も少なくありません。編集ライターになるにはどうしたら良いのでしょうか?また、編集ライターはどのような仕事をしているのでしょうか?編集ライターにはどういった求人内容があるのでしょうか?編集ライターに興味

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんか。また、雑誌編集の仕事に就きたいと思ったときには求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどあるのと同じで求人情報も数多くあり、どのように仕事を探して良いか分からないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集内容で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、雑誌の内容

雑誌編集者の仕事に向いてる人の特徴は?向き不向きや活かせる経験についてご紹介します!

雑誌編集者の仕事に就きたい方は必見です!芸能人に会える職業のひとつが「雑誌編集者」という華やかな世界。しかし、締め切りに追われて徹夜続きの毎日という点も…。こんなイメージを皆さんはお持ちではないでしょうか?そこで、実際はどんなことをしているのかを今回は紐解いていきます。編集者に向いてる人・向いていない人の特徴や活かせる経験やスキル、あなたに合う求人の選び方まで詳しくお話しさせていただきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者が書いた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正していくのが主な仕事です。実際は編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり記事を書くための

WEB編集求人の募集内容をご紹介!正社員とバイトの違いは?就職・転職の参考に!

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時などアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方です。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、WEBライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなWEB編集のお仕事についてご紹介します。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!WEB編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にWEB編集の仕事と言っても、働く場所や参加するプロジェクトによって仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュレーショ

書籍編集バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身につく力とは?

編集の仕事は、雑誌や書籍などの出版物の企画を考え、出来上がるまでの制作全体を管理する仕事です。企画に合ったライターやデザイナー・カメラマン・イラストレーターなどに仕事を依頼し、ディレクションを行うのも編集者の大きな役割になります。大手出版社は採用人数も少なく競争率が非常に高いので、狭き門となっています。私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めばそのまま正社員になれる場合もありますので、希望を持ってチャレンジしてみてください。私はこのようなところで書籍編集のアルバイトをやりました私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。出版社で

雑誌編集アルバイトのメリットや、そこで身につく力とは?

将来、雑誌編集の仕事がしたい学生さんや、家庭との両立の中でもう一度自分のペースで好きだった仕事に戻りたい主婦の方など、バイトから雑誌編集の仕事に取り組みたいと思っている方は多いのではないでしょうか。ではその雑誌編集のアルバイト事情はどうなっているのか、そのメリットと現場で身につくスキルや知識を詳しく見ていきましょう。雑誌編集アルバイトの仕事内容ってどんな内容?まず雑誌編集の仕事の中で、とりわけアルバイトに任されることが多い仕事内容はどんなものがあるのでしょうか。職種別に仕事内容の詳細をご紹介していきます。記事執筆(ライター)誌面の記事を書く業務です。アルバイトの場合はあまり取材に出ることはなく

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

編集プロダクションへ転職したい方が知っておくべき情報を今回はまとめてみました。出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、転職を編集プロダクションで成功させるにはそれなりの覚悟や意欲が必要とされます。編集プロダクションで年収を上げるための転職をどう成功させるかや、上手な求人の選び方もここで詳しくお話していただきますので、興味のある方は最後までご覧ください。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2つのことブラック企業編集プロダクションはハードワークであることが多く、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事とも言われています。その上給料も安

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションの年収を皆さんご存知でしょうか?編集プロダクションは、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないと言われていますが、本当なのでしょうか…。今回は気になるその実態に迫ってみましょう。また、編集者の給料を上げる方法や、編集プロで働いてみたい方におすすめな求人の選び方までしっかりご紹介させていただきます。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の編集プロダクションの給料相場会社によって幅がありますが、月給で14万円〜18万円程です。正社員で転職した場合の編集プロダクションの給料相場転職の場合は、経験値やランク

編集プロダクションの仕事とは?得意な人の特徴や活かせる経験・メリットについて教えます

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションの仕事に向いてる人の特徴は?出版社との違いについても説明します!

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見楽しそうで割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたら良いのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製品や家電のマ

編集プロダクション求人でよくある募集内容は?自分に合った求人を選びたい方はご覧下さい

「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業種なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。編集プロダクションの大まかな仕事内容大まかな仕事内容編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌・ムック本などを企画し、取材や編集を行い印刷所に入稿するところまでが仕事となります。自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリーラ

書籍編集の仕事内容10個の業務。時系列に沿ってご紹介します!

書籍の編集者の仕事内容には、どのような業務が含まれるのでしょうか?時系列に沿って、一つずつ詳しくご紹介していきます。書店に並ぶ本を見て、自分がこの本の編集をしたと思うと、とてもやりがいを感じるクリエイティブな仕事ですよね。そんな格好良い書籍編集者の具体的な働きぶりを今回は覗いていきたいと思います。ぜひ、仕事探しや転職の参考にしていただき、書籍編集の仕事に興味を持っていただけたら嬉しいです。書籍編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる書籍編集の仕事の役割1:企画立案刊行する書籍の企画立案を行います。企画書を書く前にマーケティングを行い、会社を説得する材料を積み重ねていきます。書籍編集の仕事の役割

雑誌編集とはどんな仕事?仕事内容や雑誌全体においての役割、向いている人の特徴など詳しく解説します!

雑誌編集する職業に携わりたいという方はぜひ最後までご覧ください。「編集」という仕事はよく耳にしますが、実際にはどんな仕事をしているのか気になりますよね?書店やコンビニなどにある全国紙に自分が関われたらと思うと心が躍っちゃいますね。そこで、ここでは雑誌編集の仕事内容とはどういうことを具体的にするのかや、向いている人の特徴についてなどを詳しく紹介しようと思います。雑誌編集を仕事にして自分のやりたいことを職業にしてみましょう。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、一般的に紙媒体と言われる週刊誌や月刊誌、フリーペーパーなどの記事を作り、雑誌を作り上げていく仕事です。どんな題材を扱う雑誌なのかによっても必

書籍編集が向いている人の5個の特徴や必要なスキルとは?

書籍編集者に向いている人の特徴や必要なスキルとは何でしょうか?本の著者とのやりとりなど、書籍が出来上がるまでの工程に欠かせない存在が編集者です。今回は、そんな書籍の編集者になりたい人が知っておくべき情報をまとめましたので、詳しくご紹介していきます。必要なスキルや向いている人の特徴を把握して、憧れの書籍編集者を目指しましょう。書籍編集とはどんな仕事?雑誌以外の刊行物、いわゆる一般書籍の企画立案から刊行までの編集作業の全てを行う仕事です。書籍編集の大まかな仕事内容企画書を書いて会社に提出し、刊行できる内容か社内の企画会議にかけ判断してもらうところから全てが始まります。承諾が得られたら企画に合った著

編集正社員求人でよくある募集内容は?どんな会社が募集を出してる?求人選びの参考に!

バタバタと忙しく働く姿がクローズアップされ、テレビドラマや漫画でも話題になることが多い「編集者」。老若男女問わず、憧れを抱く人が多い職業の一つです。そんな編集者ですが、実は様々な種類があるとご存知ですか?書籍や雑誌・漫画など、担当する媒体によって働き方や業務内容は大きく異なります。今回は、その中でも「雑誌編集者」の正社員として働く際に求められる業務内容や求人について解説していきます。編集(雑誌)正社員求人の大まかな仕事内容編集者の種類雑誌の編集者には、大きく分けて二つのパターンがあります。①雑誌の企画と構成のみを考え、取材やライティングは外部に委託するディレクター型の編集業務の一部を委託するた

雑誌編集の転職を成功させるためにするべき2つのことと、自分に合った求人の選び方や狙い目の転職先の特徴とは?

ここ数年、テレビドラマや漫画でも注目されることが多い「雑誌編集者」。興味や憧れを抱きながらも、実際に転職できるものなのか不安ですよね。実は、雑誌の編集者というのは特に資格を必要としない職業なのです。つまり、機会があれば誰でも転職できる職業です。そこで今回は、雑誌編集への転職方法や注意点などをご紹介したいと思います。雑誌編集の転職で注意したほうが良い2つのこと給与体系・残業代雑誌編集者の給与体系の多くは、「裁量労働制」というもの。毎月一定の残業代が含まれた給与が支給される仕組みです。つまり、残業をしてもしなくても数十時間分の残業代が支払われるのです。これだけだと聞こえが良いですが、逆にどれだけ残

編集者の仕事内容や向いてる人・向いてない人の特徴は?働くメリットについても教えます!

編集者の仕事とは具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか?どんな人と関わりながらどのように業務を進めていくのか。また、どのようなキャリアが積めるのか…。編集者を目指している方にはそのような疑問があるのではないでしょうか。ここではそんな編集者の仕事内容について詳しく紹介します。また、編集者に向いてる人・向いていない人の特徴、この職業のメリット・デメリットについてもお話していきます。編集者はどんな仕事?そもそも「編集」とは、「一定の方針に従って資料や情報を整理し、書物・雑誌・新聞・映画・ラジオ・テレビ番組などを一つにまとめる」ということ。つまり、「企画に沿った情報を集め、アウトプットできる形

雑誌編集求人にはどんな種類があるの?よくある募集内容をご紹介!求人選びの参考に!

雑誌の編集者に興味はあるのだけれど…具体的にはどんな業務をしているのか、求人が多いのはどんな職種なのか、知っているようで実はよく分からないことが多いのではないでしょうか。ここではそんな雑誌編集の求人の選び方や注意点、雇用形態での違いなどについてもご紹介していきます。雑誌編集求人に興味のある方は、この記事をぜひ参考にしていただけたらと思います。雑誌編集のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容雑誌編集者の仕事は、自社の雑誌を多くの人に読んでもらえるような記事を作ること。まず記事の企画を提案し、企画会議を通過したら企画内容に沿った記事を作成していきます。必要に応じて取材を行い、写真を撮り記事を書きます

編集バイト求人でよくある募集内容やよくある疑問について答えます

雑誌や書籍の編集・WEB記事の作成など、今や様々なジャンルに広く使われる編集の仕事。では、編集とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?この記事では編集バイト求人でよくある募集内容など、様々な疑問を解消していきます。もちろん会社や編集の対象媒体、雑誌かWEBかなどで違いはありますが、この記事で大まかな概要を掴めると思います。編集バイトの主な仕事内容にはどのようなものがあるの?編集バイトの主な仕事内容は名前の通り「編集」です。ライターが書いた文章を読みやすく直すというのが、どの会社にも共通している編集の大切お仕事です。会社によってはライターが書く前の記事の「企画立案」も担当させてもらえたり、