編集の仕事って面白そうだけど、何をすれば編集者になれるんだろう?

そんなふうに考えたことはありませんか?

なんとなく難しそうだったり、具体的にどんな仕事をしているのかよくわからなかったり、何をしたら編集者になれるのか全く見当がつかなかったりと、敷居が高いイメージを持っている人も少なくないかもしれません。

でも実際には、Webの普及に伴い色々なWebメディアが乱立する一方、そのサイトを編集できる編集者の数は少なく、編集者は足りていないという現実があります。

紙媒体はなかなか苦戦している現在、Webに絞って編集者を目指すという方法で、転職して憧れの仕事に就いてみませんか?

編集になるには?

どんな媒体の編集をしたいのか、逆に自分の得意なことを活かせる媒体の編集者を目指してみる、など、まずは積極的に学んでみたいことや自分の得意とすることを考えてみましょう。

今までアパレルの仕事をしていたならファッション系のサイト、金融系の仕事をしていたなら節約術や上手なお金の貯め方などの指南をする生活系のサイト、というように、自分の持っている知識や経験が活かせるサイトを選ぶと仕事に繋がりやすく、即戦力で働けます。

まずは自分の持っている知識や経験を、学生時代まで遡って思い出してみましょう。

編集になるにはどんな資格・経験が必要?

編集者になるのに、特に決まった資格や経験などを要求されることはありません。

ただし、専門性の高い医療系の知識が必要なサイトなどを希望する場合には、そのサイトに必要な知識を持っているとわかる資格、例えば薬剤師や看護師などを要求されるケースもあると思いますが、一般的な情報サイトなどの媒体では、そこまでハードルの高い資格を求められることはまずありません。

特に未経験から編集者に転職を考える場合には、編集者の経験が無い分、業界や商品に対する専門知識などで経験を補えることをアピールできるようにしておくと、採用に繋がる可能性が上がります。

編集にはどんな種類がある?

編集者と言っても、どんな媒体の編集をするのかによって、仕事内容は多少変わってきます。

ここでは媒体別に、編集者の仕事内容について触れていきます。

紙媒体の編集

主に雑誌・ムック・書籍・フリーペーパー・カタログなどの紙媒体の編集者の場合、工程も多く、関わる人も多岐に渡ります。

一般的に編集者というと、雑誌などのイメージが強いかもしれませんが、大手出版社の編集者はやはり、狭き門であることに間違いはありません。

いきなりそこを目指すのはなかなか難しいかもしれませんが、ステップアップして行くことで可能になることもあります。

また、出版社の規模などによって、編集者が企画も編集もライティングも撮影も、全てをこなすようなケースも出てきます。

一度にたくさんのことを初めてこなすというような状況になる可能性も考え、どこまで自分に出来るのか、自分のキャパシティも考えながら就職先を選びましょう。

web媒体の編集

Webサイトのページを企画したり構成したり、編集するのが仕事内容です。

Webの場合は文字の構成以外にも、SEO対策や対策ワードの設計・構成などを任されることもあるため、紙媒体とはまた違う知識やスキルを求められるケースがあります。

もちろん文章の構成やチェックが主な仕事内容ですが、業務範囲がどこからどこまでなのか、ちゃんと確認してから仕事に就くことをお勧めします。

SEOについてはそれなりに知識や経験が求められるため、自分に出来ること、出来ないことを自分の中でもしっかり精査しておきましょう。

出来ないことを面接で出来ると言ってしまうと後から後悔することになりますので、業務の範囲についてはしっかりヒアリングすることをオススメします。

動画の編集

この仕事はどちらかというと、クリエイター色の強い仕事になります。

編集者という呼び方もあまりされないですので、ここではあまり多くは触れません。

編集の就職先や募集状況は?

編集者の募集は前述の通り、現状はWebの編集者の募集が一番多いです。

紙媒体の編集者の場合は転職者向けで未経験OKの募集というのは少なく、未経験で他職種から編集者への転職を考えた場合、一番狙い目なのはWebの編集者だと言えます。

Web媒体を運営する企業は現在も増えており、1つの企業が多くのサイトを立ち上げているケースも非常に多いです。

それに対して、それぞれのサイトに編集者を置くには人材不足なのが実情です。

またサイトの乱立により、記事そのものの執筆をするライターも不足しているため、いきなり編集者にチャレンジするのはハードルが高いと感じる場合には、まずは未経験OKのライターの募集に応募し、そこでライターとして経験を積んでから編集者にステップアップするという方法もあります。

編集の主な就職先

編集者の就職先にはどのような企業や団体があるのでしょうか。

その働き方などによっても少しずつ就職先も変わってきます。

具体的にどのような企業や団体でどのような働き方ができるのか考えてみましょう。

出版社

雑誌や書籍などをメインで発行する出版社は、まず編集者の就職先として誰もが思い浮かべる企業ではないでしょうか。

確かにここでは多くの編集者が活躍しています。

ただしここへの転職は未経験の場合、よほどの専門知識やスキルがあるなどの場合以外は、かなりの狭き門だと思った方が良いでしょう。

いきなり出版社の編集者になるのは難しくても、最初はなりやすい編集業務に就いて業務を覚え、段階を踏んでステップアップすることによって、最終的に出版社での編集者を目指すことは十分に可能です。

自分のスキルアッププランを考えながら就職先を探して行くのも1つの方法です。

編集プロダクション

出版社などの編集部から記事を請け負って作成したり、ムックなどを丸ごと1冊請負って作成したりといった仕事を行います。

規模が小さい分仕事の量に波もありますが、Webと紙媒体の両方を手がけていることも少なくないので、一から編集業務全般について教えてもらえるケースもあります。

また、大きな仕事が入った場合急募がかかることもありますので、こまめにチェックしておくといいでしょう。

未経験で編集の仕事に就きたい場合はこちらを視野に入れておくことをオススメします。

サイトの運営会社

Web媒体の運営会社は、今最も編集者の募集の多い企業です。

紙媒体との大きな違いは、SEOの対策ワード設計業務が必要になることです。

入社してから覚えることももちろん出来ますが、SEOって何?という状態では、入ってから困ることもありますので、事前にある程度の基礎知識は身につけておきましょう。

編集者のスキルが元々あれば有利ですが、未経験でもそのサイトで取り扱う情報に詳しかったり、その業界の知識が豊富だったりといった条件に合えば、編集者として採用される可能性はあります。

逆に募集があったからといって、全く知識も経験もない業界や、興味の全く持てない業界にいきなり飛びこんでしまうと、後から自分の首を絞めることになってしまうので注意が必要です。

ここでも編集者の募集と同時にライターの募集をしていることが多いですので、募集職種をよく調べてみて、自分に出来そうな職種から始めてみると良いでしょう。

企業内の説明書や広報誌などを作成するセクション

企業の中でも広報誌を作成しているセクションや、メーカーなどの商品の取り扱い説明書を作成するセクションなどでも、広報誌の編集者や、取り扱い説明書の編集者が必要になります。

完全に外注している場合は別ですが、編集者という仕事を経験したいと思うのならば、今自分のいる企業や団体の中で、編集者のいるセクションがないかどうか調べてみるのもいいでしょう。

自分が制作に関わっている商品がある場合には、その取り扱い説明書を作成するには十分な知識があることでしょう。

そういった知識を生かして社内で異動先を見つけてみるのも、編集者への第一歩になり得ます。

そこで編集者としてのスキルを身につけ、やりたい媒体などへの転職、とステップアップも可能になります。

編集者の働き口はどの程度あるの?

既に書いていますが、現状では紙媒体よりもはるかにWeb媒体の編集者の需要が多いです。

ハローワークや転職情報サイトなどを調べてみると、募集自体はかなりの数が出ています。

やはり経験者の募集が多いですが、未経験でもトライできる仕事や、編集の経験はなくても業界知識や商品知識などを見てくれる企業もありますので、根気よく探してみると良いでしょう。

経験者が語る!その1:私の転職事情

筆者は、テレビなどの番組の制作会社から、旅行サイトの編集者に転職しました。

経験者が語る!その2:私は編集に転職するためにこんなことをやりました

全くの異業種からの転職を成功させるために、どんなことをしたのか、面接でどんなことをアピールしたのかなどを紹介します。

アピールするための事前準備には何が必要なのか、どんな知識や経験が採用に繋がるのか、などを考えながら準備を進めるといいでしょう。

今までの仕事の中で経験したことをきちんとまとめてみる

番組制作を行う際、企画を立てた後にやることはリサーチです。

徹底的にリサーチを行い、今から作る企画がちゃんと成立するのか、どんな意見が多いのかを把握しておく必要があります。

そのリサーチの結果によって企画の構成を変えたり、場合によっては企画そのものが変わってしまう場合もあります。

またそのリサーチ内容によって、別の企画の原案が生まれることもあり、リサーチは大切な工程になってきます。

実際に制作に入った後も、迷ったりつまづいた時にリサーチの結果に戻って考え直すこともあります。

今までの自分の仕事の中で大切にして来たことはなんだったのか、何を軸に仕事をして来たのかということをきちんと整理して、面接の時にしっかりと自分の言葉として話せるように準備をしました。

仕事の中で培われたモノとアピールポイントを整理する

番組制作の現場はとにかく体力勝負でした。

夜中までの撮影や、早朝の準備などは当たり前で、体力には自身がありました。

また、番組制作という仕事のため、アンテナの高さにも自信がありましたので、それもアピールポイントとして話しました。

また、旅行という非日常に上手く取り入れられる流行について、自分なりの意見もまとめておきました。

未経験で編集に転職する際に注意したいこと

編集経験のない状態から編集者に転職するためには、どのようなことに注意するべきなのでしょうか。

事前に必要な準備にはどのようなものがあるのか、下調べはどの程度必要なのかなどについて解説します。

サイトで扱っている題材に対して、自分の経験や知識がどのように役立つのかまとめておく

編集経験が無い分、題材に対する理解や専門知識があることをアピールポイントに出来るように、自分の持っている専門知識や経験を活かす方法をまとめておきます。

自分ならではの切り口で、専門知識を活かした記事の企画をいくつか考えておくのもいいでしょう。

また、経験に基づいた裏技などを活かした企画なども面白いかもしれません。

編集の知識の無い分を専門知識で補える事を最大限にアピールしましょう。

自分が興味を持っていることや調べたことなどから、ユーザー視点での意見をまとめておく

何年も同じ題材で記事を作り続けていると、どうしても企画が偏ってしまいがちです。

そんな中で、ユーザー視点から考えた新しい企画をいくつも準備しておくことで、新しい流れを作れることをアピールします。

自分なりのアンテナで情報を収集し、ユーザー視点で欲しい情報や知りたい内容をまとめた企画を考えます。

編集者としての適性があることをアピールできれば採用になる可能性が高まります。

編集の仕事に興味がある方へ

編集者の仕事は雑誌や書籍に限らず、Webサイトの増加によって求人の数も増えています。

ライターなどの職種の求人も増えていますので、いきなり編集者への転職が厳しい場合にはライターなどを経験し、その経験を元に編集者にステップアップするという方法もあります。

まずは自分の得意な分野や、今までの経験を活かせる分野を扱う媒体での仕事を探し、いきなり編集者への転職が厳しそうな場合にはライターを経験するなどの方法も視野に入れつつ、最終的に編集者への転職の道を探してみましょう。


関連キーワード

編集転職

編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

著名人や有名人に会える華やかな世界。または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。実際はどんなことをしているのでしょうか?今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。雑誌編集者の大まかな仕事内容大きく分けて6つの項目に分かれています。締め

web編集求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時にアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方ではないでしょうか。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、webライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなweb編集のお仕事についてご紹介。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!web編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にweb編集の仕事といっても、働く場所や参加するプロジェクトによって、仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュ

書籍編集バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

編集の仕事は、企画を考え、本や雑誌、Webなどのコンテンツを作ることです。企画を考え、それが通ったら、ライターやデザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を発注し、予算と期限内に形にまとめ、印刷所に入稿します。編集者になりたいけれど、大手出版社は採用人数も少なく競争率がとてつもなく高いので狭き門。ですが、私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めば、そのまま正社員になれる場合もあります。私はこんなところで書籍編集のアルバイトをやりました私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。出版社で仕事をしたのはこの時が初めてだったの

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、リストラも盛んに行われているため、転職を考える人も少なくないでしょう。そこで、編集プロダクションの転職におけるポイントや注意点を解説します。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2個のことブラック企業編集プロダクションは総じて、ハードワークであり、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事。それでいて給料も安いことがよく指摘されています。実際にその通りなので覚悟が必要なのですが、編集プロダクションの中でも、多少なりとも差があることも確か。「楽な仕事」や「高収入」であることはまずありませんが、「今

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションには、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないともよく言われるのですが、本当なのでしょうか…。気になるその実態に迫ってみましょう。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社によって幅がありますが、14〜18万円くらいです。正社員で転職した場合転職の場合は、経験値やランクによってかなり変わります。平均的には19〜25万円といったところですが、経験が浅い人はもう少し安くなりますし、ベテラン編集者であれば、30万円を超える場合もあります。パート・アルバイト時給で1000〜1500円くらいが平均的です。編集

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

編集プロダクションの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションでの仕事が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?出版社との違いなども経験者が解説

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見、きれいで楽しそうで、割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたらいいのかなどについて紹介します。「編集プロダクションの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが

編集プロダクション求人でよくある募集内容や編集の仕事の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「編プロ」などと呼ばれる編集プロダクション。「なんとなく聞いたことはある」という人も多いはずですが、その実態はあまり知られていないようです。「激務」とか「ブラック」と言われることも多く、ハードな職場というイメージのある業務なのですが、今回はその編集プロダクション求人の実態について迫ってみましょう。編集プロダクションのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容編集プロダクションの仕事は、簡単に言うなら「出版物の企画・編集」の代行業務です。出版社や新聞社の下請けとして、書籍や雑誌、ムック本などを企画し、取材や編集を行って印刷所に入稿するところまでを請け負います。自社のスタッフだけでなく、必要に応じてフリ