書籍の編集者の仕事内容には、どのような業務が含まれるのでしょうか。

時系列に沿って1つずつ詳しくご紹介していきましょう。

「書籍編集」が自分に向いているか診断するにはこちら →

書籍編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる

書籍編集の仕事の役割1:企画立案

刊行する書籍の企画立案を行います。

企画書を書く前にマーケティングを行い、会社を説得する材料を積み重ねながら作業します。

書籍編集の仕事の役割2:執筆依頼

企画会議を通過した本について、書いてほしい著者に執筆を依頼します。

人気の著者になると、コンタクトを取るだけでも大変な時があります。

書籍編集の仕事の役割3:入稿準備

原稿が出来上がったら、入稿の準備に取り掛かります。

ゲラにするために文章や内容、構成をチェックします。

修正してほしい所があれば、著者と相談して書き直してもらう事ももちろんあります。

「書籍編集」が自分に向いているか診断するにはこちら →

企画立案の3個の業務

企画立案業務1:マーケティング

編集者は個人的な趣味嗜好で、本の企画を考えているわけではありません。

それでは確実に、企画会議を通らないからです。

会社の出版物の傾向をふまえて、今、世の中でどのような本が売れているのか、しっかりリサーチする必要があります。

「会社の出版物の傾向をふまえて」と言うのは、例えば料理本を出した事がない出版社で、料理のレシピ集の企画を立てても企画書は通りません。

書店が持つ出版社のイメージ、そこから少しでも外れた内容の企画は、たとえ刊行にこぎ着けたとしてもまず100%失敗します。

企画立案業務2:企画書作成

十分なマーケティングを終えたら、そこでようやく企画書の作成に入ります。

企画書を書く上で一番大事な事は、その本を読ませたい読者のイメージを明確に示す事です。

企画書には、仮のタイトルや想定される著者、企画の意図、ページ数や刊行の時期といった事までこと細かに書き込みます。

目次代わりの構成案を作成する事もあります。

自分の企画と類似する書籍があれば、その販売実績を調べ明記しておく事も重要です。

企画立案業務3:企画会議

企画会議を通過しなければ本は作れません。

事前に提出した企画書を元に、編集長や営業部長、時には社長も同席して、企画会議がスタートします。

積極的なプレゼンテーションで、企画の良さを自信を持ってアピールする事が大切です。

類書の販売実績といった客観的なデータに基づくアピールが、最も高い説得力を持ちます。

また、対象となる読者層がはっきりしている事は、会議の場であらためて強調しましょう。

読者のイメージが定まらない企画書に、会社は決してゴーサインを出しません。

執筆依頼の3個の業務

執筆依頼業務1:依頼の手紙を書く

書籍の企画ですから、著者が想定されています。

まずは連絡先を調べ、執筆依頼の手紙を書く所から始めましょう。

事務所のファックスで依頼を受けたり、メールでの連絡を厭わない著者もいますが、手紙での執筆依頼が、礼儀にもかなう最も確実な方法です。

執筆依頼業務2:打ち合わせを行う

依頼に対して承諾が得られたなら、今度は実際に著者と会って打ち合わせをする事になります。

今はメールやチャットでやりとりする事ももちろん可能です。

しかし、1冊の本を書き上げてもらおうという相手には、直接会ってこちらの意図を口頭で伝える機会を設けるべきです。

著者の自宅を訪問する時は、手土産を持参する事も忘れてはいけません。

何を持っていくかは決して独断では決めず、金額の事も含めて、上司に一度相談してから決めましょう。

執筆依頼業務3:原稿の進捗状況を管理する

本を書くような立派な人間だから、黙っていても期日までに書き上げてくれる、などという甘い期待は禁物です。

書くのが遅い著者には適切なタイミングでの催促の電話が、テーマを勝手に逸脱する著者には定期的な内容のチェックが必要になります。

編集者には、企画書で提示した出版意図に違わぬ書籍を、スケジュール通りに確実に刊行する責任があるからです。

入稿準備の4個の業務

入稿準備業務1:著者の原稿をチェックする

著者から届いた原稿が、内容、構成、文章とも最初から完璧に仕上がっているなどという事はほぼありません。

予定より原稿枚数が少ない事もあれば、あまりにずれた内容でまるまる使えない部分があるなど、様々な手直しが必要になります。

とは言え、編集者が著者に無断で勝手に手を入れるわけにはいきません。

修正の方向を著者に確認してもらい、了承を得ながら少しずつ形を整えていきます。

入稿準備業務2:ページのデザインを決める

どのフォントにするか、文字の大きさをどうするか。

文章を1ページあたり何行×何字で組むか、行間はどうするか。

こうしたページデザインは、基本的に編集者の仕事です。

章扉や目次のデザインはブックデザイナーに依頼する事が多いですが、予算には当然限りがあります。

入稿準備業務3:初校、再校ゲラをチェックする

データ入稿が主流の昨今は、入稿すると1日もしないで初校ゲラが出てきます。

フォントで組まれたゲラは、一見完成度が高く見えますが、それは錯覚です。

厳しい目で、文章、内容、構成が適切かどうか、更に入念にチェックしていきます。

入稿準備業務4:ブックデザイナーに装丁を依頼する

初校ゲラが出る位のタイミングで、装丁の依頼を行います。

カバーや表紙、帯のデザインと併せて、章扉や目次についても発注をかけます。

デザイン事務所に初校ゲラを持参すれば、どういった書籍なのかをデザイナーにしっかり伝えることができます。

書籍編集の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

新しい書籍を世に送り出すクリエイティブな仕事です。

これだけでも十分なやりがいと言えそうですが、他にはどんなアドバンテージがあるでしょうか。

読者からの反響

愛読者カードは編集者にとって仕事の原動力と言えるアイテムです。

「この本に出会えて本当に良かった。どうもありがとう」

そんな手書きのメッセージに触れると、編集者になって良かったと痛感するのです。

ベストセラーという夢

自分が担当した本がベストセラーになる。

それは宝くじに当たるような確率の出来事です。

しかし、現に毎年、ベストセラーは誕生しています。

無名の著者が小規模の出版社から出した本が、瞬く間に売り上げを伸ばす事もあります。

会社員でありながら、一発当てる山っ気をも満たしてくれる仕事です。

経験がものを言う

編集職は長く続けるほどフットワークが軽くなる仕事です。

ベテラン編集者の豊かな人脈や巧みな編集スキルがそれを物語っています。

経験が力になる仕事は、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

面白いポイント

編集者ほどサラリーマンという言葉が似合わない職業はありません。

会社から給料をもらう立場の会社員であるのに、です。

仕事の内容に何かユニークな所があるからではないでしょうか。

有名人に会いやすい

どうしても会いたい有名人がいたら、編集者になるのをおすすめします。

それは冗談ですが、実際、編集者は有名人に会いやすい職種です。

書籍の企画が通れば、大手を振って芸能事務所に連絡できます。

うまく行けば、インタビューを元にした本が作れるかもしれません。

ミーハーな興味関心にも応えてくれるのは、この仕事の面白い特徴と言えるでしょう。

ちょっと変わった人に会いやすい

出会いは人生の宝、財産です。

色々なタイプの人と出会えるというのも編集職のユニークさかもしれません。

正直に言えば、本の著者にはひと癖もふた癖もある扱いにくい人物が多いです。

デザイナーの中にも気難しい人や頑固な人、色々います。

書籍作りに携わる人には個性的な人が沢山いて、大変な時もありますが、ユニークで貴重な出会いの場だとも言えるのです。

「書籍編集」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたか。

書籍編集の仕事の内容と、そこに含まれる様々な業務について、色々おわかりになったのではないでしょうか。

この記事を通して、皆さんの書籍編集の仕事へ関心が、一層深まることを切に願ってやみません。


関連キーワード

仕事内容 編集求人

編集求人についてもっと深堀りした情報を見る

編集ライター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

文章を書くことが好きな人や作家を目指している人には編集ライターやライターの仕事に憧れている人は少なくありません。雑誌や新聞社などでキャリアをスタートさせる人もいますし、フリーランスとして実績を積む人もいます。最近はネット媒体を介して仕事を募集しているため、気軽に始めることができるようになりました。ただ、編集ライターの仕事は、どうすれば就くことができるのか、編集ライターの仕事に興味があるけどどうやってなったらいいかわからない人も少なくありません。編集ライターになるにはどうしたらいいのでしょうか?また、編集ライターはどんな仕事をしているのでしょうか?それから編集ライターはどういった求人内容があるの

雑誌編集募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

皆さんはどのような雑誌を読んだり買ったりしていますか?ファッションや音楽情報、様々な趣味やスポーツ、テレビ情報やコミックなどなど、世の中には沢山の種類の雑誌がありますね。定期購読している雑誌や好きな芸能人が載っている雑誌を読んでいて、雑誌編集の仕事に興味を持ったことはありませんでしょうか。雑誌編集の仕事に就きたいと思った時に求人情報を見ると思います。雑誌が山ほどある中で、求人情報も多種多様で沢山あります。仕事に就きたくてもどうしていいかわからないのではないでしょうか。今回は、雑誌編集者になるための募集情報で、求人の見極め方を中心に解説していきたいと思います。雑誌編集とはどんな仕事?雑誌編集は、

雑誌編集者の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

著名人や有名人に会える華やかな世界。または、締め切りに追われて徹夜続きの毎日。こんなイメージを「雑誌編集者」にお持ちではないでしょうか。実際はどんなことをしているのでしょうか?今回は、「雑誌編集者」の仕事について紐解いていきます。雑誌編集者はどんな仕事?ライターや記者たちが書いてきた文章や記事を、解りやすく・読みやすく・決められた文字数内に編集・修正します。実際は、編集作業だけではなく、自ら写真撮影を行ったり、記事を書くための取材を行い、必要ならば外注の手配もします。雑誌編集者の大まかな仕事内容大きく分けて6つの項目に分かれています。締め切りに向かってスケジュールが進行していき、6つの項目を順

web編集求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

気になっていることを突き詰めて調べたいとき、困った時にアイデアが欲しいとき。あなたはどうやって情報を手に入れますか?今最も一般的なのは、インターネットで検索するというやり方ではないでしょうか。検索から辿り着いたサイトで読む記事は、webライターやエディターによって作成されています。今回は、そんなweb編集のお仕事についてご紹介。よくある求人の内容や、正社員とアルバイトの違い、気になる疑問について、経験者が解説します!web編集求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一口にweb編集の仕事といっても、働く場所や参加するプロジェクトによって、仕事内容は大きく変わります。おおまかな仕事内容は、キュ

書籍編集バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

編集の仕事は、企画を考え、本や雑誌、Webなどのコンテンツを作ることです。企画を考え、それが通ったら、ライターやデザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を発注し、予算と期限内に形にまとめ、印刷所に入稿します。編集者になりたいけれど、大手出版社は採用人数も少なく競争率がとてつもなく高いので狭き門。ですが、私の場合もそうでしたが、中小の出版社ではアルバイトで入社して経験を積めば、そのまま正社員になれる場合もあります。私はこんなところで書籍編集のアルバイトをやりました私はビジネス書やIT関連の書籍を多く扱う出版社で編集のアルバイトをしていました。出版社で仕事をしたのはこの時が初めてだったの

編集プロダクションの転職を成功させるために!転職するために必要な心構えや上手に転職するための2個の注意点

出版不況と呼ばれる中、編集プロダクションの業務は非常に厳しくなっています。業績が悪化する会社も多く、リストラも盛んに行われているため、転職を考える人も少なくないでしょう。そこで、編集プロダクションの転職におけるポイントや注意点を解説します。編集プロダクションの転職で注意したほうが良い2個のことブラック企業編集プロダクションは総じて、ハードワークであり、深夜に及ぶ残業や休日出勤も日常茶飯事。それでいて給料も安いことがよく指摘されています。実際にその通りなので覚悟が必要なのですが、編集プロダクションの中でも、多少なりとも差があることも確か。「楽な仕事」や「高収入」であることはまずありませんが、「今

編集プロダクションの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

編集プロダクションには、「給料が安い」というイメージがつきまとっています。ハードワークなのに収入が割りに合わないともよく言われるのですが、本当なのでしょうか…。気になるその実態に迫ってみましょう。編集プロダクションの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社によって幅がありますが、14〜18万円くらいです。正社員で転職した場合転職の場合は、経験値やランクによってかなり変わります。平均的には19〜25万円といったところですが、経験が浅い人はもう少し安くなりますし、ベテラン編集者であれば、30万円を超える場合もあります。パート・アルバイト時給で1000〜1500円くらいが平均的です。編集

雑誌編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

世に溢れる雑誌類。様々な記事、情報がぎっしり詰まった、そんな媒体を自分たちの手で作れるなんて楽しそう!と思っている人も多いはず。それではそんな雑誌編集の仕事の現場はどんな感じ?雑誌の企画・編集職経験者が語る仕事内容と向き不向きをご紹介します!雑誌編集はどんな仕事?雑誌編集の仕事は、雑誌・書籍の企画・編集まで一連流れで関わる職業です。もちろん、中身の取材・執筆も行うことがほとんどです。雑誌編集の大まかな仕事内容雑誌そのものを出している出版社勤務か、編集・制作を請け負っている制作プロダクション勤務かによって違いますが、一般的に雑誌編集の現場には以下の業種があります。企画取材・ライティング編集(デザ

編集プロダクションの仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

編集プロダクションという業種は、その実態が一般的にはあまり知られていません。どんな仕事をしているのか、出版社とはどう違うのか、どんな人たちが働いているのか…。「ブラック」と言われることも多い業種ですが、実際はどうなのか…。今回は編集プロダクションの仕事について解説します。編集プロダクションはどんな仕事?編集プロダクションは、出版物の企画や編集作業を出版社に代わって行う会社です。出版社の「下請け」といった要素が強いのですが、出版社から「この仕事をやって」というケースだけでなく、自分たちで企画を立てて「この本を出しませんか?」という提案型の業務も多いため、一般的な「下請け」とはやや異なった形式とも

編集プロダクションでの仕事が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?出版社との違いなども経験者が解説

本を作る仕事がしたいという人は意外と多いものです。一見、きれいで楽しそうで、割と簡単そうにも思えます。そんな人のために、本を作るのが仕事である編集プロダクションについて探ってみましょう。なお、編集プロダクションは「編プロ」と省略されることもあります。仕事の内容、編集プロダクションと出版社の違い、編集プロダクションでの仕事に向いている人の特徴、向いていない人の特徴、編集プロダクションで仕事をするにはどうしたらいいのかなどについて紹介します。編集プロダクションでの仕事とは?本を作るのが編集プロダクションの仕事であると述べましたが、雑誌や書籍だけではなく、官公庁のパンフレットや企業の会社案内、電子製