最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。

自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。

誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。

しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。

今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。

在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

在宅ライターってどのような仕事?

在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って記事を書く仕事です。

グルメや美容、旅行やDIYなど記事の内容は実に様々。

最近はキュレーションサイトが増えているため、在宅ライターの仕事も増えつつあります。

自分の好きな時間に仕事ができるので、子育て中の主婦や本業を持っている人の副業として人気です。

パソコンのみの作業になってしまうものもありますが、基本的にはiPhoneやiPadでの作業も可能ですので、場所を選ばず自由に働けることが人気の秘密となっています。

在宅ライター求人でよくある募集内容とは?  

在宅ライターの求人で見かける募集内容について説明します。

ライティング内容

募集されているライティングの内容は実に様々です。

おすすめのグルメや美容院の口コミなど、誰でも書ける簡単な内容もあれば、医療脱毛や投資など経験や専門知識がないと書けないような内容もあります。

いずれの場合も、テストライティングという簡単なスキルチェックを受けてから採用になる場合が多いです。

このテストライティングが、採用を左右する大きなポイントになります。

指定した題材について上手く書けていれば採用となり、お仕事の依頼が来ることになるのです。

文字単価が高い案件は倍率も高く、充実した内容の記事でなければ採用されません。

まずは単価が低くても自分の得意分野から始めることをおすすめします。

給与相場

在宅ライターの給与は、基本的に時給ではなく文字単価で表されます。

誰にでも描ける簡単な内容であれば、文字単価は1文字につき0.2円から0.4円ほどです。

逆に、専門的な内容であればあるほど、文字単価は上がっていきます。

中には1文字1円や2円の高単価なものもあります!

毎月の投稿数が多いと単価が上がる場合もあり、頑張った分だけ給与に反映されることが嬉しいですね。

勤務時間

基本的には、自分の好きな時間で自由にライティングすることができます。

提出期限さえ守れば良いのです。

毎日2時間〜3時間と決めてコンスタントに働く人もいれば、予定に合わせて週に1日〜2日のペースで1日8時間働く人もいます。

ライティング開始の際に、クライアントからライティングの説明がある場合もあります。

その場合は希望の時間を伝えるか相談の上、時間を決めて電話やSkype、メールなどでやり取りをします。

大体の場合は初回のみ説明があり、慣れてくれば自分のペースで進めていくことができます。

求められる人物像

在宅ライターに求められる人物像は、提出期限をきちんと守り、こまめにやりとりができる人です。

ほとんどの場合在宅ライターは、クライアントと直接顔合わせて話すことがありません。

チャットワークなどを使って、メールでやり取りする場合がほとんどになります。

このやり取りがこまめにできない人は信頼されないため、お仕事の継続が難しいでしょう。

提出期限が守れない場合も、仕事の継続は難しくなります。

何らかの理由で提出が遅れてしまう場合は、早めにクライアントへ連絡しましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

在宅ライター求人のおすすめのポイント

在宅ライターのおすすめポイントや魅力をまとめてみました。

好きな時間に仕事ができる

なんと言っても最大の魅力は、自分の好きな時間に仕事ができることでしょう。

満員電車に乗ってオフィスに通うこともなく、自宅にいながら仕事ができるなんて最高と感じる方も多いかもしれません。

在宅ライターの仕事は、主婦の間で大人気のお小遣い稼ぎだということを知っていましたか?

子育てをしていて外に働きに出ることができない人でも、育児の合間に少しでも働けることが魅力的ですよね。

パートやアルバイトになると最低でも2時間〜3時間は働かなければいけませんが、在宅ライターなら1日30分だけなんていう働き方だってできます。

学生さんの場合は、テスト期間中や行事が重なっている時期などにはアルバイトがなかなか難しいこともあるでしょう。

在宅ライターの仕事なら、通学中の電車内で少しの時間を有効に使うこともできるのです。

好きな場所で仕事ができる

仕事の内容にもよりますが、最近はパソコンだけではなくiPhoneやiPadでも提出できるので、カフェや公園など自分の好きな場所で文章を書くこともできます。

室内にこもって作業することが苦手という人は、天気の良い日など外に出て自分の好きな場所で仕事をすることも良いですね。

電車での移動時間も有効に使うことができるので、副業にもぴったりです。

インターネットさえ繋がっていれば、国内はもちろん海外にいても仕事ができることになります。

私は長期海外旅行に行っているとき、飛行機の乗り継ぎ時間を利用して空港のWi-Fiに接続して記事を書いたことがあります。

どこにいても仕事ができるってなんて素晴らしいんだろう!と感動したことを覚えています。

得意分野で活躍できる

グルメや美容、旅行など自分の好きな分野、得意な分野で活躍することができます。

自分の好きなことを記事にするだけで、お金が貰えるなんて嬉しいですよね。

得意な分野なら記事を書くのも苦になりません。

それで褒められたり感謝されるわけですから、一度その感覚を味わったら辞められなくなってしまいます。

私は年に2回〜3回海外旅行に行くので、海外の治安や物価、おすすめのスポット、ご当地グルメなどについての記事を書いてきました。

クライアントさんからも喜ばれましたし、キュレーションサイトで閲覧数が増えているのを見ると誰かの役に立てている感じがして嬉しくなりました。

何より自分の好きな分野なので書いていることが楽しく、ストレスは一切感じませんでした。

「こんなにステキな仕事があるんだ」と感激してしまったほどです。

頑張れば頑張った分だけお給料アップ

在宅ライターの中には、いくつかのクライアントから案件を貰っている人もいます。

単発の仕事以外は納品すれば次の仕事を貰えるシステムなので、記事の投稿数が増えれば増えるほどお給料も上がっていきます。

アルバイトはもちろん、正社員で働くよりも稼いでいるライターさんは沢山います。

今は音声で文字を起こしてくれる便利なアプリもあるので、そういったものを利用すれば効率良く仕事をすることができます。

慣れてくれば自然と書くペースも上がってくるため、安定した記事数を納品することが可能になってきます。

在宅ライター求人についてよくある疑問点

近くに在宅ライター経験がある人は少ないと思うので、不安な点や疑問点をなかなか訊くことができないと感じている方もいるでしょう。

そこで、私が働く前に思っていた疑問点と、実際の経験談をまとめてみました。

お給料は本当に支払われる?

私は在宅ライター歴3年になりますが、過去に支払いがなかったり、クライアントさんと揉めたりしたことは一度もありません。

求人サイトに載せている企業であればその広告業者の審査は通っているということになるので、安心してやり取りができます。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングではクライアントの評価が見られるようになっているため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

直接会ってやり取りするわけではないので不安に思う部分は多いかもしれませんが、必要であればメールや電話などで直接確認しても良いかもしれません。

SNSなどで個人的にライターを募集している人には何の保証もないので、くれぐれも注意しましょう。

本当に誰でもできる?

基本的にはインターネット環境があって、文章を書くことが得意であれば誰でもできます。

ライターさんのスキルを知るために、まずはテストライティングという簡単なライティングチェックが行われます。

ここで誤字脱字や文章の構成チェックがあり、問題があれば書き直しの要望がきます。

しっかりと改善できればお仕事を続けていくことができますが、良い文章が思い付かなかったり誤字脱字が多かったりする場合は契約に至らないことも…。

最初は時間がかかっても丁寧に取り組むことをおすすめします。

サポートセンターがあるところは親切に対応してくれるので、何度でも書き直しさせてくれるクライアントもあります。

慣れるまでは、しっかりとサポートを受けて根気良く取り組んでみてください。

お給料がアップすることはある?

良い内容の記事を書くことができる人、月に何十本という量を書くことができる人はお給料が上がることもあります。

私は旅行記事を書いていたときに、内容が豊富で読者数が増えていることから、半年程で記事単価が800円→1,000円にアップしました。

文字単価が上がるか記事単価が上がるかはクライアントにもよるので、そういったシステムがあるかはタイミングをみて確認して見てください。

ライター一本で生計を立てることは可能?

正社員の月給と同じくらい貰うことは可能ですが、かなり大変だということは覚悟してください。

まず、月に10万円単位で稼ぐためには、いくつかのクライアントを掛け持ちするか、一つのクライアントで沢山の記事を納品することが必須になってきます。

一つのクライアントで沢山納品するほうが単価を上げてもらいやすいため、個人的にはこちらのほうがおすすめです。

会社勤めの方と同じく週5日1日8時間ペースで働けば充分可能性はあると思います。

しかし、長時間パソコンやiPhoneの画面を見続けることは、精神的にも肉体的にもかなりキツいのが正直なところです。

視力低下などの心配もあります。

しかし、会社勤めに比べると自分のタイミングで休憩を入れることもできますし、人と関わらずに一人でコツコ作業したいという人には向いているかもしれません。

書き方のコツを覚えてしまえば効率も上がっていくので、在宅ライター一本で生計を立てることも決して夢ではありません。

仕事をする上でのアドバイス

最初は、一度に沢山の量を引き受けないことをおすすめします。

引き受けるときには「これくらいなら頑張ればいけるかも!」と思いがちですが、急な予定が入ったり本業が忙しくなったりして、締め切りに追われる可能性もあるからです。

文字数が多い記事は、意外と埋まらなくて苦労することもあります。

締め切りを守れなかったり記事の内容が乏しくなったするとお仕事が貰えなくなってしまうので、ペースがつかめるまでは欲張らず、確実にこなせる量の仕事を引き受けるようにしましょう。

お休みを取ることはできる?

継続して仕事を受けている場合、希望通り休むことができるか気になるでしょう。

私の経験談ですが、やり取りしていたクライアントさんは、前もって伝えておけば長期の休暇も快くOKしてくれました。

そもそも旅行系の記事を多く書いていたので、海外旅行へ年に数回行くことは応募の時点で伝えてありました。

「この期間旅行に行くので記事の納品はいつ以降になります」というメールだけで済んだのでとても気が楽でした。

在宅ライターさんには副業として取り組んでいる方も多いため、本業が忙しいなどの理由でお休みをもらうことは珍しくはないようです。

まとめ

在宅ライターの仕事内容について分かりましたか?

最近注目されてはいるものの、まだまだ世間に普及していない在宅ライターという仕事。

働き方が多様化する現代に合った形態だと私は思っています。

自由に働きたい、自分の時間を大切にしたいという人にもおすすめです。

自分の知識を求めている人に伝えられるため、とてもやりがいを感じることができます。

人のためになる仕事や感謝される仕事をしたいという人には、ぜひ体験してもらいたいです。

「在宅ライター」で検索すれば、様々な求人サイトがヒットします。

ぜひ、自分の得意分野を見つけて応募してみてくださいね!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

占いライター求人に興味のある方は必見です。「占いライターって何?」「ちゃんと占いしているの?」「給料ってどうなるの?」気になる疑問が多い職業ではないでしょうか?ライターという職業の中でもほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になりますよね。今回は実際に働いていた私が占いライターの募集や求人について赤裸々にご案内します※営業形態は会社によって異なります。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じて

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターバイトって具体的にどんなことするのでしょうか?「ライター」という言葉は聞いたことあるけれど、実際どのような事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイト内容を具体的にご紹介していきたいと思います。ライターの時給事情、条件面についてや、ライターアルバイトで覚えなくてはならない内容についてもお話しさせていただきます。自分に合う合わないを見極めて、興味のある方は是非始めてみてはいかがでしょうか?ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきまし