ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーのオススメお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。

一言にライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。

私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。

どこまでがライターなの?と線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。

ライターの仕事に興味があるがどのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いかわからないという方は沢山いると思います。

そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。

ライターとは?

営業職や事務職などのように、ライター職というかっちりした枠付けはありません。

物書き=ライターという人もいるし、物書きとは別物だと考える人もいます。

そんなあやふやなライターという仕事の主な“〇〇ライター”を解説します。

ウエブライター

ネット上にある様々なジャンルの記事を書くライターです。

WEB上で公開されているネットニュースやネット広告や通販などの商品説明文をはじめ、サイト内にある広告で収入を得るためにブログの記事を書いている人もウエブライターと呼ばれています。

ウエブライターは初心者でも始めやすいので、まずはブログの記事からライター業をスタートする人も多いです。

雑誌や新聞記事のライター

出版社や制作会社から依頼されて記事を書くライターです。

新卒や中途採用で編集職に就いて、編集者もやりながらライター業を行う事もあります。

会社から特集や企画内容に沿った記事を何文字分を何日までに書いてほしいと依頼され、記事を書いていきます。

コピーライター

記事を書くのではなく、商品や企業などのキャッチコピーを考えるライターです。

一言二言で、見たものの心を掴み、分かりやすい文言を考える仕事ですので、上記のライターとは少しタイプが違いますね。

仕事によってはプラスでウエブや雑誌の記事を書き、細かい所まで任されることがあります。

コピーライターの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

フリーライター

会社員として給料をもらうのではなく、個人事業主や法人として原稿料を貰う働き方をしているフリーランスのライターを指します。

フリーライターは、会社や企業と契約してコンスタントに仕事を貰う人や、企画や特集を決めて取材をし、執筆した記事を企業に応募したり直接売り込む場合もあります。

また、個人や企業が作業(執筆)を募集できるクラウドソーシングのサイトから、自分が書きたい記事の募集に応募して仕事を貰うパターンもあります。

安定した収入は望めませんが、ライターと成功すれば法人化に出来るくらい稼ぐ事が出来ますよ。

ライターになるには?

私はライターを目指していたわけではなく、気が付いたらライターになっていました。

雑誌社に編集者として入社した私は、各担当者や取引先が書いた文章を専用のプログラムに打ち込んでいました。

仕事が慣れてきた頃から担当者や取引先から資料を貰い、今まで入力していたような文章を私が考えて打ち込むスタイルに替わりました。

その後は担当替えにより、入力業務と雑誌に載せる特集やコーナーの記事を週2~4本ほど執筆する事になりました。

執筆に慣れた頃に、別媒体の記事作成の依頼を受けて、社内で二足の草鞋を履くようなスタイルで仕事をしており、この辺りから自分がライターになったなと自覚してきました。

私のような気が付けばライターになっていたという人もいますが、最初からライターになりたくて入社した人も多くいます。

そこで今回は私の経験を元に、ライターになるために何を、どうしていったら良いかを紹介していきます。

ライターになるために身につけるべき力

ずばり、読解力です。

文章はもちろんの事、見た事や聞いた事を正確に理解出来ると、文章にまとめられる力にも繋がります。

読解力がないと、何を書きたいのかわからない上、間違った情報を入れ込んだ文章が出来上がってしまったら大変です。

書いた文章を編集者がチェックをしてくれますが、内容自体が間違っていては記事になりません。

文章を書く力も必要ですが、ライターの仕事をしながらでも身に付きます。

ライターをなるために勉強すべきこと

文章の表現法や類義語を多く知っておくために勉強しておくとライターの強みになります。

私が記事を書き始めた頃は、要点や概要をなるべく盛り込んで指定された少ない文字数の中でまとめる事が大変でした。

そこで、先輩が書いた記事を読み漁り、本や雑誌を始め、ネットニュースやブログなども読み、表現方法を勉強しました。

また、同じような意味の類義語も知っておくと言い換えが効くので、同じ表現ばかりを繰り返し使うような文章にならずに済みます。

ライターに必要な資質

ライターという仕事をするにあたって“責任感”と“好奇心”は必要だと感じています。

仕事をやり遂げるを第一に、読者が分かりやすい文章を書く、誤情報を書かないように証拠や裏付けを取るなど、責任を取らなくてはならないため、責任感は強く持って取り組んでもらいたいですね。

また、特集や企画で書く内容に興味がないと中々筆が進みませんが、好奇心旺盛なライターですと、知らない分野でも何かしらの取っ掛かりを見つけて打破していきます。

好奇心が事細かな取材に繋がり、思った以上濃い内容の記事が出来上がるので、どの方面や好みではない分野にも好奇心は持ち合わせていたいものです。

ライターを目指す上での心構え

給料が発生しないブログは自由に自分の意見だけを書けますが、給料をもらう仕事に就いた以上は自由に出来ないことが多いのです。

ライターになりたい人は、理想像や目標とするライターのイメージを強く持っていると思います。

ですが、ライターの仕事はほぼ文字の穴埋めのような仕事からスタートします。

書く内容の方向性や文章の口調指定、テンションまで指定される場合がありますので、我が強い文章を書いてしまうとやり直しになるというパターンがあります。

コラムじゃなくて解説を書いてほしいと何度も書き直ししている同僚を見たことがあります。

将来的には自分の意見や主張が書けるライターになるためには大切な仕事ですので、学ぶ気持ちを持って取り組んで頂きたいですね。

経験者が語る!できるライターはこんな人

ライター業になる間口は広いため、いろいろな人がライターとして働いています。

正直、積極的に執筆してほしいライターとそうでない人がいました。

編集者としても働いていた私が、仕事ができるライターの特徴を紹介します。

とにかく仕事が速い人

締め切りに追われている事が多いため、締め切りに余裕を持って納品できる人です。

編集者としては余裕を持って、訂正・修正箇所を見られるので助かります。

また、仕事が早いとイレギュラーの仕事を任せてもらえることがあります。

仕事を多く任せてもらえれば、経験にもお給料にも繋がるので良い事尽くめです。

分かりやすい文章を書く人

どのような記事でも老若男女と問わず、理解が出来る文章を書く人です。

専門用語が多くては一般の人には理解ができませんし、そもそも文章の構成が整っていないと、読むことさえしてくれません。

何を書きたいのか、何を言っているのかわからない文章を納品されたことがあり、どこから修正してよいか悩んだ事がありました。

修正箇所が少ない記事こそ、編集者が求めているライターと言っても過言ではありません。

こだわりが強くない人

個性的な人が多い業種ですので多少は覚悟していますが、あまりにも我が強いと仕事として成り立ちません。

自分の色を入れるくらいは良いのですが、こだわりが強くないとどんな仕事に対しても臨機応変に対応してくれます。

こんな仕事でもやってくれると思わせるライターは、次の仕事に取り掛かる時に声を掛けることが自然と多くなります。

ライターの就職先や募集状況は?

ライターという仕事に就いてみたいと思っても、どこから始めれば良いか分かりづらいかと思います。

どのような分野で活躍するライターになりたいか、在宅なのか企業に属するのかなどの働き方も様々です。

知り合いからの仕事を紹介というケースもありますが、ここでは代表的な仕事先についてご紹介します。

ライターの主な就職先

求人情報サイトで“ライター”と検索したら、〇〇ライターという多種多様な求人が多く出てきました。

基本的には文章を書く仕事ですので、ご自分の興味がある分野や企業に応募する事をお勧めします。

では、その中からライターとして、どのような就職先があるかをまとめていきます。

新聞社・雑誌社

新聞や雑誌を自社で制作、販売している会社です。

私は雑誌社に就職してライターになりました。

一から仕事を教えてもらえ、新聞や雑誌がどのように出来上がっていくのか裏方の仕組みまでが理解できます。

ライター業だけではなく、仕事をする上で必要な事柄までも身に付きますので、新卒や社会経験も積みたい人にお勧めします。

WEB媒体の運営会社

ネット上で様々な分野のサイトを運営している会社です。

ビジネスライターやテクニカルライターなどの多種多様なライターを募集しています。

取材をはじめ、企画からマーケティングなどのオールマイティーな仕事ぶりを求められる事が多いように感じます。

経験者やライター以外の実績がある人に向いている求人ですね。

クラウドソーシングを利用する

企業や個人が単発から長期の仕事をしてくれる人を募るサイトです。

在宅ワーカーや副業のライター向けの求人と言えます。

様々な仕事があるので、自分のレベルを考えて出来そうな仕事を応募してみるのも良いですね。

悪徳な企業もあると聞きますので、見極めが大切になってきます。

ライターの働き口はどの程度あるの?

ネット上で少し検索しただけでも、ライター募集の求人が溢れかえっていました。

ですが、経験者募集ですぐに取り掛かれる人を募集している会社が多いですね。

ということは、ライターの経験を積むことによって働き口はどんどん増えるという事です。

未経験者は一から教えてくれるような会社で働くのをお勧めします。

ライターの転職事情

会社に勤めているライターは転職する人が多い印象があります。

よく聞く理由が「この会社でやれる仕事はやり切ったから転職する」でした。

同じ会社でライターを続けているとある分野には詳しくなりますが、いずれ書く内容がマンネリ化してくるようです。

そうやって様々な会社やフリーの仕事をやりこなして、ライターとしての経験を積んでいるため、転職する人が多いのです。

ライターの仕事に興味がある方へ(まとめ)

ライターの仕事について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

沢山紹介してきましたが、変に身構える事なくライターの仕事を果敢に挑戦していってほしいです。

ライターについて勉強しなくては、知識を増やすために本を読まなくては、などといろいろと考えている時間が勿体ないなと思います。

ライターは執筆を重ねることによってぐんぐん成長していきます。

まずは執筆しながら、他のライターの記事や本を読み、語彙力や文章構成の仕組みなどを学んでいけば良いのです。

どうしても何かを学んでからという人は、ライターになるための講座を受けてみるのも手ですね。

いきなり求人を探すのはハードルが高いと躊躇される人は、まず仕事ではなくて良いのでブログを書いてみましょう。

アクセス数などを気にせず、様々なジャンルの記事をどんどん執筆していけば、自分の得意・不得意な事が見えてきます。

そこから、自分に合う、好みだと思う企業や仕事の求人を探して応募していきましょう。

また、ライターとして仕事をするには自信が必要です。

私もライターとしてブランクがあり、仕事を再開するにあたって自信がありませんでした。

ですが、他のライターの記事を読んでいくうちに感覚を思い出し、私でも過去、仕事が出来ていたじゃないかと自信が戻ってきました。

ライターはとても楽しい仕事です。

自分の知らない世界を知る事も出来るし、仕事を通じて思いがけない出会いや仕事に繋がることもあります。

文章を書くのが好き、という純粋な気持ちを大切にしつつ、ライターの仕事を楽しんでいただけたらなと思います。

最後まで読んでくださったあなたにぴったりなライターの仕事と出会えるといいですね。

この記事がライターに興味があるあなたに少しでもお役に立てれたら幸いです。


関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

最近副業として注目されているのが在宅ライターのお仕事です。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気なんですよ!誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし在宅ライターと言う仕事はここ近年増え始めたもので、実際に働いたことがあると言う人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ一度目を通してみてくださいね!在宅ライターってどんな仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマート

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「ライター」になることは今どき、WEBで登録するだけでカンタンになれてしまうのが事実です。「でもフリーランスで働くには不安がいっぱい」、「『正社員』として働けたらいいのにな」と思っている方、多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します!ライター正社員の仕事内容とは?「ライター」といっても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員なので、取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に、企業や商品などのキャッチコピー

占いライター求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「占いライターってどんな仕事なの?」、「ちゃんと占いしているの?」「給料ってどうなるの?」ライターという職業の中でもほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々にご案内します。※営業形態は会社によって異なります。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングや、メルマガの配信、個別の相談に返信を行うのが占いライターの仕事です。メイン業務は、業務時間内に占いを行いお客様の相談に答えます。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなどその仕事は多岐に渡ります。そのため、

フリーライターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

いつからでも、いまからでもなれる「フリーライター」という仕事についてどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説しますフリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代理店や、そこから仕事を請け負っているプランナーから、仕事を発注されるケースが一般的です。いわば自営業ですから、自らの実績をもとに売り込み営業し、仕事を得ることで成立します。フリーライターの大まかな仕事内容主に、企業(クライアント)の制作物内で、企業理念を掲

主婦ライター求人でよくある募集内容や仕事の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし家を空けられる時間が少なかったり空けられる時間のお仕事がない…ということも主婦の方だと多いですよね。特にお子さんがいると時間の目途が立たなくてバイトが難しいということも多いですよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとはそもそもどんな仕事をするのでしょうか。大まかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言ってしまえば、パソコンを使って文章を書いて、それを

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?正社員やバイト・副業から、単価や時給などの相場まで経験者が解説!

ライターの仕事をしたいと思って求人を調べると「〇〇ライター」といった、たくさんの種類の募集がありますよね。仕事内容はどう違うの?ライターになるためにはどうしたらいいの?正社員と副業では仕事内容は変わるの?そんな疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説していきます。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので、参考にしてくださいね。ライター募集求人はどんな仕事がある?ライターといえばどんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「文章を

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと文章を書くのが上手いすごい人というイメージでしょうか?ライターと聞くと取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私もライターというと雑誌に載ってるの?と聞かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事ではライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていて、どんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターはイメージ通り文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言でいってもたくさんの仕事がありますが、基本的にはテーマを与えられ本やネット

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターのバイトって具体的にどんなことするの?ライターという言葉は聞いたことあるけれど、実際どのように仕事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイトでは実際どんなことをするのか、またバイトをするにあたっての給与などの条件面もご紹介していきます。ライターバイト求人の時給は?ライターの求人、稼げないって聞くけれど、実際時給はどれくらいなのか?ライターは大変な仕事なのか時給と重ね合わせながら確認していきましょう。ライターバイトの時給は高め?ライターは20代正社員で15万円~20万円の月収です。バイトの時給は1200円以上です。他のバイトと仕事の状況と時給で比べるとそれほど高くはあり