ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。

一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。

私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。

「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。

ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。

そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ライターとは?

営業職や事務職などのように、ライター職というかっちりした枠付けはありません。

物書き=ライターという人もいるし、物書きとは別物だと考える人もいます。

そんな、あやふやなライターという仕事の主な“〇〇ライター”を解説します。

WEBライター

ネット上にある様々なジャンルの記事を書くライターです。

WEB上で公開されているネットニュースやネット広告、通販などの商品説明文をはじめ、サイト内にある広告で収入を得るためにブログの記事を書いている人もWEBライターと呼ばれています。

WEBライターは初心者でも始めやすいので、まずはブログの記事からライター業をスタートする人も多いです。

雑誌や新聞記事のライター

出版社や制作会社から依頼されて記事を書くライターです。

新卒や中途採用で編集職に就いて、編集者もやりながらライター業を行うこともあります。

特集や企画内容に沿った記事を、何文字で何日までに書いてほしいと会社から依頼され、記事を書いていきます。

コピーライター

記事を書くのではなく、商品や企業などのキャッチコピーを考えるライターです。

一言二言で、見た者の心を掴み、分かりやすい文言を考える仕事ですので、上記のライターとは少しタイプが違いますね。

仕事によってはプラスでウエブや雑誌の記事を書き、細かいところまで任されることがあります。

コピーライターの仕事内容は、こちらの記事を参考にしてみましょう。

フリーライター

会社員として給料を貰うのではなく、個人事業主や法人として原稿料を貰う働き方をしているフリーランスのライターを指します。

フリーライターは、会社や企業と契約してコンスタントに仕事を貰う人や、企画や特集を決めて取材をし執筆した記事を企業に応募したり直接売り込む場合もあります。

また、個人や企業が作業(執筆)を募集できるクラウドソーシングのサイトから、自分が書きたい記事の募集に応募して仕事を貰うパターンもあります。

安定した収入は望めませんが、ライターと成功すれば法人化にできるくらい稼ぐことも可能ですよ。

ライターになるには?

私はライターを目指していたわけではなく、気が付いたらライターになっていました。

雑誌社に編集者として入社した私は、各担当者や取引先が書いた文章を専用のプログラムに打ち込んでいました。

仕事が慣れてきたころから担当者や取引先も資料を貰い、今まで入力していたような文章を私が考えて打ち込むスタイルに替わりました。

その後は担当替えにより、入力業務と雑誌に載せる特集やコーナーの記事を週2本~4本ほど執筆することになりました。

執筆に慣れたころに別媒体の記事作成の依頼を受けて、社内で二足の草鞋を履くようなスタイルで仕事をしており、この辺りから自分がライターになったなと自覚してきました。

私のような気が付けばライターになっていたという人もいますが、最初からライターになりたくて入社した人も多くいます。

そこで今回は私の経験を基に、ライターになるためには何をどうしたら良いかを紹介していきます。

ライターになるために身につけるべき力

ずばり、読解力です。

文章はもちろんのこと、見たことや聞いたことを正確に理解できると、文章にまとめられる力にも繋がります。

読解力がないと何を書きたいのか分からない上、間違った情報を入れ込んだ文章が出来上がってしまったら大変です。

書いた文章は編集者がチェックをしてくれますが、内容自体が間違っていては記事になりません。

文章を書く力も必要ですが、ライターの仕事をしながらでも身につきます。

ライターをなるために勉強すべきこと

文章の表現法や類義語を多く知っておくために勉強しておくと、ライターの強みになります。

私が記事を書き始めたころは、指定された少ない文字数の中で要点や概要をなるべく盛り込んでまとめることが大変でした。

そこで、先輩が書いた記事を読み漁り、本や雑誌をはじめネットニュースやブログなども読み、表現方法を勉強しました。

また、同じような意味の類義語も知っておくと言い換えが効くので、同じ表現ばかりを繰り返し使うような文章になりません。

ライターに必要な資質

ライターという仕事をするにあたって、“責任感”と“好奇心”が必要だと感じています。

仕事をやり遂げることを第一に、読者にとって分かりやすい文章を書く、誤情報を書かないように証拠や裏付けを取るなど、責任感を強く持って取り組むことが大切です。

また、特集や企画で書く内容に興味がないと筆がなかなか進みませんが、好奇心旺盛なライターですと知らない分野でも何かしらの取っ掛かりを見つけて打破していきます。

好奇心が事細かな取材に繋がり、思った以上に濃い内容の記事が出来上がるので、どの方面や好みではない分野にも好奇心を持ち合わせられると良いでしょう。

ライターを目指す上での心構え

給料が発生しないブログは自由に自分の意見だけを書けますが、給料を貰う仕事に就いた以上は自由にできないことが多いです。

ライターになりたい人は、理想像や目標とするライターのイメージを強く持っていると思います。

しかしライターの仕事は、ほぼ文字の穴埋めのような仕事からスタートします。

書く内容の方向性や文章の口調指定、テンションまで指定される場合がありますので、我が強い文章を書いてしまうとやり直しになるというパターンもあります。

コラムじゃなくて解説を書いてほしいと言われ、何度も書き直しをしている同僚を見たことがあります。

将来的に自分の意見や主張を書けるライターになるためには大切な仕事ですので、学ぶ気持ちを持って取り組んでいきましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

経験者が語る!できるライターはこんな人

ライター業になる間口は広いため、様々な人がライターとして働いています。

正直、積極的に執筆してほしいライターと、そうでない人がいました。

編集者としても働いていた私が、仕事ができるライターの特徴を紹介します。

とにかく仕事が速い人

締め切りに追われていることが多いため、締め切りに余裕を持って納品できる人です。

編集者としては余裕を持って、訂正・修正箇所を見られるので助かります。

また、仕事が早いとイレギュラーの仕事を任せてもらえることもあります。

仕事を多く任せてもらえれば経験にもお給料にも繋がるので、良いことづくめです。

分かりやすい文章を書く人

どのような記事でも、老若男女問わず理解ができる文章を書く人です。

専門用語が多くては一般の人には理解ができませんし、そもそも文章の構成が整っていないと読むことさえしてくれません。

何を書きたいのか、何を言っているのか分からない文章を納品されたことがあり、どこから修正して良いのか悩んだことがありました。

修正箇所が少ない記事こそ、編集者が求めているライターと言っても過言ではありません。

こだわりが強くない人

個性的な人が多い業種ですので多少は覚悟していますが、あまりにも我が強いと仕事として成り立ちません。

自分の色を入れるくらいは良いのですが、こだわりが強くない人はどんな仕事に対しても臨機応変に対応してくれます。

どんな仕事でもやってくれると思わせるライターは、次の仕事に取り掛かる時に声を掛けることが自然と多くなります。

ライターの就職先や募集状況は?

ライターという仕事に就いてみたいと思っても、どこから始めれば良いか分かりづらいかと思います。

どのような分野で活躍するライターになりたいか、在宅なのか企業に属するのかなどの働き方も様々です。

知り合いからの仕事を紹介というケースもありますが、ここでは代表的な仕事先についてご紹介します。

ライターの主な就職先

求人情報サイトで“ライター”と検索したら、〇〇ライターという多種多様な求人が多く出てきました。

基本的には文章を書く仕事ですので、ご自分の興味がある分野や企業に応募することをおすすめします。

では、その中からライターとして、どのような就職先があるかをまとめていきます。

新聞社・雑誌社

新聞や雑誌を自社で制作し、販売もしている会社です。

私は雑誌社に就職してライターになりました。

一から仕事を教えてもらえ、新聞や雑誌がどのように出来上がっていくのか裏方の仕組みまでが理解できます。

ライター業だけではなく、仕事をする上で必要な事柄までも身につきますので、新卒や社会経験も積みたい人におすすめします。

WEB媒体の運営会社

ネット上で様々な分野のサイトを運営している会社です。

ビジネスライターやテクニカルライターなどの多種多様なライターを募集しています。

取材をはじめ、企画からマーケティングなどのオールマイティーな仕事ぶりを求められることが多いように感じます。

経験者やライター以外の実績がある人に向いている求人ですね。

クラウドソーシングを利用する

企業や個人が単発から長期の仕事をしてくれる人を募るサイトです。

在宅ワーカーや副業でライターをしたい人向けの求人と言えます。

様々な仕事があるので、自分のレベルを考えてできそうな仕事に応募してみることも良いですね。

悪徳な企業もあると聞きますので、見極めが大切になってきます。

ライターの働き口はどの程度あるの?

ネット上で少し検索しただけでも、ライター募集の求人が溢れかえっていました。

しかし、経験者募集で、仕事ですぐ取り掛かれる人を募集している会社が多いですね。

ということは、ライターの経験を積むことによって働き口はどんどん増えるということです。

未経験者は一から教えてくれるような会社で働くことをおすすめします。

ライターの転職事情

会社に勤めているライターは、転職する人が多い印象があります。

よく聞く理由が「この会社でやれる仕事はやり切ったから転職する」でした。

同じ会社でライターを続けているとある分野には詳しくなりますが、いずれ書く内容がマンネリ化してくるようです。

そうやって様々な会社やフリーの仕事をやりこなして、ライターとしての経験を積んでいるため転職する人が多いのです。

ライターの仕事に興味がある方へ(まとめ)

ライターの仕事について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

沢山紹介してきましたが、変に身構えることなくライターの仕事を果敢に挑戦してほしいです。

「ライターについて勉強しなくては」「知識を増やすために本を読まなくては」など、色々と考えている時間が勿体ないなと思います。

ライターは執筆を重ねることによってぐんぐん成長していきます。

まずは執筆しながら他のライターの記事や本を読み、語彙力や文章構成の仕組みなどを学んでいけば良いのです。

どうしても何かを学んでから始めたいという人は、ライターになるための講座を受けてみることも手ですね。

いきなり求人を探すのはハードルが高いと躊躇される人は、まず仕事ではなくても良いのでブログを書いてみましょう。

アクセス数などを気にせず様々なジャンルの記事をどんどん執筆していけば、自分の得意・不得意なことが見えてきます。

そこから、自分に合う、好みだと思う企業や仕事の求人を探して応募していきましょう。

また、ライターとして仕事をするには自信が必要です。

私もライターとしてブランクがあり、仕事を再開するにあたって自信がありませんでした。

しかし、他のライターの記事を読んでいく内に感覚を思い出し、私でも過去、仕事ができていたじゃないかと自信が戻ってきました。

ライターは、とても楽しい仕事です。

自分の知らない世界を知ることもできるし、仕事を通じて思いがけない出会いや仕事に繋がることもあります。

「文章を書くことが好き」という純粋な気持ちを大切にしつつ、ライターの仕事を楽しんでいただけたらなと思います。

最後まで読んでくださったあなたが、ぴったりなライターの仕事と出会えると良いですね。

この記事が、ライターに興味があるあなたにとって少しでもお役に立てたら幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。そのた

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターバイトって具体的にどんなことするのでしょうか?「ライター」という言葉は聞いたことあるけれど、実際どのような事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイト内容を具体的にご紹介していきたいと思います。ライターの時給事情、条件面についてや、ライターアルバイトで覚えなくてはならない内容についてもお話しさせていただきます。自分に合う合わないを見極めて、興味のある方は是非始めてみてはいかがでしょうか?ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきまし