ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。

「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。

ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ライター」の仕事例をチェック

ライター募集求人はどのような仕事がある?

ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。

「文章を書く」「情報をまとめて記事にする」「取材した内容を紹介する」

このあたりをイメージしますよね。

これは、ライターの仕事としてどれも正解です。

ライターの仕事は、与えられたテーマについて取材や情報収集をして文章を書いていきます。

しかし、一口に「ライター」と言っても様々な種類があるのです。

そこで、まずはそれぞれの仕事内容について見ていきましょう。

コラム・記事の執筆

コラムや記事は、設定されたテーマについて調査や取材によって分かりやすく情報をまとめていきます。

テーマの内容を知りたいと思っている読者に向けて、疑問や悩みが解決できるような情報を発信することが目的の一つです。

特定の商品について宣伝する記事は「広告」と書いてあるケースもあります。

キュレーションや、まとめサイトと言われるWEBメディアに掲載されている多くのコラムや記事を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

WEBメディアでは、SEOライティングやセールスライティングの知識も必要とされる場合もあります。

翻訳ライター

外国語の記事を読み内容を理解した上で日本語に書き直していくことが、翻訳ライターの仕事です。

ただ言語を変換するのではなく原文の流れや背景を考慮して、適した言葉を選んで和文にしていきます。

元の意味を損なわずに、日本語として自然な文章を書くテクニックが必要とされます。

取材ライター

テーマに従事している人物や専門家にインタビューをしたり、実際に現場の様子を写真撮影したりなど、取材を行って記事を作成するのが取材ライターです。

インタビュー対象をしぼり込んで電話やメールで取材依頼をしたり、日程調整を含めたりする場合もあります。

対面の他に電話やスカイプ、メール、チャットなど、インタビューの手段は様々です。

別の担当者がインタビューした録音を聞いて記事を作成するパターンも見られます。

インタビューは事前に聞き出す内容を考えて質問案を作るため、事前準備が欠かせません。

また、相手の話を上手く引き出すヒアリング力も大切です。

コピーライター

コピーライターは、広告で伝えるべきことを文字にしていくことが主な仕事内容です。

そのため、商品やサービスの課題を理解し、広告のコンセプトを明確にしていく作業も重要な仕事と言えます。

商品名やキャッチフレーズといった短いコピーの他にも、サブとなる文章やボディコピーを制作していきます。

つまりコピーライターは、文章だけではなく広告全体の仕事に関わる役割を持っているのです。

シナリオライター

映画やテレビドラマ、ゲームのシナリオを書くのがシナリオライターです。

ストーリーの構成を考え、どのような流れでシナリオを作っていくのか検討したり、演出も兼任したりする場合もあります。

企画の立ち上げから関わり、制作や進行を行うディレクターの役割をするシナリオライターもいます。

近年募集が増えているゲームのシナリオライターは、ゲームプランナーも同時にこなす場合が多いそうです。

ライティングに留まらず幅広い仕事を行うのが、シナリオライターの特徴と言えます。

ルポライター

ルポライターは、世の中で話題になっている事柄について現場での取材を通して記事を作成します。

実際に起きている内容を現地で確認して情報を集めるため、粘り強さが求められるでしょう。

時には長い時間をかけて張り込みをしたり、何度も取材したりする場合もあります。

また「実際にやってみた」など、記者が体験した内容を記事にするのもルポライターの特徴です。

ブックライター

ブックライターは、書籍の原稿を制作する仕事です。

本来、書籍を作る際は著者が原稿を書くことが一般的な手法でした。

近年では「著者が話した内容をブックライターがまとめて文章にする」という方法が増えていることを知っていますか。

ビジネス書や実用本、自己啓発書、タレントのエッセイ本などで多く採用されています。

著者のアイデアや伝えたいことを、ブックライターがプロフェッショナルとして書籍にしていくわけです。

テクニカルライター

テクニカルライターとは、パソコンや電気製品などの機械について「取扱説明書」を作成する仕事です。

商品の概要や使用方法を分かりやすく解説し、ユーザーが操作できるようにします。

商品の開発担当者と連携して、誰でも正しく使えるように説明書を作ることが目的です。

多くはメーカーやソフトウェア開発企業のマニュアル制作を担当する部署でテクニカルライターとして働きます。

経験を積んだ後に、フリーとして独立する方もいるようです。

ライターの仕事をするにはどうすればいい?

ライターの様々な仕事が分かりましたか。

次に、実際にライターとして働くにはどういった手段があるのか紐解いていきます。

得意ジャンルを持つ

「これだけは誰にも負けないくらい詳しい」「専門的な知識を持っている」など自分の得意ジャンルを持っていると、ライターとして強い武器になります。

よく知っているジャンルなら、分かりやすい文章が書けて、執筆スピードも速いからです。

クライアントにも書ける分野をアピールできるため、仕事の依頼をもらいやすくなるメリットもあります。

そのため、ライターとして自分の売りになる得意ジャンルを持っておきましょう。

特に書きたいジャンルもないし詳しい知識も持っていない…という方でも、何かしら「書きやすい分野」が存在するものです。

化粧品や食べ物、様々な仕事や習い事、スポーツ、映画、ドラマ、音楽など、身近にあるものから探してみてはいかがでしょうか。

新卒採用を狙って就職する

もしもあなたが学生で、一からライターを始めたいと思っているなら、新卒採用に応募すると良いでしょう。

就職サイトでは出版社や編集プロダクション、広告制作会社、WEBメディアを制作しているインターネット関連企業など、新卒を募集している求人が掲載されています。

特に近年はWEBライティングの需要が高まっているため、多くの企業で新卒採用を行っています。

新卒採用なら、ライター未経験でも応募できます。

経験やスキルよりポテンシャルが重視されますので、「なぜライター職を志しているのか」「どんなライターになりたいのか」といった自己分析をしっかり行って、新卒採用に臨んでくださいね。

中途採用で転職

すでに社会人の方は、中途採用でライターへの転職を狙いましょう。

ライター未経験なので転職できるか心配…といった方でも、転職可能な企業もあります。

今までの職歴をライター職に活かせる可能性が高いため、未経験なりのアピールポイントを練っておくのがコツです。

例えば飲食店で働いた経歴があれば、グルメ雑誌やレストラン情報を扱うWEBメディアがねらい目。

美容師や化粧品販売員から美容系ライターへ転職したり、金融機関での就業経験から金融情報サイトの記事を書くライターに転身したりしたケースもあります。

そのため未経験でも、自分の経験を武器にしてライター転職へチャレンジできるのです。

編集者や専門職を経験しているとライターになるために有利

雑誌やWEBメディアの編集職や、何かしら専門職をしていた方は、ライター転職に有利です。

仕事としてのライターは、自分で書きたいと思う内容を書けば良いというものではありません。

読者の「分からない」「知りたい」に応えるため、入念に調査した上で読者を惹きつける文章を作成します。

編集者はどんな文章が読者に読まれるか理解していますし、読者の立場に立って原稿をチェックしているため、求められるポイントをおさえた記事を書ける方が多いのです。

また専門職の経験がある方は詳しい分野についての記事が書けるためライターとしても有利と言えます。

筆者が編集を担当していた際も、看護師や助産師をしていた方が出産・育児系の記事を書くケースに度々遭遇したものです。

栄養士の資格を持つ方がダイエットレシピを紹介したり、元美容部員の方が化粧品について執筆したりしていました。

他にも建築関係の仕事を経て住まい情報の記事を執筆するなど、経験を活かしたジャンルはライターになるために有利です。

自分で作成したWEBサイトやブログを充実させる

ライターの実績がない場合は、WEBサイトやブログを自分で作ってみることもおすすめです。

WEBサイトやブログで文章を発表していけば、どんな文章を書くライターなのか分かってもらえます。

実際に記事を作成すると、きっちりした硬めの文章なのかフランクな雰囲気なのかといった、自分のスタイルが見えてくることもメリットです。

自分でテーマを決められるため、書きたい分野を積極的に書いてアピールする手段としても活用できます。

また、編集者がライターを探す時に、個人のブログを読んでスカウトする例もあるそうです。

そのため、自分のWEBサイトやブログを充実させておくとライターへの道になるかもしれませんね。

実際にライターの仕事をしている人に頼んでみる

あなたの周りにライターをやっている知り合いがいたら、仕事を紹介してもらえるように頼んでみると良いでしょう。

その人からクライアントに「こんなライターいますよ」と話してもらえれば、スケジュールの関係で受けられない仕事を紹介してくれる場合もあります。

書いた文章についてアドバイスをもらったり相談できる相手がいたりするのは頼もしいもの。

特にフリーランスを考えている方は人脈も大切ですので、ライター仲間を作っておきたいですね。

エンジニア、デザイナー、ライターなどの案件が沢山あるクラウドソーシングサイトに登録して携わりたい案件に応募してみる

ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトに登録するのも、ライターになる方法の一つです。

未経験の場合、はじめの内は自分でクラウドソーシングサイトで案件を検索して応募してみましょう。

執筆するジャンルやテーマ、掲載される媒体、文字単価、期限をチェックして、自分が受けられそうな案件を選ぶと良いでしょう。

構成から作る必要がある案件は、初心者には難しいかもしれません。

予め構成が作られている案件にするか、初心者なのでアドバイスが欲しい旨を伝えておくのも手です。

執筆マニュアルが用意されている場合はしっかり目を通して、マニュアルに沿って執筆しましょう。

マニュアルは言葉遣いの決まりごとや漢字の使用ルール、改行などについて決められている場合が多くあります。

またクラウドソーシングサイトでは、行った仕事の実績が分かるシステムになっています。

そのためいくつか実績ができると、「この人に頼みたい」と募集先から仕事のオファーが来ることも。

オファーが来たら、内容や報酬について交渉してみましょう。

オファーが来るようになると、書きたい内容を選ぶなど条件をアップできる可能性もあります。

クラウドソーシングサービスは、ライターだけではなくエンジニアやデザイナーといった様々な案件があるので、仕事の幅を広げるチャンスにもなります。

ライター講座やエディタースクールに通う

ライターとして働くには特別な資格は要りませんが、「ライターのいろはを学びたい」「いちから勉強したい」という方もいます。

ライター講座やエディタースクールに通って、基本から勉強することも良い方法でしょう。

講座では現役のライターや編集者による講義があり、ライターの仕事に役立つ内容が学べます。

実際に文章を書いたり企画を立てて発表したり、実践的な講座もあります。

グループワークを行うなどお互いの文章や企画について意見を出し合う講座では、自分では気付けなかった課題点を見つけられることもあります。

また講師や受講生と仲良くなって、ライターの人脈を広げられるメリットも。

講座によっては、ライターの仕事を紹介してくれるシステムもあるようです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ライター求人によくある雇用形態は?

ライターになるための方法が、様々あると分かりましたね。

それでは、ライターの雇用形態はどうなっているのでしょうか。

「フリーライターってどうやって仕事をもらうの?」「正社員のメリットは?」

気になるライターの雇用形態について解説していきますので、自分にはどの働き方が合うのかチェックしてみてくださいね。

フリーランス

いわゆる「フリーライター」はフリーランスで働くライターを言います。

フリーランスはクライアントから直接依頼を請け負って、ライターの仕事をします。

報酬を定めた業務委託契約を依頼元と結び、記事1件あたりや文字数で単価を設定することが一般的なケースです。

クラウドソーシングサイトに登録して、フリーライターの仕事をしている方も多くいます。

フリーランスの良いところは、自分のペースに合わせて仕事量を調整できる点です。

しかし経験がない方は、はじめは思うように仕事の依頼を受けられないこともあるでしょう。

継続していた仕事が、クライアントの都合で突然打ち切られることもあります。

納品した仕事の分だけ報酬が支払われるため、仕事が少ないときの収入保障がないことがフリーランスのデメリットです。

正社員

正社員でライターを行うには、企業に就職してライター職を担当します。

安定した収入が得られ、社会保障や福利厚生が受けられることがメリットです。

会社から仕事を割り振られるため、自分で仕事を取りに行く必要がありません。

職場での研修やOJTといった教育が受けられる点も、正社員の良いところと言えます。

しかし、ライター以外の職種に異動になったり、苦手な分野を担当したりする可能性もあります。

ライターの正社員求人を探す時は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

契約社員・アルバイト

契約社員やアルバイトでライターになる場合は、ある程度自由に働きつつ、会社から安定して仕事をもらえる点がメリットです。

勤務時間を選べたり、やりたい仕事の範囲について相談したりしやすいでしょう。

ライターの仕事の単価や時給などの報酬相場

ライターとして仕事をしていくと、どのくらいの収入が見込めるのでしょうか。

「平均的な相場はどのくらいなの?」「メディアによって差があるの?」と疑問に思いますよね。

経験の有無やスキルによって違いはありますが、おおよその目安としてライターの報酬相場を紹介します。

ライターの平均手取り

ライターの平均給与は、正社員の手取りで月給21万円前後です。

20代の目安は月15万円、30代で月20万円、40代では月30万円といったところでしょうか。

アルバイトでは、時給1,000円が目安です。

派遣社員でしたら時給1,500円~1,700円で募集される場合が多く見られます。

WEBライティングの単価はピンキリだが、基本的にやや低め

ライターの報酬は紙とWEBで単価が違うと言われていて、WEBのほうがやや低めに設定されているようです。

WEBの中でも記事単価には差があり、記事の文字数や情報量、取材の有無、記名の有無によって報酬が変わってきます。

クラウドソーシングサービスの平均

クラウドソーシングサービスを利用してライターの仕事を行う場合、1文字0.4円~1.5円の報酬です。

クラウドソーシングサービスは、報酬からサービス利用料が引かれる仕組みがあることも覚えておきましょう。

1記事500円以下

1文字0.4円で1,000文字の記事でしたら、報酬は1記事400円です。

1ヶ月に20本書くとすると、1文字0.4円×1,000文字×20本=8,000円の計算になります。

クラウドソーシングサービスでは、200文字~300文字程度の体験談募集やアンケートへの回答など手軽な仕事もあり、単価は低めの設定です。

長い文章を書く自信のない方や隙間時間でできる仕事を受けたい方は、こういった案件もおすすめです。

大手ポータルサイト・ニュースサイトなどのコンテンツメディアへの寄稿

大手の企業が運営しているポータルサイトやニュースサイトは、世間で話題になっていることをインターネットで調査したり取材によって情報を集めて記事にします。

1記事1,000円前後

ポータルサイトやニュースサイトの記事はある程度の文字数が求められるため、1記事1,000円前後の仕事が多く見られます。

記事は2,000文字~3,000文字で構成されているようです。

「ねとらぼ」や「ガジェット通信」といったサイトで募集があります。

高いスキルが求められる大企業運営のコンテンツメディアの寄稿

大きな会社によって運営されているメディアは、情報量も豊富で詳しい内容の記事で作られています。

そのため文字数が増え、報酬も上がるようです。

1記事3,000円前後

美容や育児情報、IT関連サイトなど、その分野に詳しい内容を扱う記事は情報量が多くなるため、まとまった文字数が必要です。

1記事3,000文字~5,000文字書いて、報酬は3,000円程度といったケースが多く見られます。

記事の質を重視する自社運営のコンテンツは価格相場が高い

企業が運営している自社コンテンツはオウンドメディアとも呼ばれ、高い質の記事が求められます。

企業のイメージに直結するため、内容を吟味する必要があるからです。

また特定の商品やサービスをアピールしたい場合も、購入に繋がる記事にするため質が重視されます。

記事を読んだ人が、アピールした商品やサービスを購入したいと思えるような記事を書くことが大切です。

1記事5,000円前後

1記事5,000文字~10,000文字で5,000円が見込めます。

文章だけではなくタイトルや構成から考えたり、SEO対策の知識が求められることもあります。

副業としてやっている人のほうが多い?

ライターはパソコンがあればどこでもできる仕事であり特別な資格を必要としないため副業でやりやすい仕事と言えます。

自宅で隙間時間を活用しながら働けるので、主婦や子育て中のママにも人気があるようです。

平日の本業が終わった後や休日を使って、副業する社会人の方もいます。

そのため、専業でライターをやっている方よりも副業のライターのほうが多いと言われているのです。

家にいながら隙間時間にできることが魅力

お子さんがいるママや身内の介護をしている方は、なかなか外出できない場合もありますよね。

ライターの仕事は家にいながらパソコンで行えます。

まとまった時間が取れなくても、空いた時間に記事を書いたり、テーマについて調査したりできます。

スマホで下調べをしておいて、パソコンで執筆する方もいます。

外出しなくても、空き時間を上手に使って仕事を進められることがライターの魅力なのです。

そのため、家でする副業にぴったりと言えるでしょう。

子供が熱を出して働きに出られない時でもライターなら在宅なので安心

もし子供が熱を出したら、保育園や幼稚園を休まなくてはなりません。

会社勤めをしている方は看病のために会社を休みますが、在宅ライターなら家にいられるので安心です。

看病しつつ、子供が寝ている間に仕事ができますね。

書いたら書いた分だけ報酬が得られるので本業と並行できる

副業でライターをする場合、書いた分に対する報酬が支払われます。

本業が忙しいときはライターの仕事量をセーブしたり、余裕がある時は増やすといった調整が可能です。

無理のない範囲で納品スケジュールを組んでくれるクライアントも多くいます。

そのため、無理なく本業と並行していけるのです。

本業を疎かにしたくない…と思っている方にも、副業ライターはおすすめでしょう。

ライターの仕事で稼ぐためには

仕事をするからには、より多く稼ぐためにどうしたら良いのか気になりますよね。

ライターには差があれど、経験を積む程収入アップが期待できます。

稼げるライターになるためのコツを見ていきましょう。

沢山の仕事をする

まずはライターとして、沢山の仕事をすることが大切です。

数をこなせばそれだけ収入が増え、スキルも身についてきます。

はじめは書きたいジャンルにこだわらず、様々な分野の仕事をしてみることも良いでしょう。

経験を積むと、意外なジャンルが書きやすかったり、今まで興味がなかった分野が面白く感じて来たりするケースもあるようです。

書ける分野が増えると依頼も多くなり、収入アップのチャンスに繋がります。

そのため、まずはできるだけ仕事数を増やしてみましょう。

単価の高い仕事を探す

同じ文字数の依頼でも、案件によって単価は変わってきます。

なるべく単価の高い仕事を選んで受けると良いでしょう。

他の案件に比べてあまりにも報酬が低い場合は、依頼元と交渉してみることも収入アップの方法と言えます。

「似た案件を〇〇円で受けているのですが、ご検討いただけませんか?」など、例を示すと交渉しやすいのでおすすめです。

1つの取材でなるべく沢山の記事を書く

取材した情報を使って、複数の媒体の記事を書くと効率的です。

一度の取材でいくつか記事を執筆すれば、時間とかかる費用を節約できて、結果として報酬も増やせるからです。

ただし、全く同じ内容を流用してはいけません。

掲載される媒体の特性に合わせて、書き方を工夫した記事を作成しましょう。

また同じ媒体でも、異なる視点で構成すると一つのテーマで多く記事を書けます。

例えば同じ人物を取材して、一つ目は成功した仕事についての記事を、二つ目はなぜ仕事で成功したのか生い立ちから紐解く記事を書くのです。

複数の記事が作れるように想定して、取材で質問することを考えておくと良いでしょう。

ターゲットを意識した記事を書く

ライターは、記事を読むターゲットを意識して文章を書くことが大切です。

なぜなら「読む人はどのような人か」「どのようなことを知りたいのか」によって、伝えるべき内容が変わるからです。

掲載される媒体によってもターゲットは様々ですので、執筆の前に確認しておくことがおすすめです。

副業ライターの仕事のメリット

ここまで、ライターの仕事について紐解いてきました。

ライターは副業として、自宅でもやりやすい仕事と紹介しました。

そこで、副業ライターのメリットをおさらいしておきましょう。

通勤がないので毎日の満員電車に乗らなくて済む

ライターはパソコンから文章を打ち込めれば成立する仕事なので、会社に通う必要がありません。

毎日満員電車に乗らなくても仕事ができるのです。

時間の短縮になりますし、満員電車で窮屈な思いをしなくて済むため、ストレスを減らせます。

自分のやりたい仕事が選べる

自分の好きな内容を選べるのことも、ライターのメリットです。

趣味や得意分野など、自分の書きたいジャンルを選べると嬉しいもの。

アイドル好きの方なら芸能ニュース、子育て中のママなら育児情報、「コスメなら任せて!」という方なら美容系の記事を選ぶと良いでしょう。

自分のやりたい仕事でお金を稼げることは、やる気も上がりますよね。

スキルを身につければ稼げる仕事

ライターのスキル次第で、報酬アップも狙えます。

実際に、月に10万円~30万円の報酬を貰っているライターもいるのです。

特別な資格が必要ないからこそ、実力をつけて稼げる仕事と言えます。

ある程度は自分のペースで働ける

副業ライターは労働集約型と言って、働いた分だけ報酬が支払われます。

クライアントから受ける仕事の量を自分で調整できるため、自分のペースで働けるのです。

「今月は集中して稼ぎたい!」「子供の行事があるのでのんびりペースで働きたい」など、自分の事情に合わせて仕事量を決めましょう。

子育て主婦や介護で外に出て働けない人にぴったりの合間を縫ってできる在宅の仕事

ライターの魅力は自宅でできる点と、繰り返しお話しました。

そのため、子育てや介護で在宅時間が長い方でも、合間を活用してできる仕事なのです。

出産や子育て、介護、夫の転勤など、やむを得ない理由で会社勤めを辞めてしまった方もいるでしょう。

在宅ライターは自宅で無理なく働けるため、そういった方からも人気が高いようです。

まとめ

ライターについて、仕事内容や給与を経験者の体験を交えて解説してきました。

誰でも始められる仕事ですので、まずは小さな仕事からコツコツ経験を積んでみてはいかがでしょうか。

スキルを磨くほど報酬も上がっていくため、副業でスタートしてライター一本で生活している方も多くいます。

ライターにチャレンジして、どんどん収入アップを目指していきましょう!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。そのた

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

コピーライターとはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。コピーライターとはどのような仕事?コピーライターは言葉の技術者最初に区

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターバイトって具体的にどんなことするのでしょうか?「ライター」という言葉は聞いたことあるけれど、実際どのような事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイト内容を具体的にご紹介していきたいと思います。ライターの時給事情、条件面についてや、ライターアルバイトで覚えなくてはならない内容についてもお話しさせていただきます。自分に合う合わないを見極めて、興味のある方は是非始めてみてはいかがでしょうか?ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきまし