ライターの仕事をしたいと思って求人を調べると「〇〇ライター」といった、たくさんの種類の募集がありますよね。

仕事内容はどう違うの?

ライターになるためにはどうしたらいいの?

正社員と副業では仕事内容は変わるの?

そんな疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説していきます。

ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので、参考にしてくださいね。

ライター募集求人はどんな仕事がある?

ライターといえばどんな仕事を思い浮かべるでしょうか。

「文章を書く」「情報をまとめて記事にする」「取材した内容を紹介する」

このあたりをイメージしますよね。

これはライターの仕事として、どれも正解です。

ライターの仕事はテーマについて、取材や情報収集をして文章を書いていきます。

しかし一口に「ライター」といってもさまざまな種類があるのです。

そこでまずは、それぞれの仕事内容についてみていきましょう。

コラム・記事の執筆

コラムや記事は設定されたテーマについて、調査や取材によってわかりやすく情報をまとめていきます。

テーマの内容を知りたいと思っている読者に向けて、疑問や悩みが解決できるように情報を発信することが目的の1つです。

特定の商品について宣伝する記事は「広告」と書いてあるケースもあります。

キュレーションやまとめサイトといわれるWEBメディアで、多くのコラムや記事を掲載しているので目にした方も多いのでは。

WEBメディアではSEOライティングや、セールスライティングの知識も必要とされる場合もあります。

翻訳ライター

外国語の記事を読み、内容を理解したうえで日本語に書き直していくのが翻訳ライターの仕事です。

ただ言語を変換するのではなく、原文の流れや背景を考慮して、適した言葉を選んで和文にしていきます。

元の意味を損なわずに、日本語として自然な文章を書くテクニックが必要とされます。

取材ライター

テーマに従事している人物や専門家に話を聞くインタビューをしたり、実際に現場の様子を写真撮影するなど、取材をおこなって記事を作成するのが取材ライターです。

インタビュー対象の絞り込んで電話やメールで取材依頼をしたり、日程調整を含める場合もあります。

対面のほかに電話やスカイプ、メール、チャットなど、インタビューの手段はさまざまです。

別の担当者がインタビューした録音を聞いて、記事を作成するパターンもみられます。

インタビューは事前に聞き出す内容を考えて下案をつくっておくため、事前準備が欠かせません。

また相手の話をうまく引き出しす、ヒアリング力も大切です。

コピーライター

コピーライターは、広告で伝えるべきことを文字にしていくのが主な仕事内容です。

そのため商品やサービスの課題を理解して、広告のコンセプトを明確にしていく作業も重要な仕事といえます。

商品名やキャッチフレーズといった短いコピーのほかにも、サブとなる文章やボディコピーを制作していきます。

つまりコピーライターは、文章だけではなく広告全体の仕事に関わる役割を持っているのです。

シナリオライター

映画やテレビドラマ、ゲームのシナリオを書くのがシナリオライターです。

ストーリーの構成を考え、どういった流れでシナリオを作っていくのか検討したり、演出も兼任する場合もあります。

企画の立ち上げから関わり、制作や進行をおこなうディレクターの役割をするシナリオライターも。

近年募集が増えているゲームシナリオライターは、ゲームプランナーも同時にこなす場合が多いそうです。

ライティングにとどまらず、幅広い仕事をおこなうのがシナリオライターの特徴といえます。

ルポライター

ルポライターは世の中で話題になっている事柄について、現場での取材を通して記事を作成します。

実際に起きている内容を現地で確認して情報を集めるため、粘り強さが求められることも。

時には長い時間をかけて張り込みをしたり、何度も取材をする場合もあります。

また「実際にやってみた」など、記者が体験した内容を記事にするのもルポライターの特徴です。

ブックライター

ブックライターは書籍の原稿を制作する仕事です。

本来、書籍を作る際は著者が原稿を書くのが一般的な手法でした。

近年では著者が内容を話してブックライターがまとめて文章にする、という方法が増えているのはご存知でしたでしょうか。

ビジネス書や実用本、自己啓発書、タレントのエッセイ本などで多く採用されています。

著者のアイディアや伝えたいことを、ブックライターがプロフェッショナルとして書籍にしていくわけです。

テクニカルライター

テクニカルライターとは、パソコンや電気製品などの機械について「取扱説明書」を作成する仕事です。

商品の概要や使用方法をわかりやすく解説し、ユーザーが操作できるようにします。

商品の開発担当者と連携して、誰でも正しく使えるように説明書を作ることが目的です。

多くはメーカーやソフトウェア開発企業のマニュアル制作を担当する部署で、テクニカルライターとして働きます。

経験を積んだ後にフリーとして独立する方もいるようです。

ライターの仕事をするにはどうすればいい?

ライターのさまざまな仕事がおわかりいただけたでしょうか。

次に実際にライターとして働くには、どういった手段があるのか紐解いていきます。

得意ジャンルを持つ

「これだけは誰にも負けないくらい詳しい」「専門的な知識を持っている」など、自分の得意ジャンルを持っていると、ライターとして強い武器になります。

よく知っているジャンルならわかりやすい文章が書けて、執筆スピードも速いからです。

クライアントにも書ける分野をアピールできるため、仕事の依頼をもらいやすくなるメリットもあります。

そのため、ライターとして自分の売りになる得意ジャンルを持っておきましょう。

特に書きたいジャンルもないし、詳しい知識も持っていない…という方でも何かしら「書きやすい分野」が存在するものです。

化粧品や食べ物、さまざまな仕事や習い事、スポーツ、映画、ドラマ、音楽など、身近にあるものから探してみてはいかがでしょうか。

新卒採用を狙って就職する

もしもあなたが学生で、いちからライターを始めたいと思っているなら、新卒採用に応募するとよいでしょう。

就職サイトでは出版社や編集プロダクション、広告制作会社、WEBメディアを制作しているインターネット関連企業など、新卒を募集している案件が掲載されています。

特に近年はWEBライティングの需要が高まっているため、多くの企業で新卒採用をおこなっているのです。

新卒採用ならライター未経験で応募できます。

経験やスキルよりポテンシャルが重視されますので、「なぜライター職を志しているのか」「どんなライターになりたいのか」といった自己分析をしっかりやって、新卒採用に臨んでくださいね。

中途採用で転職

すでに社会人の方は、中途採用でライターへの転職を狙いましょう。

ライター未経験なので転職できるか心配…といった方でも募集可能な企業もあります。

今までの職歴をライター職に生かせる可能性が高いため、未経験なりのアピールポイント練っておくのがコツです。

例えば飲食店で働いた経歴があれば、グルメ雑誌やレストラン情報を扱うWEBメディアがねらい目。

美容師や化粧品販売員から美容系ライターへ転職したり、金融機関での就業経験から金融情報サイトの記事を書くライターに転身したケースもあります。

そのため未経験でも、自分の経験を武器にしてライター転職へチャレンジできるのです。

編集者や専門職を経験しているとライターになるために有利

雑誌やWEBメディアの編集職や、何かしら専門職をしていた方はライター転職に有利です。

仕事としてのライターは、自分で書きたいと思う内容を書けばいいのではありません。

読者の「わからない」「知りたい」に応えるため、入念に調査したうえで読者を引き付ける文章を作成します。

編集者はどんな文章が読者に読まれるか理解していますし、読者の立場に立って原稿をチェックしているため、求められるポイントをおさえた記事を書ける方が多いのです。

また専門職の経験がある方は、詳しい分野についての記事が書けるためライターとしても有利といえます。

筆者が編集を担当していた際も、看護師や助産師をしていた方が出産・育児系の記事を書くケースにたびたび遭遇したものです。

栄養士の資格を持つ方がダイエットレシピを紹介したり、元美容部員の方が化粧品について執筆していました。

ほかにも建築関係の仕事を経て住まい情報の記事を執筆するなど、経験を生かしたジャンルはライターになるために有利なのです。

自分で作成したWEBサイトやブログを充実させる

ライターの実績がない場合は、WEBサイトやブログを自分で作ってみるのもおすすめです。

WEBサイトやブログで文章を発表していけば、どんな文章を書くライターなのかわかってもらえます。

実際に記事を作成すると、きっちりした硬めの文章なのかフランクな雰囲気なのかといった、自分のスタイルがみえてくるのもメリットです。

自分でテーマを決めて書けるため、書きたい分野を積極的に書いてアピールする手段としても活用できます。

また編集者がライターを探すときに、個人のブログを読んでスカウトする例もあるそうです。

そのため自分のWEBサイトやブログを充実させておくと、ライターへの道になるかもしれませんね。

実際にライターの仕事をしている人に頼んでみる

あなたのまわりにライターをやっている知り合いがいたら、仕事を紹介してもらえるように頼んでみるとよいでしょう。

その人からクライアントに「こんなライターいますよ」と話してくれたり、スケジュールの関係で受けられない仕事を紹介してくれる場合もあります。

書いた文章についてアドバイスをもらったり、相談できる相手がいるのは頼もしいもの。

特にフリーランスを考えている方は人脈も大切ですので、ライター仲間をつくっておきたいですね。

エンジニア、デザイナー、ライターなどの案件がたくさんあるクラウドソーシングサイトに登録して携わりたい案件に応募してみる

ランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングサイトに登録するのもライターになる方法の1つです。

未経験の場合、はじめのうちは自分でクラウドソーシングサイトで案件を検索して応募していきましょう。

執筆するジャンルやテーマ、掲載される媒体、文字単価、期限をチェックして、自分が受けられそうな案件を選ぶとよいでしょう。

構成から作る必要がある案件は、初心者には難しいかもしれません。

あらかじめ構成が作られている案件にするか、初心者なのでアドバイスが欲しい旨を伝えておくのも手です。

執筆マニュアルが用意されている場合はしっかり目を通して、マニュアルに沿って執筆しましょう。

マニュアルは言葉遣いの決まりごとや、漢字の使用ルール、改行などについて決められている場合が多くあります。

またクラウドソーシングサイトでは、おこなった仕事の実績がわかるシステムになっています。

そのためいくつか実績ができると、「この人に頼みたい」と募集先から仕事のオファーがくることも。

オファーがきたら内容や報酬について交渉してみましょう。

オファーがくるようになると、書きたい内容を選んだり条件をアップできる可能性もあるのです。

クラウドソーシングサービスは、ライターだけではなくエンジニアやデザイナーといったさまざまな案件があるので、仕事の幅を広げるチャンスにもなります。

ライター講座やエディタースクールに通う

ライターとして働くには特別な資格はいりませんが、「ライターのいろはを学びたい」「いちから勉強したい」という方もいます。

ライター講座やエディタースクールに通って、基本から勉強するのもよい方法ですね。

講座では現役のライターや編集者による講義があり、ライターの仕事に役立つ内容が学べます。

実際に文章を書いたり企画を立てて発表する、実践的な講座もあるのです。

グループワークをおこなったり、お互いの文章や企画について意見を出し合う講座では、自分では気づけなかった課題点をみつけられます。

また講師や受講生と仲良くなって、ライターの人脈を広げられるメリットも。

講座によっては、ライターの仕事を紹介してくれるシステムもあるようです。

ライター求人によくある雇用形態は?

ライターになるための方法が、いろいろあるとわかりましたね。

それでは、ライターの雇用形態はどうなっているのでしょうか。

「フリーライターってどうやって仕事をもらうの?」「正社員のメリットは?」

気になるライターの雇用形態について解説していきますので、自分にはどの働き方が合うのかチェックしてみてくださいね。

フリーランス

いわゆる「フリーライター」はフリーランスで働くライターをいいます。

フリーランスはクライアントから直接依頼を請け負って、ライターの仕事をします。

報酬を定めた業務委託契約を依頼元と結び、記事1件当たりや文字数で単価を設定するのが一般的なケースです。

クラウドソーシングサイトに登録して、フリーライターの仕事をしている方も多くいます。

フリーランスのよいところは、自分のペースに合わせて仕事量を調整できる点です。

しかし経験がない方は、はじめは思うように仕事の依頼を受けられないこともあるでしょう。

継続していた仕事がクライアントの都合で突然打ち切られることも。

納品した仕事の分だけ報酬が支払われるため、仕事が少ないときの収入保障がないのがフリーランスのデメリットです。

正社員

正社員でライターをおこなうには企業に就職して、ライター職を担当します。

安定した収入が得られ、社会保障や福利厚生が受けられるのがメリットです。

会社から仕事を割り振られるため、自分で仕事を取りに行く必要がありません。

職場での研修やOJTといった教育が受けられる点も、正社員のよいところといえます。

しかしライター以外の職種に異動になったり、苦手な分野を担当する可能性もあります。

ライターの正社員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

契約社員・アルバイト

契約社員やアルバイトでライターになる場合は、ある程度、自由に働けつつも会社から安定して仕事をもらえる点がメリットです。

勤務時間を選べたり、やりたい仕事の範囲について相談しやすいでしょう。

ライターの仕事の単価や時給などの報酬相場

ライターとして仕事をしていくと、どのくらいの収入が見込めるのでしょうか。

「平均的な相場はどのくらいなの?」「メディアによって差があるの?」と疑問に思いますよね。

経験の有無やスキルによって違いはありますが、おおよその目安としてライターの報酬相場を紹介します。

ライターの平均手取り

ライターの平均給与は、正社員の手取りで21万前後です。

20代で目安は15万、30代で20万、40代で30万となるのだとか。

アルバイトでは時給1,000円が目安です。

派遣社員でしたら1,500~1,700円で募集される場合が多くみられます。

WEBライティングの単価はピンキリだが、基本的にやや低め

ライターは紙とWEBで単価が違うといわれていて、WEBのほうがやや低めに設定されているようです。

WEBのなかでも記事単価には差があり、記事の文字数や情報量、取材の有無、記名の有無によって報酬が変わってきます。

クラウドソーシングサービスの平均

クラウドソーシングサービスを利用してライターの仕事をおこなった場合、1文字0.4円~1.5円の報酬です。

クラウドソーシングサービスは、報酬からサービス利用料が引かれる仕組みも覚えておきましょう。

1記事500円以下

1文字0.4円で1,000文字の記事でしたら、報酬は1記事400円です。

ひと月に20本書くとすると、0.4円×1,000文字×20本=8,000円の計算になります。

クラウドソーシングサービスでは、200~300文字程度で体験談を募集したり、アンケートへの回答など手軽な仕事もあり、単価は低めの設定です。

長い文章を書く自信のない方や、隙間時間でできる仕事を受けたい方はこういった案件もおすすめですよ。

大手ポータルサイト・ニュースサイトなどのコンテンツメディアへの寄稿

大手の企業が運営しているポータルサイトやニュースサイトは、世間で話題になっていることをインターネットで調査したり取材によって情報を集めて記事にします。

1記事1000円前後

ポータルサイトやニュースサイトの記事は、ある程度の文字数が求められるため、1記事1,000円前後の仕事が多くみられます。

記事は2,000~3,000文字で構成されているようです。

ねとらぼやガジェット通信、といったサイトで募集があります。

高いスキルが求められる大企業運営のコンテンツメディアの寄稿

大きな会社によって運営されているメディアは、情報量も豊富で詳しい内容の記事でつくられています。

そのため文字数が増え、報酬も上がるようです。

1記事3000円前後

美容や育児情報、IT関連サイトなどその分野に詳しい内容を扱う記事は、情報量が多くなるためまとまった文字数が必要です。

1記事3,000~5,000文字書いて、報酬は3,000円程度といったケースが多くみられます。

記事の質重視の企業独自が運営の自社コンテンツは価格相場が高い

企業が運営している自社コンテンツはオウンドメディアともよばれ、高い質の記事が求められます。

企業のイメージに直結するため内容を吟味する必要があるからです。

また特定の商品やサービスをアピールしたい場合も、購入につながる記事にするため質が重視されます。

記事を読んだ人が購入したいと思える記事を、書くことが大切なのです。

1記事5000円前後

5,000~10,000文字の記事で5,000円が見込めます。

文章だけではなくタイトルや構成から考えたり、SEO対策の知識が求められることも。

副業としてやっている人の方が多い?

ライターはパソコンがあればどこでもできる仕事で、特別な資格を必要としないため副業でやりやすい仕事といえます。

自宅で隙間時間を活用して働けるので、主婦や子育て中のママに人気があるようです。

平日の本業が終わった後や休日を使って、副業する社会人の方もいます。

そのため専業でライターをやっている方よりも、副業のライターのほうが多いといわれているのです。

家にいながら隙間時間にできるのが魅力

お子さんがいるママや身内の介護をしている方は、なかなか外出できない場合もありますよね。

ライターの仕事は家にいながらパソコンでおこなえます。

まとまった時間がとれなくても、空いた時間に記事を書いたり、テーマについて調査できるのです。

スマホで下調べをしておいて、パソコンで執筆する方も。

外出できなくても空き時間を上手に使って仕事が進められるのがライターの魅力なのです。

そのため、家でできる副業にぴったりですね。

子供が熱を出して働きに出られない時でもライターなら在宅なので安心

もし子供が熱を出したら、保育園や幼稚園を休まなくてはなりません。

会社勤めをしている方は看病のために会社を休みますが、在宅ライターなら家にいられるので安心です。

看病しつつ、子供が寝ている間に仕事ができますね。

書いたら書いたぶんだけ報酬が得られるので本業と並行できる

副業でライターをする場合、書いたぶんに対する報酬が支払われます。

本業が忙しいときはライターの仕事量をセーブしたり、余裕があるときは増やすといった調整が可能です。

無理のない範囲で、納品スケジュールを組んでくれるクライアントも多くいます。

そのため無理なく、本業と並行していけるのです。

本業をおろそかにしたくない…と思っている方にも副業ライターはおすすめできます。

ライターの仕事で稼ぐためには

仕事をするからには、より多く稼ぐためにはどうしたらいいのか気になりますよね。

ライターには差があれど、だんだんと経験を積むと収入アップが期待できます。

稼げるライターになるためのコツをみていきましょう。

たくさんの仕事をする

まずはライターとして、たくさんの仕事をすることが大切です。

数をこなせばそれだけ収入が増え、スキルも身に付いてきます。

はじめは書きたいジャンルにこだわらず、さまざまな分野の仕事をしてみるのもよいでしょう。

経験を積むと、意外なジャンルが書きやすかったり、今まで興味がなかった分野が面白く感じてくるケースもあるようですよ。

書ける分野が増えると依頼も多くなり、収入アップのチャンスにつながります。

そのため、まずはできるだけ仕事数を増やしてみましょう。

単価の高い仕事を探す

同じ文字量の依頼でも、案件によって単価は変わってきます。

なるべく単価の高い仕事を選んで受けるとよいでしょう。

他の案件に比べて、あまりにも報酬が低い場合は依頼元と交渉してみるのも、収入アップの方法といえます。

「似た案件を〇〇円で受けているのですが、ご検討いただけませんか?」など例を示すと、交渉しやすいのでおすすめですよ。

1つの取材でなるべくたくさん記事を書く

取材した情報を使って、複数の媒体の記事を書くと効率的です。

一度の取材でいくつか記事を執筆すれば、時間とかかる費用を節約できて報酬も増やせるからです。

ただし全く同じ内容を流用してはいけません。

掲載される媒体の特性に合わせて、書き方を工夫した記事を作成しましょう。

また同じ媒体でも、異なる視点で構成すると1つのテーマで多く記事を書けます。

例えば同じ人物を取材して、1つめは成功した仕事についての記事を、2つめはなぜ仕事で成功したのか生い立ちから紐解く記事を書くのです。

複数の記事が作れるように想定して、取材で質問することを考えておくとよいでしょう。

ターゲットを意識した記事を書く

ライターは記事を読むターゲットを、意識して書くことが大切です。

なぜなら「読む人はどんな人か」「どんなことを知りたいのか」によって、伝えるべき内容が変わるからです。

掲載される媒体によってもターゲットはさまざまですので、執筆の前に確認しておくのがおすすめです。

副業ライターの仕事のメリット

ここまで、ライターの仕事について紐解いてきました。

ライターは副業として、自宅でやりやすい仕事でしたね。

そこで副業ライターのメリットを、おさらいしておきましょう。

通勤という通勤がないので毎日の満員電車に乗らなくてすむ

ライターはパソコンから文章を打ち込めれば、成立する仕事なので会社に通う必要がありません。

毎日の満員電車に乗らなくても仕事ができるのです。

時間の短縮になりますし、満員電車で窮屈な思いをしなくてすむため、ストレスをへらせます。

自分のやりたい仕事が選べる

自分の好きな内容を選べるのも、ライターのメリットです。

趣味や得意分野など、自分の書きたいジャンルを選べるとうれしいもの。

アイドル好きの方なら芸能ニュース、子育て中のママなら育児情報、コスメなら任せて!という方なら美容系の記事を選ぶとよいでしょう。

自分のやりたい仕事でお金を稼げるのは、やる気も上がりますよね。

スキルをつければ稼げる仕事

ライターのスキル次第で、報酬アップも狙えます。

実際に、月に10~30万円の報酬をもらっているライターもいるのです。

特別な資格が必要ないからこそ、実力をつけて稼げる仕事といえます。

ある程度自分のペースでできる

副業ライターは労働集約型といって、働いた分だけ報酬が支払われます。

クライアントから受ける仕事の量を自分で調整できるため、自分のペースで働けるのです。

「今月は集中して稼ぎたい!」「子供の行事があるのでのんびりペースで働きたい」など、自分の事情に合わせて仕事量を決めましょう。

子育て主婦や介護で外に出て働けない人にぴったりの合間を縫ってできる在宅の仕事

ライターの魅力は自宅でできる点だと、繰り返しお話ししました。

そのため子育てや介護で在宅時間が長い方でも、合間を活用してできる仕事なのです。

出産や子育て、介護、夫の転勤など、やむを得ない理由で会社勤めをやめてしまった方もいるでしょう。

在宅ライターは自宅で無理なく働けるため、そういった方からも人気が高いようです。

まとめ

ライターについて仕事内容や給与を、経験者の実体験を交えて解説してきました。

誰でも始められる仕事ですので、まずは小さな仕事からコツコツ経験を積んでいってみてはいかがでしょうか。

スキルを磨くほど報酬も上がっていくため、副業でスタートしてライター一本で生活している方も多くいます。

ライターにチャレンジして、どんどん収入アップを目指していきましょう!


関連キーワード

ライター求人

ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

最近副業として注目されているのが在宅ライターのお仕事です。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気なんですよ!誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし在宅ライターと言う仕事はここ近年増え始めたもので、実際に働いたことがあると言う人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ一度目を通してみてくださいね!在宅ライターってどんな仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマート

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「ライター」になることは今どき、WEBで登録するだけでカンタンになれてしまうのが事実です。「でもフリーランスで働くには不安がいっぱい」、「『正社員』として働けたらいいのにな」と思っている方、多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します!ライター正社員の仕事内容とは?「ライター」といっても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員なので、取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に、企業や商品などのキャッチコピー

占いライター求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「占いライターってどんな仕事なの?」、「ちゃんと占いしているの?」「給料ってどうなるの?」ライターという職業の中でもほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々にご案内します。※営業形態は会社によって異なります。「占いライターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングや、メルマガの配信、個別の相談に返信を行うのが占いライターの仕事です。メイン業務は、業務時間内に占いを行いお客様の相談に答えます。また、売上に応じてキャンペーンの

フリーライターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

いつからでも、いまからでもなれる「フリーライター」という仕事についてどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説しますフリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代理店や、そこから仕事を請け負っているプランナーから、仕事を発注されるケースが一般的です。いわば自営業ですから、自らの実績をもとに売り込み営業し、仕事を得ることで成立します。フリーライターの大まかな仕事内容主に、企業(クライアント)の制作物内で、企業理念を掲

主婦ライター求人でよくある募集内容や仕事の見つけ方・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし家を空けられる時間が少なかったり空けられる時間のお仕事がない…ということも主婦の方だと多いですよね。特にお子さんがいると時間の目途が立たなくてバイトが難しいということも多いですよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとはそもそもどんな仕事をするのでしょうか。大まかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言ってしまえば、パソコンを使って文章を書いて、それを

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと文章を書くのが上手いすごい人というイメージでしょうか?ライターと聞くと取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私もライターというと雑誌に載ってるの?と聞かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事ではライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていて、どんな人には向いていないのかを解説していきます。「ライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →ライターはどんな仕事?ライターはイメージ通り文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言でいってもたくさんの

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターのバイトって具体的にどんなことするの?ライターという言葉は聞いたことあるけれど、実際どのように仕事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイトでは実際どんなことをするのか、またバイトをするにあたっての給与などの条件面もご紹介していきます。ライターバイト求人の時給は?ライターの求人、稼げないって聞くけれど、実際時給はどれくらいなのか?ライターは大変な仕事なのか時給と重ね合わせながら確認していきましょう。ライターバイトの時給は高め?ライターは20代正社員で15万円~20万円の月収です。バイトの時給は1200円以上です。他のバイトと仕事の状況と時給で比べるとそれほど高くはあり