この文章を読もうとしているあなたは「コピーライターの仕事って何?」「コピーライターって面白そう!」「コピーライターになろう」と、考えている3タイプの内の一人ではないでしょうか。

結論から言いますと、コピーライターは素敵な仕事です。

いわゆる広告業界という範囲に留まらず、視点を変えればコピーライティングの需要や守備範囲は多方面に広がっているのです。

安定して稼げるかどうか…それはもうあなたのやる気と腕次第。

進む道は明快であり、その結果、活躍の場に巡り会えるでしょう。

今回はコピーライターの仕事内容や役割、なり方などについて紹介します。

「コピーライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「コピーライター」の仕事例をチェック

コピーライターとはどのような仕事?

コピーライターは言葉の技術者

最初に区別しておかなければならない大事なことがあります。

それは、作家とは違うということです。

コピーライターも作家も言葉を操る専門職ですが、「売るもの」が違うのです。

作家が売るのは、自分と、自分が創作した作品です。

では、コピーライターは何を売るのでしょうか。

それは、他人が作った商品です。

その商品がヒットすれば、メーカーの人たちが脚光を浴びます。

コピーライターは、あくまで黒子です。

広告業界がバブル全盛の華やかだった頃は、コピーライターやデザイナーたちもガンガン前に出て自分の名前を売っていました。

それはそれで刺激的な良い時代でしたが、残念ながら今は違います。

とは言え、がっかりしないでくださいね。

コピーライティングという職域は、あの頃とは比べものにならないくらい進化しているのです。

本当は深い!コピーライターの役割

冒頭で言った言葉の技術者という意味合いは、理系での半導体の技術者という意味合いと同等です。

例えて言えば、言葉はビジネスが高機能なパフォーマンスを正常に発揮するための半導体のようなものです。

売る側と買う側を繋ぐ魅力的なコピーを書くことが、コピーライターの表の仕事だとします。

その裏では商品の開発やプロジェクトを進めるためのシナリオに関わったり、イメージや戦略といった抽象的な概念を数値目標と同様に明確な言葉で具現化したり、関係スタッフ全体の意思統一を担ったりすることもあるのです。

スゴい人、ヘンな人、様々いるのがコピーライターの世界

一人前のコピーライターは、ビジネスコミュニケーションをサポートする達人ということです。

担当する業界のシンクタンクの一員と言えるでしょう。

そう言うと、背筋が少し伸びる思いがする半面、尻込みする方もいるかもしれません。

しかし、大丈夫です。

コピーライターには、おおらかな人が多いですし、良い意味でいい加減な人や破天荒な人もいます。

それでいて自立していて、真面目で、スイッチが入るとどこまでも突き抜けていってしまう…そんな人たちがワンサカいる業界です。

「コピーライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コピーライターの仕事は大きく3つの業務に分けられる

コピーライターの仕事は、多岐にわたります。

ここでは主に広告代理店や広告制作会社に勤務するコピーライターの多くが携わる代表的な三つの業務を紹介したいと思います。

ライティング

私たちの日常生活には新聞広告、チラシ、ポスター、フライヤー、パンフレット、リーフレットなどの印刷物が溢れていますよね。

そこには沢山のフレーズ、文章が書かれています。

それらを書くこと、すなわちライティングがコピーライターの仕事の中心となります。

コピーライターと聞くと、ポスターに使うキャッチコピーを考えたり、テレビCMで使われるキャッチフレーズを考えたり…というようなアイデア勝負の華々しい職業をイメージされる方もいると思います。

しかし実際は長文を書く力を必要とされるような仕事が多く、不動産・美容・健康・流通・金融・行政といった幅広い業種のクライアントからの依頼でパンフレットやカタログ等を制作し、細々とした文章を書くことが多いです。

例えば健康食品の通販カタログに掲載する商品説明や、新聞に折り込む不動産チラシの商品説明などです。

どのような業界の広告を作るかは、コピーライターとして所属する広告代理店及び広告制作会社が契約を交わすクライアント次第です。

コピーライターは基本的に、どのような業種の印刷物にも対応するための幅広い好奇心やリサーチ力、そしてもちろん表現力が求められます。

編集

上記で紹介したライティングの仕事をする前に、編集という業務が発生することもあります。

広告制作における編集とは、パンフレットやリーフレットなどページ数がある印刷物を制作する際に、何ページで構成するか、どのようなコンテンツをどのページに掲載するかを決める作業のことです。

ページ構成が決まったら、制作に携わるデザイナーと共に詳細を打ち合わせて仕事を分担し、それぞれが実制作に取り掛かります。

この編集の業務をコピーライターが担うかデザイナーが担うかどうかはクライアントの要望や案件の内容によりますが、例えば記事体 (読み物)が多いパンフレットを制作する場合は、ライター主導で編集を行うことが多いでしょう。

また、編集の業務に長けてくると、コピーライター兼全体を指揮するディレクターという肩書を持ち、活動の幅を広げることができます。

取材

受注した案件によっては、ライティングと同時に取材が発生することもあります。

例えば広告を打ちたい新商品について商品開発者の話を聞いたり、フリーペーパーで紹介するレストランに伺ってシェフのこだわりを聞いたり、実際に味見をしたりします。

時には舞台や映画などを告知するタレントさんへのインタビューや著名人の対談企画に同席して話を聞く他、対談の司会進行役を担うこともあります。

取材はリアルで正確、そしてオリジナリティのあるコピーや文章を書くために重要な行程ですが、予算やスケジュールの兼ね合いもあるので、全ての案件で発生するわけではありません。

ライティングの3つの工程

初稿原稿作成

ライティングの仕事では、まず広告物のメインとなるキャッチコピーやタイトル、見出しを考え、原稿の文字数を確認し、どんな文体で書くか(ですます調か、体言止めかなど)を決めるなど、仕上がりを想像しながら原稿全体の大まかな流れを作ります。

その後、必要な情報をインターネットなどで随時収集しながら原稿を書き上げます。

この原稿は「初稿」と呼ばれ、クライアントに提出し内容等を確認してもらうためのものです。

二校原稿作成

初稿原稿がそのまま印刷に進むということは、ほとんどないと言って良いでしょう。

多くの場合、クライアントが初稿原稿を確認・校正した後に修正指示を制作側に出す機会が設けられます。

コピーライターをはじめとする制作側はクライアントの指示に従い、原稿を修正して改良、再度クライアントに提出します。

この工程は「二校」と呼ばれます。

提出→修正→再提出の流れは、基本的にクライアントの最終OKが出るまで進行しますが、各案件の印刷スケジュールによるところが大きいです。

納得いく広告物を作ることはもちろん大事ですが、予め決めた印刷日に間に合わせることも広告制作における最重要課題です。

最終校正

クライアントから原稿にOKが出たら、原稿の総チェック(校正)にかかります。

おかしな日本語が使われていないか、漢字に誤りはないか、事実と異なることを書いていないかなど、隅々まで原稿を確認します。

印刷後にミスが発覚した場合その責任が制作側に当てられ、刷り直しなどの対応に迫られることもあるため、気の抜けない重要な行程です。

特に氏名や数字の間違いは大きく扱われるので注意が必要です。

なお、広告物の規模によっては校正専門のプロに外注することもありますが、基本的にはコピーライターをはじめとする制作側と広告主であるクライアントが責任を分かちながら校正を行うと考えて良いでしょう。

編集の3つの工程

ページネーション・サムネイル制作

編集の業務では、まず広告物となるパンフレットやカタログ、リーフレットなど冊子のページネーションを行います。

ページネーションとは、これから作る冊子にどのようなコンテンツを入れるか、そのコンテンツをどのページに何ページ掲載するかというようなページ構成を決めることです。

ページネーションはデザイナーや営業などチームで意見を出し合いながら決めることも多いのでコピーライターに限った役割ではありませんが、案件の規模によってはコピーライター1人で行います。

ちなみにフリーランスのコピーライターの場合は、編集からライティングまでを全て1人で行うこともあるでしょう。

ページネーションを終えたら、サムネイルと呼ばれる簡単な仕上がり図を制作します。

サムネイルとは、鉛筆書きでもパソコン上でも良いのでどれくらいの文章量を入れるか、どのようなビジュアルを入れるかを分かりやすく示し、制作をスムーズにするためのものです。

また、制作する広告物が冊子ではなくポスターやチラシ、フライヤーなどの場合はページネーションの必要はなく、大まかな紙面構成を決めてサムネイルに取り掛かります。

ディレクション

ページネーションで内容を決めたら、いよいよ制作開始です。

サムネイルをもとに打ち合わせを行い、実制作に携わるデザイナーやカメラマン、イラストレーター、同僚のコピーライター等に内容をディレクション(指示)すると共に作業を振り分けます。

その後、各担当者から随時上がってくる原稿やデザイン、写真、イラストなどをチェックして、全体の流れを把握しながら必要があれば修正指示を出し、クライアントに提出する体裁に整えます。

交渉・営業

編集を中心に仕事を行うコピーライターの場合、制作を指揮する「ディレクター」という肩書きが付き、直接クライアントに会って打ち合わせをしたり交渉をしたりと、対外的な役割も担うことになるでしょう。

ちなみに、新人コピーライターや大所帯の広告制作会社に在籍するコピーライター、また一般企業内の編集部などに勤める専属コピーライターの場合は、社外での活動はせず社内でライティング業務にのみ携わることが多いでしょう。

取材の3つの工程

アポ取り

取材の必要が発生した場合、その段取りはクライアント自らや広告代理店及び広告制作会社の営業担当が行うケースが多いです。

そうでない場合は、ライターが行うこともあります。

俗に言うアポ取りで、要するに取材したい対象に電話をかける、直接訪ねるなどして取材を申し込みます。

アポ取りにより被取材者の了解を得たら、取材日時や場所を決めます。

案件によって取材協力費の謝礼を渡せる場合と渡せない場合があり、そうした金銭面の交渉をする場面もあるので、当たり前のことですが社会人としてのコミュニケーション能力が必要となります。

取材当日

取材当日は、コピーライター1人でテープレコーダーなどを持参して現場へ向かうこともあれば、写真を撮影するためにカメラマンと同行することもあります。

大きな案件になると営業担当者やデザイナー、スタイリストなども同行するため、大勢でのチームワークとなります。

取材でのコピーライターの役割はもちろんインタビューを行うことです。

事前に聞きたい質問事項を書き出し、当日までに被取材者に知らせておく場合もあります。

取材記録作成

取材した内容は取材したコピーライター自身がそのまま原稿にすることが多いですが、時には取材だけを担当し、取材結果を社内にいる別のコピーライターに伝えて原稿にしてもらうケースもあります。

後々クライアントなどの第三者から取材内容の報告を求められるケースもあるので、録音データの保存と共に取材で聞いたことを箇条書きにしておくなど記録作業を行います。

ライターとの仕事内容の違い

雑誌やウェブの原稿を書くライターとの線引きは難しいのですが、一般的には広告代理店や広告制作会社に在籍して、広告物に掲載する原稿をメインに扱うのがコピーライターと呼ばれています。

しかし実際には、グルメや旅行のガイド本、あるいはフリーペーパーの記事作成なども行うコピーライターも多く、その意味ではコピーライターはライター業を兼ねていると言えるでしょう。

コピーライターに「資格」は要りません

言葉が好き、人と話すのが好き、考えるのが好きという人なら誰にでもコピーライターの門は開いています。

また、引っ込み思案だったり内向的な性格だったりする人も全く問題ありません。

逆にこういう人がクライアントの信頼を集める名コピーライターになっていたりもするのです。

要は、相手の気持ちや言いたいことを文字にして表現できる人、チームで協力してできた仕事の成果に達成感と喜びを感じる人なら誰にでもコピーライターの資格は与えられているのです。

「コピーライター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コピーライターになるには?

まずは、コピーライター入門に関する書籍を読んで、基礎知識を頭に入れておきましょう。

宣伝会議が主催するコピーライターの養成講座を受講するのも近道です。

具体的なコピーライター募集の情報や現役の講師に接することでチャンスが見えてきます。

基本的には広告制作会社、広告代理店、企業の宣伝部など普通に就職することから考えてみてください。

またそうはならなくても、コピーライターとして仕事をする自分を具体的にイメージすることができれば、どんな道筋からでもたどり着くことは可能です。

コピーライターの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

広告はアートではありませんが、それでも自分が考えたフレーズや文章が一つの「作品」として世に出て、評価の対象となる点に特徴があります。

また、時代の流れや人間の心理を読むことが仕事の一部になりますから、考えることが好きな人にはおすすめの職業です。

自分が携わった広告を街の中で発見

キャッチコピーや文章が街の中でポスターや看板、カタログなどの形になっているのを実際に見ると、苦労が報われるというか、単に給与だけではない喜びが得られます。

実力の高いコピーライターになるとテレビCMやラジオCMにも携われるので、自分の作品が世の中に広がる喜びも大きいはずです。

アイデアを考える時間に充実感がある

コピーライターの仕事では、洗練された表現や意表をつくようなアイデアが重要となります。

そのため一番の醍醐味は、「この商品の良いところを伝えるために、どう伝えたら良いだろうか」と考えている時間、そして良いアイデアが浮かんだ瞬間にあると言えるでしょう。

アイデアが出てこないときや表現に行き詰まったときは苦しいですが、同僚と話し合ったり気分転換に本屋さんに出かけたりする内にパッとひらめくこともあり、そんな時は宝物を発見したような気分にさえなります。

有名人に会えるなどのサプライズも!

CM制作だったり舞台告知の広告物制作などに携わったりする機会もあるので、有名人に会えることもあるでしょう。

また、有名ではないにしろ、企業の社長さんや各種業界の様々な職業の方に直接会うチャンスが多いので「コピーライターになっていなければ絶対会えなかっただろう」と思える経験ができます。

更に、お付き合いするクライアント次第にはなりますが、各種興行の余ったチケットが回ってきたり化粧品の新商品をいち早く試せたりなど、ちょっとした特典もあるかもしれません。

面白いポイント

コピーライターの仕事で面白いことは、やはりクリエイティブな仕事なだけあって、ユニークな仕事仲間やクライアントに出会えることでしょう。

そして、様々な刺激を受けながら成長できるということです。

幅広い分野に詳しくなれる!

広告制作会社では通常、クライアントを一つに絞らず幅広い業界の企業から複数の仕事を受注しています。

そうした中で様々な業界に関する知識を、コピーライターの仕事を通じて身につけていきます。

その結果、例えば「不動産」と「美容•健食系」など、いくつかの得意分野を育みながら活躍の場を広げていきます。

稀に「不動産専門」というように分野を一本化してキャリアを形成する方もいます。

感性を磨くことも仕事の一部

勤務する会社によリますが、広告制作は効率だけではなく感性も重要視されるクリエイティブな仕事であり、仕事のペース配分は自分でコントロールできる部分が多いと言えます。

締め切りなど守るべきスケジュールは当然ありますが、逆にスケジュールさえ守っていれば、アイデアに詰まった時は出勤中でも本屋さんに出かけたり、短い散歩に出たり、作業がはかどらない日は早めに切り上げたり…といったことが、ある程度は個人の判断で可能です。

もちろん、各会社の定める就業規則に従った上でのことではあります。

まとめ

いかがでしたか?

コピーライターの仕事について、お分かりいただけたでしょうか?

コピーライターは、世の中にある種の影響を与える、大変やりがいのある仕事です。

興味のある方は、ぜひ思い切って飛び込んでみて下さい。




ライター求人についてもっと深堀りした情報を見る

在宅ライター求人でよくある募集内容をご紹介!誰にでもできるの?疑問にもお答えします!

最近、副業として注目されている仕事が在宅ライターです。自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるため、フリーターや主婦にとても人気です。誰でも書けるような簡単な記事のライターから、専門的な知識を必要とするライターまで幅広く募集されています。しかし、在宅ライターという仕事は近年増え始めたもので、実際に働いたことがあるという人はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、在宅ライターの仕事内容やおすすめ求人のポイントを分かりやすくまとめてみました。在宅ライターの仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。在宅ライターってどのような仕事?在宅ライターとは、自宅でパソコンやスマートフォンを使って

ライターになるにはどうすればいい?勉強しておくべきこと、身につけたい力などを紹介します

ファッション誌に載っている美容情報、時事問題からゴシップネタまで掲載しているネットニュース、フリーペーパーに載っているおすすめのお店紹介などの記事はライターが書いている仕事です。一言でライターの仕事と言っても、多種多様な場面で活躍しています。私もライターの仕事をしていましたが、奥深い業種なので知らない世界がまだまだあります。「どこまでがライターなの?」と、線引きが難しい特殊な仕事と言えるでしょう。ライターの仕事に興味はあるが、どのような仕事内容なのか、ライターになるには何をすれば良いか分からないという方は沢山いると思います。そこで今回は、ライターの仕事を分かりやすくご紹介していきます。ライター

ライターがキツいと言われる3つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

何かに困っているとき、明日のコーディネートを考えたいとき、暇つぶしに何か読みたいとき...何かを調べたいと思ったら、パソコンやスマートフォンでぴったりな情報を簡単に見つけやすい時代。そんな時代に欠かせないネット記事を執筆しているのが、WEBライターです。今回は、そんなライターのお仕事についてご紹介します。「キツい仕事」と言われている理由や、それを乗り越えるための方法を、経験者が解説します!ライターのおおまかな仕事内容とは?その名の通り、記事を執筆する仕事です。個人でサイトを開設している人、サイトから依頼を受けて外部ライターとして活動している人など働き方は様々です。決められたジャンルで一定の文字

ライター正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ライターは、WEBで登録するだけで簡単になれてしまうことが事実です。しかし、「フリーランスで働くには不安がいっぱい」「正社員として働けたらいいのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。今回はライターの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは何か、よくある募集内容や正社員として求められることを解説します。ライター正社員の仕事内容とは?ライターと言っても様々な種類があり、業界や職種によって書く内容が異なりますが、基本的に「書く力」が問われます。正社員は取材などを頼まれることも少なくはないでしょう。コピーライター主に企業や商品などのキャッチコピーをつくります。キャッチコピーは限られた

コピーライターの年収・給料はどれくらい?給料を上げるための4個の心得も紹介します

コピーライターを目指すと決めたけれど、「収入はどれくらい?」「給料は上がるの?」など、収入面で気になることもありますよね。今回は、コピーライターの年収などについて紹介します。収入も上げるための心得もお教えしますので、是非ご一読ください。コピーライターはどのような仕事?働き方は?コピーライターは専門職です。しかし、弁護士や会計士のように資格は必要ありません。「○○士」に支払われるような、報酬の特別な価値基準もありません。作家や評論家のような「○○家」の場合、売れる前は報酬なしでも、売れてしまえばいきなり青天井ということもあります。しかし、コピーライターではそのようなことはありません。コピーライタ

占いライター求人の募集内容は?どんな種類があるの?自宅勤務も可能?疑問にお答えします

「占いライターってどんな仕事なの?」「ちゃんと占いをしているの?」「給料ってどうなの?」など、疑問を感じていませんか。ライターという職業の中でも、ほとんど知られることのない占いライター。スピリチュアルなものに興味がある方は気になる職業ですよね。今回は、実際に働いていた私が占いライター求人について赤裸々に紹介します。占いライターのおおまかな仕事内容星占いのライティングやメルマガの配信、個別の相談に返信を行うことが占いライターの仕事です。メイン業務は業務時間内に占いを行い、お客様の相談に答えることです。また、売上に応じてキャンペーンの計画や特別企画の立ち上げなど、その仕事は多岐にわたります。そのた

フリーライターの仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験やフリーで働くメリットもご紹介

フリーライターとはどういう仕事のことでしょうか?近年、様々な働き方が増えていく中、求人で「ライター」という職種を見た方も多いのではないのでしょうか?そこで今回は「フリーライター」の仕事内容についてや、どんな人に向いているのかなど、この職業の魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。今後のキャリアについてもしっかりご説明しますので、興味のある方はぜひ職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?フリーライターってどんな仕事?フリーライターとは、個人的に制作依頼を受け、先方から提示された媒体に合わせ、要望する内容に基づいて文章を作成する仕事です。クライアントとなる企業から仕事を受注している制作代

ライター副業が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

昨今何かと話題の「働き方改革」。単に効率化や時短を目指して残業時間を減らしたり余暇に使える時間を増やしたりという取り組みだけでなく、社員が趣味や特性を活かして副業に取り組むことを認める企業も増えてきています。そんな副業の中でも依頼件数が比較的多く、パソコン以外の道具が要らないライター職は人気です。それでは、そんなライターのお仕事を副業で取り組むのに向いている人の特性を経験者のお話を基にまとめてみました。ライター副業とはどんな仕事?副業のライターさんを想定して出ている依頼の多くがWebコンテンツ用の記事やコラム、商品レビューなどを書くWebライターです。提示されるテーマに沿った記事を、様々な資料

主婦ライター求人の募集内容をご紹介!在宅も可能?!求人選びの参考にご覧ください!

昨今、主婦をしながら働きたいという方はとても多くなっています。しかし、家を空けられる時間が少なかったり、空けられる時間のお仕事がなかったり…と難しく感じている主婦の方も多いのではないでしょうか。特にお子さんがいると時間の目途が立ちにくく、バイトが難しいということもありますよね。そんな中で今注目されているのが主婦ライターです。パソコンとインターネット環境があれば在宅でもできるこのお仕事には、どのような働き方があるのでしょうか。主婦ライターのおおまかな仕事内容主婦ライターとは、そもそもどのような仕事をするのでしょうか。おおまかな仕事内容には以下のようなものがあります。おおまかな仕事内容簡単に言って

ライティングの仕事とは?メリットや向き不向きについて解説します

文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。上記でもご紹介したよ

ライター募集求人にはどんな仕事があるの?雇用形態で何が違う?報酬相場もご紹介!

ライターの仕事をしたいと思い求人を調べると、「〇〇ライター」といった様々な種類の募集がありますよね。「仕事内容はどう違うの?」「ライターになるためにはどうしたらいいの?」「正社員と副業で仕事内容は変わるの?」など、疑問や心配を抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事では、これからライターの仕事をしてみたいと思っている方に向けて、ライター経験者が解説します。ライターの種類や仕事内容、時給の相場やライターという仕事に就く方法、ライターで稼いでいくためのコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。ライター募集求人はどのような仕事がある?ライターと言えば、どんな仕事を思い浮かべるでしょうか。「

ライターの仕事にはどんな種類がある?プロライターから副業ライターまで!向き不向きについて解説します

ライターと聞くと、文章を書くのが上手な凄い人というイメージでしょうか?ライターは、取材をして雑誌に記事を載せるイメージが強いですよね。実際私も、ライターと言うと雑誌に載っているの?と訊かれます。実はライターの仕事は多種多様で、仕事の内容によって呼ばれる名称も変わってきます。今回の記事では、ライターにはどんな仕事内容があるのか、どんな人が向いていてどんな人には向いていないのかを解説していきます。ライターはどんな仕事?ライターは、Writerという文字通り、文章を書くのが仕事です。文章を書くのが好きな人にはおすすめのバイトです。ライターと一言で言っても沢山の仕事がありますが、基本的にはテーマを与え

ライターバイト求人の時給や仕事内容など募集内容の特徴とは?出社有無や向き不向きなど解説!

ライターバイトって具体的にどんなことするのでしょうか?「ライター」という言葉は聞いたことあるけれど、実際どのような事をしているかって想像しにくいですよね。今回はライターのバイト内容を具体的にご紹介していきたいと思います。ライターの時給事情、条件面についてや、ライターアルバイトで覚えなくてはならない内容についてもお話しさせていただきます。自分に合う合わないを見極めて、興味のある方は是非始めてみてはいかがでしょうか?ライターバイト求人の時給は?ライターの求人は稼げないと言われることもありますが、実際の時給はどれくらいなのでしょうか?ライターは大変な仕事なのか、時給と重ね合わせながら確認していきまし