文章を書くことを仕事にすることを「ライティング」と、世間で呼ばれていることをよく耳にします。

求人募集があったりお仕事として受注を依頼されたりと様々な形で存在しています。

ライターとして常駐する勤務タイプや、フリーランスとして描く在宅型タイプなど、雇用形態・就業形態も様々です。

ライティングの仕事は興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。

文章執筆の要項や種類も様々で、自分に合った仕事や分野をもって書く人が多い世界でもあるのです。

そもそもライティングの仕事とはどのようなものなのか。

興味をもってしても、実際に文章を書いてお金がもらえるようなことになるのかと不安に思う人も多いはずです。

上記でもご紹介したように、ライティングという仕事は数多くの形で存在しています。

そこで、ライティングの仕事についてわかりやすくご紹介していきます。

ライティングの仕事に興味がある方や、現在ライティングの仕事をしている方もライティングの仕事のご参考になるようご紹介していきます。

「ライティング」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ライティングはどんな仕事?

ライティングの仕事とは、簡単に説明すると言葉の通り「文章を書いて収入を得る」仕事です。

ライティングの仕事内容は様々で、インターネットで紹介されている記事などの執筆、週刊誌などの記事を執筆する仕事、ブログライターなどのブログを書く仕事などがあります。

また、仕事の内容はライターとして仕事をする雇用形態にもよります。

企業に就業して仕事をする形、在宅で自分が好きなように仕事を受注する形など様々です。

雇用形態に応じてどのようなライティングを求められるかは契約内容や受注・依頼された仕事、所属している会社のスタンスなどによって様々です。

ライティングの大まかな仕事内容

では、実際にライティングの仕事内容とはどのような仕事なのでしょうか。

ライティングの仕事内容は依頼された仕事によって文章校正をします。

主にライティングを受注するライターは初回の文章校正を任されるので文章の主軸を握る大事な仕事です。

受注された仕事の条件や内容に沿って文章を作成します。

ライティングのジャンルに沿ってどのような文章をもとに作り上げていくかはライターの腕次第ともいえます。

文章校正が終わりましたら依頼者に入稿します。

依頼先や仕事先によりますが、文章を光悦して修正があればライターが修正をかけたり依頼者・仕事先で修正する形になります。

仕事上の役割とは?

ライティングをする上でライターとしての仕事の役割は文章を構成することそのものにあります。

本来ライティングが仕事として発生するということは、文章を構成する人を求めていることになります。

それほどライティングの仕事に需要があるということです。

文章を作成することは一見簡単そうに見えますが多くの知識、文筆能力が問われます。

さらに人が読む文章なので理解を得るような文章を作らなければならないのです。

そのことから、ライティング技術は文章を作る事そのものに価値があり、役割としては文章を作ることに注視していくことと言えます。

ライティングの仕事はどんな人に向いている?

ここまでライティングの仕事について簡単にご紹介していきましたが、ここからはライティングの仕事がどのような方に適した仕事なのかをご紹介できればと思います。

ライティングに求められる技術は繊細なものばかりです。

そのため適正な人材も求められることに順応する人材でなければならないことから限られてくると思います。

ここでご紹介していく人物像に一つ以上当てはまれば、ライティングの仕事に向いているともいえるでしょう。

文章を書くのが好きな人

まずライティングに向いている人の条件として第一条件ともいえるのが「文章を書くのが好きな人」でしょう。

文章を書くことが苦手であったり嫌いという人はまず向いていません。

ライティングの技術で求められるものはたくさんありますが、技術よりも文章を書くことを得意としたり好きだという気持ちがあることが大切な条件です。

ライティングの文章の文字数も多いので、気持ちの面では仕事をする上で重要なのです。

未経験から始めたいという方の多くはライティングへ興味を持つきっかけが文章をパソコンで打ち込むことを得意としたり、文章作成が好きだという人ではないでしょうか。

その気持ちがあれば、まずライティングの仕事に適正ともいえます。

ビジネスメールのやり取りができる

意外とノーマークな条件ともいえるのが「ビジネスメールのやり取りができる」人になります。

これはライティングの仕事をする上で重要なやりとりになります。

上記でご紹介した通り、ライティングの仕事には様々な業務形態があります。

会社に所属する従業員としてライターの仕事をしたり、在宅勤務としてフリーランスで仕事をしたりと様々です。

どの仕事でもパソコン業務が多いことからメールの技術は求められますが、特にライターの仕事でビジネスメールのやり取りは必須ともいえます。

会社勤務でも、在宅勤務でも、仕事の受注管理はメールでやり取りすることが多いです。

一つの記事の概要や条件等が記されたメモや用紙をメールで添付されたりメールで質疑応答をしたり、入稿の際には記事を添付して送ることもあります。

その際には依頼をした側に失礼のないようにビジネスメールを送ることも大切です。

特に在宅勤務の場合ですと、直接対面で仕事を受けることは少なく、メールやインターネット上でのやり取りとなります。

ビジネスメールの送付方法の知識を知っておくことは社会人として常識ですが、ライティングの仕事ではメールを活用することが多いためこまめに連絡をすることができる人としてもこの条件に該当します。

そのことから情報交換、報連相がしっかりできる人は、ライティングの仕事に向いているといえるでしょう。

「ライティング」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ライティングの仕事で活かせる経験

ライティングの仕事をするときにどのような経験が活かせるのでしょうか。

未経験から始める人にとって、ライティングの知識や経験がないことは不安に思うこともあるでしょう。

しかしどのライターの方も、はじめは未経験からのスタートだったと思ってみてください。

未経験からスタートすることで、何がライティングの仕事で経験として生かせるかをここではご紹介できればと思います。

今までの実体験や趣味

ライティングに必要な知識はたくさんあります。

転職を考えている人が転職先を選ぶ時には自分が今まで経験してきた業種を選んだり、未経験の仕事を選んだりと「自分の経験」を考えながら転職先を選びます。

ライティングの仕事の場合、現在就いている仕事の経験を活かしたライティングを書いたり、プライベートの趣味の知識を活かして書いたりと「経験」を活かす機会が非常に多いのです。

つまり、ライティングの仕事では自分が今まで生きてきた中での経験すべてが活かすことのできる仕事になります。

仕事での経験、趣味での経験、特殊な実体験など、ライティングをするときに知識を用いて分泌することができるのです。

ライティングの仕事では、下調べも必要になります。

しかし経験が豊富な人は下調べがスムーズに行えてライティングもスムーズに実行できます。

ライティングにとって経験は転職活動に必要な「経歴」よりも「経験の内容」が必要と言えばわかりやすいでしょう。

Webの知識

ライティングをする際に文筆する場所はパソコンがほとんどです。

Word・Excelなどの文筆できる書式でライティングを行います。

その際に最低限必要ともいえることがWebの知識になります。

パソコンのスキルも必要になってきますし、上記でもご紹介したように下調べでもインターネットを使って行うことがほとんどです。

リサーチをするためにはパソコンのスキルというものはライティングに必要になってきます。

また、ライティングをする際に仕事を受けた先で提出方法も指定されることが多いです。

ライティングの際に最も怖いのがパソコンに不慣れで提出方法がわからないということです。

この状態では仕事をすることが全くできないということになるのでライティングが成立しません。

また、ライティングの様式も指定が入ることがあります。

様式に沿って入稿するためにはある程度のWeb知識が必要になります。

仕事などの実務経験

上記でも簡単にご紹介しましたが、仕事の経験は必要なスキルになります。

ライティングの仕事内容の中には、様々な仕事についての紹介記事を依頼されることがあります。

仕事を依頼される際に今まで経験したことのある仕事の記事を書くのであれば資料から得ることができる情報以外の情報を紹介する記事を作ることが可能なのです。

また、社会人を経験することはライティングの仕事をする上で重要なことにもつながります。

特にフリーランスのライターになると外部にインタビューをしに行くこともあります。

その際に対面での会話やマナーなどの作法も必要になります。

社会人を経験することによって自然と身に付いたマナーや作法が経験を活かしてくれるでしょう。

ライティングで働くメリットとは?

では、ライティングの仕事をすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでライティングの仕事のメリットをいくつかご紹介していきます。

好きな時間に働ける

ライティングの仕事は会社に所属しているライターをのぞいてほとんどが在宅勤務でライティングの仕事をしている方ばかりです。

そのため、自分の好きな時間に働くことができます。

パソコンがあればどこでも誰でもできる

パソコンで文筆をするため、パソコンがある環境であればどこでも仕事ができます。

在宅勤務の方は、気分を変えたいなと思ったときにパソコンを持ち出して喫茶店やフリースペースのある場所で仕事ができるのです。

文章能力を上げることができる

文章を書くことを仕事にするためひたすら文章を書き続けることを求められます。

そのため「書くこと」の経験が増えて文章能力が向上していきます。

ライティングの入稿の際、修正があることもよくある話です。

そのため、仕事をする際には文章構成に注意をしながら書くようになってきます。

繰り返し仕事をこなしていくうちに文章能力が向上していくのです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

ライティングの仕事で今後のキャリアアップの道はあります。

ライターとして在勤している方は、仕事が固定になることでフリーランスに転向することもできます。

収入は安定しませんが、在勤ライターの場合ですと固定収入がいただける分すべての売り上げが手元に来ないのが現状です。

顧客を確保してからライターとして独立することもよくある話です。

また、フリーランスから在勤ライターとして転向することも可能です。

フリーライターとして仕事をしている方の中には兼業をしている方が多くいらっしゃいます。

ライターの仕事を本格的にしたいという方はフリーランスの仕事をしていた経験が活かせるので在勤のライターの求人に応募して転職することもできます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

また、ライターにこだわるのではなく、雑誌関係の編集業務、校閲業務などもライターの経験を活かすことができます。

文章を作る仕事に就きたいという方で、ライターの経験がある方は文章に携わる仕事へ転職する方も多くいらっしゃいます。

ライターとしてではなく、今までのライターの経験を活かして別の仕事について力を発揮することもできるのです。

独立への道を開くこともできる

上記でもご紹介しましたが、ライターとして仕事をすることによって独立への道を切り開くことができます。

本格的に仕事をしたいという方は独立することでより多くの仕事を受注します。

安定した仕事ではありませんが、自分の能力を十分に発揮することができます。

自分にあったライティングの求人の選び方や注意点

ライティングの求人募集を選ぶ際には注意していただきたい点がいくつかあります。

ライティングの仕事も様々です。

その中で自分がどのようなライティングに携わりたいか、どのような場所で働きたいかなどの希望に沿った求人を探す中で注意しなければならないことがあります。

ここでは、求人探しにおいて気を付けなければならないことをご紹介していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

求人内容によっても勤務時間にばらつきがあるのがフリーライターの求人の主な特徴ともいえます。

その理由は「雇用形態」にあります。

自分がどのような就業形態でライティングを目指すかを求人選びの際に定めておいてください。

求人の中には「在宅勤務可」と書かれている求人が良くみられます。

会社に所属してライティング業務を行う形、在宅で仕事をこなす形と様々です。

自分がどのような雇用形態をライティングで臨んでいるのかが求人選びで最も重要なポイントになります。

【選び方②】職種から探す

職種と聞くとライティングの仕事をする求人としては「ライター」だけと考える方も多いと思います。

ライティングの仕事に直接携わる職種はライターです。

そのライターでも様々なライティングの仕事に応じて「〇〇ライター」といわれる名称で求人募集があります。

職種に応じて自分がどのライティングをしたいかは職種選びによって決まるでしょう。

希望に応じてライターの仕事の応募を検討していきましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

特に在勤ライターを希望している人は会社の中でライティングを仕事として持つこととなるわけですが、在勤ライターは会社で指定された仕事を行うことになります。

フリーライターとは違い、ライティングの範囲、種類などに制限があります。

そこで、自分の希望にあった求人を探す方法としては会社の業態を調べることになります。

会社がどのような営業利益を上げているか、どのようなことをして商業を執り行っているかなどによってライティングの記事内容は決まってくるのです。

その理由は会社が受注するライティングの内容こそ会社にあった仕事しか受けないからということもあります。

まず会社自体が会社の業態とは全く違った仕事を受注するようなことはめったにありません。

「会社の業態=ライティングの記事内容」と考えましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件は必要になります。

ライティングの求人の中で気を付けなければならない点は2つあります。

それは「正社員か契約社員」「固定給か歩合制」この2つです。

ライティングの求人で気を付ける点としてこの2点を挙げた理由は、ライティングの求人自体が条件としては良いものが少ないのが現状でもあるからです。

そのため、自分の希望している条件に合った求人がなかなか見つからないのは主にこの2点が大きな壁になっているからともいえます。

しかし、現実はライティングの求人を妥協する形でこの注意点を無視して入社してしまい、困窮しているライターの方はたくさんいらっしゃいます。

あえて注意点として提示するのは「絶対にこの2点を妥協せずに選ぶこと」なのです。

自分が希望している雇用形態・給与形態の条件をしっかりと持っておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

自分が働ける場所での求人を選びましょう。

どの程度なら自分が通勤できるか、電車通勤か、車通勤かの条件に合ったエリアを指定しましょう。

「ライティング」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ライティングの仕事をする上で自分がどのようなライティングをしたいかという気持ちはとても大切になります。

自分の希望に合った働き方をじっくり考え、どのような働き方をしたいかを求人を探しながら選んでいきましょう。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。
ライティングの仕事を見るにはこちら >