テレビや映画などの華やかな業界の仕事に属する「広告代理店」は、給与水準が高いことでも人気があります。

今回はそんな広告代理店での営業職の年収がどのくらいが相場なのか?

給料を上げるためになにが大切かについて解説します!

「広告代理店の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告代理店営業の年収の相場はどのくらい?

ここでは、広告代理店の営業職に関する年収がどのくらいなのか、また、その相場事情などを解説します。

広告代理店の営業職に関する平均年収は?

年代別の平均年収は概ね以下のようになります。

  • 20代:350万円~400万円
  • 30代:450万円~600万円
  • 40代:650万円以上

《ポイント》

  • 20代の給与水準は特別高くはない。
  • 営業職については業績と給与額が連動するケースが多いので、業績により同年代でも差がつく。
  • 40代を超えると一般職と管理職で差が生じ、管理職になると1000万円を超える年収を得られるようになる。

正社員で新卒入社した場合の広告代理店営業の年収相場

企業により異なりますが、四大卒の初任給の平均は月20万円程度となるようです。

ボーナスについては20代で約95万円程度が平均支給額となるので、年収にすると330万円前後になるでしょう。

30代になると平均月収が40万円前後となりボーナスは約140万円程度となるので、年収ベースでは約600万円~650万円程度となります。

40代にもなると平均月収は45万円前後まで伸び、ボーナスは約170万円程度かそれ以上に上がりますので、平均年収は約710万円以上と言われます。

上記はあくまでも平均ですので、企業による違いや業績などによる個人差があります。

場合によっては30代で1000万円以上の年収を手にする人もいて、全体的な給与水準は高い業種と言えます。

正社員で転職した場合の広告代理店営業の年収相場

転職という形で中途入社した場合でも、概ね前述の新卒社員との差は大きくないようです。

ただ企業によっては、キャリアパスが新卒者と中途入社の人では異なるケースもあります。

その場合には、将来的に進める職種や役職に差が生じることで手にする年収額に差がついたり、給料アップのペースに違いが生じるケースがあるようです。

パート・アルバイトの広告代理店営業の年収相場

広告代理店の営業職では、パート・アルバイト社員での雇用はあまりありません。

広告代理店のパート・アルバイトについては、広告制作に関するサポートなどの職種での採用が最も多いようです。

給与水準については高めで、時給1,200円~2,000円程度が相場になっているようです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

年収に大きく影響を与えるものが「賞与(ボーナス)」です。

賞与については「企業の業績」と「個人の業績」が加味されて支給額が決定されます。

賞与の支給額は、年間ベースで基本給の何ヶ月分という形式で算定されますが、広告代理店の営業職の場合は概ね5ヶ月程度が平均です。

昇給

基本給のベースアップとなる「昇給」も年収アップに関する大きな要素の一つです。

こちらは雇用条件によりますが、一般的な国内企業であれば「年次昇給」という制度が採用されており、毎年業績などに関係がなく一律に昇給するというものです。

また、併せて重要となるのが「昇格」です。

こちらも雇用条件により内容が異なりますが、一般的な企業では社員それぞれに対して、社内でどのレベルの位置にいるのか「格付け」をしています。

この「格付け」が上がることを「昇格」と言い、格付けごとに給与範囲が決まっているので、昇格すると給与水準が大きく上昇します。

昇格することで昇給したときの給料アップ額も大きくなるので、昇格を目指すことも重要になります!

各種手当

見逃せないのが各種「手当」です。

中でも一番重要なのが「残業手当」になります。

求人票などで提示されている年収が残業代を含めた金額なのか?それとも残業代を含まないものなのかで、実際の収入に大きな差が生まれます。

そして、残業手当について気をつけたいのがその支給方法です。

一般的には、所定の勤務時間外に働いた実労働時間に対して支払われるのが「残業手当」となりますが、広告代理店営業のような勤務時間や労働量が一定ではなく、変動が多い業種・職種において採用されているのが「固定残業制」です。

これは、予め想定している残業時間に対する残業代を毎月固定して支払う制度で、この場合には提示されている年収に残業代が含まれているのが通例です。

そして、この場合にはどれだけ時間外勤務を行ったとしても追加で貰える残業代は一切発生しません。

その他「家族手当」や「住宅手当」「交通費」など、基本給以外に支払われる手当によって年収は変わりますので、手当の支給条件などもしっかりと確認するように気をつけましょう。

給与が高い人は何が違うの?

入社条件や年代などが同じでも、給与額は個々人で大きく異なる場合があります。

このような違いはどこで生じて、どんな人が高い給料を貰っているのでしょうか?

スキル

営業職という職種には特別なスキルや資格というものは不要とされています。

ですので、基本的には身につけているスキルに応じて基本給がアップするという仕組みはあまりありません。

ただし、営業職の給与については「個人の業績」に応じて昇給、昇格があって、賞与額にも反映されます。

なので「営業スキル」が優れていて常に高い業績を上げている人が、より高い給料を手にすることができるということになります。

営業スキルといっても、何か特定の技術などを指すものではなく、感覚的な部分に拠るものとなります。

例えば、以下のようなものです。

  • 対人コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • 計画設計と実行に関するスキル
  • 部門間の調整能力

こうした営業業務をスムーズに進めるために必要なスキルや能力を磨くことが重要になります。

役職

通常、役職に対する「役職手当」が設定されているので、より高い役職に就くことも給与アップの重要な要素になります。

勤続年数

日本国内の企業では「年功序列」という考え方が一般的で、広告代理店についてもあてはまります。

特に「昇給」という部分で大きく影響を及ぼしますので、より長くより高い格付けで勤務を続けることも長い目での給与アップに大切です。

地域

広告代理店は、全国規模で展開をしている所と、各地方・地域で運営している「地方代理店」に分けることができます。

全国規模の大手代理店に所属している場合には、勤務地による給与差というのはあまり大きくありません。

しかしながら、全国規模の大手代理店の方が地方代理店よりも高い給与水準となるケースが多いようです。

そうした意味での地域差というのは考慮すべき要素と考えられます。

「広告代理店の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

広告代理店営業の給料の決まり方

何と言っても「業績」!

広告代理店に限ったことではありませんが、営業職という職種において給料を決める最も大きな要素は「業績」です!

広告代理店営業の場合には、成約・受注した広告の数と金額が大きな要素になります。

広告を納期に間に合わせるスケジュール管理と併せて、営業成績を上げ続けることが給料アップのポイントになります。

「昇格」と「昇進」

短期的な給料に影響を強く及ぼすものが「業績」だとすると、長期的な給料アップに欠かせないのが「昇格」と「昇進」です。

業績とも連動するものですが、高い業績を上げることで「昇格」という形で給料ベースがアップしていきます。

更に継続して高い業績を上げ続けると「役職」を与えられ、一般社員から管理職へと昇進することになります。

長期的な目線で、より高い給料を貰うために必須なのが昇格と昇進になりますので、これらの条件を確認することも重要です。

広告代理店営業で年収を上げるためにやるべき3つのこと

ここでは、広告代理店営業として年収を上げるために大切なことを三つ解説します。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

お金の話を積極的にする文化が日本には定着していませんが、企業で働く上で給料に関する交渉をするのは重要なことです。

どんな企業でも通常、年度の初めにこの一年をどのような目標を持って仕事に取り組んでいくのかの打ち合わせが上司などと行われます。

その席で、目標達成した時の給料アップについてもしっかりと要望を伝えておくことが重要です。

仕事とは、一方的に企業から押しつけられて行うものではなく、あくまでも労働条件と業務内容・業績目標を設定し、クリアした際の報酬について企業と従業員の双方で交わす契約として成立するということを理解しておきましょう。

スキルアップを図る

給料アップの絶対条件となるのが高い業績を収めることです。

そのためにスキルアップを図ったり、日々自己研鑽を積むことは給与アップの基本と言えます。

思い切って転職する

ある程度の経験を積み、スキルアップが図れた時には「転職」を検討するのも一つの手段と言えます。

ここでは、転職先の選び方について解説します。

転職先の選び方1:給与条件

現在と同じような業務内容・勤務条件での給与水準の比較をしてみましょう。

意外に、同じような業務内容でももっと高い給料を貰える企業があるかもしれません。

広告代理店のような世の中のトレンドに大きく影響を受ける業界では、その時々で流行りなどがあります。

時代の波に乗っている成長企業などで、自分の経験を活かすことができれば、今よりも高い給料を手にするチャンスが生まれます。

転職先の選び方2:勤務条件・手当など

給料に関する考え方を変えてみるのも大切です。

同じ給料金額でも、勤務時間や担当業務量が少なければ、より良い条件で給料を得られることになります。

業務内容や給与条件と勤務条件や手当などに関する条件を細かく比較して、より自分に合った企業を選ぶことが重要です。

「広告代理店の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

ここでは、給与条件のより良い求人を選ぶ時に気をつけたい点やポイントについて解説します。

給与相場が今よりも高い所を探そう

給料水準の高い職場の方が高い給料を貰えるチャンスが増えるのは当たり前の話です。

まずは求人票などから提示されている年収条件などをチェックして、給与相場の高い求人を探しましょう。

賞与や昇給制度をチェック

同じような年収相場の求人の中で確認すべきなのが、賞与や昇給制度の中身です。

年俸制ということになると、賞与などはありません。

提示されている年収の金額が全てですので、注意が必要です。

また、年次昇給などの制度の有無についても、中長期の視点で考えた場合に重要なポイントになります。

残業代はちゃんと出る?

残業代の有無や支給条件については、しっかりした確認と理解が大切になります。

残業手当が制度としてあるのか?ある場合には「固定残業制」かどうか?

この二つは必ず確認しましょう。

交通費や福利厚生は?

併せて確認が必要となるのが、基本給などとは別に支給される手当などにどのようなものがあるかです。

「交通費」が実費支給されるのか?それは上限設定などが問題のない範囲であるのか??

家族手当や住宅手当などはあるのか?

これらの確認は重要なポイントとなります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんな時

昇格したタイミングでは、月額で3~5万程度の給与アップがありました。

月額がアップするだけでなく、賞与額にも大きな影響があるのでとても大きな要素です!

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

正社員と契約社員では色々違いがあります。

契約社員の場合には「年俸制」による採用が主流となるので、賞与などがないことが給料総額に影響を及ぼします。

給料以外におけるメリットとデメリット

正社員

中長期的な給与アップが望めます。

昇格や昇進による給与アップが年収総額に大きな影響を及ぼします。

派遣

何か特別の目的などがある場合には、束縛されることが少なく自分らしい働き方がしやすいという点でメリットがあります。

しかし、給与水準については低めになる点や大きな給与アップが難しい雇用形態です。

契約社員

ライフプランとして他の目標があり、短期的に望んだ給料を手にすることができる点やスキルアップができる点でのメリットはあるものの、中長期的な視点での給与アップなどは難しい雇用形態です。

アルバイト

営業職での求人はあまり存在しない雇用形態です。

まとめ

広告代理店営業という職種は、30代になると高い給与水準でのキャリア形成が望めます。

ただし、20代から高い業績を継続して上げることが求められ、そのためのスキルアップなどが不可欠になります。

就職においては特別なスキルや資格などは必要ありませんので、高い給料を貰う!という強い気持ちで挑むことが大切です!



関連キーワード

広告代理店営業求人