テレビやラジオ、インターネットなど世の中のあらゆる場所で「広告」を見ない日はありません。

このように私たちの生活とは切っても切れない広告を取り扱う会社に「広告代理店」があります。

広告代理店における「営業」という職種がどのような仕事になるのかを解説していきます。

華やかで給料も高い、そんなイメージがある広告代理店の営業求人の実際はどのようなものなのでしょうか?

広告代理店営業はどんな仕事?

「広告代理店」とは、主に「広告を出したい企業」と「広告を掲載するメディア(媒体)」を繋ぐ仲介しています。

そのなかでの「営業」の役割りは、大きく2つになります。

  • 1.広告枠の営業活動:テレビ、ラジオ、雑誌などのメディア(媒体)が持つ“広告枠”を企業に売るというものです。
  • 2.広告製作・管理:広告の制作に関する企画から納品までのスケジュール管理や指示についても行います。

広告代理店営業の大まかな仕事内容

前述の通りに、広告代理店の営業という仕事はメディアにおける広告の販売から制作までを行います。

それぞれの仕事内容をもう少し詳しく解説をしましょう

広告枠の販売

各メディアは企業から得る「広告料=スポンサー料」が収入源の主たる部分となっており、この広告枠の販売を請け負うのが広告代理店となります。

企業の広報部門などに対して広告出稿の提案(=営業)をするわけですが、提案の中身としてどのような広告にするのかの「企画」が必要となりますので、自ずと営業担当者が広告制作に関する企画などを担当することとなります。

広告制作業務

メディアの広告枠に対して広告出稿をする企業が決まったら営業の仕事はそこで終了ということではありません。

広告そのものを作るということは、デザイナーや各種ライターなどの専門部門が行いますが、広告企画全体の管理やスケジュール調整などの制作業務にも大きな役割が営業にもあります。

広告代理店の営業という仕事は、広告を企画・販売をし、納品までの制作工程に関わる全体管理を行う仕事ということになります。

広告代理店営業の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

広告代理店営業のおすすめ求人の特徴とは?

さまざまある広告代理店営業に関する求人のなかで、おすすめ求人に関するポイントを解説していきます。

どのような情報について気を付けるべきなのでしょうか?

何といっても「給与条件」が高い!

当たり前のことですが「給料が高い」に越したことはありません。

ことに広告代理店に関する営業職については、業務量が多く、締め切りなどがあるためにプレッシャーなども比較的強い業務です。

会社や業態、対応する業務範囲などによっても異なるので一概には言えませんが、このような傾向が強い業種になりますので、給与条件が高めのものを選択することは非常に重要になります。

給料が安めの設定だから、業務量が少なくて楽ということはあまり想定できないので、給料が安くてしかも激務!なんてことがないように気を付けましょう。

福利厚生が充実している!

給料と併せて要チェックとなるのが「福利厚生」です。

仮に多少給料設定が低めであっても、残業代が固定制ではなく実費支給であったり、家族手当や休日手当、住宅手当などが充実していると提示されている額面以外の収入が多くなるうえに、手取りでの受取額が高くなる場合もあります。

また、しっかりと休みが取れるかといった実労働時間にも影響する内容となりますので、福利厚生の条件が充実している求人もおすすめです!

広告代理店の営業はこんな人に向いている!

広告代理店での営業職にはどんなタイプの人が向いているのでしょうか?

とにかくアクティブな人!

広告代理店の営業職は様々な業務をこなし、数多くの関係者とのやりとりを日々こなさなければなりません。

そのためには、とにかく活動あるのみ!

様々なことにチャレンジをして、色んな人たちとのコミュニケーションを楽しむ!

そんなアクティブでポジティブに何事にも取り組める人にピッタリの職種になります!

「幹事」が得意な人!

広告代理店の営業職は、単に広告を売るということで、その仕事は終わりません。

広告の制作についても、企画段階から出稿、掲載までの入口から出口までの全て流れに関わっていきます。

そのなかで重要となるのが「全体の調整能力」になります。

広告を作って発信するには、広告依頼者やメディア担当者だけでなく、デザイナーやコピーライターなどの製作スタッフといった色々な立場の人たちが、それぞれの事情や意見をもって関わってきます。

これらの関係者全員を上手にコントロールし、決められた日程のなかでひとつの広告を作成するための「司令塔」となるのが営業になります。

日頃の飲み会や旅行などで「幹事」などが得意な人に向いている職業になります。

広告代理店営業でよくある募集内容とは?

ここでは広告代理店の営業職に関する求人情報について詳しく解説をしていきます。

給料・年収相場

広告代理店の営業に関する収入面での条件になりますが、平均年収はおよそ450万円~700万円程度になるようです。

広告代理店と聞くと、華やかな業界で羽振りのいい世界を想像するかと思いますが、一概に高給取りというわけではないようです。

広告代理店といっても、電通や博報堂に代表するような全国規模の大手代理店から、地方に根付いた個人レベルでの代理店まで幅広く存在しています。

また、広告制作などに関する様々な業務を分散をして行うようなことも珍しくなく、そのため大手代理店からの細かな専門業務を請け負う下請け代理店などもあるため、給与水準としてはまちまちというのが実態のようです。

広告代理店であれば何でも給料が高いというのは、考え方を改めたほうがよさそうです。

休日休暇

基本的な「週休二日制」というのは、いずれの会社でもうたわれています。

ただし、広告制作という締め切りのある仕事になりますので、締め切りに間に合わせることが難しいような状況などが発生をすると休日でも仕事をしなければなりません。

広告というトレンドに連動する商材を扱う業種になりますので、定期的で安定した業務進行というのは難しく、日々の業務量や進行状況などによって勤務時間や休暇取得に変動があるということを理解しておきましょう。

求められる人物像

広告代理店の営業職で求められる人物像とは、どのようなものなのでしょうか?

営業経験がある人

細かい業種・業界などまでは求められませんが、中途採用者に関する求人については営業職への経験を求められるケースがあります。

経験年数については応募者の年齢にもよりますが、概ね「3年」というのがひとつの目安になります。

営業職の経験が3年程度というのがひとつの人物像として設定されています。

マーケティング関連の知識・スキルがある人

広告関連の仕事については、市場ニーズに関する仮説をもとにしたターゲットや創出できる効果の設定が重要となります。

そのためのマーケティングに関する知識やスキル、経験などを有していることが求められるケースもあります。

実務経験があることがより望ましい条件となりますが、新卒の人など実務経験などがない場合には大学などでマーケティングに関する勉強や研究などの経験があることが望ましいとされます。

体育会系組織への所属経験がある人

広告制作などについては一種の「チーム作業」となります。

そのなかでの「協調性」をもって業務振興ができるかどうかも重要となりますので、学生時代などに体育会系の部活やサークルなどでの活動経験を求められるケースがあります。

また、広告代理店の営業職は業務量において比較的多い業種となりますので、体力的にもタフさを求められる職種となります。

体力的な面でもスポーツ経験の有無についてはポイントとなる職種になります。

必要なスキルや資格、経験

広告代理店の営業職に必須となるスキルや資格、経験などは特にありません。

転職者として前職の経験がある場合には、無形商材に関する営業経験などがあると多少有利になると思います。

また、新卒者を含めてマーケティングに関する知識などがあるとこちらも有利に働くと思います。

広告代理店の営業になるために他にも知っておきたいこと

これまで解説をしてきた内容以外で、広告代理店の営業を目指すうえで知っておくべきことはなんでしょうか?

もう一つの業態「ハウスエージェンシー」

広告代理店にはもう1つ「ハウスエージェンシー」と呼ばれる業態も存在しています。

これは特定企業専属の広告代理店のことで、よく知られているものでは「JR東日本企画」で、こちらはJR東日本の広告を専門に取り扱っている代理店になります。

一般的な広告代理店とは少し色合いがことなりますが、このような業態があることも理解しておきましょう。

実際に働いている人に話を聞いてみる

広告代理店という業種も、その営業と言う職種も幅の広いものになりますので、具体的なイメージがなかなかわかないということがあると思います。

転職活動はもとより、転職後に後悔しないためにも、今働いている社員の人から直接話を聞いて、現実的なイメージを持つことも重要となります。

自分にあった広告代理店営業の求人の選び方や注意点

広告代理店営業として実際に働くうえでポイントとなる点や、失敗をしないように気を付けたい点について解説をします。

【選び方①】雇用形態から探す

広告代理店での営業職に関する就業形態については、正社員のほかに契約社員や派遣社員、アルバイトなど様々な雇用形態があります。

様々な就業条件の面で安定し、おすすめとなるのは正社員での就業になります。

そのほか、自分のライフスタイルなどで契約社員を選択したり、派遣社員として限定的に働くということも可能なので、雇用形態から選択することも重要となります。

【選び方②】職種から探す

職種については基本「営業」ということで1つになります。

ただ同じ営業といっても関わる「業務範囲」が異なりますので、細かい「業務内容」を確認しましょう。

広告に関する一連の流れのなかで「広告枠の販売」「広告の企画」「広告制作の管理」のどこまで関わりたいかで判断するのも1つのポイントです。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態というのは1つ大きなポイントになります。

「総合代理店」なのか「専門代理店」なのか、または「下請け代理店」の位置づけなのか?

自分がどのような業態での就業を望んでいるのかにあわせて会社選びをすることも重要となります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件の確認は必須です。

前述の通りとなりますが、単純に「給与額が高い」=「理想の就労条件」とはなりません。

「実労働時間」「残業手当の支給条件」「賞与条件」などのバランスが重要となります。

給与提示額が高くても、固定残業代で、時間外労働が多いとなると実際には給与条件はあまりよくないといったことになりますので注意が必要です。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地というのも検討項目の1つとなります。

全国規模の大手代理店となると転勤などが必須となる場合もあります。

また、各地方で地元に特化した代理店なども数多くありますので、特定地域での就職を希望する場合には地方代理店も検討してみては如何でしょうか?

【選び方⑥】好きなブランドから考える

広告代理店には誰もが知っている「電通」や「博報堂」といったトップブランド企業がいくつか存在しています。

こだわりがある場合には、このような企業ブランドで選択するというのも1つの手かもしれません。

広告代理店の営業で働くメリット

広告代理店の営業職として働くメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?

自分の手がけた仕事を生活のなかで目にすることができる!

自分の手がけた仕事の成果はCMや広告という形で、各種メディアや街中で目にすることができます。

色んな人の生活に影響を与えることができる仕事に関われることは広告代理店営業の大きな醍醐味といえます。

単に「広告」だけで終わらない!世の中のトレンドを生み出せる!

広告代理店の仕事としては単純に「広告」を制作するだけではありません。

広告を軸として、新しいサービスの展開や様々なイベントの企画・運営などを行っていきます。

そのような活動や広告を通じて、新しいトレンドやブームを生み出していくことも広告代理店の重要なミッションとなります。

世の中全体に関わるような大きなプロジェクトに参画できるのも魅力のひとつです!

広告代理店の営業で働くデメリット

メリットがあれば当然デメリットも存在しています。

広告代理店で営業職に就くことで発生してしまうデメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

プライベートの時間が少なくなるケースがある。

これまで解説をしてきたとおり、広告代理店営業という業務の特徴として「業務内容がタフ」ということがあげられます。

業務範囲が広く、調整などが必要となる関係部署や関係者も多く、そのうえ締め切りがある仕事になりますので、仕事の密度が非常に濃くなります。

長時間の残業や休日出勤などの割合なども、他業界や他業種と比べると多いのが現実です。

毎日、毎週末安定をしたプライベートの時間を確保したいという人にはデメリットといえる内容となります。

ですが、自己管理のもと、スケジュールに余裕があるタイミングでまとまった休暇をとることも可能な場合もあるので、自分のライフスタイルによるということがいえます。

締め切りに追われてしまう。

広告代理店の仕事に限った話ではありませんが、どうしても「締め切り」中心になってしまうのもデメリットといえます。

広告には媒体ごとに「入稿期限」と呼ばれる「締め切り」が必ずあり、この期限だけは絶対に逃れることができません!

締め切りに間に合わせるためには何でもする!というのが暗黙の了解として存在しています。

担当するタスクが1つであれば問題になりませんが、同時にいくつものタスクやプロジェクトを担当するのが普通になるので、当然いくつもの締め切りに追われることになります。

仕事だけでなく、プライベートも含めて「締め切り中心」というのは1つデメリットになるのではないでしょうか。

経験者がよくある質問にお答えします!

ここからは経験者の目線で、よくある疑問について解説をしていきます。

どんな人が採用されやすいですか?

明るくて元気!

とにかく前向きといった印象がある人は採用確立が高いと思います。

広告代理店の営業という仕事には特別な資格やスキルは必要ありません。

その代わりに、色々な人と仲良く仕事を進めることができるコミュニケーション力であったり、多少業務量が多く、クライアントから無理難題を押し付けられてもやってのけることができる「ガッツ」があったり、どちらかというと個人の「パーソナリティ」が先ずは重視される仕事です。

会社のカラーにもよりますが、ノリが良くて、人懐っこくて、元気に仕事をこなせる、そんなタイプが好まれる業界です。

未経験でもなれますか?

なれます!

特別な資格やスキルも必要なく、経験も必要ありません。

より広範囲で業務進行全体を管理するような上級職については経験が必要となりますが、一般的な営業職であれば経験は不要です!

面接ではどういうことを聞かれますか?

個人の人柄、つまり「パーソナリティ」に関する内容をよく聞かれます。

  • これまでがんばってきたこと
  • 部活やサークルの経験について
  • 成功体験に関するエピソード

など、どのようなタイプの人であるかを理解するための質問が多く聞かれます。

そのほか、志望動機などについては非常に重要なポイントですので、しっかりと目的を伝える準備をしておきましょう!

持っていると有利になる資格ってありますか?

広告代理店や営業という職種に関わる特別な資格はありません。

ただ「語学」に関する資格などがあると、海外代理店での就業チャンスが得られたり、海外商材を扱う国内の代理店への就業機会が増えるなど、より幅の広いチャンスを獲得することが可能となります。

転職の時にこの経験は役に立ちますか?

広告代理店の営業職への転職に際して、役立つ経験になりますが私の場合には営業職の経験です。

前職が他分野他業種の営業職でした。

転職後にも改めて感じたことですが、取り扱う商材や詳細な仕事の流れなどに違いはありますが、「モノを売る」「ユーザーやクライアントの要望に応える」といった営業職の基本は変わりませんので、営業職での経験というのは役に立つと感じています。

このお仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?

自分の作成した「広告」を実際に街中などで目にしたときです!

私の場合には雑誌の広告とネット広告でしたが、自分が今まで手に取って「見る側」だったメディアに自分の作った「作品」ともいうべき広告が載っているのを見たときにはとても嬉しく思いました!

このお仕事をしていて一番辛かった業務はなんですか?

とにかく「締め切り」に追われることです。

会社などの方針にもよるのでしょうが、私が所属していた会社の場合には締め切りを守るためには徹夜もやむなし!

という職場でしたので、締め切りが近づくと寝る間もないままに仕事をするというのが辛かったです。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

あります。

正社員での募集が多いですが、業務などを限定した派遣業務やパート業務なども幅広く存在しています。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

やっぱり正社員の給与体系のほうが、その他の雇用形態に比べて恵まれていると思います。

一番大きな差になるのが「賞与」ではないでしょうか?

正社員以外の、とくにパート社員などでは賞与がないケースがあると思います。

残業って多いの?

比較的に残業が多い職種だと思います。

特に締切間近ともなると、仕事が終わるまで帰れない状況になりますので残業は覚悟しておくべきでしょう。

ですが、締め切りに余裕がある場合や繁忙期以外で仕事量全体に余裕があるタイミングでは代休や半休などを取得できる企業も多いです。

最近では「フレックス制」を導入している企業も多く、夜遅くまでの残業が見込まれる場合には出勤時間を遅くするなどのセルフコントロールができる環境が整ってきています。

資格って必要なの?

特別な資格は必要ありません。

クライアントの要望に応えて、納期に間に合わせるというやる気と責任感が非常に重要となります!

初心者でもできるの?

未経験者でも十分に対応することができます。

企画立案の部分や企画の提案スキル、制作管理などについては入社後のOJTで身に着けていくのが普通です。

特別な資格や経験を必要としない業種ですので、初心者の人でも十分に対応することが可能です。

まとめ

広告代理店の営業という仕事は、正直ハードな職種になると思います。

ですが、その分給与水準は比較的高い職種になりますし、何よりもテレビや雑誌などのマスメディアを通じて自分の関わった仕事が日本全国、もしくは全世界に発信されるスケールの大きな仕事に携わることができます。

自分のライフスタイルや目標などをよく考えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

広告代理店求人