テレビやラジオ、新聞にインターネットなど、生活のあらゆる場面で、様々な情報を届けてくれる「メディア」ですが、この「メディア」での仕事について、誰でも1度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか?

毎年、転職支援サイトなどを運営する企業などから発表されている「就職人気企業ランキング」などでもテレビ局や広告代理店など、メディア関連の仕事に携わることができる企業が多くランクインしていることからも、就職希望者からのメディアに対する人気というものは、よく分かります。

そこで今回は、このようなメディアでの仕事について、特に「広告制作会社」の求人について解説をします。

「広告」と言っても、広告を取り巻く仕事については、いくつかのフェーズに分かれています。

今回取り上げるのは、そのなかでも「制作」についての解説となります。

広告制作会社のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

「広告制作会社」での仕事についてひと言で説明すると「広告を“物理的に”作る会社」となります。

広告を作る、つまり「広告制作」に関する全体的な流れは以下のようになります。

  • (1)企画:「何を」「誰に」「どのようにして」伝えるのか、広告に関するコンセプトを決めます。
  • (2)制作:企画に沿った形で、実際に「制作」を行います。

大きく、制作については「企画」と「制作」2つの工程に分けることができます。

「広告制作会社」が、大きく担う工程は(2)の「制作」の部分となります。

なかには、企画段階から執り行う会社もありますが、一般的には「企画」の部分については、別に「プランナー」「企画会社」と呼ばれる専業の会社であったり、「広告代理店」が担うこととなります。

広告制作会社求人にはどんな種類があるの?

広告制作会社で発生する求人についての解説をします。

広告制作会社求人の募集でよくある職種

ディレクター職

広告制作会社における中心的な役割を担うのが「ディレクター」と呼ばれる広告制作全体を指揮・管理するポジションです。

広告制作に関わる大きな存在としては、広告を通じて情報発信を行うことを望んでいる「依頼主(=クライアント)」と、広告を実際に発信する「メディア」の2つとなります。

そして、この間を取り持っていくのが「広告代理店」および「広告制作会社」となります。

「広告代理店」は、まさにクライアントとメディアの「代理人」として、それぞれのニーズを集約して、それぞれにフィードバックをしたりそれぞれの中間で、具体的な広告制作を行うさまざまな関係者に対しての指示出しや調整作業などを行う「ハブ」となります。

広告制作会社は、基本的にはこの「広告代理店」からの指示に従う形で、広告を実際に作っていく部門となり、この広告制作会社からの指示を受けて、実際に制作を行うメンバーへの落とし込みや情報管理を行うのが「ディレクター」となります。

ディレクターのポジションについては、メインで全体統括を行う人のほかにも、「アシスタントディレクター」と呼ばれるようなメインディレクターをサポートするためのポジションなどもあり、チームとして広告制作の管理を行うこととなります。

制作スタッフ

「広告を作る」という部分で、実際に作っていくのが「制作スタッフ」となります。

TVコマーシャルなどであれば、「撮影」「編集」という作業が該当し、そこに関わるような「カメラマン」「照明・音響」「編集」を担うのが制作スタッフと呼ばれる、制作現場で実際に広告を作る役割を請け負う人たちです。

広告制作会社求人でよくある募集内容とは?

広告制作会社での求人内容について、一般的な就労条件などを解説していきます。

給与相場

給与相場ですが、職種やポジションによって異なりますが、一般的には400万円~600万円程度となります。

広告制作会社については、広告代理店からの請負業務としての側面が強く、残念ながら給与水準としては高くないのが現実です。

勤務時間や休日、残業

勤務体系については、会社によって異なりますので、一概には説明ができませんが、休みが少なく、残業が多いと言われる業種となります。

理由としては、「納期」が設定されているために、期日までの制作が必須となるため、制作が間に合わない状況であれば早朝・深夜・休日などを問わずに作業を行う必要があるためとなります。

また、制作を請け負うことではじめて売上を得ることができるビジネス体系となっているので、仕事があればあるほど、事業収益は増え、また、仕事が減れば減るほど収益がなくなるという収益構造を持っているため多少、オーバーワーク気味にでも、受注をし続けなければ、事業存続が難しいという根本的な事業課題があるというのもワークライフバランスを調整することが難しいことの一因となっています。

福利厚生

会社の就業条件により内容が異なります。

求められる人物像

広告制作会社で求められる人物像としては、どのようなタイプがいるのでしょうか?

とにかく「広告制作の仕事が好き」というタイプ

広告制作会社で働くうえで最も重要なことは「広告制作という仕事が好き」ということです。

理由としては、前述の通りに「給料水準は低く、とてもハードワーク」という環境となるためです。

お金やプライベートの充実よりも、仕事でのやりがいであったり、スキルアップを目指すひとでなければ続けることが難しいという現実があります。

必要なスキルや資格、経験

広告制作会社で働くうえで必要なスキル・資格や経験に対して特別なものはありません。

広告制作をして行きたい!という情熱が一番重要となります。

広告制作会社のおすすめ求人のポイント

広告制作会社の求人についての見極めに関するポイントを解説します。

どのような「広告」を制作しているのか

「広告」と一言でいっても、「TVコマーシャル」「ラジオ」「新聞」「鉄道・バスの中吊り広告」「Web広告」と言った形で、内容がさまざまなであることのほかに、根本的に業務内容や仕事などが異なるということがあります。

自分自身が、どのようなメディアで、どのような広告制作に関わりたいのか、ここを見極めることが重要です。

自分にあった広告制作会社の求人の選び方や注意点

自分にあった会社選びについて、就業条件から見ていくことにします。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態については、もちろん「正社員」での就職が長期的な安定という部分で魅力的となります。

ですが、広告制作の現場については「契約社員」「パート・アルバイト」での雇用形態も多く存在をしています。

自分自身のライフプランやキャリアパスと照らし合わせたときに、どのくらいの期間を広告制作の仕事に充てていくのかよく考えて選択をするべきポイントとなります。

【選び方②】好きなブランドから考える

広告制作会社についてのブランドというものは、あまりないかもしれませんが、「広告」という部分ではブランドや嗜好性などがあるかと思います。

自分自身が好きだと思う広告などから、それを制作している会社を選択するというのも、重要なポイントとなり得ます。

まとめ

広告制作会社での仕事について解説をしました。

メディアでの仕事ということで、「広告」に関する仕事が全般的に華やかで、高収入なものというイメージがあるかも知れませんが、この「広告制作」という部分は、いわば「裏方」の仕事となるため、イメージ通りではない部分が多くあるかもしれません。

まずは、自分自身がどのような仕事を望んでいるのかを考えてみて、そのうえで「メディア企業」「広告代理店」などでの仕事と比較して、どの部分で仕事をしていきたいのか考えていくことが重要となります。