今や私達の生活に欠かすことのできない「情報」。

その大半は、「知りたい!」と思った時にスマホやパソコンですぐに調べることができます。

そんな日本の情報社会を担っていると言っても過言ではないのが「広告代理店」です。

特に近年ではSNSやキュレーションサイトの台頭により、ネット広告の需要は年々増加傾向にあります。

華やかなイメージのある広告代理店ですが、「残業が多そう…」「給料が高い分長時間働いているんじゃないか?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、広告代理店で働いていた私がご紹介する広告代理店のリアルな姿をご覧下さい。

きっと広告代理店のイメージが変わると思います。

今回は就活生だけでなく中途で転職を考えている求職者にも大人気の広告代理店について、おすすめの求人情報やその特徴、また広告業界内で人気の会社やエリア、そして誰もが気になる年収をお伝えします。

広告代理店は東京に密集しています。

今回はそんな東京の広告代理店を中心にご紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「東京 広告代理店」の仕事例をチェック

東京の広告代理店はどんな仕事?

大手広告代理店は、そのほとんどが東京都内に本社があります。

そして、地方にも支店を持っています。

東京は日本の首都ですから、国内だけではなく世界の情報が毎分毎秒ごとに集まってきます。

しかし、インターネットが普及した今、離れた場所にいる相手でもスマホやインターネットを使えば簡単に繋がれるようになりました。

東京に本社を置く広告代理店が地方に支店を作るのは、距離が離れていてもミーティング等を行える環境があること、そして都内勤務よりも安い人件費と事業費で活動できるというメリットがあるからです。

それ故、東京に本社を置いている広告代理店は、本社では手が回らない業務を支店に委託したり、地方にいるクライアントを担当してもらうなど、本社でできることと支店でできることの役割分担をしています。

謂わば、東京本社というのはその会社の司令部のような存在です。

東京の広告代理店の求人のおすすめ募集内容の特徴

東京に本社を置く広告代理店が多いということは、それだけ広告代理業務がしやすいからです。

業務がしやすいということは、それだけ競合の企業が多数存在するということでもあります。

ここでは、そんな東京都内での広告代理店について、その求人におけるおすすめの募集内容の特徴を五つご紹介します。

企業ごとに条件も変わってきます。

自分の希望を整理してマッチする企業を見つけましょう。

おすすめの募集内容① 東京勤務で転勤がない

就職するにあたって、勤務地はとても大切なポイントです。

せっかく広告代理店に勤めるなら、生きた情報が瞬時に入ってくる東京が良いと思うでしょう。

情報だけでなく、日本国内の主要な企業の大半が東京に本社を構えています。

確かに現在は、遠く離れている相手でもインターネットを使えば繋がることができます。

しかし、もし自社のクライアントとトラブルになったら?取引をしたい企業が東京にしかなかったら?

東京で働く最大の利点は、取引できる可能性のある企業の数が多いこと、万が一クライアントとトラブルになってもすぐに対応に駆けつけられるということでしょう。

情報の量だけでなく、物理的なアクセスの良さも考慮されます。

おすすめの募集内容② インセンティブがある

広告代理店は、ルーティン作業というよりは世の中の動きに合わせてその都度業務内容が変わっていきます。

例えば、ある商品が流行ればその広告を載せるメディアやWebサイトを見つけたり、どうしたら売れるのかの戦略を立てたりします。

業務内容は日々変わるのです。

その中で必ず一貫してやらなければならないこと、それは「クライアントの売上を上げる」ことです。

基本的に広告代理店はクライアントへのサービスで成り立っています。

クライアントの商品をいかに多く消費者に届けるか、その使命を担っているのです。

そのため、個人の貢献度によって担当するクライアントの売上が変わるのは当たり前のことです。

実際に自分の担当するクライアントの商品が多く売れ、社内でもトップの売上成績を上げたとしましょう。

その際、売上が一番低かった人と同じ給与だったら納得できない部分がありませんか?

広告代理店は「クライアントの売上を上げる」という目標を持って日々業務に励んでいます。

その頑張りが対価として表れない職場は、社員のやる気も低くなります。

インセンティブ制度がある企業を選ぶことで、給与にあなたの頑張りが反映されます。

クライアントの売上も上がり自分の給与も上がるので、一石二鳥ですよね。

おすすめの募集内容③ 給与が高い

私は、広告代理店の最大の特徴は高い給与だと思います。

新卒で広告代理店に入社した時、他業種に就職した友達より5万円前後高い給与だったことを覚えています。

同年代よりも比較的多くの給与が貰える広告代理店ですが、その金額は会社によって差があります。

新卒でも月30万円以上貰えるところもあれば、月20万円スタートの会社もあります。

扱う広告や拘束時間にもよるので一概には言えませんが、都内の広告代理店の給与相場としては月22万円〜28万円が妥当でしょう(後述あり)。

給与が不当に安過ぎず、かと言って不自然に高過ぎない求人を見つけたいところです。

勤務時間や福利厚生等を含めてしっかりと求人内容を確認した上で応募しましょう。

おすすめの募集内容④ 社員の平均年齢が若い

広告代理店は時代の動きに合わせて日々変わっていきます。

情報第一の業界なので、他社より如何に早く情報を入手するかが売上を上げる鍵となってきます。

今、何が流行っているのか?人々に与える影響が大きいものは何なのか?

そうした旬の情報を入手する方法はインターネットもありますが、やはり若者の言動ではないでしょうか。

日本国内での流行は、基本的には若い人、中でも女子高生から広まっていくと言われています。

ということは、少しでも若い人の情報を取り入れることで「次に何が流行るのか?」「流行るには何が必要なのか?」が察知できる可能性が高まります。

広告代理店は活気を大切にしています。

「売上を上げよう!」「どんどん成長していこう!」という意欲があればあるほど売上に反映されます。

若い人のエネルギーで会社を盛り上げるのです。

年を重ねているベテランの人は経験が豊富ですから、若い人の意見を聞いて思ったことを相談してみましょう。

適格なアドバイスを貰えるかもしれません。

おすすめの募集内容⑤ 土日祝日が休みである

広告代理店でバリバリ仕事をしても、結局プライベートが充実しないとストレスが溜まってしまいます。

意外と思う人もいるかもしれませんが、広告代理店の休日はしっかりと定められています。

私は、就活していた際何社か東京の広告代理店で面接しましたが、そのほとんどが土日祝日休みでした。

近年、サービス業や病院等を除く企業は休みをしっかりと制定する慣習が定着してきたので、クライアントの企業が土日祝日休みというところが多い広告代理店もそれに倣っています。

もちろん、土日祝日休みではない広告代理店もあります。

また、土日祝日休みでもクライアントの状況によっては休日出勤ということもあり得ます。

しかし、ワークライフバランスを大切にしたいと思っていたり、土日祝日休みで周囲の人と休みを合わせやすいことを優先するのであれば、土日祝日休みという点をしっかりと確認しましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

東京の広告代理店の給与相場

さて、これまで東京の広告代理店の募集求人の内容におけるおすすめのポイントをお伝えしましたが、ここからは東京の広告代理店の給与相場をご紹介します。

東京の広告代理店の給与相場は、新卒であれば月給22万円〜28万円です。

そこにボーナスやインセンティブが付与される会社もあります。

ボーナスは100万円前後が平均的な相場です。

従って、年収は340万円〜380万円前後になります。

東京の広告代理店で人気のエリア

ここで、東京の広告代理店で人気のエリアを3箇所ご紹介します。

もし近隣にお住まいなら、広告代理店勤務の人に会うことも多いでしょう。

神田

まず、東京の広告代理店が集結する代表的な場所として、神田が挙げられます。

知り合いの広告代理店勤務の人に勤務地を訊くと、「神田か東京駅周辺」が圧倒的に多いです。

また、広告代理店だけでなく様々な企業が神田に集まっているため、打ち合わせや会合等のアクセスにも非常に便利です。

美味しいお店が数多く立ち並んでいるので、毎日飽きることなくランチタイムを過ごせるのも一つの魅力です。

東京駅周辺

神田と同様に広告代理店が多いのが、都内でも有数の高層ビルが立ち並ぶ東京駅周辺です。

都内どこへでもアクセスが便利という利点に加え、日本の経済を動かしている大手企業が集まるエリアでもあるので、最新の情報が集まりやすくなっています。

また、出張等もしやすいというメリットもあります。

新宿西口

交通の便が良いという点では新宿も同様です。

新宿駅西口のスカイウォークを抜けると、一面に広がるのが高層ビル群。

ここには大企業・中小企業・ベンチャーに関わらず沢山の広告代理店が集まっています。

就活の際、何度新宿を訪れたか思い出されます。

また飲食店も多数あるので、ランチや会社帰りに不自由しないのも特徴です。

東京の広告代理店で人気の職種とその理由

さて、東京の広告代理店で人気の3エリアをご紹介しました。

都心はアクセスが良い場所にある広告代理店が多数存在します。

やはり交通の便が良いと、クライアントとの打ち合わせにもすぐに出席できるので便利です。

続いて、東京の広告代理店で人気の職種とその理由をお伝えします。

気になる職種はありますか?

営業

まず、皆さんが「広告代理店」と聞いて最初に思い浮かべるであろう、パソコンに向かって業務をしたり、外廻りをして取引先とアポを取るという業務をするのが営業です。

営業は、広告代理店の醍醐味である「クライアントの売上を上げる」ことを目標に日々の業務を遂行しています。

毎日クライアントの商品がどれだけ売れているのか状況をチェックし、なぜ売れたのかまたはなぜ売れないのかを分析します。

分析結果を基にどのようにすれば売れるのかを考え、広告を掲載すべきメディアやWebサイトを探したり広告内容を吟味したりします。

「広告をこのように掲載すれば売上が上がります」という広告の掲載方法をクライアントに提案するのも営業の仕事です。

日々の売上をチェックしながら、商品が一つでも多く売れるよう働きかけています。

デザイナー

広告の種類や企業にもよりますが、デザイナーが社内にいる広告代理店では、クライアントの商品をWebサイトに掲載したりホームページ用の広告を提案し、実際に広告として作り出す業務も行っています。

近年デザイナーが少なくなってきており、広告代理店でもデザイナーポジションは人手不足です。

経験がある人がもちろん有利ですが、未経験者でも大歓迎!というデザイナー枠もあります。

もちろん、専門職であるデザイナーとしてのスキルが必要になります。

女性に人気の職種で、自分のデザインスキルを生かしてクライアントの売上アップに貢献したい人におすすめです。

カメラマン

カメラマンも広告代理店によって有無が分かれます。

広告代理店のカメラマンは、クライアントの商品を撮ったり、動画広告であれば商品を撮影し実際に動画まで作成します。

如何にクライアントの商品を消費者に購入してもらえるように見せるかが重要なポイントで、実際に自分の撮った写真が世に出回るので人気の職種となっています。

上記三つ以外にも、経理や採用など様々な職種があります。

あなたの目的に合った職種を選びましょう。

東京の広告代理店でこれから注目を集めそうな職種とその理由

東京の広告代理店を主にご紹介してきましたが、人気の職種やこれから台頭してくるであろうポジションは基本的にどの広告代理店も変わりません。

しかし、何度も述べているように、東京は日本の中心であり世界でも有数の発展都市ですから、情報を発信する環境が素晴らしく整っています。

その分良くも悪くも近未来化しているため、人間ではなくAIが活躍する時代に突入するのも時間の問題と言われています。

そんな発展途中の東京の広告代理店で今後注目を集めそうな職種を三つご紹介します。

ロボットではなく、人間だからこそできることがあります。

システムエンジニア

まずは、就活生の中でも人気のシステムエンジニアです。

システム内でのミス発見や処理はロボットに任せることができても、システムを作るのは今のところ人間の手でしかできません。

プログラムを作ってロボットを動かせても、その過程は人間に頼らざるを得ないのです。

ロボットにはまだまだできない細部までこだわったシステム構築は、人間の作業としてそのニーズは高まるでしょう。

営業

人間の最大の特徴は、「コミュニケーションができる」ことではないでしょうか。

お互いの気持ちを会話で充分に伝え合う、という行為はまだまだ人間にしかできません。

営業は、クライアントの商品をいかに多く消費者に購入してもらうかが重要なポイントとなります。

商品を売ることは人と人を繋げることです。

人間にしかできないコミュニケーションを武器に、クライアントの売上を上げていくことが重要です。

ライター

今では、知りたい情報があればスマホやパソコンですぐに手に入れることができます。

ほとんどの人は、その情報を動画や写真ではなく文章で取り入れていることでしょう。

その情報を文章化しているのがライターです。

ライターは商品の宣伝を文字で消費者に伝える役割を担っています。

一言一句の違いでクライアントの売上が変動することもあるのです。

広告を出稿するにあたって、その商品の特徴を巧みな言葉で消費者に伝え購入してもらうきっかけを作るということは、インターネット広告においても非常に重要です。

人間味溢れ、消費者目線での商品紹介の文章は、まだまだロボットには作れません。

東京の広告代理店の求人で人気の会社

さて、これまで東京の広告代理店についておすすめの求人や給与相場、人気の職種等をご紹介してきましたが、興味がある項目はありましたか?

続いては、そんな東京に本社を置く広告代理店での人気求人TOP3をご紹介します!

聞いたことある広告代理店は幾つありますか?

人気の広告代理店

まず、「広告代理店」と聞いて一番初めに思い浮かんだ方も多いであろう電通です。

次いで博報堂DY、そしてADK(アサツーディ・ケイ)も大手で人気です。

人気施設の特徴はこれ!

広告代理店は常に世の中の情報を吟味しなければなりません。

そんな広告代理店ですから、斬新なデザインのオフィスも多数あります。

また、社員に快適に勤務してもらうための工夫も様々に行われています。

ここでは、東京の広告代理店の楽しさ溢れる施設の特徴を三つご紹介します。

① お菓子が食べ放題・飲み物飲み放題

広告代理店は日々の中で常に情報のアンテナを張っている必要があります。

私が就活で何社か東京の広告代理店を見学した時は、お菓子や飲み物が無料で食べ放題!飲み放題!という会社が何社かありました。

その理由は、ほとんど「会社を楽しいと思えるようにしたいから」ということでした。

お菓子を食べながら、好きな飲み物を飲みながら仕事できるなんて、仕事のモチベーションアップにも集中力持続にも繋がって良いと思います。

② 社内にあるハンモックで昼寝ができる

最近では「昼寝」や「読書」の時間を業務内に設ける企業も多くなってきましたが、その中で特に驚いたのが社内にハンモックがあることです。

社員は疲れた、集中力が途切れた、と思ったらいつでもハンモックで昼寝をすることができるのです。

確かに、仮眠はその後の業務の効率化にも役立つし、リラックスできて一石二鳥だと思います。

③ 隠し扉がある秘密基地的なオフィス

「さすが広告代理店!」と思ったのが、一見壁に見えて実は横に引くと隠し部屋があり、そこでミーティングをしていたことです。

遊び心を大切にしている広告代理店も多く、他には受付がペッパーくんだったり、社内に卓球台があったりと社内の快適さを追求しています。

求人の選び方のコツやポイント!

ここでは東京の広告代理店の求人選びのコツと、幾つかのポイントをご紹介します。

自分に合った広告代理店を見つけましょう。

【選び方①】給与・雇用条件から選ぶ

一番気になるのはやはり給与でしょう。

東京の広告代理店に限らず、社員・派遣・アルバイトそれぞれの雇用条件によって給与には大きな差があります。

安定した給与を望むのであれば、正社員での採用を目指しましょう。

また、給与は高ければ高いほど良いかと言うと、必ずしもそうではありません。

高い給与にはそれなりの理由があります。

例えばサービス残業があったり、拘束時間が長かったり、休日出勤が多かったりする企業はその分給与が高かったりします。

業務内容と給与が見合っているか、見極めることも大切です。

【選び方②】扱う広告の種類で選ぶ

広告には大きくマス広告、SP(セールスプロモーション)広告、そして冒頭から述べているインターネット広告があります。

扱う広告によって募集されている職種も業態も異なります。

特にインターネット広告は、その中でもアフィリエイトやリスティング等、どのインターネット広告をメインにしているかで日々の業務や広告の掲載方法が異なるので、それぞれの違いをきちんと理解し、自分がどのような広告手法を学びたいのかを決めておきましょう。

【選び方③】自分の能力が認められるか

東京の広告代理店に限ったことではありませんが、会社によっては自分の売上実績を認めてもらえないところがあるかもしれません。

「クライアントの売上は部の売上であって、個人の売上ではない」というチーム制を採用している会社だと、自分はチームの駒として働いているという思いを感じることもあるでしょう。

自分の力を最大限に発揮でき、能力を認めてくれる企業を選びましょう。

上手くいけば、将来会社の一端を担う人材になれる可能性も見えてきます。

まとめ

これまで東京の広告代理店のおすすめの求人や選ぶポイント、エリアごとの特徴等をご紹介してきましたが、気になるものはありましたか?

スマートで華があるというイメージの広告代理店ですが、毎日8時間以上パソコンと向き合い、時にはクライアントの要求に応えられなかったり競合他社に先を越されたりと困難な壁に当たることももちろんあります。

しかし、自分の頑張りが「クライアントの売上」として目に見える形で表れるので、その分やり甲斐を感じることができます。

今回の内容を読んで少しでも東京の広告代理店が気になったら、今から求人情報を見てみるのも良いかもしれません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

広告代理店求人

広告代理店求人についてもっと深堀りした情報を見る

広告代理店の派遣求人の時給や募集内容・おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

広告代理店とは、テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどのメディア(媒体)に広告を出したいというクライアントとメディアの間を仲介する業者のことです。広告の世界は広く、特にインターネットは世界中の人の目に入る大きな媒体です。ここでは、広告代理店の派遣求人について、その仕事内容や待遇、やり甲斐についてご紹介します。広告代理店の派遣求人はどんな仕事?派遣社員として働く場合、営業や営業職社員の事務サポート、印刷媒体の軽いデザイン業務、WEBサイトの管理、マーケティング業務の補佐、庶務の仕事などがあります。その会社によって任される度合いも様々ですが、専門的な知識、例えばデザイン技術や業界の通用語などを理解

広告代理店の営業としての仕事内容7つの業務。経験者が教えます!

広告代理店は大小様々ありますが、全国展開している広告代理店の小さな地方都市支局での業務の実際を紹介します。事務所は地方都市駅前にある街中心部のビルの一室です。支局長1名、事務員1名、営業1名の3人体制です。制作業務等は近隣都市の大きな支店で行い、普段連絡も密接に取っていますので、少人数と言っても不都合はなく仕事内容は充実したものとなっています。月に数回、会議等で基幹の支店に出向くことがあります。この記事では、広告代理店営業の仕事内容についてご紹介していきます。広告代理店営業の大まかな仕事内容クライアントを獲得する(そしてフォローする)、テレビ局・新聞社等広告を載せてもらう媒体各社と付き合って(

広告代理店の仕事がきついと言われる5つの理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

広告代理店というと、華やかでカッコいい業界というイメージの反面、激務で過酷な仕事なのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。昨今は働き方改革によって職場環境が改善しつつあるとは言え、日々変化し時代の最先端を行く広告業界ではスピードと即応力を求められ、長時間労働は避けられない部分もあります。特にインターネット広告の拡大によってメディア環境はここ数年で急激に変化しており、広告代理店が持つ役割や求められるものは幅広くなっています。この記事では、そんな広告代理店の仕事が「きつい」と言われる理由とそれを乗り越える方法を、筆者の経験をもとにお伝えします。広告代理店のおおまかな仕事内容とは?まず広告

広告代理店営業年収の相場は?給料を上げるためにやるべき3つのことも紹介します

広告代理店営業の年収っていくらぐらいだと思いますか?テレビや映画などの華やかな業界の「広告代理店」は、給与水準が高いことでも人気があると言われていますが、実際の所どうなのでしょうか。そこで、今回はそんな広告代理店の平均年収を営業職に絞って経験者の意見をもとに解説していきます。また、広告代理店で給料を上げるためには何が大切なのかもしっかりお伝えできればと思います。広告代理店営業の年収の相場はどの位?ここでは、広告代理店営業職の年収がどの位なのか?その相場事情等を解説します。広告代理店営業職の平均年収は?年代別の平均年収は概ね以下のようになります。20代:350万円~400万円30代:450万円~

広告代理店の仕事内容14個の業務と向いている人・向いていない人の特徴・良いところについて経験者が教えます!

皆さんは「広告代理店」と聞いて、どんな仕事をイメージしますか?面白いテレビCMを企画したり、イベントを運営したり、斬新なコピーを考えたり…。華やかでカッコいい業界というイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。広告代理店は、高待遇でクリエイティブな仕事というイメージから、就職・転職先として特に人気の高い業種です。大手では、電通や博報堂などが有名ですね。確かにクリエイティブな部分は広告代理店の重要な仕事の一部ですが、広告代理店には他にも様々な仕事があります。この記事では、実際に広告代理店で働いていた経験をもとに、広告代理店の仕事内容や職種、向いている人・向いていない人の特徴、広告代理店の

広告代理店営業求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

テレビやラジオ、インターネットなど世の中のあらゆる場面で「広告」を見かけない日はありません。このように私達の生活とは密接な関係がある広告を取り扱う会社が「広告代理店」です。広告代理店における「営業」という職種がどのような仕事内容なのかを解説していきます。華やかで給与も高い、そんなイメージがある広告代理店の営業求人の実際はどのようなものなのでしょうか?広告代理店営業はどんな仕事?「広告代理店」とは、主に「広告を出したい企業」と「広告を掲載するメディア(媒体)」を繋ぐ仲介をしています。その中で「営業」の役割は大きく二つあります。1.広告枠の営業活動:テレビ、ラジオ、雑誌などのメディア(媒体)が持つ

広告代理店の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

広告代理店営業職については、どことなく華やかなイメージがあります。給料も良くて、メディアやマスコミに関連する職種で、どちらかというと好印象な職業になるのではないでしょうか。そんな広告代理店営業へ転職を考えている人に、その実情や気をつけたいポイントなどを解説していきます。広告代理店の転職で注意したい3つのこと業務内容を確認する。ごく当たり前のことのように思えますが、まずはしっかりと業務内容を確認し理解しましょう。「広告代理店」というだけではその範囲が非常に広く、実際の業務内容は多岐にわたります。内容をあまりよく理解せずに給与条件や漠然としたイメージで転職を決めてしまうと、入社後のギャップで苦労す