広告代理店とは、テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどの媒体に、広告を出したいというクライアントと、メディアの間を仲介する業者のことです。

広告の世界は広く、特にインターネットは世界中の人の目に入る大きな媒体です。

ここでは、広告代理店の派遣求人について、その仕事内容や待遇、やりがいについてご紹介します。

広告代理店の派遣求人はどんな仕事?

派遣社員として働く場合、営業や営業職の社員の事務サポート、印刷媒体の軽いデザイン業務、WEBサイトの管理、マーケティング業務の補佐、庶務の仕事などがあります。

その会社によって任される度合いも様々ですが、専門的な知識、例えばデザイン技術や、業界の通用語などを理解していると重宝されます。

そのような場合、正社員とほぼ同じ仕事を任される事もあるので、やりがいも大きいと言えます。

広告代理店の派遣の大まかな仕事内容

それぞれ担当するものにより変わりますが、事務職であれば、一般事務(見積書等の文書作成・電話や来客の応対・集計作業・ミーティングの準備)、営業職であれば、クライアントや広告主回り、また主催・運営するイベントの準備等があります。

広告代理店の派遣求人のおすすめ職種5選

前述の通り、1つの会社で様々な媒体を扱っているので、それぞれ得意とする分野で働けるのが理想です。

また、社交的な性格でも、地道な作業に向いている人でも、自分の長所を活かせる部署があるのも広告代理店の特徴です。

営業職

言うまでもなく、営業というのはとても難しい仕事です。

そのため、営業ができる人はどんな企業にとっても貴重な存在です。

広告は決して安いものではないので、クライアントの予算やイメージなどに合ったベストな媒体を、ベストなタイミングで紹介するセンスが求められます。

事務職

事務といっても様々ですが、特に営業をサポートする営業事務であれば、広告代理店ならではの業務を行うことができます。

専門的な用語や、媒体別の広告料の相場などを学ぶことができ、今後の派遣先の幅も広がります。

マーケティング

市場調査を行います。

市場の規模やターゲットとなる年齢層、販売シーズン、それに伴う媒体の選定などです。

とてもボリュームのある仕事です。

制作(デザイン)

印刷物やウェブサイトなど、自社でデザインすることも多く、写真を加工したり、軽いレイアウトや、デザインをします。

他の人が行ったデザインの修正をするだけという人もいるので、デザインができなくてもイラストレーターやフォトショップなどが使えると重宝されるかもしれません。

広告レポート作成業務

インターネットの広告代理店では、GoogleやYahoo!への広告掲載に関して、クライアントに対し定期的に表示回数などのレポートを提出します。

データを抽出し、自社のフォーマットに合わせてレポートを作成します。

営業職と連携を取りながら行います。

地道な作業ですがとても重要な業務です。

広告代理店の派遣のおすすめ求人の特徴とは?

広告代理店の規模は様々です。

まずどれくらいの規模の会社で働くか、自分に合った規模を考えておきましょう。

また、大きく分けて3つの代理店があります。

それぞれの特徴を考慮し、興味のある分野、得意分野で見つけるのもおすすめです。

総合広告代理店

全ての媒体を網羅する代理店です。

大手であれば、一つ一つの広告ではなく、一つの企業の企画から制作・宣伝まで一気に請け負います。

専門広告代理店

特定のメディアのみを専門で扱う代理店です。

新聞広告、雑誌広告、フリーペーパー、看板、イベントなどがあります。

ハウスエージェンシー

ある企業の広告を専門に行う代理店です。

子会社である場合も多く、その会社の特定の部署が独立する場合もあります。

広告代理店の派遣求人はこんな人に向いている!

ほとんどの場合、堅苦しさがあまりなく明るい雰囲気の会社が多いのも特徴です。

物事の枠にとらわれず、柔軟な発想ができる人が求められています。

楽しいことが好きな人

広告を作ることは、人をビックリさせたり、ワクワクさせることを考える仕事です。

人を喜ばせたい、楽しいことが大好きな人に向いている職業と言えるでしょう。

新聞や雑誌を隅々まで読む人

新聞や雑誌、フリーペーパーなどの紙媒体の場合、誤字脱字のチェックはとても重要です。

ミスが発生すると、広告料が請求できないこともあります。

その点、常に活字を読んでいる人は、誤字や脱字を見つけやすく、読む事も苦にならないので、その点で向いていると言えるかもしれません。

インターネットが好きな人

特にインターネット関係の代理店の場合、いくら研修があるとはいえ、学ぶのはなかなか大変です。

元々インターネットの知識があったり、自分でブログを立ち上げたことのある人は、研修期間にさらに多くの知識を得ることができ、その後の仕事やプライベートにも活かすことができます。

会社の機密を守る人

派遣社員の場合、入社時に機密情報の保持に関する誓約を結ぶのが一般的です。

社内には、未発表の新商品の情報や、クライアントの広告予算の増減、経営状態などの様々な情報が飛び交っています。

その情報が漏れることは、大きなトラブルにもなりかねません。

派遣社員とは言え、クライアントから見れば社員と同じです。

知り得た全ての情報はきちんと管理する真面目さが必要です。

広告代理店の派遣求人でよくある募集内容とは?

特に営業職の長期派遣の求人が目立ちます。

後に直接雇用される紹介予定派遣の求人も多いのがこの営業職です。

また最近は、インターネット関係のレポート作成や営業事務などの求人もよく見かけます。

時給相場

事務職であれば、相場は1,000円から1,300円といったところです。

営業職であれば、それ以上の場合が多く、ノルマの達成などを理由にインセンティブが支払われる場合もあります。

求められる人物像

代理店という業種は、広告主とクライアントの間に入って仕事をします。

そのため、最低限のビジネスマナーが身についている事に加え、それぞれの立場になって気遣いや配慮ができる人が求められています。

自分の提案や仕事が、クライアントの意に沿わず、苦労して作ってもやり直さなければならない事もよくあります。

打たれ強く、うまくいかない時も、気持ちを切り替えて、一から取り組める人材が求められます。

明るく前向きな人

広告は、人に購買意欲を沸かせることを目的として作られます。

前向きな人は、クライアントに対して常に積極的な提案をすることができます。

また明るい人柄は、制作物にも現れます。

博学な人

取り組む広告は多岐に渡ります。

人間の生活、人生全てに関係するものを扱うので、広い分野で豊富な知識を持つ人は貴重な存在です。

また常に、新しいものや面白いものを探そうとアンテナを張っている人が求められています。

緻密な考えや作業ができる人

前述の人物像は、どちらかといえば営業や企画職に求められるものですが、制作やマーケティングとなると、緻密な人の存在は重要です。

広告には、法律関係の問題や、一時期話題になった”パクリ疑惑”なる問題が潜んでいる場合もあります。

緻密な考えや作業ができる人は、まさに縁の下の力持ちなのです。

新しいものに目ざとい人

化粧品やお菓子など、自分の好きな分野のみで構わないので、新商品や新規プロジェクトなどの情報収集に余念がない人は、この仕事に向いている、また求められる人物像と言えます。

そのような人はリサーチ力が高く、情報も自然と入ってくるので貴重な存在です。

必要なスキルや資格、経験

営業経験のある人は、どの業界でも重宝されます。

秘書と広報は結びついているので、秘書能力などについて学ぶことも役立ちます。

また、どんな仕事にも言えることですが、広告業界で「締め切り」または「納期」はとても重要です。

電波関係のメディアにしても、納期が間に合わなければ全て台無しになります。

きちんと計画を立てて、納期に間に合うように仕事をする能力が必要です。

派遣は正社員とどう違う?

営業職の場合は、後に本採用されることも多いので、あまり違いはないかもしれませんが、その他の職種に関しては、仕事内容、収入、責任の度合いが多少変わってくるでしょう。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

時給制のため、基本的には契約の時間内で終わる量の仕事が割り当てられます。

締め切り前や人事関係の変化によって多少の残業が課される場合もあります。

派遣社員に責任ある仕事を任せられることはほぼありませんが、ある程度の資格やスキルを条件に派遣されている場合は、それなりの仕事の質が求められます。

仕事内容は変わる?

仕事内容は、ほぼ社員と変わらないと思って良いと思います。

担当を振り分けられて働く事になると思われるので、プロジェクトごとのチームや、一つの作業に特化した部署内で働くといった具合です。

スキルやセンスがあれば、社員と一緒に重要な仕事につくこともできます。

それぞれ求められるスキルは?

仕事内容が変わらなかったり、自分の方が資格や経験がある場合もありますが、派遣社員として働く以上、正社員に対する配慮は必要です。

次の手順を知っていたとしても、指示をもらってないなら必ず相談します。

専門分野であるからこその謙虚さや、コミュニケーション能力が求められます。

収入面は?

ほとんどが時給制になります。

会社によっては、土日祝日のイベントを主催・運営する場合があり、出勤が必要な事もあるかもしれません。

休日手当が出るのか、代休処理するのかを確認しておくと良いでしょう。

正社員

大手企業の場合は、年収1,000万円を超えますが、ほんの数社にすぎません。

平均では、500万〜600万が相場です。

派遣

時給1,000円〜1,500円、営業職なら〜2,000円ぐらいが平均のようです。

ノルマ達成等により、インセンティブが支払われる事もありあます。

広告代理店の派遣で働くメリット

企画から制作、宣伝までを一気に行った時の達成感は、他の職種ではなかなか味わえないものがあります。

広告代理店は、広告主とクライアントの間で苦労する事もありますが、妥協せず良い物を作り上げた時に、双方との信頼関係は強まります。

コミュニケーション能力がアップする

どこで働くにしても、喜びとなり悩みの種にもなるのが人間関係です。

広告代理店での仕事は、社内での人間関係に加え、社外の人と接する事も多く、さらに、社内には様々な人がいます。

社交的な営業職だけではなく、繊細なデザイナー、緻密な校正作業を行う人など、様々な気質やプライドを持った人とうまくやっていく方法を学び、自分のコミュニケーション能力を上げることができます。

広告代理店で働けば、後に他社へ派遣された時にも、大概のことは乗り越えられるという自信がつきます。

幅広い分野の知識を得られる

食べ物、ファッション、医療、結婚、出産、終活など、人生の初めから終わりまでが、広告代理店で扱う広告の分野です。

これまで知らなかった、また知りようもない様々な分野の知識を、比較的短時間で知ることができます。

そのビジネスに込められている、クライアントの思いや、ターゲットとなっている人の悩みや必要を知ることは、自分のこれからの人生の糧となると言っても、大げさではありません。

思い出ができる

特に”ミーハー”という訳ではなくても、普通では体験できない思い出を作ることができます。

例えば、CMや広告に、芸能人や地元の有名人が起用されたら、単純に「有名人に会える」という経験ができます。

また、起用するモデルを選定したり、大まかな全体のデザインを話し合ったりと、派遣社員であったとしても、スキルやセンスがあれば様々な場面で、正社員と変わらない仕事をさせてもらえます。

自分が関わった広告が、テレビで流れたり、大きな看板になって街に現れた時の快感は、なかなか他では味わえません。

まとめ

以上、広告代理店の派遣について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

この仕事はとてもやりがいのある仕事です。

そのため派遣に留まらず、広告代理店へ転職する人も少なくありません。

少しブランクがあっても、数年経験を積んだ人は、採用されやすくなる傾向もあるようです。

人々を驚かせたり、ワクワクさせる夢のある仕事。

ぜひ一度、広告の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

広告代理店求人