様々な雑誌や書籍の企画・製本を行う出版社。

皆さんは出版社のお仕事はどのような内容かご存知でしょうか。

一般的には本を発行している企業という認識が強いでしょうか。

もちろんそれ以外にも業務内容は様々あります。

今回は出版業界の実態を掘り下げながら、そこでアルバイトをしたことがある筆者が体験談をもとにお仕事の紹介をしていきます。

興味があってアルバイトをしてみようと思っている人から、出版社へ就職を考えている学生さんたちまで様々な方に向けて業界の中身を大公開しちゃいます。

その中で実際に出版社での仕事を経験して後々役に立ったことも併せてご紹介したします。

私はこんなところで出版社のアルバイトをやりました。

大手か中小かによって仕事の内容や幅も変わりますが、筆者は地場の中小出版社でアルバイトをした経験があります。

その会社は主に求人雑誌や地域情報のフリーペーパーなどを作っている会社でした。

業務は大きく分けて編集部と営業部に分かれていましたが、筆者がアルバイトをしたのは編集部のほうでした。

主にパソコンを使い原稿を作っていく作業に携わっていました。

出版社アルバイト(編集部)の仕事内容は?

編集部の仕事は営業社員さんが獲得してきた案件の原稿を作ることが主な仕事です。

例えば広告作成の場合は営業社員さんがクライアントと打ち合わせして、どのような内容の広告にするかという大まかな下書きを作ってくれます。

それに従って実際に原稿を作っていく仕事となります。

書籍作成の場合はどういった内容で書籍を作っていくかというネタ探しや、それに必要な資料のコピー、取材のアポイント取りやインタビューの文字起こしなどが主な仕事になります。

また文章力のある人は出来上がった文を印刷に回す前に最終チェックをする「校正」と言う仕事を任されることもあります。

出版社のアルバイトの時給は?

地域や職種によっても多少は変わりますが、出版社のアルバイトの給与は概ね時給1000円~1200円前後のようです。

勤務時間は朝9時から夜5時もしくは6時と言う時間帯の中でシフト制で週5時間勤務という企業が多いようです。

時給だけで考えてみると、比較的高い業界と言えるかもしれません。

あまり頻繁に募集が出る業界ではないですし、採用人数も少なめなので、募集記事を見つけた際にはチャレンジしてみるといかもしれません。

筆者は色々な業界でアルバイト経験がありますが、出版社でのお仕事はその中でも面白かった分野の一つです。

ただ一つ特筆しておきたいのは締め切りが近くなってくると業務が慌ただしくなったり残業や早出が頻発するようになるということです。

学生のアルバイトとしては学業との両立が難しい場合もありますので、事前に自分のライフスタイルと照らし合わせたので応募するようにしましょう

出版社アルバイトの採用率

出版社でのアルバイトの採用率は他の職種と比べると低めと言えるでしょう。

主な原因としては出版社の売上の構造やビジネスモデルが理由となっています。

出版社のビジネスモデルは人を増やせば売り上げが上がるタイプの構造ではなく、どちらかと言うと企画力や文章力など「質」の部分が重視される業界なので必然的に募集人数は少なめになる傾向があります。

それに加え人気職種であるがゆえに応募者が多いので、総体的に採用率は低めになってきます。

何かしら人よりも秀でた部分がある、例えば文章力が高い、語彙力がある、もしくはクリエイター系のパソコンソフトのスキルがあるなど自分の武器となるものがないとなかなか採用には至らないケースも多いようです。

誰にでもすぐに簡単にできる仕事ではないということでしょう。

出版社のアルバイトをやるメリット

ここまで出版社のお仕事内容や時給をおおまかにご紹介しましたが、どのように感じたでしょうか?

少しでも出版社の仕事に興味がある人に有益な情報を提供できているのならば嬉しいです。

さて、ここからはもう一つ仕事を選ぶうえで欠かせない要素である、「メリット」について解説していきたいと思います。

正直な所出版社での仕事は特殊なものも多く、得ることのできる能力もたくさんあるので、アルバイトとして働くメリットは大きいのではないかと思います。

人によってどの部分にメリットを感じるかはそれぞれですので、いくつかの面から見ていきましょう。

経験や実績が他の業界でも役に立つ

出版業界の仕事はいわゆる「クリエイティブな仕事」という分野になります。

実はこの「クリエイティブな能力」というのはその分野にたずさわらなければなかなか身につかない能力なのです。

情報を整理してわかりやすく魅力的な文章を作ったり、一目で興味を持ってもらうデザインやキャッチコピーを考えたりという、「センス」が重要視される能力は他の分野の仕事で身に着けることは難しいものです。

そしてこの「センス」が磨かれている人は他の仕事に就いたとしても、他人が考えないような発想で企画を出したりすることができるので、非常に有効な武器になります。

出版社への就職の際に経験が有利に働く

これは実際に出版社への就職を考えてる人に向けてのメリットですが、アルバイトをすることでインターン感覚で業務の内容や業界の実態を知ることができます。

また出版社への面接の際には学歴が重視される傾向がありますが、一方で企画力も求められます。

実際に最終面接で企画の提案を求められたという声もあり、経験がない人はそこでつまずいてしまうことも多いようです。

しかしアルバイトを通して的確な企画力を身につけていれば採用率も上がるでしょうし、またネタだしの仕事などに携わったことがあれば面白いものに対する嗅覚も研ぎ澄まされていきます。

ビジネスマナー、コミュニケーションスキルが身につく

出版社の仕事では様々な人たちと関わりを持つことになります。

本の著者はもちろんのこと印刷業者や書店、コンビニチェーンの責任者さんなどそのほとんどが企業対企業としてのやり取りとなります。

たとえアルバイトとはいえ先方はあなたのことをビジネスマンとして扱ってくるので、必然的に最低限のビジネスマナーを身につけていなければ仕事が出来なくなってしまいます。

学生のうちから企業対企業のビジネス現場を体験し、それに必要なマナーやスキルを身に付けることができる経験は意外と得難いものですので非常に大きなメリットになるといえます。

自分が関わった出版物が書店に並ぶ

出版物の制作には様々な人が関わり多くの努力が必要となってきます。

そのぶん自分が携わった本を多くの読者に読んでもらえる喜びや、書店で本が売れていく様子を見る感動に魅了されて仕事を続ける人も少なくありません。

また本を作る過程での面白さに魅力を見出す人もいます。

アルバイトを通してそういった喜びを体験することができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

出版社のアルバイトで身についたこんなスキル

さて次に出版社で働くことにより身につくスキルをご紹介します。

出版業界に就職しないとしても他の業界でも大いに役に立つであろう、社会人としての基礎能力を養うことができます。

締め切り前は特にですが、様々な仕事が次々と襲ってきます。

それまでの私はやりかけの仕事を片付けてから次の仕事にかかるというスタンスでしたが、それではとても締め切りに間に合わないシチュエーションが何度もあり、結局先輩に手伝ってもらうということが続き、改善するためには仕事を同時進行で片付ける能力を養わなくてはいけなくなっていきました。

その結果、どの仕事をどの程度まで進め、どの段階で別の仕事に移ればいいのかというバランス感覚的なものが培われたように思います。

スケジュール管理能力

仕事のバランス感覚と似ていますが、一定のタスクをいつまでにどの程度こなせばいいか、そのためにはいつまでに取材をしなければならないか、アポは何日前にとればいいか、という風に先の予定を考えながらスケジュールを組む力が飛躍的に向上しました。

この力は他の業界でも大いに役に立ち、この経験があったのとなかったのでは仕事の質が大きく変わっていたと思います。

企画力・提案力

これは企画のネタだし担当をしていた時に培った能力です。

情報収集力はもちろんですが、何が他人から見て興味をもってもらえるのか、という視点を持つことができるようになったのが大きかったです。

それまでは自分が面白いと思ったものを世間に紹介しようというスタンスでしたが、それではなかなか興味をもってもらえず独りよがりになっていた自分に気づきプライベートから物の考え方が変わりました。

その後他にもいくつか別の業界で仕事をしましたが、この時に培った能力は特に営業職やコンサル業などでプレゼンをする際に大いに役立ちました。

提案をひとつするのにも相手に興味をもってもらえる角度から切り込んでいく感覚を養えたことは大きかったですね。

出版社のアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

出版社での仕事はきついこともたくさんありましたが、そんな中でもきつい分、大きな喜びを得ることができる体験もありました。

たとえばこちら。

初めて企画が採用されたとき

筆者が初めて配属された部署は求人雑誌を作っている部署でした。

当然のことながら入社したては企画を任せてもらうことができませんでしたが、ある程度仕事に慣れてくると上司から「今度一度企画を立ててみるかい」という声がかかりました。

それまで求人誌というのは、春の求人特集とか短時間の仕事特集とかどこにでもあるような企画力の弱いページが多いな、と感じていたので、その時は張り切って企画を考えました。

求人広告を出してくれる各お店の店長さんに一人ずつインタビューを行い、あえて求人内容ではなく店長さんの人柄を全面に押し出した特集を組んでみたのですが、これが意外と好評でシリーズ化された時にはとても誇らしい思いをしたのを覚えています。

自分のデザインしたポスターが店頭に大きく張られているのを見た時

書籍出版を担当していた時に本の販促の一環としてポスターを作成したことがありました。

その時はその書籍の仕事を全て任せてもらっていたので、デザインも自分で考えてポスターの制作も自分で行いました。

ある時ふととある書店の前を通りかかった時に自分の作ったポスターが店内の一番目立つところに大きく貼られていたのを見かけ、なんだか自分の仕事が世間に認められたような気持ちになりました。

校正の仕事を任されたとき

校正の仕事は書籍を本格印刷するまえの最終チェックの仕事です。

誤字脱字がないかなどはもちろんですが、言い回しや表現におかしなところはないかなどを、辞書などを使いながらチェックしていく作業です。

この仕事を任された時は大きな責任を感じましたが、同時に自分のことを信用してくれているという喜びを感じました。

出版社のアルバイトはこんな人におすすめです!

どんな仕事にも向き不向きはありますが、出版社の仕事は特にその傾向が顕著だと筆者は感じています。

本が好きであることはもちろん大事ですが、それだけでは仕事はこなせないし、逆にそこまで本が好きというわけではなくてもこの仕事に向いている人もいます。

では具体的にどのような人が出版社での仕事に向いているといえるのでしょうか?

本が好きな人

やはり仕事をする上で自分が携わる商品のことが好きである、ということはとても大きな強みになります。

それだけで仕事に対するモチベーションも変わってきますし、好きだからこその知識というものもあるのでそれが業務に役立つことも多々あります。

マルチタスクが得意な人

出版社の仕事は複数の業務を同時にこなさなくてはならなかったり、自分の仕事を進めながら別の来客の対応をしたりしなければならないシーンが多々あります。

仕事にきちんと優先順位をつけて的確にこなしていくことが得意な人には向いている仕事と言えます。

逆にそのような仕事が苦手な人は混乱して何も手につかなくなってしまう、という状況に陥る可能性があるので避けておいた方がいいかもしれません。

比較的時間に自由が利く人

出版社のアルバイトは基本的にはシフト制やフレックス制で業務を進めていきますが、締め切りが近くなってくると仕事量が膨大になってきます。

場合によっては残業や早出が起こり、キチキチにスケジュールを組んでいる人には対応が難しい状態になってしまうかもしれません。

特に学生のアルバイトの場合は学業との両立を第一と考えなければならないので、単位がギリギリである、サークル活動にも力を入れたい、など学生生活の中でも比較的時間を使うようなタスクを持っている人には向かない仕事かもしれません。

細かく気が回る人

出版業界の仕事は複数の業務が同時進行で行われる場合が多いため、必然的に周りの人達も同じように複数のタスクを抱えていることが多いです。

そういった時に細かく気をまわして周りの人の手伝いをしてあげたりすることができる人は、この仕事で重宝されると言えます。

新しいことや面白いことを自分で見つけられる人

出版業界の仕事は世の中の人に面白いことを発信していく仕事です。

ですので自分自身が常に新しいことや面白いと思えることを探していこうとする姿勢が非常に大切になります。

普段から新聞やネットで世間の流行や社会情勢を把握したり、今まで自分が興味を持っていなかった分野でも最新の情報を仕入れていたり、また美術や芸術に触れて感性を磨いたりと、そういった努力が求められます。

色々なことに好奇心旺盛で常に刺激を求めてる人はこの仕事に向いていると言えるでしょう。

出版社の仕事できつかったこと

板挟みになる

著者、広告主、上司との間で板挟みになることがあります。

やはり会社は利益を追求していかなければならないので、著者の意向を全て飲み込むわけにもいかず、 限られた予算の中で著者の意向を最大限反映しなければならないのですが、そういった事情を説明しても著者が自分の表現したいことが最大限汲み取ってもらっていないと反発することも多々あります。

また予算もきちんと取れて著者の移行も反映されていたとしても、制作側がそれを全て受け入れられる体制にない時は、上司との間で板挟みになったりすることもあります。

締め切り前には仕事がぎっしり

毎回締切日の前になると徹夜の作業が続いたりすることもありました。

複数の仕事を同時に行なっているので何をどこまでやったかを覚えておくのも大変ですし、締切日が異なるタスクについては一つ一つ締切日を把握し優先順位を明確化しなければならないので、仕事が立て込んでくると頭が混乱してくるような時もありました。

企画に煮詰まる

最もきつかった点はこれかもしれません。

仕事をし始めた時は色々なアイディアが浮かんできてたくさんの企画を出すことができていたのですが、やはりある程度の年月働いているとどうしても企画が詰まってしまいます。

しかし企画を立てなければ営業部の社員さんがクライアントを獲得してくることが出来ないので、毎回計画を立てる時には本当に色んな所に出向き自分の感性を磨き色々なアイデアを出していく努力をしていました。

番外編~営業部でのアルバイト~

ここまでは以前筆者の過去の体験をもとに編集部でのアルバイトの内容をご紹介しました。

ここでちょっと番外編として営業部でのアルバイトのお仕事も簡単に解説します。

ご紹介していきましょう。

編集部と比べてアルバイトの募集自体が少ないですが、筆者が務めていた会社には営業部にもアルバイト採用の人は何人かいました。

その人たちがどのような仕事をしていたか簡単ではありますがご紹介いたします。

出版社アルバイト(営業部)の仕事内容は?

営業部では主に営業事務の仕事を任されることが多いようです。

出版社の営業部人たちは自社で本を出してくれる人や広告を出してくれる企業を探していかなければならないので、そのために毎日営業活動を行っています。

営業事務の仕事というのは主に営業社員さんがプレゼンの時に使用する資料を作ったり、 営業用のターゲットリストを作成する仕事です。

また時には見積もりを作ったりすることもありますし、出来上がった出版物を書店やコンビニに配達する「配本」という仕事を担当することもあります。

具体的な営業先は?

書店営業

出版物が書店に並ぶ流れは、まず書店側が売れそうと判断した書籍を、取り次ぎ店に発注することから始まります。

そして取次店が出版社に注文し、取次店を介し書店に商品が並びます。

つまり書店側に売れる商品だと思ってもらわなければ、書籍は店頭にならぶことすらできないので、書店への営業は出版社の営業担当者のもっとお大事な仕事になります。

出版社は自社で新しい書籍の発行がきまるとチラシや販促物を持って書店の担当者を訪れ、自分たちの商品をアピールします。

それぞれの店の客層や売上データなどをもとにどのくらい増えるかという見込みを立てて、取次店へ発注をしてもらうようお願いするのです。

この時のために販促物を準備したりチラシを作ったり、営業をかける取次店リストアップしたりするのがアルバイトの仕事になります。

取次営業

出版社の営業担当者は書店だけではなく、取次店にも自社の商品をアピールしていきます。

書店への営業と異なるのが、注文した商品をまとめて発注するフェア企画などの提案ができるということです。

多くの小売店と関係がある取次店と組むことでいくつかの出版社が同時に小売店に売り込みをかけることができるメリットがあります。

広告営業

自社が発行する雑誌やフリーペーパーなどの広告欄に出向してくれるクライアントを開拓していく営業です。

クライアントからすると広告を出しても効果がある媒体なのかというところが一番の論点になってくるので、いかに自分達の媒体が魅力的であるかをクライアントに説いていかなければなりません。

この場合もアルバイトは営業するターゲットリストを作ったり、広告のサンプル記事を作ったりして営業社員が契約をとりやすいようにフォローしていくことが仕事になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ご紹介したように出版社の仕事は特殊なものが多く、その分大きなやりがいとその後の社会生活で必要不可欠な能力を得ることができます。

少しでも興味があり自分のライフスタイルに合致するのならぜひ応募してみて下さい。

それまでの生活ではなかなか経験することができなかった感動を得ることができるかもしれません。


関連キーワード

出版社求人

出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社営業求人でよくある募集内容やおすすめのポイント、気になる疑問について解説します

雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れってありますよね。出版社の営業求人、最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。実際のところ、どうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。出版社営業のおおまかな仕事内容出版社の営業は大きく分けて2パターンあります。一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗

出版未経験求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

よくテレビドラマや漫画で目にすることが多い、出版社の編集者。締め切りに追われながら原稿を書いたり、編集会議で企画を発表したりと忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格はいらない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えし

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い、「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働く姿からそういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場について。まず知っておいて欲しいのは、出版社の編集は「裁量労働」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁量労働」とは、

出版社編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

テレビドラマや漫画などで取り上げられることの多い、編集者。憧れる人も多く見受けられますが、実際の仕事内容や業務量にはやや不安を覚えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は出版社における編集の仕事に転職したいと考える人のために、雑誌編集の仕事内容や向き不向きについて解説します。出版社編集の仕事はどんな仕事?出版社の雑誌編集者といっても、仕事内容は担当する雑誌によって様々。その中でも共通するのが、企画の立案、撮影のディレクションと立ち会い、コピーや本文のライティング、校正です。その他、取材が必要であればその取材も編集者が行うケースもあります。会社によっては上記の業務の一部を外部の専門ス

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社5個紹介。元出版社の編集者の私が解説します。

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社は?元編集者の私が解説します。出版社は全国でおよそ3600社ほどあると言われていますが、そのうちの約80%が東京にあります。さらに売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →出版社の主な職種とおおまかな仕事内容出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。制作制作では、「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、

出版社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

小説や漫画が大好きで、文芸やコミック誌の編集者になりたい人。雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたい人。出版社で働きたい人にはそれぞれ、強い動機があることでしょう。出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。中小の出版社では新卒採用がほぼ無い代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。「出版社の仕

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後、すぐには編集職につけないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、やがて編集部に回されます。営業希望で出版社就職を目指す人はいないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で

出版社編集求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、以前憧れの職業としてあげられることが多い編集者。今回は、実際によくある出版社の求人、特に雑誌の編集者について解説します。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集の大まかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、すべて編集が担当する出版社もあります。もちろん、後者の方が業務量が多く大変なので、転職の際はどちらのタイプなのか確かめておくと良いでしょう。出版社編集の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?では、具体的にどのような募集職種があるのか解説します。編集者編

出版社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

出版社の仕事にはどんな人が向いているのでしょうか?仕事の内容を紹介しながら、出版社に向く人向かない人の違いやキャリアについて紹介していきます。「出版社」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →出版社の仕事はどんな仕事?部署としては大きく2つに分かれます、編集を行う部署と営業を行う部署です。出版社が売る商品は書籍または雑誌です。書籍や雑誌を作る編集者が必要になります。また、出来上がった本は書店に並ばなければ読者に届きません。ですから出来上がった書籍や雑誌を書店に紹介し、販売促進を行う営業の仕事が欠かせません。出版社の仕事には編集と営業という2本の柱がある事になります。出版社の大まかな仕事

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社の正社員とはどのようなお仕事なのでしょうか?出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容も気になりますよね。そのあたりのことを、この記事ではご紹介していきましょう。出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画立案から執筆依頼、原稿管理、校正、印刷など、刊行にいたるすべての工程に関わります。出版社正社員の大まかな仕事内容営業なら、担当地域を任され販促の陣頭指揮をとります。書店の店員さんたちと顔なじみになることも大切な仕事の一つです。編集なら、月ごとのノルマに従い、責任をもって担当分の


出版社求人に関するコラム

出版社で働くには?資格や勉強しておくべきこと、仕事探しまで経験者が解説!

「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、いろいろな人から刺激を貰えたりする素敵なこともたくさんあります。今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたらいいのか、必要な資格はあるのかなどについて解説します!出版社で働くには?冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。では、どうしたら働くこと

出版社で働いていてブラックな仕事だな…と感じた4個の瞬間。経験者が教えます

日々締め切りに追われ、毎日バタバタ。終電は当たり前、泊まり込みで作業することもしばしば…というイメージが強い、編集者。「出版社」と聞くだけでブラックな仕事だと思う人も多くいらっしゃるかもしれません。実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、実体験に基づいた出版社のブラックな面について解説します!経験者の私が思う、出版社の仕事がブラックな理由とは?ズバリ、「裁量労働制」。出版社の編集がブラックな理由は、この一言に集約されます。「裁量労働制」について簡単にまとめると、一定時間分の残業代が含まれた額の給料で働くこと。残業をしてもしなくても残業代を受け取ることができ、労働時間は個人の裁量に基づくとい

出版社で働きたいなら!知っておいて欲しい4個のことと自分にあった出版社の探し方を紹介します

「出版不況」といわれながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさにあこがれを抱く人も多いようです。しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。今回は出版社にて雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。出版社のおおまかな仕事内容ひとことで「出

出版社営業が向いている人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

出版社の営業の求人をよく見かけませんか?未経験者歓迎、学歴不問など、会社に希望通り入りやすいイメージがありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。今回は「出版社の営業が向いている人の9個の特徴」と「その力を活かせる職種・仕事」を解説いたします。ご自身の得意・不得意な点と見比べながら、就職・転職活動の一助になれば幸いです。出版社営業とはどんな仕事?出版社の営業とは、発行する雑誌・フリーペーパーなどの出版物に広告を出しませんか?と営業をかけ、獲得していく仕事です。さらに、広告のお申込みを頂いた後には、クライアントのニーズに沿った、広告誌面の制作も行います。柔軟な営業力とクリエイティブな制作