「出版不況」といわれながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。

その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。

バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさにあこがれを抱く人も多いようです。

しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?

テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。

今回は出版社にて雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。

出版社のおおまかな仕事内容

ひとことで「出版社」といっても、仕事内容は様々。

どんな企業にも存在する人事や総務などの仕事ももちろんありますが、出版社ならではの仕事といえば「編集」ですよね。

しかし編集も、担当する媒体によっては業務内容が大きく異なります。

ここでいう「媒体」とは、書籍、漫画、雑誌など、出版社の出版物のこと。

今回はとりわけ人気の「雑誌の編集者」について、大まかな仕事内容を以下にまとめます。

企画の立案

まず編集者が行うのは、企画の立案です。

雑誌というのは、基本的に年間テーマと月刊のテーマがあらかじめ決められています。

編集者は毎月月刊テーマに合わせた企画を自ら立案し、編集会議にて発表するのです。

そこで企画が通れば続く取材や撮影といったステップへ。

もし企画が通らなければ再度練り直すか、採用された他の人の企画を担当します。

取材先探し・アポイントメント

担当する企画が決まったら、次はそのテーマに合う取材先探し。

良い取材先を見つけたら取材依頼を送付し、先方とアポイントメントを取り付けます。

取材先にカメラマンを同行させる場合は、カメラマン探しも同時に行うことも。

大きな出版社であればアポイントメントなどの雑務は派遣社員に任せるというところもありますが、基本的には自分ですべて行うと思っていた方がいいでしょう。

取材・テープ起こし

取材から原稿までは外部ライターに一括して委託しているところもありますが、編集者が出向くことも少なくありません。

必要があればカメラマンに撮影してほしいシーンなどを指示しながら、取材を行います。

取材終了後は、録音した取材内容を文字に起こすという編集者も。

取材内容を編集長に報告するためであったり、自らの原稿のためであったりと目的は様々ですが、文字起こしを必須とする編集部もあります。

また、文字起こしは外部のスタッフや派遣社員に委託するというところも。

企業によって異なるので、事前にチェックしておくといいでしょう。

撮影

ファッション誌の場合は、企画が決まった後はテーマに沿った撮影を行います。

ロケ地を探したり、モデルやカメラマンを手配するのも編集の仕事。

取り扱う洋服やテーマを元にモデルやロケ地を選定し、カメラマンを選びます。

撮影当日はカメラマンへの構図の指示や、モデルへポージングの指示を行うことも。

また、現場を円滑に回すというのも編集の大きな仕事のひとつです。

ライティング

企画、取材内容、写真が揃ったら、それをもとに原稿を作成します。

先程も述べたとおり、最近では外部ライターに委託している出版社も多々。

しかし、編集がすべて行うというところも少なくありません。

もしライティングも行いたいという場合は、事前にチェックしておくことをおすすめします。

レイアウトチェック

写真や原稿の文字量が決まったら、その素材を持って誌面デザイナーとレイアウトを決めます。

中には企画が決まった時点でレイアウトを決め、それに沿って写真を行うというパターンも。

複数回にわたって意見を交わし、決定したら印刷所へデータを送ります。

校正、赤字の反映

上記までである程度のレイアウトが完成したら、取材先に内容に間違いがないかを確認してもらいます。

また、誤字脱字がないかも社内の校正担当に確認してもらいます。

ミスがあれば赤字で修正を入れ、それを編集長がすべてチェックし、出版されます。

出版社で働くために知っておきたい4個のこと

ここまでで出版社で雑誌の編集を担当すると、どのような仕事を行うのかは理解していただけたと思います。

テレビドラマではキラキラとした姿が描かれることが多くありますが、実際の業務量は膨大。

アポイントメントや文字起こしも自分で行うのです。

「イメージとやや違った……」と感じた方もいるかもしれませんね。

そこで続いては、出版社で働く前に知っておいてほしいことを解説します。

実際はそんなに華やかではない!

まずはこちら。

上記でもお伝えしたとおり、出版社の編集というのはテレビドラマで見るほど華やかな仕事ではありません。

確かに撮影などの華やかな場面もありますが、どちらかというと地味な作業が多いのです。

誤字脱字をチェックしたり、アポイントメントを取ったりするという作業はかなり地味。

細かい作業でも黙々と根気強く取り組めるような人の方が向いていると言ってもいいでしょう。

コミュニケーション能力が必須!

編集者として働いていると、日々様々な人との出会いがあります。

取材のシーンを連想していただけるとイメージしやすいかもしれませんね。

「はじめまして」の人ともうまくコミュニケーションを取り、必要なことを聞きださなければなりません。

そのためには、そこそこのコミュニケーション能力が必須です。

また、撮影などの現場を上手く回せるかどうかも編集者の力量。

カメラマンやモデルの機嫌を取りつつ、撮影場所のスタッフに頭を下げつつ……と、ここでも高いコミュニケーション能力が必要不可欠です。

タスク管理、スケジュール管理も必須!

上記で様々な業務内容を述べましたが、これらは順に行われるわけではありません。

時差はありつつも、常に2~3号分が同時に進行しています。

さらに、1つの月号で複数の企画を受け持つことがほとんど。

そうなると、何月号のどの企画は終わっているのか、何月号のどの企画はまだ取材先が見つけられていないのかなど、手元の仕事がごちゃごちゃになってしまうことも少なくないのです。

そしてそうこうしているうちに、前月号の締め切り1日前……なんて途方にくれることも。

つまり、複数の仕事を同時に行ってもごちゃごちゃにならないようなタスク管理能力、期日をしっかり把握し守れるようなスケジュール管理能力も必要不可欠なのです。

プライベートであっても情報収集はマスト!

企画を立案するのは、編集者。

そのためにも常に様々な情報をチェックし、面白そうな事柄についてはストックしておく必要があります。

上記でも述べたとおり仕事中は様々な業務に追われるため、情報収集は休日やプライベートな時間を使うという人も多々。

もちろん、情報収集のために休日をすべて返上するという必要はありません。

プライベートで話題のスポットへ出かける、ふらっと本屋に立ち寄る、友人と何かについて話すなども情報収集のひとつ。

したがって休日は家にこもって過ごすのではなく、様々なところへ出かけ何かを見聞きするというような、フットワークの軽さも編集者には必要なのです。

自分にあった出版社の探し方とは?

「出版社で働きたい!」と思っても、世の中にはたくさんの出版社がありますよね。

そうなると、どこが自分にあっているのか、どういうところで働いたらいいのか迷ってしまうと思います。

そんな方のために、自分にあった出版社を見つけるための方法をまとめます。

ポイントは、”自分は何をしたいか”を考えること。

それを明確にすることで、自分にあう出版社や編集部を見つけることができます。

まずは下記の内容について、じっくり考えてみてください。

担当したい仕事について考える

まずは、担当したい仕事について考えてみましょう。

冒頭でも述べたとおり、出版社にも人事や総務、営業といった編集に関わらない職種もあります。

単純に「出版社で働いてみたい」「本が好き」という理由であれば、現在担当している職種のまま、出版社に転職してみるというのもいいかもしれません。

「編集に携わりたい」という方は、編集を募集している出版社を探してみてください。

担当したい媒体について考える

こちらも先程述べたとおり、編集は担当する媒体によって業務内容が大きく変わります。

漫画や書籍の担当であれば、メインの業務は作家さんとのやり取り。

「先生、締切が迫ってます!」なんて作家さんに泣きつく編集者の様子が、よく漫画などで描かれていますよね。

あれがすべてではありませんが、大まかなイメージはあのような感じです。

また、雑誌の編集であれば、自らがプレイヤーとして動き回ることが多くあります。

内容については先程の「仕事内容」にて詳しく説明させていただいたので、そちらを参考にしてみてください。

いずれにせよ、自分が何を担当したいのかを明確にしておくことが重要。

そうすることで、就職後イメージ違いで苦しまずに済むでしょう。

具体的に担当したい雑誌や本について考える

担当したい媒体が明確になっているのなら、具体的にどういったものを扱いたいのかを明確にしてください。

書籍であればフィクションなのか実用本なのか、漫画であれば週刊誌なのか単行本なのか。

雑誌であればファッション誌なのか料理雑誌なのか、はたまた旅雑誌なのか。

ファッション誌とひとことに言ってもジャンルやターゲットが様々ですから、雑誌の編集に携わりたいという方はどの雑誌なのか具体名で考えたほうがいいかもしれません。

その方がヴィジョンも明確になるため、選考を受けるときもスムーズでしょう。

担当したい業務内容について考える

担当したい職種や媒体を考えるというのにも似ていますが、自分がどの作業を行いたいかも明確にしておきましょう。

取材へも自分で行きたいのか、ライティングも自分で行いたいのかなどをはっきりさせておくことが重要です。

今は業務の一部を外部スタッフに委託している出版社というのも多くあります。

場合によっては出版社に属せず、フリーライターやフリージャーナリストとして活動したほうがイメージに近い状態で働ける可能性も少なくありません。

「思っていたのと違った……」という状態にならないよう、あらかじめ考えておきましょう。

企業の雰囲気について調べる

これは出版社以外の企業にも共通することですが、企業の雰囲気について知っておくことは非常に重要なこと。

出版社で編集を行いたいという方は、希望する書籍や雑誌の編集部の雰囲気をチェックしてみてください。

こちらも扱う書籍や雑誌の内容によって編集部のカラーが大きく異なります。

地味な作業が多いとはいえ、やはりファッション誌は業界的には華やかな人が多いです。

グルメ雑誌であれば美食化が多いですし、ビジネス誌であればまじめでやや固めの人が多いもの。

自分がその編集部で上手くやっていけるかどうかを左右するものですから、必ず確認しましょう。

編集部の様子は希望する雑誌の中であったり、企業のホームページで手軽に確認することができます。

最近では編集部専用のinstagramやfacebookのアカウントを用意しているところも多くありますから、SNSも抜かりなくチェックしてみてくださいね。

まとめ

以上、出版社で働く前に知っておいて欲しいことや、自分に合う出版社の探し方についてまとめました。

編集の業務内容についても詳しくまとめましたが、予想以上の業務量に驚いたという方もいらっしゃるかもしれませんね。

お伝えしたとおり、編集者は激務と言っても過言ではありません。

実際、かなりタフな方が多くいます。

時にはズタボロになって働くこともありますが、それでも編集者には魅力がたくさん。

特に、自分がいいと思ったことや伝えたい事を多くの人に伝えられるというのは素敵なことですよね。

また、自分が作り出したものが可視化され、友人や知人から「読んだよ!」という感想をもらえるのも編集ならでは。

大変でも地味でも、続けたいと思う人が多いのにはこのような理由があるからかもしれませんね。

今回「少しイメージと違った」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、その上で「やってみたい!」と思うのであれば、ぜひ挑戦してみてください。


関連キーワード

出版社求人