雑誌の仕事に就いてみたいという方はぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。

ファッション・音楽・料理など手軽に自分の趣味や興味のあることの情報を得ることができ、私たちを楽しませてくれる雑誌。

では、雑誌の仕事はどのような人がどうやって作っているのでしょう。

そしてどのようなキャリアを積めば雑誌を作る仕事ができるのか、向いているのはどんな人なのか、ここで詳しくお話ししていきます。

「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「雑誌」の仕事例をチェック

雑誌編集者の仕事はどんな仕事?

雑誌編集者の仕事は一般的には、出版社などで雑誌の記事の内容を企画し、記事の作成から印刷所への入稿まで一連の過程を取り仕切ります。

雑誌編集者と一言で言っても、ファッション誌、報道雑誌、漫画雑誌などのジャンルや、所属する会社の業務スタイルによってやり方は色々と違ってきます。

作業範囲も属する会社や個人の主義によって様々です。

取材や執筆、撮影、デザインなどは主に外注し、企画や工程管理に専念する編集者もいれば、執筆からデザインまで全てを自分でこなす編集者もいます。

雑誌の大まかな仕事内容

雑誌編集者は、企画から校了までのプロセスに責任を持って関わります。

雑誌ができるまでの流れは、まず編集者がどのような特集を組むがなどの企画を立てます。

取材や執筆は、編集者自身が行うこともあれば、ライターに依頼する場合もあります。

編集者はページの「ラフ」と呼ばれる構成案を作り、デザイナーに紙面のレイアウトを依頼します。

ページのデザインができたら、原稿のテキストを流し込み、データを印刷所に渡します。

印刷所から上がってきた「ゲラ」と呼ばれる試し刷りを校正し、修正箇所を正し終えたらやっと校了。

印刷されて書店に並ぶのを待ちます。

雑誌の仕事はどんな人に向いている?

雑誌の編集者になりたい人は、もちろん雑誌を読むことが好きで、夢中になって読んだ経験がある人だと思います。

自分も面白い雑誌を作りたい、という情熱や雑誌に対する愛着は大前提です。

雑誌編集という多忙で時に過酷な現場では、それが仕事を続ける何よりのモチベーションになります。

ではそのほかに、雑誌編集の仕事に向いている人の特性というのはどのようなものがあるのでしょうか。

好奇心旺盛な人

雑誌は新しい情報を人々に伝えるものなので、常に新鮮な情報を追い求める探究心が求められます。

人や世の中の流れに注意をもち、人々の関心やトレンドに敏感でいなければ、新しい企画のアイデアが生まれてきません。

取材対象となる人やモノを見つけるのは、好奇心のアンテナなのです。

スケジュール管理力がある人

雑誌の仕事は常にスケジュールに追われる仕事、と言っても過言ではありません。

書籍の場合は比較的長いスパンで制作が進められるのに対し、雑誌は毎月必ず発売日が決まっているので、仕事のサイクルは短くなります。

発売日に印刷が間に合わなくなったら一大事ですので、日程は絶対に守らなければなりません。

ライターやデザイナーなどと緊密にやり取りをしながら、スケジュールをしっかりと管理できる能力が、雑誌編集者には必要です。

体力・精神力がタフな人

上記の通り、雑誌編集の仕事は書籍に比べてスケジュールがタイトです。

校了したらすぐ次の号の仕事、その合間に企画も考えて…、とめまぐるしいサイクルがエンドレスに続きます。

どんなにスケジュール管理に気を配っても、ライターやデザイナーとの意思の疎通がうまく行かず、修正を繰り返すなどして締め切りギリギリになることもしばしばです。

月刊誌や週刊誌など、サイクルの短い雑誌の編集部では、締め切り前の徹夜は当たり前、という会社も多いのが実態です。

雑誌記者志望の方は、体力・精神力の強さを養っておきましょう。

チームワークが得意な人

1人の編集者が担当することが多い書籍に対し、雑誌は複数の編集者がチームで仕事をします。

社内の編集者だけでなく、外注している編集プロダクションの編集者などとも連携をとりながら仕事を進めて行くので、単独よりもチームプレーの作業が得意な人は雑誌の仕事に向いていると言えるでしょう。

「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

雑誌の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

編集者というと、文章が上手に書けなければならないので、論文執筆経験などが必要などでは、と思う人も多いと思いますが、意外とそんなことはありません。

勿論、正しい日本語を使って書くことができることは必要ですが、学者のような論文や小説家のような名文が書ける必要はありません。

文章は専業のライターに任せることもできるので、編集者自身は思ったほど文章を書くことは多くありません。

では、雑誌の編集者になるために活かせる経験とは、例えばどのようなものがあるでしょうか。

イベントの企画や運営

イベントが、楽しい企画で人々を集めるように、雑誌は楽しい特集企画で読者を集めます。

人々が喜んでくれる内容を考え、プレゼンして企画を通し、予算を取り、実際に記事ができるまでの工程を管理する、という仕事の流れは、イベント運営と共通するものがあります。

実務経験に限らず、学校の文化祭や大学のサークルなどでも、企画を立て、それを運営したことがある人はその経験が活かせるかもしれません。

マーケティングやリサーチ

売れる雑誌を作るためには 自分たちの作る雑誌の読者層の関心やトレンドがどこへ向かっているのか掴むことが大切です。

また、記事に信ぴょう性を持たせるために統計をとったり、インターネット上にあるたくさんのデータを分析する必要もあるかもしれません。

マーケティングやリサーチの仕方を知っていることは一つのアドバンテージとなります。

志望する雑誌の内容に関わる仕事

編集の仕事でなくても、自分が志望する雑誌の内容と関連する業務経験があると、採用につながる要素になるだけでなく、編集者になってからも役立ちます。

例えば、旅行会社で添乗員をしていた経験が、旅雑誌やグルメ雑誌の編集に活かせた、ディズニーランドでキャストをしていた経験が、テーマパークのガイド雑誌の編集の役立った、という例を実際に見たことがあります。

雑誌編集の仕事で働くメリットとは?

雑誌編集の仕事は激務で、体力的にも精神的にも大変だということは先ほど書きましたが、もちろん悪いことばかりではありません。

では、雑誌編集の仕事のメリットとは一体何でしょうか。

自分の作った記事が世に出て大勢の人に読まれる

雑誌の発行部数はその雑誌によって違いますが、多いものでは数十万部単位の雑誌が日本全国で売られるのですから、それだけの人々が自分の作った記事を読むということです。

インターネットとスマートフォンの普及によって発行部数は減りつつあるというものの、紙の雑誌の信頼度と影響力はまだまだ強いものがあります。

自分の企画した・書いた記事が多くの人々に読まれ、流行や世論に影響を与える可能性があるので、責任もありますがやりがいもあります。

物知りになる

何かの特集記事を作っていると、それについて非常に詳しくなります。

ある知人の編集者は雑誌でApple社製品の特集記事を作っていましたが、新製品が出るたびにいち早く試し、調べ、取材するうちにマニアも顔負けの知識を身につけていました。

編集者歴が長い人と話していると、専門雑誌の人はその専門分野に非常に詳しいですし、情報誌やライフスタイル系雑誌の編集者は雑学や豆知識が豊富です。

仕事を通して様々な知識や情報を得られるというのは、他の仕事にはあまりないメリットではないでしょうか。

取材で特別な場所に行かれる・特別な人に会える

テレビなどを見ていると、何かのイベントの会場で「press」と書かれたネームホルダーを付けた人々が画面の端に写っていることがあります。

それらの人々はテレビや雑誌の記者・編集者です。

取材のために、プレス向けのイベントに参加できたり、インタビューなどで普通の生活では会うことのないような人に会える機会があるのも、雑誌の仕事のメリットです。

「雑誌編集者」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

無事に出版社や編集プロダクションに入社し、編集者になったあとは、どのようなキャリアプランが考えられるのでしょうか。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

編集者としてキャリアを積めば誰でもなれるわけではありませんが、編集長・編集局長の地位に付くのが、出版社に勤め続けた場合のゴールと考える人もいます。

編集者としての理想としては、役職について社会的地位を上げたい、というよりは、編集長というポジションについて自分の思い通りの雑誌を作りたい、という思いがあるのです。

大手出版社なら、編集長などの役職に付けば収入も大きく上がります。

ただし雑誌の売り上げに責任を持たなければならないので、プレッシャーもかなりのものになるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

編集者としての経験が活かせる仕事は色々あります。

最近ではWeb媒体の情報コンテンツを作る編集者への転職が多いようですが、企画から公開まで一貫して対応できる能力が求められるので、雑誌編集者のスキルは有効です。

ファッション誌などの場合は広告ディレクションや広報・PR会社などにも共通するスキルが磨かれます。

また、経験を活かした転職と言えるかは分かりませんが、雑誌の取材を通して得た社会問題への問題意識から、慈善団体やNPOに転職する人も稀にいます。

独立してフリーランスになる

出版社でキャリアをつみ、仕事も覚えて人脈もできると、自分の作りたい本や雑誌・または紙媒体以外のメディアコンテンツを作るために独立してフリーランスになる人もいます。

最近ではオウンドメディアなどWeb媒体のメディアが急増したことで、フリーの編集者が活躍できる場所も増えてきました。

企画立案や制作ディレクションを行ったり、自らオウンドメディアを立ち上げる人も出てきました。

企画力や行動力に自信があるなら、フリーランスを目指す方法もあるでしょう。

自分にあった雑誌の仕事の求人の選び方や注意点

編集者をはじめ、雑誌に関わる仕事の求人はどのように選べば良いでしょう。

選び方と注意点についてお話しします。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員として働きたいのか、時間の融通がきくアルバイトが良いのか、自分のライフスタイルと照らし合わせて考えましょう。

雑誌編集の正社員は労働時間が長く、残業が多くなりがちです。

正社員で働きたいけれど残業は少なめが良いという場合は、雑誌の仕事よりも書籍、特に児童書・専門書系の職場をお勧めします。

【選び方②】職種から探す

雑誌に関わる関わる職種は編集者の他にも、ライター、カメラマン、グラフィック(エディトリアル)デザイナーなどがあります。

また、内容の作製には関わりませんが、印刷所や書店なども雑誌に関わる仕事として挙げることができます。

【選び方③】会社の業態から考える

編集者が働く会社の業態には出版社か編集プロダクションがあります。

編集プロダクションは出版社から編集の仕事を下請けする会社のことです。

編集プロダクションは出版社に比べて未経験者でも採用されやすいですが、給与水準は出版社に比べ低めである傾向があります。

また、最近ではWeb系コンテンツ向けの編集者の募集も多くなってきました。

紙媒体の雑誌にこだわらないなら、Web系コンテンツを配信している会社も選択肢の一つとなります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

編集者の月収は、最初は月収20万円前後が多いと言われていますが、出版社の規模によってかなり差はあります。

経験者で転職する場合は自分の職歴や成果をきちんと整理してアピールし、金額の交渉をしましょう。

雇用条件の面では、残業代の取り扱いがどうなっているか確認が必要です。

年俸制や裁量労働制の場合、給与に見合わない量の残業をすることにならないよう注意しましょう。

また、試用期間の有無、社会保険の完備、休日の規定などは入社の際にきちんと確認することをお勧めします。

【選び方⑤】エリアから考える

出版社は東京都心に集中していますが、沿線などを考えて、できるだけ通いやすい場所にある会社を選びましょう。

雑誌の仕事は残業が多くなるので、通勤に時間がかかると体力的にも負担になります。

【選び方⑥】雑誌の専門分野やタイトルから考える

雑誌はジャンルによってかなり性質が異なるため、最初からやりたいジャンルを決めてから就職活動に臨んだ方が、自己PRや志望動機をまとめやすくなります。

中途採用の場合は即戦力が期待されますので、すでに専門分野がある場合はそのジャンルの雑誌を選びましょう。

自分の好きな雑誌の編集部に入りたいという人は、大手の出版社ではなかなか思い通りに配属されるのは難しいかもしれません。

フリーランスのライターになって企画を持ち込むというアプローチによって可能性が開ける場合もあります。

まとめ

ここでは、雑誌の編集者の仕事や適正、キャリアなどについてまとめてきました。

雑誌編集者は自分の企画した記事が多くの人に読まれ、やりがいのある仕事ですが、忙しくてなかなかプライベートな時間が持てないなどのデメリットもあります。

しかし最近ではWeb媒体のメディアの拡大によって編集の仕事の範囲や働き方も多様化しつつあります。

雑誌編集者を目指す人も、媒体にこだわらず、広い意味で優良なコンテンツを作る仕事、と心得て編集者としてのキャリアを磨いていくと良いのではないかと思います。




出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社のアルバイトをやってて良かった4個のこと

様々な雑誌や書籍の企画・製本を行う出版社。皆さんは出版社のお仕事がどのような内容かご存知でしょうか。一般的には本を発行している企業という認識が強いでしょうか。もちろんそれ以外にも業務内容は様々あります。今回は出版業界の実態を掘り下げながら、そこでアルバイトをしたことがある筆者が体験談を基にお仕事の紹介をしていきます。興味があってアルバイトをしてみようと思っている人から出版社へ就職を考えている学生さんたちまで、様々な方に向けて業界の中身を大公開します。その中で、実際に出版社での仕事を経験して後々役に立ったことも併せてご紹介いたします。私はこんなところで出版社のアルバイトをやりました。大手か中小か

出版社で働くには?必要な資格や勉強しておくべきことは何?就職先についても教えます!

「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、様々な人から刺激を貰えたりする素敵なことも沢山あります。今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたら良いのか、必要な資格はあるのか、などについて解説します!出版社で働くには?冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。では、どうしたら働くことができ

出版社の仕事は激務?!ブラックだと感じる理由は?辞めるべきか悩んでいる人も読んでみよう

日々締め切りに追われ、毎日バタバタ。終電は当たり前、泊まり込みで作業することもしばしば…というイメージが強い、編集者。「出版社」と聞くだけでブラックな仕事だと思う人も多くいらっしゃるかもしれません。実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、実体験に基づいた出版社のブラックな面について解説します!経験者の私が思う、出版社の仕事がブラックな理由とは?ズバリ、「裁量労働制」。出版社の編集がブラックな理由は、この一言に集約されます。私の経験した「裁量労働制」について簡単にまとめると、一定時間分の残業代が含まれた額の給料で働くこと。残業をしてもしなくても残業代を受け取ることができ、労働時間は個人の裁量

出版社編集の仕事内容をご紹介!やりがいや向いてる人の特徴についてもお話しします!

様々なメディアでキラキラと働く姿が取り上げられることの多い編集者。おしゃれなカフェでの打ち合せや、撮影現場の仕切り、締切に追われる姿などがよくテレビドラマや漫画で描かれていますが、実際はどのような仕事をこなすのでしょうか。今回は、出版社で働く雑誌編集者がどのような業務をこなしているのか、出版社編集の仕事内容、向いている人向いていない人の特徴、キャリアについて解説します。出版社編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集部員編集部において一番下にあたる、謂わば平社員のような存在です。編集長が決めた月毎のテーマに沿った企画を提案し、それに伴う取材や撮影を外部のスタッフと一緒にこなします。出版社によ

出版社営業求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びに失敗したくない人はチェック!

雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れがありますよね。出版社の営業求人は最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。実際のところどうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。出版社営業のおおまかな仕事内容出版社の営業には大きく分けて2パターンあります。一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗に

出版社で働きたいなら!知っておいてほしい4個のことと自分に合った出版社の探し方を紹介します

「出版不況」と言われながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさに憧れを抱く人も多いようです。しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。今回は出版社で雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。出版社の大まかな仕事内容一言で「出版社」と言っ

出版未経験求人でよくある募集内容をご紹介!未経験から始める方はぜひご覧下さい!

テレビドラマや漫画で目にすることの多い出版社の編集者。締切に追われながら原稿を書いたり編集会議で企画を発表したりと、忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格は要らない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えしますので、

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働いたりする姿から、そういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場についてです。まず知っておいてほしいのは、出版社の編集は「裁量労働制」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社5個紹介。元出版社の編集者の私が解説します。

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社は?元編集者の私が解説します。出版社は全国でおおよそ3600社ほどあると言われていますが、その内の約80%が東京にあります。更に売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。出版社の主な職種とおおまかな仕事内容出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。制作制作では「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、どのような内容で、部数は何部で、価格はいくらなど、1冊の本がで

出版社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

小説や漫画が大好きで文芸やコミック誌の編集者になりたい人。雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたりしたい人。出版社で働きたい人にはそれぞれ強い動機があることでしょう。出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。中小の出版社では新卒採用がほぼない代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。業界内での

出版社営業が向いている人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

出版社の営業の求人をよく見かけませんか?未経験者歓迎、学歴不問など、会社に希望通り入りやすいイメージがありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。今回は「出版社の営業が向いている人の9個の特徴」と「その力を活かせる職種・仕事」を解説いたします。ご自身の得意・不得意な点と見比べながら、就職・転職活動の一助になれば幸いです。出版社営業とはどんな仕事?出版社の営業とは、発行する雑誌・フリーペーパーなどの出版物に広告を出しませんか?と営業をかけ、獲得していく仕事です。更に、広告のお申込みを頂いた後には、クライアントのニーズに沿った広告誌面の制作も行います。柔軟な営業力とクリエイティブな制作能力

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後すぐには編集職に就けないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、ようやく編集部に配属されます。営業希望で出版社就職を目指す人は少ないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の出版社の給料相場新卒入社の場合、ほとん

出版社編集求人でよくある募集内容や職種をご紹介!就職・転職の参考にご覧下さい!

出版社の編集の求人の募集内容で気になる疑問がある方は必見です!バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、憧れの職業としてあげられることが多い編集者。今回は、そんな職業に就きたい人が知るべき、「実際によくある出版社の求人募集内容」について詳しく解説します。特に雑誌の編集者についてピックアップしてご紹介していきますね。この記事を読めば、疑問点を解決するので、スッキリした気持ちで求人探しが出来ますよ。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集のおおまかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々です。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、全て編集が

出版社の仕事内容と向く人向かない人の特徴・やりがい・キャリアについて解説します

出版社の仕事は、どんな人が向いているのでしょうか?書店に置いてある書籍や雑誌を生みだす手助けをする職業ってかっこいいですよね。そんな出版社の仕事を具体的に知りたいと思いませんか?そこで今回はなんと、そんな出版社の仕事内容を具体的に細かく紹介したいと思います。出版社に向いてる人向かない人、やりがいや今後のキャリアまで、この職業の良いところをまとめてみました。出版社の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集出版社の商品である「出版物」の企画立案・編集作業を行います。書籍の編集と雑誌の編集の2つの種類に大きく分かれます。デスクワークだけでなく、仕事相手とのコミュニケーション能力も重要な仕事です。営業自

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容は具体的にどんなものなのでしょうか。一般的には全国紙の書籍や雑誌などを生み出す華やかな職業というイメージですが、実際は「営業職」「編集職」などそれぞれの役割のある部署があるので、今回の記事で、自分に合う業種を見極める手助けとなればいいなと思います。また、出版社の求人のおすすめやその特徴までしっかり解説させていただきますので、出版社への転職をお考えの方や新卒採用の募集に応募したい方もとにかく必見ですよ!出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画