小説や漫画が大好きで文芸やコミック誌の編集者になりたい人。

雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたりしたい人。

出版社で働きたい人にはそれぞれ強い動機があることでしょう。

出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。

転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。

中小の出版社では新卒採用がほぼない代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。

夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

業界内での出版社の転職を成功させるポイント 

出版業界での転職と一言で言っても、その職種ですでにキャリアがある場合と未経験の場合では全く状況が違ってくるでしょう。

ここではまず、業界経験者の場合のポイントについて述べます。

1.転職エージェントを活用する

特に大手の出版社では、中途採用は事務系・技術系共に専門職ポジションでの採用がほとんどです。

専門職は非公開求人が多いので、転職エージェントサービスに登録して効率的に転職活動を進めましょう。

自分のキャリアに合った案件を提案してくれますし、スカウトメールを受け取ることもできます。

2.面接に企画書を持ち込んでアピール

本を売るためのフェアや、売れる本や雑誌の企画を作って持ち込み、熱意をアピールしましょう。

編集職であっても営業職であっても、企画を立てて管理・実行する能力は不可欠です。

過去に自分が行った企画や成果をアピールするのも忘れずに。

私の知人にも、5つもの企画を持ち込んで小規模出版社から準大手に転職を果たした人がいます。

3.人脈を活用する

どの業界でも言えることですが、人との繋がりは仕事を得る上でとても大切です。

仕事で関わった著者やデザイナー、カメラマンなどとは個人的繋がりを保ち、人脈を広げるよう心がけましょう。

横の繋がりで仕事が舞い込むこともあります。

4.業界内異業種転職もあり

出版業界の職種は編集や記者だけではありません。

業種にこだわらなければ、業界内の異業種に転職することによって求める待遇を手に入れられる場合もあります。

出版ドットコムやエキスパートスタッフといった出版業界に特化した転職サイトでは、編集だけでなく、書店、印刷、広告、グラフィックデザインなど出版に関連する様々な職種の求人を扱っています。

私が初期の頃に勤めていた小規模出版社では編集者がDTPデザインまで担当したり、職種の垣根が低かったことを覚えています。

異業種からの出版社の転職を成功させるポイント

異業種・未経験からの転職の場合について紹介します。

1.第二新卒・20代なら未経験でも募集あり

仕事の性質上、編集職での未経験・中途採用はほとんどありません。

ただ、卒業後1年〜3年の第2新卒や、場合によっては20代後半くらいまでなら未経験でも編集職で採用の可能性はあります。

30代以降では経験が求められる場合がほとんどです。

編集者を目指すならできるだけ早い内からキャリア形成に着手しましょう。

2.志望先の会社の書籍・雑誌を読んで研究する

もちろん、自分の好きな書籍や雑誌があり、それを発行している出版社を選んで応募することもあるでしょう。

そうでない場合でも、自分が面接を受ける会社の出版物は必ず読んで知見を得ておきましょう。

私が働いていた会社は児童書を多く扱っていたのですが、ある同僚は自分の子供が大好きな絵本の奥付を見て、これを作っている会社の募集があったら必ず応募しようと決めて面接を受けたそうです。

面接ではその気持ちを買われて採用され、希望通り絵本や子供向け雑誌の仕事についています。

3.IT・デジタルに強ければアピールを

インターネットの普及により、書籍も紙媒体からデジタルへの移行が進んでいます。

そのため出版業界では各社ともビジネスモデルの転換を図っており、異業種の出身でもコンテンツのデジタル化に貢献できる人材を求めています。

具体的には、アプリ開発やWebエンジニアのキャリアを持つ人は重宝され、採用されることが増えています。

4.事務職に応募する

出版社の職種というと編集か営業というイメージがあると思いますが、事務の仕事もあります。

外部からの問い合わせに対応したりデータ入力や資料作成をしたりする仕事で、編集職ほど採用のハードルは高くありません。

未経験で新卒でもないけれどどうしても出版社で働いてみたい、という場合は事務職での採用を目指すという方法もあります。

パート・アルバイト、派遣などでの雇用形態も多く、子育て中で長時間労働が難しい人でも働きやすいでしょう。

5.出版社が無理なら編集プロダクションもあり

編集者として働きたいなら、出版社に限らず、企画・編集を下請けする編集プロダクションに所属し、キャリアを積む方法もあります。

大手の出版社の仕事を下請けすることもあり、仕事としてはやりがいがあるでしょう。

編集プロダクションの入り口は出版社ほど狭くはなく、未経験者でも入れる可能性としては出版社よりはるかに高いです。

ただし小規模な会社が多く、収入や福利厚生といった労働条件はあまり恵まれていない場合も多いようです。

あくまでも修行と捉え、キャリアを積んだらフリーランスの編集者として大手の出版社と仕事をする、というキャリアパスを選ぶ人もいます。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するにあたっての必要な心構え

出版社の仕事はドラマや小説によく登場するので華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、想像通りの華やかな仕事をしているのはほんの一握りの人々です。

また、華やかと思われがちな雑誌編集などの仕事も実は激務で、華やかどころかなりふり構わず働いている人が多いのも事実です。

苦労して転職活動をして入った会社で「こんなはずではなかった・・」と後悔しないように、出版業界への転職にあたっての心構えをいくつか挙げたいと思います。

まずは適性があるか自己診断

小説や漫画が好きだから、雑誌が好きだから、と憧れだけで出版業界に入る前に、自分が本当にその仕事に向いているか考えてみましょう。

出版社の仕事の中でも特に編集やライターなどクリエイティブ系の職種で大切なのは、コミュニケーション力です。

これは自分も含め出版社で働いた経験のある多くの人が共通して感じていることです。

一冊の書籍を作り世に出すには、著者、校閲、デザイナー、印刷業者、営業、取次、書店員その他非常に多くの人が関わってきます。

それらの人々をまとめ予算と期日通りに仕事を進めるには、高いコミュニケーション力が必要です。

本や漫画が好きだけれど内向的でチームワークが苦手な人には苦痛になってしまうかもしれません。

雇用形態・年収にこだわらない

最初の方でも述べたように、出版社で編集などのクリエイティブ職における中途正社員の募集は多くありません。

大手の会社ほど中途で入る機会は限られてきます。

経験が浅く実績もあまりない場合は特に、有名な会社名や高い年収ばかりにこだわっていると就職先が見つからないという事態になります。

中小の出版社は中途採用を募集していますが、多くの場合、最初は契約社員やアルバイトとしての採用です。

ある程度経験を積んでから正社員に昇格という場合も多いです。

編集の仕事で出版社に入りたいなら、雇用形態や年収にこだわらず、まずは自分のやりたい仕事ができるかどうかで判断するようにしましょう。

長時間労働を覚悟しましょう

ブラック企業と呼ばれる、長時間労働を強いる会社への社会的な圧力が高まっていますが、出版業界では否応無く長時間労働になるケースがあります。

私が経験した職場では、月刊誌の締め切り前のオフィスはまさに不夜城で、深夜や朝までの労働が普通に行われていました。

学術書や専門書などの書籍を専門とする会社は比較的時間的な拘束が少ないようですが、雑誌の場合は長時間労働になる時期があることを覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

出版社の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

年収を上げるということは、それに見合った仕事の成果を出さなければならないということです。

まずは今いる会社で実績を作り、実力を上げて転職に臨みましょう。

売れる本を作る

これが最も大切なことかもしれません。

自分が携わった本が重版を重ねたりベストセラーになったりすれば、その実績をアピールしてより条件の良い会社に採用される可能性が高くなります。

ベストセラーを出している出版社を探す

単純な話ですが、本が売れているということは利益を出しているということです。

ベストセラーを出している出版社や話題の本を出している出版社を探し、求人を出していないか確認しましょう。

役職アップの交渉をする

今までの実績を具体的にアピールし、役職に就けるよう交渉してみましょう。

売れる本を書いてくれそうな著名人などの知り合いを作る

先ほど、転職を成功させるポイントの一つとして人脈を挙げましたが、誰に本を書かせることができるかということは大きなアピールポイントとなります。

もし今の仕事で、話題になりそうな内容の本を書ける著名人や、そういった人物を紹介してくれそうな人と知り合うチャンスがあるなら、その繋がりを大切にしましょう。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

出版社で人気な職種とその理由

出版社ではどのような職種の人々が働いているのでしょうか。

そしてその魅力とは何でしょうか。

編集者

出版社の中心となる職種。

企画から売り出しまで、出版物の全工程に関わります。

人気な理由

書籍や雑誌などの出版物は何千部・何万部と印刷され、多くの人々に読まれます。

そういった意味で、出版物を作る編集者のやりがいとは多かれ少なかれ世の中に影響を与えることができる、ということではないでしょうか。

営業・販売

出版取次会社や書店に対して、自社の出版物の営業を行います。

書店でのフェアやイベントを提案したりもします。

広告営業は、自社の雑誌に載せる広告主を集めるべく営業を行います。

人気な理由

出版社と書店の間を繋ぐ橋渡し役。

売り上げに直結する仕事という意味でやりがいがあります。

校正・校閲

校正は印刷物の誤字・脱字、文法の間違いなどを見つけ、正す仕事です。

校閲は文章が正しく事実通りに書いてあるかをチェックする仕事です。

大手の出版社には社内に専門の人材がいますが、中小の出版社では専門の会社やフリーの人材に外注する場合もあります。

人気な理由

2016年に宮本あや子さんの小説「校閲ガール」原作のドラマが放映され、一挙にその地名度が広がった「校閲」。

目立つ仕事ではありませんが、正しく信ぴょう性のある文章を出さなければ世の中の人々に誤った情報を与えてしまうので、とても大切な仕事です。

エディトリアルデザイン・DTPデザイン

書籍や雑誌のレイアウトやデザインをする仕事。

社内にデザイン部門がある会社もありますが、デザイン制作会社に外注することも多いです。

人気な理由

グラフィックデザイナーの中でも書籍や雑誌のデザインに特化した仕事をするので、専門性の高い仕事です。

DTPデザインはその膨大な仕事量の割には給与は高い方とは言えませんが、表紙などを担当するデザイナーは実力もあり給与も高くなります。

転職に狙い目な会社3つの特徴

出版社が中途採用を募集する時というのは、主にスタッフが辞めた時の欠員補充と新規部署の立ち上げなどで業務拡大した時です。

欠員補充や業務拡大が特定の時期に起きるわけではないので、いつ中途採用の募集があっても対応できるように常にリサーチしておくと良いですね。

では、求人情報が出た時に、どのような会社が狙い目と言えるでしょうか。

1.残業代がでる会社

出版社は裁量労働制を取っている会社が多く、残業代が出ないところが多いです。

つまり、仕事さえ終わればいつ帰っても良いけれど、終わらなければいつまでも帰れないということです。

当然、仕事が増えれば増えるほど労働時間に対する賃金は低くなります。

一定時間を終えた分は残業代が支払われる会社は非常に狙い目です。

2.自宅作業・持ち帰り作業が可能な会社

裁量労働制であったとしても、仕事を自宅に持ち帰ってできる会社は狙い目と言えます。

持ち帰り作業を禁じている会社だと、仕事が終わるまでは会社にいなければなりません。

しかし自宅作業が可能であれば、例えば子供の保育園や学童のお迎えの時間に間に合うように退社し、夜に自宅で仕事の続きをするといったことが可能です。

私の勤めていた会社は裁量労働制でしたが自宅作業が可能で、子供が熱を出した時などは自宅作業をすることができたので大変助かりました。

3.完全週休2日制を規定している会社

「完全週休2日制(土、日)、祝日」といったような形で休日を規定している会社は狙い目です。

ただの週休2日ではなく、完全週休2日制かどうか注意しましょう。

また、繁忙期で止むを得ず休日出勤した際には代休がもらえるのかも確認しましょう。

まとめ

さて、出版業界において上手に転職するためのポイントや注意点についてまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか。

電子化の流れの中で、出版業界は今、変革の時にあります。

そのような意味では、次世代のコンテンツを開拓したいという熱意のある転職者にとっては挑戦しがいのある業界と言えるかもしれません。

紙媒体の出版物にこだわらず新しい読み物メディアを作れる気概のある人々が、今後の出版社に期待される人材となるでしょう。




出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社のアルバイトをやってて良かった4個のこと

様々な雑誌や書籍の企画・製本を行う出版社。皆さんは出版社のお仕事がどのような内容かご存知でしょうか。一般的には本を発行している企業という認識が強いでしょうか。もちろんそれ以外にも業務内容は様々あります。今回は出版業界の実態を掘り下げながら、そこでアルバイトをしたことがある筆者が体験談を基にお仕事の紹介をしていきます。興味があってアルバイトをしてみようと思っている人から出版社へ就職を考えている学生さんたちまで、様々な方に向けて業界の中身を大公開します。その中で、実際に出版社での仕事を経験して後々役に立ったことも併せてご紹介いたします。私はこんなところで出版社のアルバイトをやりました。大手か中小か

出版社で働くには?必要な資格や勉強しておくべきことは何?就職先についても教えます!

「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、様々な人から刺激を貰えたりする素敵なことも沢山あります。今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたら良いのか、必要な資格はあるのか、などについて解説します!出版社で働くには?冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。では、どうしたら働くことができ

出版社の仕事は激務?!ブラックだと感じる理由は?辞めるべきか悩んでいる人も読んでみよう

日々締め切りに追われ、毎日バタバタ。終電は当たり前、泊まり込みで作業することもしばしば…というイメージが強い、編集者。「出版社」と聞くだけでブラックな仕事だと思う人も多くいらっしゃるかもしれません。実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、実体験に基づいた出版社のブラックな面について解説します!経験者の私が思う、出版社の仕事がブラックな理由とは?ズバリ、「裁量労働制」。出版社の編集がブラックな理由は、この一言に集約されます。私の経験した「裁量労働制」について簡単にまとめると、一定時間分の残業代が含まれた額の給料で働くこと。残業をしてもしなくても残業代を受け取ることができ、労働時間は個人の裁量

出版社編集の仕事内容11個の業務と向いている人・向いていない人の特徴・その後のキャリアについて経験者が教えます!

様々なメディアでキラキラと働く姿が取り上げられることの多い編集者。おしゃれなカフェでの打ち合せや、撮影現場の仕切り、締切に追われる姿などがよくテレビドラマや漫画で描かれていますが、実際はどのような仕事をこなすのでしょうか。今回は、出版社で働く雑誌編集者がどのような業務をこなしているのか、出版社編集の仕事内容、向いている人向いていない人の特徴、キャリアについて解説します。出版社編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集部員編集部において一番下にあたる、謂わば平社員のような存在です。編集長が決めた月毎のテーマに沿った企画を提案し、それに伴う取材や撮影を外部のスタッフと一緒にこなします。出版社によ

出版社営業求人でよくある募集内容やおすすめのポイント、気になる疑問について解説します

雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れがありますよね。出版社の営業求人は最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。実際のところどうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。出版社営業のおおまかな仕事内容出版社の営業には大きく分けて2パターンあります。一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗に

出版社で働きたいなら!知っておいてほしい4個のことと自分に合った出版社の探し方を紹介します

「出版不況」と言われながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさに憧れを抱く人も多いようです。しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。今回は出版社で雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。出版社の大まかな仕事内容一言で「出版社」と言っ

出版未経験求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

テレビドラマや漫画で目にすることの多い出版社の編集者。締切に追われながら原稿を書いたり編集会議で企画を発表したりと、忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格は要らない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えしますので、

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働いたりする姿から、そういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場についてです。まず知っておいてほしいのは、出版社の編集は「裁量労働制」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁

雑誌の仕事はどんな人に向いているの?向いている人の特徴や活かせる経験はコレ!

手軽に情報を得ることができ、私たちを楽しませてくれる雑誌。では、どのような人がどうやって雑誌を作っているのでしょう。そしてそのような仕事はどのようなキャリアを積めばできるのか、向いているのはどんな人なのか、ここでお話ししたいと思います。雑誌編集者の仕事はどんな仕事?雑誌編集者の仕事は一般的には、出版社などで雑誌の記事の内容を企画し、記事の作成から印刷所への入稿まで一連の過程を取り仕切ります。雑誌編集者と一言で言っても、ファッション誌、報道雑誌、漫画雑誌などのジャンルや、所属する会社の業務スタイルによってやり方は色々と違ってきます。作業範囲も属する会社や個人の主義によって様々です。取材や執筆、撮

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社5個紹介。元出版社の編集者の私が解説します。

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社は?元編集者の私が解説します。出版社は全国でおおよそ3600社ほどあると言われていますが、その内の約80%が東京にあります。更に売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。出版社の主な職種とおおまかな仕事内容出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。制作制作では「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、どのような内容で、部数は何部で、価格はいくらなど、1冊の本がで

出版社営業が向いている人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

出版社の営業の求人をよく見かけませんか?未経験者歓迎、学歴不問など、会社に希望通り入りやすいイメージがありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。今回は「出版社の営業が向いている人の9個の特徴」と「その力を活かせる職種・仕事」を解説いたします。ご自身の得意・不得意な点と見比べながら、就職・転職活動の一助になれば幸いです。出版社営業とはどんな仕事?出版社の営業とは、発行する雑誌・フリーペーパーなどの出版物に広告を出しませんか?と営業をかけ、獲得していく仕事です。更に、広告のお申込みを頂いた後には、クライアントのニーズに沿った広告誌面の制作も行います。柔軟な営業力とクリエイティブな制作能力

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後すぐには編集職に就けないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、ようやく編集部に配属されます。営業希望で出版社就職を目指す人は少ないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の出版社の給料相場新卒入社の場合、ほとん

出版社編集求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、依然として憧れの職業として挙げられることが多い編集者。今回は、実際によくある出版社の求人、特に雑誌の編集者について解説します。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集のおおまかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々です。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、全て編集が担当する出版社もあります。もちろん、後者の方が業務量が多く大変なので、転職の際はどちらのタイプなのか確かめておくと良いでしょう。出版社編集の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?では、具体的にどのような募集職種があるのか解説します

出版社の仕事内容と向く人向かない人の特徴・やりがい・キャリアについて解説します

出版社の仕事は、どんな人が向いているのでしょうか?出版社の仕事内容を具体的に紹介しながら、出版社に向く人向かない人、やりがいやキャリアについて紹介していきます。出版社の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集出版社の商品である「出版物」の企画立案・編集作業を行います。書籍の編集と雑誌の編集の2つの種類に大きく分かれます。デスクワークだけでなく、仕事相手とのコミュニケーション能力も重要な仕事です。営業自社の出版物を、書店や取次に紹介、または宣伝して営業活動を行います。書店からの自社出版物への発注を促したり、取次に自社出版物の在庫補充を促したりすることが目的です。書店員の生の声を聞く機会が最も多いた

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社の正社員とはどのようなお仕事なのでしょうか?出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容も気になりますよね。そのあたりのことを、この記事ではご紹介していきましょう。出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画立案から執筆依頼、原稿管理、校正、印刷など、刊行に至る全ての工程に関わります。出版社正社員の大まかな仕事内容営業なら、担当地域を任され販促の陣頭指揮をとります。書店の店員さんたちと顔なじみになることも大切な仕事の一つです。編集なら、月毎のノルマに従い、責任を持って担当分のスケジ