出版社の営業の求人をよく見かけませんか?

未経験者歓迎、学歴不問など、会社に希望通り入りやすいイメージがありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

今回は「出版社の営業が向いている人の9個の特徴」と「その力を活かせる職種・仕事」を解説いたします。

ご自身の得意・不得意な点と見比べながら、就職・転職活動の一助になれば幸いです。

「出版社の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「出版社営業」の仕事例をチェック

出版社営業とはどんな仕事?

出版社の営業とは、発行する雑誌・フリーペーパーなどの出版物に広告を出しませんか?と営業をかけ、獲得していく仕事です。

更に、広告のお申込みを頂いた後には、クライアントのニーズに沿った広告誌面の制作も行います。

柔軟な営業力とクリエイティブな制作能力が求められています。

出版社営業の大まかな仕事内容

一言で広告と言っても種類は様々です。

チラシ、雑誌、フリーペーパーなど発行する媒体によって広告の種類が異なってきます。

チラシは1Pの内容を自由にデザインできる、いわゆる「純広告」というものです。

対して雑誌やフリーペーパーには、純広告の他に枠売りの「記事型広告」というものがあります。

これは、枠サイズに対して文字数や写真点数が決まっている代わりに、撮影費や製作費が純広告に比べて安く抑えられるというものです。

このように広告の種類は様々ですが、チラシ、雑誌、フリーペーパーに共通して営業のタイミングがあります。

新店舗のオープン、もしくは新メニューの発表など、世間に広く告知する必要がある時期です。

そのような時を見逃さず、まずは対象クライアント(広告業界ではお客様のことを「クライアント」と呼ぶことが多い)に電話でのアポイント取りからスタートします。

とりあえず話を聞いてもらわないことには広告を頂くチャンスすらもらえません。

ひたすら電話での連絡件数をこなします。

大体10件かけて1件アポがとれる、というような感覚で構えていましょう。

アポが取れたらそのクライアントに直接会い、広告のご案内に行きます。

弊社がどんな媒体なのか、発行部数、読者層、特徴などを細かく説明。

その上で、どのような広告プランを展開するのか、ざっくりと説明します。

次に、クライアントの業況のヒアリングを行います。

新規出店なのか、新メニューの発表なのか、集客の増加が目的なのか、目的の違いによっては広告のイメージや打ち出し方が異なってきます。

上記を行った結果、弊社が持つ媒体とクライアントのニーズに応えられる広告イメージが出来上がった時初めて両者の利害が一致し、クライアントから広告出稿のお申込みを頂きます。

ここまでが、広告を獲得するまでの流れです。

ここからは、広告獲得後、広告制作の段階に入ります。

まず、クライアントとのより綿密な打ち合わせを行います。

打ち出し内容をどんなものにするのか、特徴を個性として読者に伝えるためどの部分を強調するのかなどです。

飲食関係のクライアントなら、店舗の内観を見せてもらい、どのアングルからの撮影がベストであるのかを打ち合わせます。

美容関係のクライアントなら、施術写真を写すためにどのような構図が良いのか、模擬で実技をしていただく場合もあります。

撮影カット数や原稿内容がまとまり全体イメージが固まったところで、撮影日時の決定をし撮影カメラマンを手配します。

当日は撮影カメラマンに事前の打ち合わせの内容を共有し、カメラマンの視点から再度ベストな角度や構図を模索してもらい、撮影を進めます。

撮影が終わると、いよいよ原稿の制作に取り掛かります。

撮影写真をページに当てはめ、読者の関心をより集められるよう原稿内容をまとめていきます。

出来上がったら初稿をクライアントへメールで送付。

滅多にありませんが、メールアドレスを持っていないクライアントには手持ちで校正を取りに伺います。

クライアントとの原稿内容、ショップデータ、電話番号など、情報の校正の後、校了です。

発売月には出来上がった出版物を納品します。

ここまでが出版社の営業としての一通りの作業になります。

この1サイクルを毎月10件以上というのが一般社員の平均的な獲得ノルマになります。

出版社営業が向いている人の9個の特徴とは?

現在、事務職や受付など営業職とはかけ離れた仕事をしているけれど、自由な時間の使い方ができる営業職に興味がある人もいれば、家族や友人に「営業の仕事に向いている」と言われるけれど自分ではよく分からず不安な人もいると思います。

それでは、営業職に向いている人はどのような特徴を持っているのかについて紹介させて頂きます。

紹介した特徴におおむね当てはまるという人は、営業職に転職することを前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

人と話すのが好き

対人営業として、コミュニケーションスキルが必要になってきます。

コミュニケーションスキルと言っても、難しく考えることはありません。

人と話をすることが好きな人、会話のキャッチボールができる人、という点が営業職には求められます。

小奇麗な人

クライアントとの信用が第一の営業職は、第一印象がとても大切です。

髪はボサボサ、スーツはよれよれ、靴はボロボロな営業マンが自身のところに営業に来たとして、広告を任せようと思いますか?

身だしなみは広告営業に限らず、営業マンとして当然のマナーの一つです。

計画的な人

出版社の営業は、営業から制作まで約1ヶ月の中で仕上げていきます。

しかもその中で、来月、再来月の見込み客のアポとりや営業を進めなければいけません。

結果として複数のタスクを同時に進めていくことになります。

ある時には、クライアントの急なスケジュール変更で、こちらのスケジュールを強制的に変更しなければいけない場合もあります。

そんな時にも臨機応変に対応できるように、常に計画を立て、優先順位をつけ、実行していく必要があります。

自己分析ができる人

複数のタスクを同時進行で進めていく中で、出版社営業は今月の目標(ノルマ)を達成していかなくてはなりません。

その場合多いのが、目標が達成できなかったという結果をただ報告し、次の行動をどのようにするのか何も考えないことです。

目標が達成できなかった時には、「来月は頑張ります」ではなく、何故達成できなかったのかを自己分析する必要があります。

達成できなかった理由を知り、ではなぜその行動をしたのか、もしくはしなかったのかを詳細に自己分析していくことで、来月に向けての行動が決まってきます。

「目標に対して乖離した動きをしていた」「アポの件数が少なかった」など反省することで、では来月は週に何件の案内をかけ、アポをとり、セールストークを磨いていこうというようなプラスに考える思考が身についていきます。

目標を見据えた自己分析は出版社の営業として必要不可欠です。

好奇心が旺盛な人

広告の制作時に重要になってくるのが、クライアントのビジネスに興味・関心を持てるか、ということです。

興味・関心を持つことで初めてクライアントのビジネスの得意・不得意な点が浮き上がってきます。

得意な点はより強調して不得意な点は補いながら誌面を制作することで、クライアントのビジネスを魅力的に訴求することができるのです。

新しいものに敏感な人

広告営業において、重要なクライアント層に「新規出店」という項目があります。

新規出店のお店は新規顧客獲得のための認知を広げるという、広告出稿のニーズがあります。

新しいお店には高い確率で広告ニーズがあるので、新しいもの・ことには敏感に反応し、アンテナを張っていきましょう。

また、新店情報は既存クライアントにとって市場のニーズや流行を探るための重要なツールです。

情報力がある営業マンとして求められるためにも、情報を得るための努力をして損はありません。

常に勉強をし続ける人

クライアントのビジネスに興味・関心を持ったのなら、クライアントの受け売りの知識だけでなく、世間の一般論を勉強しておく必要があります。

何故なら、クライアントからの売り情報を消費者が求めている目線・視点での提案力を持って、広告に仕上げていくからです。

そのジャンルに興味を持ったのなら、そのジャンルの歴史・背景から、競合店、利益率を勉強し把握しておきましょう。

そうすることで、自然とそのジャンルに対して意識のアンテナを張り情報が集まってくるようになります。

すると、クライアントへの有益な情報の提供にも繋がり、クライアントからの信頼度アップへと繋がっていきます。

活字媒体が好きな人

出版社営業では、クライアントへの営業力のみならず、情報の編集力も求められます。

そのような時に、普段から本や新聞、雑誌を読んでいれば、語彙力が自然と身についており、豊かな表現力を発揮できます。

「伝えたいことを、伝える」ことは実はなかなか難しい仕事です。

自分が感銘を受けた文章やキャッチコピー、広告などは、写真やスクリーンショットですぐに見られる携帯の写真フォルダに保存しておくことをおすすめします。

探求心がある人

一つのジャンルを語れる出版社営業は強いです。

というのも、一度クライアントと広告などで取引を始めたのであれば、それからは自分がそのクライアントの広報担当になったようなものです。

友達や会社の同僚に「どんなお店なの?」と聞かれた際には自信を持っておすすめできるお店として紹介していきましょう。

そのためにも、クライアントのビジネスはクライアントの視点で考え、そのジャンルで成功できるようにより深く知識を得る必要があります。

「出版社の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

出版社営業のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

さて、ここまで「出版社の営業」としての必要スキルを書いてきましたが、出版社営業のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

各社広報部、広告代理店

出版社の営業の主な仕事は「広告収入」を頂くことです。

したがって、雑誌の誌面制作に限らず、TV、ラジオ、チラシ、SNSなど広告媒体は様々です。

各媒体の特性を理解しながらクライアントのニーズに最適な提案をしていく中で、クライアントの広報として仕事をしていきます。

総合的な広告提案をができるという点で、出版社の営業スキルは幅広い分野の広報部で役立ちます。

コンサルティング

ただクライアントに「こんな企画があるのですが、広告を出していただけませんでしょうか」と案内をしたとしても、タイミングが合った時にしかご出稿はいただけません。

クライアントの最近の業況(平均的な来店人数・来店客の年齢層・人気メニューなど)をヒアリングし、広告の提案をクライアントが抱える「課題の解決策」として提示する必要があります。

したがって、課題に対する総合的なソリューション営業力がクライアントの信用を得、また広告出稿を後押しする形となります。

出版社の広告営業を通して、コンサルティングやマネジメントのノウハウが身につくことは必然です。

編集者

出版社の広告営業にとって広告を預かる上で重要なことの一つに、「打ち出しネタの情報価値」という点が挙げられます。

というのも、雑誌であれば、100ページ程の全体ページ数の中のたった1ページに目を留めてもらう必要があります。

ページを開いた際、目に飛び込んでくる一瞬のキャッチフレーズや写真、全体イメージはとても重要です。

これはクライアントの業態のヒアリングの結果打ち出す内容が決定するのですが、その内容を一目で良い印象に留めてもらうために、広告営業が「良いネタ」として磨き上げ、より魅力的に作り上げていくものなのです。

そのジャンルでの一般消費者の傾向や世間の動き、ニーズなど普段からアンテナを張り、消費者目線とクライアント目線の対等の立場から客観的にものを見ることで、伝えたいことを正確に消費者に届けていきます。

イベント運営

先にも申しましたが、出版社の広告営業はクライアントの業種に限りがありません。

ファッション誌、住宅情報誌、結婚情報誌など専門誌は別として、地域情報誌などはジャンル問わず対象リストとして数えられます。

そのため、各ジャンルのクライアントに接触し、知識を広く豊富に持つことで人脈が広がり、イベントの開催から出店舗の決定まで首尾よく進めていくことができます。

イベントの企画・運営は幅広い人脈があってこそ成し得るものです。

各種手配は非常に細かく大変なものでもありますが、大多数の消費者に店を知ってもらえるとあって、クライアントからは広告費と同じような形で出店料を頂きます。

各ジャンルで繋がりがある出版社営業だからこそ、やりやすい仕事でもあります。

これから出版社営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

さて、ここまで読んで頂けた方々には、出版社の営業という職種について少しはご興味を持っていただけたのではないでしょうか。

出版社営業の仕事を始めてみたい、と考えた方のために、出版社営業にたどり着くまでの道筋をお教えいたします。

出版社営業の仕事で就職するために

出版社営業の仕事に就職するためには、ここで働きたい!という強い意志がないと門前払いを受けるかもしれません。

というのも、自分の時間を確保しながら働けるとは言え、やはり労働時間や仕事内容が過酷な職業でもあるからです。

それでも「関わってみたい」「表現してみたい」「形に残る仕事をしてみたい」というような憧れの意志は力強く背中を押してくれます。

職場には同じ境遇を乗り越えていく仲間もいます。

まずは自分の気持ちを深く見つめ直して、本当に出版社営業に就きたいのかよく考えてみてください。

それでも気持ちが変わらないのであれば、はじめに読書の習慣を持ちましょう。

本でなくても活字媒体であれば、どんな内容もいずれあなたの力になります。

次に、好奇心を存分に発揮し、新しいモノ・コトに敏感に反応し、何にでも興味を持つ習慣をつけましょう。

自分がもともと好きなことはそれ以上に探求し、今まで知らなかったことは興味・関心を持つことからスタートします。

普段から興味・関心を持ち「なぜ?」と疑問に持つことを習慣にすることで、クライアントの業況をヒアリングする際の情報収集能力が向上していきます。

必要なスキルや経験は?

出版社営業に実際に必要なスキルや役に立つ経験など、お話します。

コミュニケーション能力

営業職全般に言えることですが、クライアントと会って話をすることから商談が始まります。

会話のキャッチボールができない人とは会って話したいとは思いませんよね。

ですので、コミュニケーション能力は必須になってきます。

加えて、出版社営業は広告を出す上でのクライアントの目的(集客なのか、認知拡大なのかなど)をはっきりさせ、且つ店の個性を強調し、より魅力的に訴求しなければなりません。

オーナーの着地したいポイントなど、会話を重ねる中で気づき、広告へ反映させなければなりません。

そのような点からも、特に「聞き上手な人」は、クライアントのニーズを自然と引き出せるとあって、即戦力になる可能性が高いです。

飲食店での接客経験や対人販売などの経験は、出版社営業に活きてくるでしょう。

状況対応力、臨機応変さ

クライアントのニーズは時と場合によって様々です。

その多様なニーズにすぐに応える必要はありません。

もちろん、すぐに応えられる営業はより求められていますが、それよりも、クライアントのニーズに対してどのように対応していくのか、という点がクライアントとの信用の構築に繋がっていきます。

例えば出版社の広告営業の場合、広告を作る際に「このレイアウトの変更をお願いしたいのですが」というような要望をクライアントから伺うことが多々あります。

その場合、既存のレイアウトを変更することで生じる問題点や利点などを的確にクライアントに伝え、その上で、変更しても問題はないかどうか、というすり合わせが必要になってきます。

この作業を入稿スケジュールを守りながら進めていく必要があるため、その場で対応できることであれば、できるだけ処理したいところです。

要点をまとめる力

出版社の営業で特徴的なのが、何かしらの制作物を作ることかと思います。

その場合、何を主として伝えたいのか、を簡潔にまとめる必要があります。

というもの、クライアントにとって広告費は、オーナーの給料から出す貴重なお金です。

すると、一つの広告の中にアレもコレもなど、構成内容を沢山入れたいという気持ちが先走ります。

打ち合わせの際に内容をまとめたつもりであっても、やっぱりこの内容も入れてほしいなど、よくある注文の一つです。

そのような時こそ、要点をまとめる編集力が求められます。

編集力と言っても、深く考えるほど難しいことではありません。

その広告を見た消費者の観点に立って、その広告をパッと見た時の印象をイメージします。

そのイメージが、クライアントが目的としていたものに寄り添えているかを考えます。

違う場合は何が違うのか、どのような観点から見た結果このような伝わり方のように思えますなどと具体的な例を挙げてクライアントに説明すれば、クライアントも目的を見失わずに制作を進めていくことができます

「出版社の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

長く書きましたが、いかがでしたでしょうか。

出版業界は、夜遅くまで仕事をしている、ハードな仕事量、というようにブラック企業のイメージが強いと思います。

しかし、最近では深夜12時をまたぐ人は少なくなってきているのではないでしょうか。

筆者の勤めていた会社も、営業職は入稿スケジュールさえ守れば自分のペースで仕事をして良いという社風だったため、追い込みのない時期は定時で帰っていました。

世の中には、様々な価値観を持った人がいます。

住む場所やライフスタイルなどが違うのですから、人の数だけ価値観があって当然です。

そのような価値観の違う人たちにできるだけ沢山会いましょう。

そんな生き方があるのか、そんな考え方があるのか、と学習しながら仕事をしていく出版社営業は本当に楽しいです。

筆者は、関わらせて頂いたクライアントたちのおかげで、自分が本当に人生をかけて突き詰めていきたい仕事が見つかりました。

出版社営業は広い知識を得て多ジャンルのクライアントに関わっていく、面白く素敵な仕事です。

この記事が少しでも出版社営業に就こうと考えている人たちの支えになれれば幸いです。



関連キーワード

出版社求人

出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社のアルバイトをやってて良かった4個のこと

様々な雑誌や書籍の企画・製本を行う出版社。皆さんは出版社のお仕事がどのような内容かご存知でしょうか。一般的には本を発行している企業という認識が強いでしょうか。もちろんそれ以外にも業務内容は様々あります。今回は出版業界の実態を掘り下げながら、そこでアルバイトをしたことがある筆者が体験談を基にお仕事の紹介をしていきます。興味があってアルバイトをしてみようと思っている人から出版社へ就職を考えている学生さんたちまで、様々な方に向けて業界の中身を大公開します。その中で、実際に出版社での仕事を経験して後々役に立ったことも併せてご紹介いたします。私はこんなところで出版社のアルバイトをやりました。大手か中小か

出版社で働くには?必要な資格や勉強しておくべきことは何?就職先についても教えます!

「出版社」と聞くと、ハイスペックな人達が集まり、毎日忙しくも充実したワークライフを送るようなイメージがありますよね。事実、出版社の編集部員などは業務量が多く、毎日バタバタと働いている人が多くいます。しかしながら、出版社で働いていると、日々時代の最先端の情報に触れることができたり、様々な人から刺激を貰えたりする素敵なことも沢山あります。今回は、そんな出版社で働くにはどのようにしたら良いのか、必要な資格はあるのか、などについて解説します!出版社で働くには?冒頭でも述べた通り、出版社は今も人気の高い就職先です。新卒採用でも倍率が高く、中途採用も決して簡単とは言えません。では、どうしたら働くことができ

出版社の仕事は激務?!ブラックだと感じる理由は?辞めるべきか悩んでいる人も読んでみよう

日々締め切りに追われ、毎日バタバタ。終電は当たり前、泊まり込みで作業することもしばしば…というイメージが強い、編集者。「出版社」と聞くだけでブラックな仕事だと思う人も多くいらっしゃるかもしれません。実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、実体験に基づいた出版社のブラックな面について解説します!経験者の私が思う、出版社の仕事がブラックな理由とは?ズバリ、「裁量労働制」。出版社の編集がブラックな理由は、この一言に集約されます。私の経験した「裁量労働制」について簡単にまとめると、一定時間分の残業代が含まれた額の給料で働くこと。残業をしてもしなくても残業代を受け取ることができ、労働時間は個人の裁量

出版社編集の仕事内容をご紹介!やりがいや向いてる人の特徴についてもお話しします!

様々なメディアでキラキラと働く姿が取り上げられることの多い編集者。おしゃれなカフェでの打ち合せや、撮影現場の仕切り、締切に追われる姿などがよくテレビドラマや漫画で描かれていますが、実際はどのような仕事をこなすのでしょうか。今回は、出版社で働く雑誌編集者がどのような業務をこなしているのか、出版社編集の仕事内容、向いている人向いていない人の特徴、キャリアについて解説します。出版社編集の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集部員編集部において一番下にあたる、謂わば平社員のような存在です。編集長が決めた月毎のテーマに沿った企画を提案し、それに伴う取材や撮影を外部のスタッフと一緒にこなします。出版社によ

出版社営業求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びに失敗したくない人はチェック!

雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れがありますよね。出版社の営業求人は最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。実際のところどうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。出版社営業のおおまかな仕事内容出版社の営業には大きく分けて2パターンあります。一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗に

出版社で働きたいなら!知っておいてほしい4個のことと自分に合った出版社の探し方を紹介します

「出版不況」と言われながらも、人気の職業として根強く取り上げられる出版社での仕事。その中でも雑誌や書籍の編集に携わる「編集者」はテレビドラマで取り上げられるなど、常に注目されていますよね。バタバタと忙しい姿が描かれることが多くありながらも、その華やかさに憧れを抱く人も多いようです。しかし、実際の編集者はどうなのでしょうか?テレビドラマの通り華やかな世界なのか、本当に毎日終電で帰るほど忙しいのか、気になりますよね。今回は出版社で雑誌の編集者として働きたいと考えている方のために、知っておいてほしいことや自分に合った出版社の探し方について解説いたします。出版社の大まかな仕事内容一言で「出版社」と言っ

出版未経験求人でよくある募集内容をご紹介!未経験から始める方はぜひご覧下さい!

テレビドラマや漫画で目にすることの多い出版社の編集者。締切に追われながら原稿を書いたり編集会議で企画を発表したりと、忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格は要らない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えしますので、

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働いたりする姿から、そういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場についてです。まず知っておいてほしいのは、出版社の編集は「裁量労働制」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁

雑誌の仕事はどんな人に向いているの?向いている人の特徴や活かせる経験はコレ!

雑誌の仕事に就いてみたいという方はぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。ファッション・音楽・料理など手軽に自分の趣味や興味のあることの情報を得ることができ、私たちを楽しませてくれる雑誌。では、雑誌の仕事はどのような人がどうやって作っているのでしょう。そしてどのようなキャリアを積めば雑誌を作る仕事ができるのか、向いているのはどんな人なのか、ここで詳しくお話ししていきます。雑誌編集者の仕事はどんな仕事?雑誌編集者の仕事は一般的には、出版社などで雑誌の記事の内容を企画し、記事の作成から印刷所への入稿まで一連の過程を取り仕切ります。雑誌編集者と一言で言っても、ファッション誌、報道雑誌、漫画雑

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社5個紹介。元出版社の編集者の私が解説します。

東京の出版社の求人なら!おすすめの出版社は?元編集者の私が解説します。出版社は全国でおおよそ3600社ほどあると言われていますが、その内の約80%が東京にあります。更に売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。出版社の主な職種とおおまかな仕事内容出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。制作制作では「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、どのような内容で、部数は何部で、価格はいくらなど、1冊の本がで

出版社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

小説や漫画が大好きで文芸やコミック誌の編集者になりたい人。雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたりしたい人。出版社で働きたい人にはそれぞれ強い動機があることでしょう。出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。中小の出版社では新卒採用がほぼない代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。業界内での

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後すぐには編集職に就けないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、ようやく編集部に配属されます。営業希望で出版社就職を目指す人は少ないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の出版社の給料相場新卒入社の場合、ほとん

出版社編集求人でよくある募集内容や職種をご紹介!就職・転職の参考にご覧下さい!

出版社の編集の求人の募集内容で気になる疑問がある方は必見です!バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、憧れの職業としてあげられることが多い編集者。今回は、そんな職業に就きたい人が知るべき、「実際によくある出版社の求人募集内容」について詳しく解説します。特に雑誌の編集者についてピックアップしてご紹介していきますね。この記事を読めば、疑問点を解決するので、スッキリした気持ちで求人探しが出来ますよ。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集のおおまかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々です。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、全て編集が

出版社の仕事内容と向く人向かない人の特徴・やりがい・キャリアについて解説します

出版社の仕事は、どんな人が向いているのでしょうか?書店に置いてある書籍や雑誌を生みだす手助けをする職業ってかっこいいですよね。そんな出版社の仕事を具体的に知りたいと思いませんか?そこで今回はなんと、そんな出版社の仕事内容を具体的に細かく紹介したいと思います。出版社に向いてる人向かない人、やりがいや今後のキャリアまで、この職業の良いところをまとめてみました。出版社の仕事は大きく3個の役割に分けられる編集出版社の商品である「出版物」の企画立案・編集作業を行います。書籍の編集と雑誌の編集の2つの種類に大きく分かれます。デスクワークだけでなく、仕事相手とのコミュニケーション能力も重要な仕事です。営業自

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容は具体的にどんなものなのでしょうか。一般的には全国紙の書籍や雑誌などを生み出す華やかな職業というイメージですが、実際は「営業職」「編集職」などそれぞれの役割のある部署があるので、今回の記事で、自分に合う業種を見極める手助けとなればいいなと思います。また、出版社の求人のおすすめやその特徴までしっかり解説させていただきますので、出版社への転職をお考えの方や新卒採用の募集に応募したい方もとにかく必見ですよ!出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画