東京の出版社の求人なら!

おすすめの出版社は?

元編集者の私が解説します。

出版社は全国でおよそ3600社ほどあると言われていますが、そのうちの約80%が東京にあります。

さらに売上高トップを占める大手の出版社は全て東京都内にオフィスを構えています。

つまり、出版社への就職を成功させるには、特別な事情がない限り東京で就職活動をすることになるでしょう。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

出版社の主な職種とおおまかな仕事内容

出版社に就職すると、どのような職種があるのでしょうか。

ここでは出版社に特有な職種をご紹介します。

制作

制作では、「こういう本を出したい」という編集部からの意見を聞き、どのような内容で、部数は何部で、価格はいくらなど、1冊の本ができるまでの全体の設計図を作ります。

読者に喜ばれる本の作成を目指しつつ、予算の範囲に収め採算をとるバランス感覚が必要とされます。

編集

企画をあげ、予算を取り、取材をし、出来上がった記事を読みやすくなるよう編集します。

記事の執筆やレイアウトデザインなどは外注する場合もありますが、小規模な出版社では編集者が自ら行うこともあります。

編集とレイアウトができたら印刷所にデータを入稿します。

校正・校閲

校正とは、原稿の字句の間違いを正し、表記の統一を図る仕事です。

校閲とは、字句の間違いに加え、原稿に書かれている内容の事実関係が正しいかどうかを調べる仕事です。

どちらも目立たない仕事ではありますが、間違った内容の書籍を出版してしまうと、世間に誤った情報を真実と受け取らせてしまう恐れがありますので、大変重要な仕事です。

営業

出版社の営業は、書店に対して営業する書店営業、取次店に営業する取次営業、自社の雑誌に載せる広告主を募る広告営業があります。

大手ではこれらのジャンルごとに別れていますが、中小の会社では1人で全て担うことが多いです。

出版社の仕事で知っておくべきこと

出版社に勤める上で知っておいたほうが良いことは何でしょう。

出版社での仕事のやりがいや魅力・逆に大変な事などについてお話したいと思います。

出版社の仕事の魅力・やりがい

1冊の本を作るには様々な工程があり、何ヶ月もかかることもあります。

苦労して働き、出来上がった書籍を手に取った時に感じる達成感は何にも代え難いものです。

自分が携わった本がベストセラーになったり、重版を重ねたりすれば嬉しさもひとしおですが、そこまで行かなかったとしても、読者からのレビューで誰かを感動させたり喜ばせたりできたことがわかると、とてもやりがいを感じます。

また、作家の他にも取材先で各界の著名人に会う機会があること、プレス向けにテーマパークのイベントや映画を一般人より先に見られたりといった特典もあります。

出版社の仕事で辛いこと

まずは売れる本や雑誌を作るための企画を考え、それを社内の会議で通すことが大変です。

良いアイデアを思いついたとしても、サイズや単価、他の企画との兼ね合いなどで、企画会議でボツにされてしまうこともあります。

また、本も雑誌も作る過程で様々な職種の人々をまとめることになりますが、その中で板挟みの状態になったり、調整が難航して辛いことも色々あります。

さらに知っておくべき事は、総じてハードワークだという事です。

担当する仕事によっては、締め切り前は深夜残業、徹夜、休日出勤となることもあります。

出版社の将来性

1996年をピークに、書籍や雑誌などの出版物の売り上げは下がり続け、近年では特に雑誌の売り上げが大きく下がっています。

インターネット、スマートフォン、タブレット端末の発展によって書籍離れが進んだこと、不況によって広告を控えるメーカーが増えたことなどが原因と言われています。

このような出版不況の中において、出版業界は生き残りを賭けて再編に動き出しています。

今後、出版社で働いて行くなら、編集社・ライター・デザイナーなど手に職をつけられる専門職でキャリアを積みつつ、紙の書籍以外のデジタルコンテンツなどの新しいジャンルに乗り込んでいく気概も必要になってくるでしょう。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

おすすめの東京の出版社はこちら

売り手市場と言われている昨今の就職市場ですが、それに当てはまらないのが出版社です。

誰もが名を知る大手出版社は、新卒であっても非常に狭き門ですが、中途採用となればなおさらです。

中小の出版社は数多く、働き方も専門分野も非常に多様なので、どのような観点から選ぶかによっておすすめ企業は変わってきます。

ここでは、あえて収入や社員待遇の良さという観点から、最大手3社と、中堅出版社の中から働きやすさの上で評判の高い2社をピックアップしてみたいと思います。

大手編1.講談社

講談社の特徴

業界最大手の老舗出版社。

特定の分野に偏らず、多岐にわたる分野で人気作を生み出しています。

近年ではデジタル化にも力を入れており、コンテンツの海外への展開を目指しています。

新卒・正社員での就職の倍率は300倍とも言われており、かなりの難関です。

講談社の働きやすさや待遇は?

正確な数字は公開されていませんが、口コミによれば20代後半でも年収1000万円台に達すると言われています。

福利厚生は、家賃の4割が会社負担になるなど資金面での支援が充実している他、育休制度、育児中の休暇制度・勤務制度も利用できます。

有給消化率も高く、男女の差なくキャリアアップができる風土ですが、年功序列が重視される傾向があるようです。

大手編2.小学館

小学館の特徴

絵本や図鑑、辞書など、特に子供向けの市場でシェアを伸ばしてきた会社ですが、週刊誌、ファッション誌、コミック誌などを幅広く発行する総合出版社です。

「ドラえもん」「ポケットモンスター」などキャラクタービジネスに力を入れていることで有名です。

小学館の働きやすさや待遇は?

年収は公式には非公開ですが、平均年収は1000万円代と言われています。

各種福利厚生が整っていることに加え、社員研修が充実していることが特徴。

社内で様々なセミナーがある他、社外での研修・教育などをを受講する際に会社が費用の一部を負担する自己研修支援制度があります。

大手編3.集英社

集英社の特徴とは?

特に「週刊少年ジャンプ」に代表される漫画が主力部門で、エンターテイメント性の高いコンテンツを発信しています。

漫画のデジタル配信のみならず、動画の配信も手がけ、デジタルコンテンツへの需要を取り込むことで、書籍の売り上げ減少分の利益を補っています。

集英社の働きやすさや待遇は?

上記2社と比べて、自由で遊び心に富んだ人々が多いと言われる集英社。

年収はやはり正確な統計はありませんが平均700万円〜と推定されます。

各種福利厚生の充実に加え、集英社に特徴的なのは仕事と育児を両立しやすい環境と制度です。

ここ数年では、育児休業育児休業取得率・育休後の女性社員の復帰率が100%を達成するなど、女性にとっても働きやすい環境と言えます。

中堅編1.福音館書店

福音館書店の特徴とは?

福音館書店はもともと、キリスト教関係の書籍を扱う書店として始まりましたが、現在では主に絵本や児童書を中心に発行しています。

「うさこちゃん」シリーズや「ぐりとぐら」など誰もが子供の頃に一度は目にしたことがあるような、ロングセラーの絵本を多く扱っています。

福音館書店の働きやすさや待遇は?

福音館書店は年間売上高がおよそ60億円あまり、従業員数約130名の中規模出版会社ですが、平均年収が1200万円台と言われており、上記の最大手3社と同等かそれ以上です。

名作と言われる絵本や児童書は需要の変動が少ない上、学校や図書館といった販路も安定した売り上げをもたらす要因と言われています。

ただ、少子化が進行する今後は、経営戦略の見直しを迫られる時が来るかもしれません。

社員待遇など詳しい情報はあまりありませんが、自分の経験上、雑誌以外の児童書の仕事はそれほど残業を強いる性質のものではありません。

残業が少なめで給与待遇も良いとなれば、就職の倍率が超高倍率なのも納得です。

中堅編2.医学書院

医学書院の特徴とは?

一般の人には聞きなれない名前の出版社だと思いますが、医学書を専門に扱う出版社です。

従業員数約220名、売上高は約120億円前後と、出版社の中では準大手と言える規模です。

医学書という、需要の変動が少ない分野に特化していることで手堅い経営基盤を築いているという点では、先ほど挙げた福音館書店と共通点があります。

医学書院の働きやすさや待遇は?

採用人数は新卒で毎年1〜5名とこれもまた狭き門ですが、求人や口コミからの統計によると平均的な年収は900万〜1100万円と高め、年収は年功序列で勤続年数と共に上がります。

リクナビの調べによると、平均勤続年数15年以上、有給消化率、育児・介護制度利用率共に 50%以上。

入社3年後の定着率は90%以上とのことなので、働きやすさはかなりのレベルであることが推測できます。

働く側から考える、大手の出版社と中小規模の出版社のメリットとデメリット

冒頭において、日本には約3700社の出版社があると言いましたが、そのうち1000億円規模の利益をあげているのは上位3社のみで、100億円以上の売り上げをあげる企業が30社ほど。

この上位30社、全体の0.8%ほどの会社の売り上げが、出版社全体の売り上げの40%以上を占めると言われています。

出版業会では数少ない大企業と、その他大多数の中小出版社の間に大きなが格差があるということがわかります。

だからと言って中小の出版社には良い点がない、というわけではありません。

独自の理念を持って特徴的な本や雑誌を作っている会社は多くあり、その理念に自分の考えが合致すれば、とてもやりがいを持って働けるでしょう。

では具体的に、少数の大手出版社とその他中小の出版社におけるメリットとデメリットとは何でしょう。

大手出版社

大手の出版社で働くことのメリットは、まず給与が安定しており、他業種の同年代と比べても比較的高収入が見込めることが挙げられます。

扱っている書籍も多いので、様々な経験を積むことができます。

福利厚生も充実しており、産休・育休制度も整っているので出産後も働き続ける女性が多いです。

デメリットとしては、会社の規模が大きいので、採用されても自分がやりたい仕事ができる部署に配属されるとは限らない、ということがあります。

後は、出版業会全てに共通することですが、編集などのクリエイティブ職はやはり残業時間が長くなる傾向があります。

中小規模の出版社

中小と言っても、割と有名な雑誌を出しているような中堅の出版社から、従業員数10人未満の零細な出版社まで様々です。

そのメリットも一概には言えませんが、規模が小さいほど自分の自由な裁量で働ける範囲が広いということが挙げられます。

給与は大手に比べれば低いですが、頑張ればその評価が給与に反映される場合もあります。

デメリットとしてはやはり、裁量労働制の会社が多く、実労働時間に応じた残業代が支払われないため、不当な長時間労働に陥る危険があるということが言えます。

「出版社の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が解説!東京の出版社の求人を選ぶ上での注意点とは?

最後に、自分が出版社勤務・出版業界での転職を経験した中で、会社を選ぶときにこんなことを注意した方が良いと思う点をまとめてみたいと思います。

新卒なら大手を狙おう

先ほどおすすめの出版社の項目で挙げたような、安定感があり収入も高い大手の出版社は、新卒の採用を逃すとなかなか採用されるチャンスはありません。

今大学生か、第2新卒の立場であるなら、迷わず大手の出版社にチャレンジしてみましょう。

女性なら、女性向け雑誌を出版している会社

女性向けの雑誌を作っている会社は、やはり女性社員の比率が高く、役職につく女性も多いです。

子育てをしながら仕事を続けている女性が多いと、お互いフォローしあう環境が自然に定着し、出産・育児などライフステージの変化があっても仕事を続けやすくなります。

自分のやりたい分野と出版社の得意分野が合っているか

最大手の総合出版社以外は、それぞれ得意とする出版物のジャンルがあります。

出版社の名前や年収だけで選ぶのではなく、自分の持つ知識や経験が活かせそうなジャンルの書籍を出している出版社を探しましょう。

まとめ

ここでは、出版社での仕事内容ややりがい、働きやすいと言われている会社の特徴などをまとめてみました。

スマートフォンの普及でコンテンツのデジタル化が進み、紙の本の需要が落ち続けている現在、出版社は様々な手法で生き残りを賭けた事業改革を進めています。

上に挙げた企業の他にも、KADOKAWAや学研ホールディングスなど高い収益を挙げている有名企業はありますが、これらの企業は出版の他に、教育やエンターテイメントなど様々な事業も行っており、純粋な意味での「出版社」とは言えません。

出版専業でトップに立つ講談社・集英社・小学館もデジタルコンテンツやキャラクタービジネスなど紙媒体以外の分野にシェアを伸ばしつつあります。

変化の時であるこの業界で、これから仕事をしようと思うなら、安定を望む人はあまり向いていないかも知れません。

リスクを恐れず、面白いコンテンツを作るために挑戦して行って欲しいと思います。


関連キーワード

出版社求人

出版社求人についてもっと深堀りした情報を見る

出版社営業求人でよくある募集内容やおすすめのポイント、気になる疑問について解説します

雑誌やフリーペーパー、印刷物など、形に残る仕事にはクリエイティブな憧れってありますよね。出版社の営業求人、最近ではよく見かけるようになりましたが、仕事量が多くて帰れない、休みがない、などブラック企業のイメージが強いかと思います。しかし、最近では働き方改革に着手する企業も多く、ホワイトな会社も増えてきました。実際のところ、どうなの?と悩まれる方も多いかと思いますので、このページでは「出版社営業求人」でよくある内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説いたします。出版社営業のおおまかな仕事内容出版社の営業は大きく分けて2パターンあります。一つは、出版物を販売店や無料設置の場合の設置店舗

出版未経験求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

よくテレビドラマや漫画で目にすることが多い、出版社の編集者。締め切りに追われながら原稿を書いたり、編集会議で企画を発表したりと忙しくも楽しそうなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。そのせいか、「出版不況」と言われながらも「編集者」という職業自体は根強く人気を保っています。「私も編集者になりたかったなぁ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、実は編集者という仕事は特別な資格はいらない職種。場合によっては未経験でも始めることができるのです。そこで今回は編集者に憧れる方のために、編集者の未経験求人について解説いたします。求人のポイントや気になる疑問にもお答えし

出版社編集の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるためのポイントを教えます

なんとなくリッチなイメージを持つ人が多い、「編集者」。トレンドに敏感なことからきらびやかなブランドものを身につけていたり、ガツガツと働く姿からそういったイメージを持たれる方が多いのかもしれませんね。実際のところ、出版社編集の年収はどの程度なのでしょうか?また、昇給などのキャリアアップの可能性はどのくらいあるのでしょうか?出版社の給料相場や気になる年収アップのポイントまで、解説したいと思います。出版社編集の給料の相場はどのくらい?最初に解説するのは、給料の相場について。まず知っておいて欲しいのは、出版社の編集は「裁量労働」という給与形態で働いている方がほとんどであるということ。「裁量労働」とは、

出版社編集の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

テレビドラマや漫画などで取り上げられることの多い、編集者。憧れる人も多く見受けられますが、実際の仕事内容や業務量にはやや不安を覚えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は出版社における編集の仕事に転職したいと考える人のために、雑誌編集の仕事内容や向き不向きについて解説します。出版社編集の仕事はどんな仕事?出版社の雑誌編集者といっても、仕事内容は担当する雑誌によって様々。その中でも共通するのが、企画の立案、撮影のディレクションと立ち会い、コピーや本文のライティング、校正です。その他、取材が必要であればその取材も編集者が行うケースもあります。会社によっては上記の業務の一部を外部の専門ス

出版社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

小説や漫画が大好きで、文芸やコミック誌の編集者になりたい人。雑誌記者として流行を生み出したり世論を動かしたい人。出版社で働きたい人にはそれぞれ、強い動機があることでしょう。出版不況と言われる昨今、出版社の採用人数は軒並み少なく、新卒であっても正社員での入社は狭き門となっています。転職の場合、大手出版社では中途採用がほとんどありません。中小の出版社では新卒採用がほぼ無い代わりに、経験者で即戦力となる人材を募集します。夢を持って出版社を目指す、特に異業種からの転職希望者にとってはやや厳しい状況と言えますが、そんな出版業界での転職を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。出版社の転職

出版社の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

出版社で働きたいという人のために、出版社の年収や給料相場、給料アップのためにやるべきこと、転職する際のポイントなどについて紹介します。出版社の仕事は大きく分けて編集職と営業職がありますが、ここでは編集職について解説します。ただし、比較的大きめの出版社では、就職後、すぐには編集職につけないこともあります。まずは書店営業や広告営業などをしてから、やがて編集部に回されます。営業希望で出版社就職を目指す人はいないからです。編集の才能がないと判断されれば、永遠に編集部に配属されないということもあるでしょう。出版社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合新卒の場合、ほとんどの出版社の初任給は20

出版社編集求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

バタバタと毎日忙しいイメージがありながらも、以前憧れの職業としてあげられることが多い編集者。今回は、実際によくある出版社の求人、特に雑誌の編集者について解説します。出版社編集のおおまかな仕事内容雑誌編集の大まかな仕事内容は、企画の立案から撮影、ライティングや校正業務など様々。大きな出版社であれば外部ライターや社外校正を雇っていることもありますが、すべて編集が担当する出版社もあります。もちろん、後者の方が業務量が多く大変なので、転職の際はどちらのタイプなのか確かめておくと良いでしょう。出版社編集の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?では、具体的にどのような募集職種があるのか解説します。編集者編

出版社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

出版社の仕事は、どんな人が向いているのでしょうか?仕事の内容を紹介しながら、出版社に向く人向かない人の違いやキャリアについて紹介していきます。出版社の仕事はどんな仕事?部署としては編集を行う部署と営業を行う部署の2つに大きく分かれます。出版社が売る商品は書籍または雑誌です。書籍や雑誌を作る編集者が必要になります。また、出来上がった本は書店に並ばなければ読者に届きません。ですから出来上がった書籍や雑誌を書店に紹介し、販売促進を行う営業の仕事が欠かせません。出版社の仕事には編集と営業という2本の柱があることになります。出版社の大まかな仕事内容編集者の仕事は、書籍や雑誌の企画立案から編集作業まで、刊

出版社正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

出版社の正社員とはどのようなお仕事なのでしょうか?出版社正社員求人の条件や年収、仕事の内容も気になりますよね。そのあたりのことを、この記事ではご紹介していきましょう。出版社の仕事とはどんな仕事?まず、大きく営業職と編集職とに分かれます。営業職は、主に書店をまわって自社の書籍の販売促進を行います。編集職は、書籍・雑誌の企画立案から執筆依頼、原稿管理、校正、印刷など、刊行にいたるすべての工程に関わります。出版社正社員の大まかな仕事内容営業なら、担当地域を任され販促の陣頭指揮をとります。書店の店員さんたちと顔なじみになることも大切な仕事の一つです。編集なら、月ごとのノルマに従い、責任をもって担当分の