保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。

その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。

これ、全て正解と言えます。

保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。

そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。

その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。

保険営業という仕事は、向き、不向きが非常にでやすい職業なのです。

一口に保険営業といっても、実はその給料体系な仕事内容は違いがあります。

大切なのは入社前に保険営業について正しい情報を知り、自分に合う会社を見つけることです。

本日は保険営業求人の募集内容を解説しながら、おすすめしたい求人情報を解説します。

保険営業のおおまかな仕事内容

保険は万が一の事態に備えるためのものです。

生命保険は、怪我・病気・死亡など予期しない出来事が起こった際に金銭面を保証するためのものです。

ほかにもリスクや目的により保険は分類され、損害保険や火災保険、学資保険など多岐に渡ります。

私達はみな生きていくうえで、リスクと隣り合わせで、保険を必要と感じる人は多いものです。

その反面、保険会社は多く、また商品も様々です。

その中から、何か保険を選んで入ってといわれても戸惑いますよね。

保険の営業は、そんな人の話を聞きながら、お客様にぴったりの保険を選ぶお手伝いをします。

保険営業の仕事内容は以下です。

なお保険営業には法人向けと個人向けがありますが、大きな仕事内容に差異はないためここではまとめて解説します。

ニーズ把握、発掘

保険に入らないと思うお客様もいれば、その必要性に気が付いていないお客様もいます。

保険営業の大切な仕事内容にニーズの把握や発掘があります。

その人にぴったりの保険を選ぶ必要があるため、お客様のライフイベントや将来の夢を聞きながら、提案する保険のイメージを固めます。

未婚の新入社員の場合「死亡保険より病気や怪我に備える保障を大きくしよう」

子供が誕生した家庭の男性社員には「奥さんは専業主婦だし、万が一の死亡保険を手厚くしよう。将来の学費は学資保険で用意するのはどうだろうか」

このようなイメージをお客様と共有します。

ここでは、自社の商品内容を説明するのではなく、日本の税金や年金制度、入院費用の実態など大まかな一般論の話が中心になります。

保険営業は社会情勢にも精通しておく必要があります。

さらにお客様のニーズ把握をするにあたり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しておくと、より深みのある話ができます。

保険の提案・契約

自社の商品ラインナップから、お客様にぴったりの保険を選び、提案書を作成します。

お客様に保険概要を説明し、加入手続きを行います。

アフターフォロー

既存顧客のアフターフォロー業務も保険営業の大切な仕事の一つです。

保険加入時はお客様にぴったりな商品も年月がたち、ライフステージが変わることで、必要な保険も変わってきます。

例えば、加入時は大黒柱で、死亡時の保障額を大きくしていたお客様も、子供が成人し、定年を迎えたあとには高額な死亡保障は必要ないかもしれません。

アフターフォローを通じ、お客様によりよい保険の提案ができないか、不満をもっていないかを確認します。

保険営業にとっては、お客様が他社に乗り換えるのを未然に防ぐ意味もあります。

アフターフォローを丁寧に行うことが、お客様にとって信頼に繋がっていき、長いお付き合いが可能になります。

保険営業求人でよくある募集内容とは?

保険営業と一言でいっても、俗にいう生保レディは独特の雇用体系のため、あえて分けて記載します。

生保レディも自社の保険を売るという意味では、同じです。

しかし生保レディは社員でなく、会社と業務委託契約を結んだ個人事業主として独立した立場であることが多いです。

求人内容を見るときは、社員としての求人なのか、個人事業主としての求人なのかをよく確かめましょう。

なお生保レディは求人サイトなどでも紹介されていますが、生保レディからの勧誘というのも多いです。

給与相場

大手外資保険会社の営業職であれば、1,000万円~2,000万円と高収入を稼ぐ人もいます。

ただこれらは固定給ではなく、歩合給の割合が非常に高いのです。

日本の保険会社も、基本的に固定給に歩合給を加えた給料体系をしています。

日本の保険会社の初任給は17万円~25万円前後です。

生保レディの場合は歩合給が大きくなり、年次を重ねるごとに固定給がなくなる(少なくなる)ことが多いです。

その為、契約がとれる生保レディは年収1,000万円~2,000万円稼ぐ人もいます。

総合して考えると初任給や契約がとれない場合は年収200~300万円、一人前になって年収600万円~700万円、契約がとれる人は1,000万円~2,000万円と言えます。

勤務時間や休日、残業

基本的に社員であれば9:00~17:00など他の会社と同様の勤務体系です。

しかし、営業であるため、お客様の都合に合わせる必要があります。

お客様が夜間訪問を希望されたり、休日の契約を希望したりすることも多いものです。

生保レディの場合は社員ではないので、朝の朝礼さえでれば、その後の勤務時間は自由ということが多いです。

平日に休みがとりやすいなど育児介護との両立に有利な面もありますが、夜間や休日でも営業活動が必要など公私の線引きが難しくなります。

福利厚生

保険会社は会社の規模が大きく、福利厚生は他に比べ充実しているところが多い印象です。

また職種は様々ですが、女性の割合が多いため、女性が働きやすい環境づくりに力をいれる企業が多いです。

産休育休は取得しやすい傾向にあります。

また保育所を自社に設置する、保育代金の補助をするなどの取り組みにも熱心な業界です。

求められる人物像

以下の人物像が多くの求人で求められていました。

お客様の話を親身にきける人

お客様にとって保険営業は人生のパートナーです。

お客様の話を真摯に聞き、信頼関係を構築できる人材が求められます。

そのためにも正しい言葉遣い、清潔感ある身だしなみなども大切です。

日々勉強できる人

保険営業は、自社の商品だけでなく、他社の商品特性まで頭にいれておく必要があります。

また年金や税金などの制度は日々変わります。

お客様に最新の情報を伝えながら、保険のプランニングをするためにも日々学ぶ努力が求められます。

私の経験からいうと、さらに保険営業に必要には以下も求められると感じます。

タフな精神力と体力

保険営業は断られることも多い仕事です。

高額商品ゆえ、なかなか売れず、ノルマに苦しむ場合もあります。

保険営業に必要なのは、めげない心です。

切り替え上手な人はストレスも少なく仕事ができるでしょう。

お客様の都合で勤務体系が不規則になりがちな職業のため、体力に自信があることも重要です。

必要なスキルや資格、経験

生命保険募集人、損害保険募集人資格

保険を販売するために必要な資格です。

入社時に必要とする求人はありませんでした。

難易度は高い試験ではなく、入社後に取得する対応で十分です。

会社側も習得に向け講習会やテキスト配布などのサポートをしてくれます。

ファイナンシャルプランナー

お客様のニーズ把握、ニーズ発掘に役立ちます。

難易度は高い資格ではなく実務で求められる2級FP技能士は、合格率は30%~40%前後で、しっかり勉強すれば独学でも取得可能です。

入社後に取得する人もいれば、入社を有利にすすめるために取得する人もいます。

保険営業のおすすめ求人のポイント

保険営業求人を見る時は以下のポイントに注目してみてください。

募集職種

個人事業主としての採用なのか社員としての採用かを確認しましょう。

個人事業主としての採用の場合、自由度は高いですが、歩合給割合が多く、給料が安定しない可能性が高いです。

さらに交通費などが経費扱いになるため、思った以上に給料が少なく感じる可能性もあります。

最近は優秀な営業職確保のため、個人事業主扱いの営業職でも経費を一定は支給という会社もあります。

歩合給の割合

外資保険や生保レディの場合は、歩合給の割合が高くなります。

完全実力主義のため、営業に自信がある方には向いています。

しかし営業初心者など自信がない場合は、思うように給料が伸びない場合もあります。

歩合給の計算方法は、会社によるため確認をしておきましょう。

保険代理店の営業職

自社の保険だけを扱うということに疑問をもつ保険営業は多いものです。

このお客様には他社の保険があうなと思っても、紹介できないからです。

保険代理店は保険各社と提携を結び、保険をお客様に案内します。

仕事内容は同じですが、幅広い商品ラインナップからお客様に提案できるのが強みです。

一方代理店の規模は様々で、保険会社に比べ福利厚生が劣るところも沢山あります。

保険営業の仕事についてよくある疑問

ここでは保険営業の仕事を検討している人が疑問に感じやすいことをまとめてみました。

保険営業は飛び込みなのか?

保険営業には、ルート営業、飛び込み営業、テレアポ営業、職域営業があります。

ルート営業

法人営業に多い営業の仕方で既存顧客の企業を中心にまわり、最適な保険の提案やアフターフォローをします。

ルート営業がメインの会社で、殆ど新規営業はないことを売り文句にする保険営業求人もありました。

飛び込み営業などはないため、門前払いのストレスはなく、楽という声も聞きます。

しかし、お客様の信頼を維持し、他社にとられないようにする接客スキルや知識の深さが求められます。

飛び込み営業、テレアポ営業

所属する営業所・支部が地区活動を強化しているのであれば、一般個人宅への飛び込み営業が多くなります。

法人であれ、個人であれ、新規のお客様獲得のために、テレアポ営業、もしくは飛び込み営業を行います。

テレアポ営業はリストをもとに電話でまず訪問アポイントをとります。

アポイントが取れれば門前払いはないですが、100件かけてもアポイントがとれないことも・・・。

飛び込み営業も同様で、何件まわっても門前払い続きの場合もあります。

私の経験でいえばテレアポのほうが時間効率はよいですが、飛び込み営業のほうが、せっかく来たので話は聞いてあげようというお客様もいました。

職域営業

保険営業の仕方の大きな特徴として、職域活動があります。

職域とは官公庁や一般企業のことで、企業のお昼休みなどに訪問し、食堂などで新規契約およびアフタ―フォローを行います。

新入社員向けに説明会を開催させてもらう場合もあります。

企業や官公庁から、出入りは許可されているため、建物にはいることは簡単ですが、保険加入希望者をみつけ、加入してもらう苦労は他と変わりません。

最近では、企業のセキュリティ対策が厳しくなり、出入り許可そのものがない場合もあり、職域営業は少なくなっている傾向にあります。

保険営業はイメージが悪い?

保険営業でノルマ達成が毎回スムーズにできればよいのですが、現実はなかなか難しいものです。

そのため親戚や友人を勧誘し、お願いし保険に加入してもらうという縁故セールスが多いのです。

そのため、保険会社に就職したときいて、抵抗をしめしたり、疎遠になったりする人も一定程度いるのが事実です。

個人的経験からいうと、縁故セールスは一時的なノルマ達成にすぎません。

親戚や友人がすべて加入してくれても、その数には限りがあります。

縁故セールスに頼らないという姿勢をもつことが、長く続けるためには必要でしょう。

営業所の雰囲気は?

若手の営業職員がいるところ、ベテランの営業職員がいるところなど営業所により雰囲気はかわります。

基本的に営業は外にいるのですが、所属長により営業所の雰囲気は左右されます。

ノルマ達成のために、パワハラまがいの言動をする上司も多く、鬱などになる人もいます。

まとめ

保険営業は、お客様の人生に寄り添い、長いお付き合いができる職業です。

アフターフォローが大切な仕事内容でもあるため、売りっぱなしにはなりません。

人との出会いを大切にする人に向いているでしょう。

一方、高額な保険を扱う営業職のため、ノルマ達成や給料面で大変な面もあります。

向き、不向きがでやすい職種のため、よく求人内容を精査し比較しましょう。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います

営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業職というとエネルギッシュにお客様のところへ行ったり、電話で積極的に商品を提案したりとにかく動き回ってゴリゴリ押していくイメージがあるかもしれません。しかし、今の営業職はそう行ったタイプの人ばかりではありません。ただ、営業職に興味があってチャレンジしたい人や営業職を考えている人にとって年収や仕事内容は気になります。今回は、営業正社員の年収や仕事内容について紹介していきます。営業正社員はどんな仕事?営業正社員の仕事はざっくりと言ってしまえば、お客様のところへ行って話を聞いて最適の商品やサービスを提供することです。営業正社員の大まかな仕事内容営業正社員の仕事内容は、外回りつまりお客様のところへ訪