現在は男女平等の時代です。

昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。

強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。

今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。

営業の大まかな仕事内容

営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。

そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。

保健や備品のセールスなんかがそうですよね。

セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれるかどうかなのです。

結構ノルマはあるという所で躓く方もいるそうですよ。

女性が営業で活躍するための6個のコツ 

実は女性が営業に向いていないと言われることが結構ありますが、そうでもないですよ。

男女共に自分の個性を伸ばしていけるとうまく行けますし、基本さえ押さえていくとどうにでもなるのです。

戦略以前の前にまずはコミュニケーション能力、報連相がしっかり出来る、傾聴を出来るようにしておきましょう。

営業は対人相手の仕事になります。

大体相手は自分を考えいしていないと思っていないとやっていけません。

コミュニケーション能力

何よりかによりまずはコミュニケーション能力をつけなければお話になりません。

コミュニケーション能力というのはとても大切ですよ。

営業は対人との仕事になりますので、人見知りをするような人間は営業に向きません。

人見知りをする人間の方が多いのですが、知らない人とでも積極的に話していかないといけないのでまずはそこから克服する必要があります。

コミュニケーション能力を養うことはとても大切ですが、毎日色んな人に挨拶が出来るようになれば問題はないでしょう。

目標を達成

営業職というのはノルマを重視されます。

普通の仕事と違い、営業は自分から働きに出なければお金が入ることはありません。

その辺りがシビアともいわれますが、腕の見せ所でしょうね。

目標を決定するのは非常に簡単です。

ただ目標を設定するだけであれば、誰にでも出来る話でしょう。

問題なのは目標を設定した後、どうすればうまく目標に達成できるか、その戦略を練らない限り成功は出来ないですよ。

報連相がしっかり出来る

報連相というのは報告、連絡、相談のことです。

社会人の基本なのですが報連相が出来ない、もしくは遅い人間は信用がありません。

これは別に営業だけの話ではなく、全ての職業に関係することとも言えます。

報連相は出来るだけ早い方が良いです。

微妙な情報を持っている状態であったとしても、あくまでも可能性の段階としてちゃんと報告しておける人は強いですよ。

至極当たり前のものなのですが、これが出来ていない人は男女共に仕事が出来ない人と認定されてしまうでしょう。

自己管理能力

これは目標を達成するために必要な能力とされています。

全ての仕事においてスケジュールを管理したりすることはとても重要です。

時間や身の回りの管理をしっかり把握しておかなければ、営業職だけではなく他のことも手につかなくなってしまいます。

特に営業は自己管理能力が必要とされていますからね。

実際私が医療系で働いていた時、営業の人が連絡を取れなかったりこちらに報告をしてくれなかったりして困ったことがあります。

何を営業するかによってもあるかもしれませんが、お客側の立場からしてみてもアフターフォローをして頂かないととても困りました。

そういうことが何度も続いたため、その営業さんとの契約を打ち切ってしまったんです。

事前に報告をしてくれていたら問題はありませんでしたが、こういう自己管理能力が低いと簡単に顧客の心は離れて行ってしまいます。

困るのは自分だけではなく、お客側になるということを常に頭において行動しておいた方が良いでしょう。

そういう意味でももしもお客側が困ったらどういうことが起きるのかも、把握しておくべきですね。

動じない精神

営業というのは基本的に相手から疎まれるものです。

何故ならあからさまに何かを売りつけるにはわかっているからですね。

セールスと聞いて嫌な顔をするのはそういうことでもあります。

ただこれは昔のセールスのやり方が悪いだけなんですよ。

今のやり方は大きく変わり、相手を尊重するやり方が増えてきています。

昔は手当たり次第に行動するやり方ばかりでした。

学生時代よく受験対策などのチラシや電話が来たことはありませんでしたか?

これってどこから情報が漏れてくるのか分からないですし、怖いものですよね。

営業側からすれば良かれと思ってしたかもしれませんが、お客側からしてみれば単純にいい迷惑です。

そのような背景もあるため、基本的に営業は歓迎されていないということは頭に置いておきましょう。

ただしその会社にとって必要がありそうなものは見てくれる可能性もあります。

何を欲しているか、闇雲に営業をかけず狙いを絞って行動するのが良いですよ。

傾聴

傾聴というのは相手の話を熱心に聞くことを指します。

営業にそんな能力いるの?と思うかもしれませんが必要ですよ。

傾聴は相手のことを知るツールなのです。

人間というのは自分の話をしたがる生き物ではあるのですが、興味がない話は聞く姿勢を持ちません。

営業の人を嫌がる理由はそういう所にあると思ってください。

ほとんどの人は営業というのは、自分の興味のない話を一方的にするようなイメージを持っている方って多いんですよ。

聞いてもいないことをべらべらと喋られても、自分からすればいい迷惑なだけでしかりません。

こういう時は相手の話に耳を傾けてみると、相手がどういう状況であるか、また何を欲しているかを理解できます。

営業が得意な女性の4個の特徴

女性ならではの営業について活かしてみましょう。

営業が得意な女性というのはいますよ。

笑顔が良い人、相手の気持ちを考えられる人、感情的ではない人が特徴として当てはまります。

男性は男性、女性は女性の強みを活かして戦略を立てると必ず成功に導けるでしょう!

感情的ではない人

女性というのは感情的に物事を考える本能を持っています。

男性は感情に流されることなく、理論的に物事を考えられるのですが、どちらが強いと思うでしょうか?

答えは簡単、理論的な考えを出来る人間は強いです。

感情的にしか物事を考えられない女性はとても多いのですが、成功した試しはありません。

別に悪いと言っている訳ではないのですが、ただ仕事に感情を持ち込んでも失敗するだけです。

そういう面では感情に流されない精神を持つ人間は強いとも言えます。

謙虚

相手の気持ちを考えられる人間は人から好かれることが出来ます。

謙虚な人間は、相手を尊重してくれますからね。

営業ってガンガン行った方が良いのではないの?と思うかもしれませんが、ガンガン行くのは逆効果でしかありません。

相手の立場を考えて尊重していると、好感を持ってもらうことが出来ます。

どんなにいい商品でも、営業する人が悪いと購入してくれることはないですよ。

謙虚すぎなのもいけませんが、相手を尊重した上で立てることが出来ると強みになります。

笑顔が良い

相手に好かれたいと思うのであれば、笑顔は絶対絶やさないようにしておきましょう。

笑顔は自分の第一印象をアップさせるものであると思ってください。

特に女性は笑顔が良いと、色んな人から好かれることが出来ます。

怒っている顔をしてる人よりも、笑顔が良い人の方が好きになりますよね?

実際常に笑顔でいるような人間というのは、性格も柔らかく明るい人が多いのです。

笑顔ってどの表情よりも力がいりますし、笑えるようなことがないと笑わえないかもしれませんが、普段笑っていないような人間は自然に笑顔を作ることが出来ません。

凄くぎこちない笑顔になるので、地味に怖いんですよ。

1度自分の目元に涙袋というものがあるかチェックしておきましょう。

普段から笑っているような人は、涙袋がはっきりとあります。

褒め上手

相手を褒めることが出来る人はとても有利ですよ。

人から好かれる最強のツールというのは、褒めることです。

相手をけなすことや嫌いになることは簡単ですが、相手を褒めることをしている人間はそうそういないでしょうね。

褒められたらどんな気持ちになりますか?

やっぱり嬉しいものですよね。

ただ褒めるというのは、適当に褒めればいい訳ではありません。

具体的に何を褒めるかにもよります。

悪い部分を見つけるのは簡単とは言いましたが、相手の良い所を最低でも3つ見つける癖を付けましょう。

それをタイミングを見計らっていってみると、相手は気分よくなってくれます。

おだてるのが良いとは昔から言いますが、結構効果高いですよ!

その後のキャリアについて

営業をもし辞めたあと、または更なるキャリアアップを望めるか、またブランクが開いていてもこの経験を活かせることは可能か?という疑問を持っている方は多いでしょう。

キャリアに関してですが、営業職を極めると接客業では物凄く強みになります。

何せコミュニケーション能力がどの職業よりも特化しているのですからね。

どの仕事においてもコミュニケーション能力は必要とされていますが、営業をこなすことが出来れば最強でしょう。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

営業に就いた後のキャリアアップに関してですが、定年まで営業担当を継続させることが可能です。

定年まで営業を担当するの?と思うかもしれませんが、お客との信頼関係を築くということになります。

仕事をしている方なら分かると思いますが、長年お世話になっている業者っていますよね?

それと同じことです。

この人であれば任せることが出来ると思ってもらえるので、信頼関係を築くことが可能となります。

信頼関係を築くことが出来たら、相手側から重宝してもらえるようになるでしょう。

営業でも転勤があるため、転勤すると相手側から残念に思われてしまうことも少なくないのです。

やっぱりこの人が良かったと思うこともありますからね。

それらを築き上げていくと、管理職に昇進することも出来るのです。

係長や課長など、役職をもらえますよ。

今は女性でも上司になることが出来るので、昔とは大きく異なります。

業績を評価してもらえるようになれば、女性が上司なんてとは言うこともないですからね。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

他の仕事でもこの経験は大いに活かすことは可能でしょう。

接客業であれば特にそれは発揮できますよ。

医療系や販売職など、対人相手ですとそれがもろに発揮できます。

営業職と販売職は結構似ていますからね。

違いは相手が欲しいと思ってきてくれているので、まだ営業職よりも販売職の方がやりやすいという点です。

販売職もお客に購入してほしいため、商品の良さをアピールすることがあります。

お客に気に入られると無条件で購入してもらえるようになるので、そういう所は大きいでしょう。

その他には対人関係の仕事でなくても、職場の人間関係を円滑にさせることも可能です。

やはり人間関係は重要ですからね。

ブランクが空いてもこの経験は活かせる?

ブランクが開いていても経験は活かすことが出来ます。

女性の場合は結婚や出産、育児などでどうしてもブランクが開いてしまいますからね。

育児休暇を使用できる所もあるのですが、やっぱりまだまだ承認度は低いでしょう。

経験というのは命です。

忘れることはあったとしても思い出せることは出来ます。

それに何事も経験という言葉はありますからね!

自分がやってきたことは無駄ではないのです。

全てが自分の糧になっていると思って努力する方が良いんですよ。

何が役に立つか分からないので、それだけは忘れないようにしましょう。

まとめ

営業で上手くやっていける方は、何でもこなすことが出来ます。

こういうのは物凄い強みになりますからね。

どの仕事でもそうですが、プロフェッショナルまで上り詰めると何にでもなれます。

自分に自信が付きますし、良いキャリアアップにもつながりますからね。

まずは自分には何がたりないのか、冷静に分析をしてみる所からスタートしてみましょう。

自分自身だけではなく、商品の良し悪しもチェックしておくと更に良いですね。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやす

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に

営業経験を活かせる仕事おすすめ7選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

営業の仕事を経験した人、今営業をしていて将来のキャリアアップに活かせないか考えている人は少なくないと思います。営業の仕事ができたら色んな場面に活かせると営業職の人から言われたことがある人もいるかもしれません。ただ、実際に営業経験がどういう仕事に活かせるのか、営業経験を活かして転職ができるのかなど具体的な話を聞いた人は少ないかもしれません。今回は、営業経験を活かしてできる仕事について紹介します。営業職で働いていて転職を考えていたり、営業職を辞めて違う仕事を考えている人など参考にしてもらえたら幸いです。営業経験を活かせる仕事ってどんなもの?まず、営業職として働いて得られるスキルはどういうものかにつ

営業が楽しいと感じる8個の理由やシチュエーション!これで皆も営業が好きになる!

営業の仕事はノルマに追われるイメージを始め、あまりポジティブな話を聞かない職種、と思われる方も多いでしょう。しかしながら、この仕事には実際に従事してみると「楽しい」瞬間もたくさんあります。今回は私自身の経験をもとに、営業が「楽しい」と感じる理由やシチュエーションについて、いくつか紹介していきます。営業のおおまかな仕事内容とは?まずは営業職の仕事をおおまかに把握しておきましょう。営業職はその名の通り、商品・サービスや会社そのものを「営業」することが職務とされていますが、その方法や手順、求められる結果などによってさまざまな分類が存在します。たとえば、一般的に営業職といえば「外回り」をしているイメー