就職を考えている学生の皆さん。

就職といっても漠然としていて、自分がどんな仕事に就きたいのか決めかねている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな貴方に、この記事では営業職の魅力についてお伝えします。

営業といえば、何となく「キツそう」という印象があると思います。

正解です。

ノルマや上下関係、取引先との付き合いなど、学生の頃に経験したことのない面倒なことが沢山あります。

ですが、そもそもキツくない仕事なんて存在するのでしょうか?

事務職、企画職、管理職、人事職、どんな仕事にもその仕事なりのキツさがあり、面倒なことがあります。

営業職は配属される人材が多く、そのため必然的によく声が通ります。

でも、どんな仕事だってそれなりに大変です。

面倒なこともありますが、営業は他業種と比べてお金が稼げることに加えて、言葉が通じれば誰にでも出来る仕事です。

では、数ある職種の中でも私が新卒に営業をおすすめする6個の理由とぶつかる壁の数々、そしてその乗り越え方を紹介します!

営業の存在意義

そもそも、営業とは何でしょう?

国税庁の公式サイトによれば、営業とは「一般通念では利益を得る目的で、同種の行為を継続的、反復的に行うこと」だと定められています。

つまり、要約すると営業とは「利益を得るための行為」です。

利益を得るためには、お金を貰う必要があります。

でも、人は簡単にお金を払いません。

お金とは、自分の時間を削って社会に貢献した見返りです。

飲食、小売、教育、配送・配達、エンタメ等々……。

社会に貢献した見返りとして、私たちはお金を受け取っています。

お金は別の価値と変換できる希少なアイテムです。

すれ違った人から突然、1万円を受け取れることなんてありませんよね。

希少だからこそ、使いどころは皆慎重です。

例えば、貴方は着るだけで代謝が良くなり高身長になって女の子からも非常にモテる服を開発したとします。

でも、世の中にはたくさん服屋があります。

ユニクロ・GU・H&M・ZARA・GAP。

貴方の作った服がどれだけ素晴らしいものであっても、それを人に知ってもらわなければ、ただの布切れにすぎません。

そこで、営業が必要なのです。

この服はリネン素材で出来ているから肌触りもよく、吸水発散に優れているから涼しい!といったように、人々へ自社の商品やサービスがこれだけ素晴らしいものです、と紹介することで、消費者に購買意欲が生まれてお金が使われるのです。

営業に共通の仕事内容とは?

営業にはたくさんの種類があります。

訪問営業、電話営業、メール営業、広告営業、ルートセールス、個人営業、法人営業などです。

そんな数ある営業にも、共通点が1つあります。

ウルフ・オブ・ストリートという映画をご存知でしょうか。

主人公、ジョーダン・ベルフォートという実在した株式ブローカーが年商48億を稼いだ伝説と破滅を描いた映画です。

レオナルド・ディカプリオが主演男優賞を受賞したこの作品。

アダルトなシーンが多くR18指定をされている映画で敬遠されがちですが、実は営業について学ぶのには適した映画です。

その中で、ファミレスで営業をノウハウを教えるシーンがあります。

ジョーダンはこのペンを僕に売り込むようにと、何の変哲もないペンを男に渡します。

そして、男はこう答えます。

「そこのナプキンに名前を書け」と。

ジョーダンは男を賞賛します。

これが営業です。

名前を書けと言われても、ペンが無い。

だからペンが売れる。

営業とは需要と供給です。

必要性を作り、相手に買わねばと思わせること。

貴方なら、このペンをどう売るでしょうか?

営業の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

営業の基本3つの「ちょう」

営業マンの基本として、3つの「ちょう」が必要です。

それは、「同調」「丁重」「成長」です。

その1「同調」

同調とは、貴方と私は同じなんだ、と調子を合わせることです。

営業は人と関わる仕事です。

まず、人に信頼されなければモノを売れません。

人から信頼をされるためには、私と貴方は同じです。

という同調が不可欠です。

例えば、気になっている女の子と趣味が一緒だったら、なんだか親近感が湧いて嬉しくなりますよね。

共通点があると人は心を許しやすくなります。

お客様に同調することは営業の基本です。

その2「丁重」

丁重とは、礼儀正しく態度が丁寧なことです。

例えば、気に入ったTシャツを買おうとしている時に鼻をほじりながら「その柄、クソダサくないすか」と店員から声をかけられたら、とても不快な思いをすると思います。

そのTシャツがどんなに素晴らしい商品であろうと、営業マンの振る舞い一つでお客様の購買意欲は変わります。

その3「成長」

営業に現状維持はありません。

常に利潤を追い求め続けます。

人も時代もいずれは変わります。

古来の営業スタイルでは現代に通じない時もあるでしょう。

だからこそ成長が必要なのです。

本を読む、先輩に話を聞く、流行を知るなど、常に情報をチェックして、成長を止めないことが重要です。

新卒で営業の仕事をするときにぶつかった壁とは?

人にお金を払う価値があると思わせるのが営業です。

ですが、人にお金を払ってもらうということは、そう簡単なことではありません。

営業の仕事でぶつかる壁とは一体何か。

いくつかご紹介します。

ニーズに応えられない

営業に大切なことは必要性です。

欲しいものがあるから、人はお金を払います。

逆に言えば、必要ないものは買いません。

よって、人のニーズに応えられなければ、そもそも営業は成り立たないのです。

ですが、新卒に出来ることは限られています。

突然商品を半額にする、商品の効能を変えるといったことは出来ません。

実際、現場に出てみると、自分一人ではどうすることも出来ない場面が何度も訪れます。

こんなものどうやったら売れるんだよ!

そんな時に、新卒は一体どうすれば良いでしょう?

その乗り越え方

大前提として、全てのお客様のニーズに応えることは不可能だということを頭に入れてください。

ニーズに応えるのが営業の仕事ですが、全てのニーズに応える必要はどこにもありません。

ですが、もしかしたら応えられるかもしれない案件が舞い込んでくることもあります。

そんな時は、まず相談してみましょう。

私は新聞の訪問販売をしていた時に、お米10キロを持ってきたら契約をしてあげるとお客様に言われたことがありました。

お客様に渡していいお米は5キロまでと言われていましたが、取引先に相談してみると、渡してもいいとの声がかかりました。

「これを言ったら怒られるかも」と無駄な憶測を立てずに、「このような案件があって」と相談することが大切です。

ノルマが厳しい

営業職にはノルマや目標が付き物です。

売り上げ額や契約数など、数字と戦う日々が続きます。

自爆営業という言葉があるように、業種によってはノルマが達成できなければ不利益を被ることがあります。

また、ノルマ未達成による上司からのプレッシャー、仕事が出来ないという烙印を押されてしまい精神的にも辛くなります。

その乗り越え方

勝ちに不思議の勝ちあり。

負けに不思議の負けなしという言葉があるように、営業が上手くいかない理由には原因があります。

そんな時は、ノルマを達成している人にコツを聞きましょう。

わからないことがあったら聞く。

新卒だからこそ許される特権です。

出来る人、出来ない人との間にはどんな違いがあるのか。

上司、同期、先輩。

いろんな人から直接聞いてみることが大切です。

些細なことから、大きなヒントを得られるかもしれませんよ。

売るのが申し訳ない

携帯電話販売店を想像してください。

例えば、本来なら月5000円で済む携帯代を何も知らずに来店してきたおばあさんに諸々のサービスをつけて、月10000円で提供したとします。

おばあさんはそのまま何も知らずに、新しい携帯を手にして店を出て行きました。

この時、会社は得をしましたが、おばあさんになんだか悪いようなことをした気分になります。

このように、時折商材を売っていると罪悪感に苛まれる時があります。

その乗り越え方

商材を好きになりましょう。

何故なら、「これは本当に良いものだから、ぜひ買ってほしい!」と確信を持って営業が出来なければ、それはゴミを売っているのと変わらないからです。

自分が必要ないと思うものを売ること自体が間違っています。

商材を絶対に良いものだと思えば、罪悪感に苛まれることはありません。

それでもなお、商材を好きになれなければ、その仕事は辞めた方が良いです。

上下関係が面倒臭い

営業職は体育系が多いです。

体育会系は上下関係に厳しく、常に気遣いが欠かせません。

中には、面倒くさい上司やいじわるをしてくる先輩もいるかもしれません。

そんな人たちと、どのように付き合っていけばよいのでしょうか。

その乗り越え方

気遣いをすべて練習だと思ってください。

例えば、自分の大尊敬するアーティストと話す機会があったとしましょう。

きっと、緊張しながらも、そのアーティストに失礼のないように話し方やマナーなど、気遣いが欠かせないと思います。

上下関係の面倒臭さとは、「いつか本当に気を遣いたい人のための練習の場」と思えば、スッと楽になります。

それでもなお、どうしようもなく人間関係が辛い時は、その仕事は辞めた方が良いでしょう。

新卒での営業担当がおすすめな6個の理由 

数ある職種の中で、営業を選ぶメリットとは一体何でしょうか。

ここでは、営業をおすすめする6個の理由をお伝えします。

人間として成長できる

私は昔、根性なしでした。

諦めが早くて、無理だと思ったらすぐに手を引くような人間でした。

ですが、訪問販売を通じて何千人というお客様と出会って何度も契約を断られているうちに、ちょっとやそっとのことではめげない性格に変わっていました。

営業は人と関わる仕事です。

人と関われば、自分の信条や価値観、性格までも変わっていきます。

自分の言葉を持つことができる

自分の言葉、というのは何処かで聞きかじったような言葉ではなく、自分が体験して生まれた言葉のことです。

よく就活で耳にした人もいるのではないでしょうか。

営業は現場に直結しています。

現場を知ることで、世間の偏見や机上の予測ではなく、その業種のリアルを知ることが出来ます。

自分の目で現場を見ることで、深みのある言葉が生まれます。

自分の言葉で喋ることが出来る社会人になれば、その後どんな職に就いても成功することが出来るでしょう。

インセンティブがある

業種によりますが、営業にノルマが課せられている分インセンティブが発生します。

このインセンティブによって、若いうちからお金をたくさん稼ぐことが出来ます。

働いたら働いた分だけお金が貰えるので、モチベーションに繋がります。

お金のために生きろとは言いませんが、お金はあって困るものではありません。

社会人に必要なスキルが身につく

学生の皆さんの中には、ビジネスマナーやビジネス文書に何となく自信のない方もいるのではないでしょうか。

営業職はお客様と話す機会が多いので、敬語などのビジネスに関連する必要なスキルは嫌でも身につきます。

敬語やビジネスマナーは転職後も役に立つこと間違いありません。

やりがいがある

営業職は数字の世界です。

野球の打率と一緒です。

打率が高ければ高いほど、人から評価されます。

逆に言えば低ければ低いほど、仕事が出来ないと思われます。

どんなにうるさい上司も嫌味な先輩も、結果さえ出していれば黙らせることが出来ます。

根っからのチャレンジャーや、競争心が強く負けず嫌いな人ほど営業職は向いている職種です。

正解がない

営業は、数式のように答えのある仕事ではありません。

「これを言えば何があっても絶対に売れる!」といった営業トークは存在しません。

何故なら、営業は人を相手にする仕事だからです。

人の数だけ正解があります。

数学というよりは、正解がないものを追い求める姿は真理を追求し続ける哲学のようで、とても興味深いです。

まとめ

新卒の皆さん。

この記事を読んで、営業のイメージを掴んでいただけたでしょうか。

営業は面倒くさいです。

何故なら人間は面倒くさいからです。

でも、営業は楽しいです。

何故なら人間は面白いからです。

営業を知るということは、人間を知ることです。

若いうちから人間を知ることが出来れば、今後の人生にも必ず役に立ちます。

だから、私は新卒のみなさんに営業をおすすめしています。

貴方が素敵な営業マンになれますように。

心の底から応援しております。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズ11選

外回りの多い営業マンは、会社の顔として取引先やお客様の元へ伺う事がメインのお仕事なので身だしなみには気を配っておく必要がありますね。更に、移動が多く時間の管理もしっかりしないと大事な取引も万全の準備で臨めなくなります。出来る営業マンほど、色々なグッズを使って時間効率や清潔感をキープしているようです。時間を有効に使う事で、無駄な残業が減りプライベートも充実と、良い事ずくめですね。今回は、忙しい営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズを11選ご紹介していこうと思います。営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズ11選スティック電動歯ブラシ外出先で食事をした後に欠かせない口腔ケ

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職