最近、企画営業の求人が増えていますが、気になる年収はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、企画営業の仕事をしている私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します!

企画営業の給料の相場はどのくらい?

給与の相場は?

給与の相場は年収で350万円~700万円程度です。

月収としては、未経験であれば20万円程度からのスタートになるケースが多いです。

転職の場合は年収350万円前後をベースに、前職の経験なども加味し、400万円程度まで増額されることもあります。

給与にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は多くの場合一般的な企業の場合、他の職種と同程度と考えて良いと思われます。

もちろん、その年度の会社の業績や個人の評価、入社してからの経験などにもよりますが、概ね他の職種と同程度の勤続年数に応じた金額になると考えて良いでしょう。

昇給

昇給は会社によりまちまちです。

毎年ベースアップをしている会社もあれば、前年度の目標達成度合いにより昇給が行われることもあります。

各種手当

企画営業は営業職のため、手当として営業手当が出る会社の場合は営業職と同様にこの手当が支給されることが多いです。

さらに、チームや部署ごとに予算を達成した場合の「報償手当」のようなものがある会社もあります。

これは、多くの会社が社員のモチベーション維持・向上のためや人材流出を防止する目的で、目標達成や業績に応じた手当を支給するケースがあるからです。

給与が高い人は何が違うの?

それでは企画営業で給与が高い人は何が違うのでしょうか。

常に多くのクライアントを抱え、高い目標をクリアし続けることで、高収入を得ている先輩を例に解説します。

スキル

元々営業経験や、商品開発・製造分野での経験があるなど、企画か営業のどちらかに強みがある人は、営業成績も安定して向上し続ける傾向があると言えます。

例えばクライアントから「御社の商品のこの部分を変更したら、幾らくらいコストが浮くの?」などと質問された際に、即座にその商品の詳細について答えられれば信頼性はより高まります。

役職

当たり前のことではありますが、役職が上がるほど給与も上がります。

いち営業マンではなく営業を取りまとめる立場になるためには、自分の成績が良いのはもちろん、後輩営業マンへの指導力やマネジメント力も問われます。

勤続年数

勤続年数はそこまで給与に影響はない業種であると言えます。

入社1年~2年でも、努力や成果次第では役職がつくほどに活躍できることもあります。

企画営業の給料の決まり方

クライアント数

企画営業は、3つの要素で成績が決まり、その成績の良し悪しで給与も決まります。

まずは自分が担当するクライアント数です。

クライアント数が多ければ、それだけ受注が取れる可能性も上がるためです。

リピート数

更に、1クライアントあたりが何度も同じ商品をリピートして発注することになれば売上は増えます。

同じ商品でなくとも「この企画営業は信頼できる」「自社のニーズや課題をわかっている!」と思っていただくことができれば、別案件でのリピートもあり得ます。

1回あたりの売上単価

1回あたりの売上単価も関わってきます。

例えば、販売価格100円のオリジナルキーホルダー100個の売上よりも、販売価格100円のオリジナルキーホルダー10,000個の売上の方が当然儲けは大きくなります。

そのため、できるだけ大きな案件を受注することで仕事自体もかなり余裕を持って進めることができるようになります。

企画営業で給料を上げるためにやるべき4個のこと

それでは、企画営業で給料を上げるためにやるべきことについて4つアドバイスを致します。

世の中の流行や売れているもの、最新技術などにも触れ情報収集を怠らない

どのような商品・サービスを扱っている企画営業であっても、常に世の中の流行や売れているものについては目を光らせ、情報収集を怠らないことが求められます。

クライアントから「最近話題のあれみたいな商品が作りたい」と言われることもありますし、売れているものの要素を自社の商品に取り入れることで付加価値が高まる商品になることもあるからです。

また、最新技術などにも詳しくなっておくことで、クライアントのニーズに応える商品づくりのヒントになることもあります。

更に、直接的には関係のないことであっても、クライアントとの営業の中での会話にも役立つことがあります。

どんなに細かいことでもクライアントに確認し、可能な限り対面で打ち合わせを行う

企画営業は、クライアントの意向を汲み課題を解決する商品やサービスを企画するのが仕事です。

そのため、どんなに細かい部分であっても、自分個人の判断で「多分、こうだろう」と勝手に判断しないようにすることが重要です。

どんなに細かいことでもクライアントに確認していくことでミスや思い違いをなくすことができますし、可能な限り対面で打ち合わせを行うことで信頼度も増します。

効率化を重視し、営業と企画に割く時間以外の時間を極限までカットする

企画営業は企画も営業も行うため、多忙で残業も多い職種と言えます。

特に成績の良い企画営業ほど、多くの案件を抱えることになります。

そこで、より効率良く案件に対応するために、営業と企画に割く時間以外の書類仕事などの時間を極限までカットすることで多くの案件に対応し、成績を上げることができるようになります。

工場など取引先への指示は明確に、互いに気持ち良く仕事をする

クライアント以外にも工場や運送会社などの取引先が多く、それぞれに指示を出し取りまとめることが多い企画営業ですが、どの取引先も気持ち良く仕事ができるよう配慮することが大切です。

しかし、指示がずさんだったために異なる解釈で伝わってしまい、二度手間となってしまったり納期が遅れてしまったりすることもあります。

更に、工場長などの中には「気に食わない相手とは仕事をしない!」というタイプの方もいますので、できるだけ誰もが一緒に仕事がしたいと思ってもらえるように取り組むことも必要です。

まとめ

いかがでしたか?

企画営業の給与相場や、給料の上げ方についてイメージはわきましたでしょうか?

企画営業の仕事は経験やセンス、発想力なども問われますが、地道に信頼を勝ち取っていくことも大切な要素です。

常に売上を上げるための工夫を怠らないことで、多くの企画した商品の受注に繋がる可能性があります。

そして、高い目標を設定し、その目標をクリアし続けるよう取り組むことが給料のアップという形で返ってくるととても嬉しいものです。

企画営業として給料を上げたいと考えた時、この記事が参考になれば幸いです。


関連キーワード

企画営業求人

企画営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

企画営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

転職を考えている方の中には最近企画営業の求人を多く目にすることから、企画営業の年収や仕事内容、おすすめ求人について知りたいと思っている方も多いと思います。そこで今回は企画営業正社員のよくある募集内容や正社員として求められることについて解説致します。企画営業正社員の仕事内容とは?企画営業とは、メーカーやイベント会社などクライアントからの要望に応じて商品やサービスを企画・提案・制作し販売・提供する仕事で、営業職と企画職の両方を担当する職種のことです。一般的に、その2つの仕事は別々の担当者をアサインすることも多くあります。企画営業は一貫して自分の担当するクライアントの意向を反映させた商品開発やサービ

企画営業の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

企画営業は年々需要も増えており、人気が出ている職種です。そんな企画営業への転職を成功させるためにやるべきことや、上手な転職方法を解説します。企画営業で転職する人は多い?そもそも企画営業という職種についてまだ理解している人は少ないように思います。自分がクライアント側で企画営業と仕事をしたことがある人や、たまたま求人を見かけて企画営業という仕事について知ったという人も多く、最初から「企画営業になりたい!」と転職を考える人は少ないでしょう。しかし、近年では各種メーカーやイベントなどのサービス業を中心に求人が増えており、その言葉を目にしたことがある人も多いはずです。企画営業の転職を成功させるためにやる

企画営業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

企画営業というとあまり聞き慣れず、仕事内容のイメージがわかない方も多いと思います。自分は企画営業の仕事に向いているのか、どのようなタイプの人に向いているのかなど、企画営業を得意とする人の特徴やキャリアについて解説します。企画営業の仕事はどんな仕事?企画営業の仕事は、企画と営業を両方行うことでより相乗効果を生み出すことが目的です。今まで多かったのは、営業担当が案件を取ってきて、企画がその案件について検討し提案書としてまとめたり商品を作成し、営業担当がその商品を持って営業に行く……というものでしたが、これを1人の人間が行うことで効率も良く、よりニーズに応えやすいというメリットがあります。例えば商品

企画営業とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

企画営業とはどういう仕事なのでしょうか。その役割や具体的な仕事内容、企画営業の良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します。企画営業とはどんな仕事?企画営業というと聞き慣れない方も多いと思いますが、ひとことで言うと「企画と営業を両方行う担当者」です。一般的に企画職と営業職は別の人間が担当することが多く、それぞれの感じ方や立場によりズレが生じてしまうことも多いものです。しかし、企画営業は一人の人間がどちらも行うため、両方の立場を理解しながらお客様であるクライアント企業のニーズにより応えた商品開発やサービス提供が可能となります。企画営業の役割とは?企画を自社のリソースをもとに提案

企画営業が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

企画営業というと、企画をする人なのか?営業をする人なのか?耳慣れない上によく分からないという人も多いかもしれません。しかし、近年とても募集の増えている人気の職種でもあります。ここでは、企画営業の仕事の内容や、企画営業に向いている人について解説していきます。企画営業の仕事とはどんな仕事?企画営業とは、その名の通り企画と営業を両方行う職種のことです。具体的には、営業活動によりクライアント企業のニーズを引き出し、自社のリソースを使用して企画を立て、お客様に新たな商品やサービスを提供する仕事です。これまでに自社で製造したラインナップのカタログを持参しお客様におすすめするのではなく、これまでに存在してい