企画営業での求人募集を最近よく見かけるようになりました。

企画営業とはどのような仕事をする職種なのでしょうか。

企画営業求人の働き先の業種の種類、気になる疑問について解説します。

企画営業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

企画営業とは一般的な営業とは異なり、クライアント企業が求める商品やサービスに対し、自社のリソースを活用して商品やサービスを企画・提案・制作し、販売・提供する仕事で、営業職と企画職の両方を担当する職種のことです。

一般的な営業であれば、営業先のクライアント企業が「今こういうことに困っている」という話を聞いて、「では自社のこの商品がぴったりです」とカタログなどを見せて売り込みます。

しかし、企画営業の場合、営業先のクライアント企業が求めている商品やサービスを新たに企画開発する能力や、クライアント企業の担当者でさえも気づいていないニーズを引き出し提案をすることが求められます。

また、自社が得意とする商品やサービスのラインナップだけでなく、新たに別の協力会社を探しコラボレーションすることによってそのニーズに応えるなど、ユニークな視点や創造力、そしてコミュニケーション能力が求められます。

企画営業の働き先の業種の種類にはどんなところがあるの?

それでは、具体的に企画営業とはどのような企業や業種で募集をしているのでしょうか。

その働き先の種類をいくつか見ていきたいと思います。

商品開発を行っている

自社が得意とする分野において、ゼロベースから新しい商品の企画を担当します。

例えば玩具やグッズ、日用品などを初めとして、オフィス用品、家電、パソコン、自動車などの商品開発を行っている企業や、宅地開発からマンションや一戸建て物件の企画・開発を行う不動産やインテリアなどの企業における企画営業が該当します。

この場合、自社が行っている分野の範囲内で、お客様の望む形状や機能を備えた商品をお客様と一緒に創り上げていきます。

イベントやサプライズの企画企業

イベント会社や、最近ではサプライズやパーティー・結婚式などを企画する企業の営業担当も企画営業と呼ばれます。

この場合も同じく、お客様がイメージしているイベントの内容を具体的に形にしていくため、ヒアリングや提案をしながら最終的なイベントを完成させます。

販促関連の企業

出版物の販促や商品の広告などを作成する販促関連企業の営業担当も、企画営業と言えます。

どのような販促物をつくればその商品がより売れるのかを、POPや棚づくり、売り場づくりまで提案する仕事です。

企画営業求人でよくある募集内容とは?

それでは、企画営業求人の募集内容を見ていきましょう。

給与相場

一般的な未経験の中途入社の場合では、年収ベースで400万円〜500万円前後であることが多いようです。

これに加え企画営業の経験があったり管理職での採用であれば、更に年収レベルは上がります。

勤務時間や休日、残業

基本的には土日祝日は休みのところが多いです。

しかし、土日にイベントを行うことの多いイベント関連企画の企業であれば、平日休みの場合もあります。

企画営業は、日中にクライアント企業との打ち合わせや営業活動を行い、帰社後に企画を考えたり調整をすることが多く、残業はかなり多くなる傾向にあります。

この残業時間は、少なくとも月20時間程度、多くの案件を抱える企画営業であれば繁忙期など月100時間を超えることもあります。

福利厚生

一般的な福利厚生に加え自社商品やサービスの割引制度、社内の忘年会、そして誕生日会のイベントとして豪華クルージングなど、企画を得意とする企業ならではの福利厚生が充実していることが多いです。

求められる人物像

企画営業に求められる人物像としては、まず営業として信頼される身だしなみや言葉遣いなどの基本がしっかりとあることに加え、誰も思いつかないような独創的な発想力があることが求められます。

また、お客様であるクライアント企業のニーズを深く把握できる洞察力も必要な能力と言えます。

必要なスキルや資格、経験

必要な資格はありませんが、営業経験・もしくは企画職の経験があれば即戦力となり得ます。

入社後すぐに営業と企画両方を初心者としてスタートするのはハードルが高いですし、どちらかを経験していればその経験がない方のスキル習得に注力できるためです。

企画営業のおすすめ求人のポイントとは?

数ある企画営業の求人を見る際に、おすすめしたいポイントについて解説します。

残業代がみなしではなく残業時間分しっかりと出る

他の職種に比べて残業が多くなる傾向にあることから、残業代が「みなしで20時間分」などと一律で定められている場合には、実際の残業がその基準を上回ったときに残業代が支払われない可能性もあり、モチベーションが低下することにも繋がりかねません。

人事管理がしっかりしていて、残業した分の残業代が満額支払われるところを選びたいものです。

社内に事務担当や経理担当がいる

企画営業の仕事には、企画と営業に留まらず、クライアント企業に対する契約書の作成や受注処理、売上の請求など事務的な作業も発生します。

社内や自部門にこのような事務作業を担当する専任者がいると、企画営業の仕事に専念しやすくなるため、時間をより効率的に使うことができます。

得意分野や取扱う商材が明確である

例えば「雑貨であれば何でも作れます!」といった幅広い商材を扱っている企業の場合はその可能性も無限にあり、なかなか慣れない内は仕事の進め方などが散漫になってしまい、発想の仕方についても戸惑ってしまうことになりかねません。

企画営業にチャレンジする場合には、「文具メーカー」や「サプライズ企画のイベント会社」など、ある程度ターゲットが定まった会社を選ぶと良いでしょう。

企画営業求人についてよくある疑問

最近の企画営業に対する求人内容について、よくある疑問にお答えします。

残業が多いのが気になります

日中はクライアント企業との営業活動に追われることが多く、企画を考えるのはどうしても就業時間を過ぎたころ、というのがよくあケースです。

そのため、どうしても残業時間は多くなってしまう傾向にあります。

しかし、それでも工夫をして残業を減らしている企画営業担当もいます。

スケジュールの組み方を、営業活動のみに専念する日・企画活動に専念する日と分けることで移動時間の短縮や、デスクでの企画業務に専念することによって効率を上げることができます。

他にも、全ての営業活動のために外出するのではなく、電話対応や、内容次第ではクライアントに来訪していただくことで時間短縮を図ることもあります。

また、そこまで一人あたりの案件が多くない場合であれば、半日は営業活動・半日は企画活動など、残業をしなくとも定時間内で仕事を終えることができます。

企画をやったことがなく、できるかどうか不安です

いきなりクリエイティブなことを求められることはないので安心してください。

まずは自社の過去の実績を真似て一部だけ変えてみるなど、少しずつ考え方や発想力の訓練を積むことで企画ができるようになります。

また、困った時や行き詰まったときには社内の先輩に相談し、お互いにアイディアを出し合うことでより良い企画へとブラッシュアップすることが可能になります。

まとめ

企画営業というのは耳慣れない職種ではありますが、近年その求人数は増えており需要が高まっている職種です。

それは、営業だけをするのではお客様であるクライアント企業にその企画内容への説明が不十分となることもありますし、企画だけをするのではクライアント企業のニーズを把握しきれない場合があるためです。

どちらもできる人材であれば、お客様の二―ズを直接企画に活かしながらお客様の反応を直接確認することができますので、より満足度の高い商品やサービスを提案することが可能になります。

これから需要の高まる企画営業の仕事を、ぜひあなたも目指してみてください。



関連キーワード

営業求人

企画営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

企画営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

転職を考えている方の中には最近企画営業の求人を多く目にすることから、企画営業の年収や仕事内容、おすすめ求人について知りたいと思っている方も多いと思います。そこで今回は企画営業正社員のよくある募集内容や正社員として求められることについて解説致します。企画営業正社員の仕事内容とは?企画営業とは、メーカーやイベント会社などクライアントからの要望に応じて商品やサービスを企画・提案・制作し販売・提供する仕事で、営業職と企画職の両方を担当する職種のことです。一般的に、その2つの仕事は別々の担当者をアサインすることも多くあります。企画営業は一貫して自分の担当するクライアントの意向を反映させた商品開発やサービ

企画営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

最近、企画営業の求人が増えていますが、気になる年収はどのくらいなのでしょうか?この記事では、企画営業の仕事をしている私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します!企画営業の給料の相場はどのくらい?給与の相場は?給与の相場は年収で350万円~700万円程度です。月収としては、未経験であれば20万円程度からのスタートになるケースが多いです。転職の場合は年収350万円前後をベースに、前職の経験なども加味し、400万円程度まで増額されることもあります。給与にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与賞与は多くの場合一般的な企業の場合、他の職種と同程度と考えて良いと思われます。もちろん、その年

企画営業の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

企画営業は年々需要も増えており、人気が出ている職種です。そんな企画営業への転職を成功させるためにやるべきことや、上手な転職方法を解説します。企画営業で転職する人は多い?そもそも企画営業という職種についてまだ理解している人は少ないように思います。自分がクライアント側で企画営業と仕事をしたことがある人や、たまたま求人を見かけて企画営業という仕事について知ったという人も多く、最初から「企画営業になりたい!」と転職を考える人は少ないようです。しかし、近年では各種メーカーやイベントなどのサービス業を中心に求人が増えており、その言葉を目にしたことがある人も多いはずです。企画営業の転職を成功させるためにやる

企画営業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

企画営業というとあまり聞き慣れず、仕事内容のイメージがわかない方も多いと思います。自分は企画営業の仕事に向いているのか、どのようなタイプの人に向いているのかなど、企画営業を得意とする人の特徴やキャリアについて解説します。企画営業の仕事はどんな仕事?企画営業の仕事は、企画と営業を両方行うことでより相乗効果を生み出すことが目的です。今まで多かったのは、営業担当が案件を取ってきて、企画がその案件について検討し提案書としてまとめたり商品を作成し、営業担当がその商品を持って営業に行く……というものでしたが、これを1人の人間が行うことで効率も良く、よりニーズに応えやすいというメリットがあります。例えば商品

企画営業とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

企画営業とはどういう仕事なのでしょうか。その役割や具体的な仕事内容、企画営業の良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します。企画営業とはどんな仕事?企画営業というと聞き慣れない方も多いと思いますが、ひとことで言うと「企画と営業を両方行う担当者」です。一般的に企画職と営業職は別の人間が担当することが多く、それぞれの感じ方や立場によりズレが生じてしまうことも多いものです。しかし、企画営業は一人の人間がどちらも行うため、両方の立場を理解しながらお客様であるクライアント企業のニーズにより応えた商品開発やサービス提供が可能となります。企画営業の役割とは?企画を自社のリソースをもとに提案

企画営業が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

企画営業というと、企画をする人なのか?営業をする人なのか?耳慣れない上によく分からないという人も多いかもしれません。しかし、近年とても募集の増えている人気の職種でもあります。ここでは、企画営業の仕事の内容や、企画営業に向いている人について解説していきます。企画営業の仕事とはどんな仕事?企画営業とは、その名の通り企画と営業を両方行う職種のことです。具体的には、営業活動によりクライアント企業のニーズを引き出し、自社のリソースを使用して企画を立て、お客様に新たな商品やサービスを提供する仕事です。これまでに自社で製造したラインナップのカタログを持参しお客様におすすめするのではなく、これまでに存在してい