営業の仕事をしてみよう!と思ったら、自分に向いている営業職はどれかを知るところから始めましょう。

一言で営業といっても業界でも様々、営業にもたくさんの種類があります。

自分にあった求人を探すために、営業選びのポイントを見ていきましょう。

「営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業職ってどんな仕事?未経験でもチャレンジできる?

営業と聞くと訪問販売して、突然人に物を売りに行かなければいけない。

相手に買ってもらうためにはスキルが必要なのではないか?難しいのではないか?と考えてしまいがちです。

しかし、新卒では女性は事務、男性は営業から入ることが多く求人数も数多くあります。

勿論最近は女性も営業から入る人もいます。

それくらい新卒、社会人を経験したことのない人が挑戦できる職業です。

営業はその会社のサービスや商品を提案する仕事です。

ただ商品を売りつけるのではなく、会社の代表として商品、サービスを相手におすすめするのが仕事です。

必要なものを必要だと感じてもらい、相手の役に立つために提案するのが営業です。

会社で企画が決めた商品、商品開発した商品を世に伝えるのが営業の仕事です。

そのため、営業はただただ営業スキルをつけるのではなく、届けるサービス、商品は勿論自社についても知る必要があります。

そのため、営業をすることで会社の流れについて学ぶことができます。

未経験OKの求人が多い業界は?

営業と一言でいっても業界ごとに営業の種類は大きく異なります。

法人営業、個人営業、新規開拓営業、ルート営業とあります。

営業の種類だけではなく、扱うものによっても営業は変わります。

有形商材、目に見える物、車やウォーターサーバなどです。

無形商材は目に見えないサービスです。

未経験に多いのは無形商材です。

なぜなら、今や有形のものは買い手自体が少なくなっているため採用人数も少なくなっています。

その点無形商材は求められることが増え、そしていつまでも衰えることなく必要なものであるため、求める人はいるが営業は移り変わりが激しく人材不足が続いています。

不動産業界

不動産の中でも様々な種類に分かれます。

  • 不動産投資
  • 賃貸の仲介
  • リフォーム
  • 注文住宅

などなど、一言で不動産といっても扱うものは異なります。

扱うものによって勿論営業の難しさや、経験できる内容も異なります。

特に不動産投資は投資してくれる人を見つけるところから始めないといけないため、未経験から経験するには骨が折れます。

経験を積めるという点ではじめに選ぶ人もいますが、最初は低いところから、経験を積むごとにステップアップしていくのもいいです。

例えば最初は賃貸の仲介をして、自社の物を売るのではなく、賃貸契約してほしい会社とお客様を繋ぐ役割をして営業経験を積むのもいいですね。

自分はどういうものを扱いたいのか、どれくらいのレベルで営業でどうなりたいのかを決めて選びましょう。

人材業界

転職したい人と、中途採用の求人を募集している人をマッチングしたり、派遣の紹介をするのが人材の営業の仕事です。

人材業界は他の業界のように物やサービスを契約してもらうのではなく、転職したいと希望している人にマッチした仕事を紹介して、転職するまでをサポートするのが仕事です。

他の営業と違い、求める人が転職を実現するまでのサポート、コンサルティングもする必要があります。

その一方で中途採用を求める企業を探し、どのような人材を探しているのかをヒアリングし、お互いにとって有益な形でマッチングする必要があります。

営業とコンサルティングの仕事を経験できるのが人材業界のいいところです。

ただ、求める人を探しても転職を実現させるまでには人それぞれスピードが違い、そして必ずしも自分が紹介した企業で転職するとも限らないため、成約が難しいです。

IT業界

WEBサイトの制作や、システムなどのサービスを営業するのがIT営業の仕事です。

営業するためにはそのサービスを知っていると説明もしやすく、先方の質問にも答えやすいために知識は必要です。

しかし、自身がプログラミング能力が必要なわけではなく、エンジニアと協力しながら行う形になります。

専門的な分野の営業にはなりますが、今後コンピューターがメインとなっていくため、IT業界はどんどん広がっていきます。

需要も高いので、経験を積んでおくと他の仕事にも活かしやすいです。

IT営業が向いている人については、こちらの記事を参考に!

保険業界

保険業界は未経験者でも積極的に採用を行っています。

保険は2年間は補給金と呼ばれ、成約をとらなくても給料がもらえます。

しかし、2年を過ぎると補給金がなくなるため、フルコミッション、つまり成約を取らなければ給料が入りません。

それにより、2年を過ぎると辞めてしまう人が増え、常に人材不足となってしまいます。

他の営業よりも能力が問われるため、反対に2年を過ぎても働き続けている人は営業スキルがあるということです。

保険業界に挑戦をして、営業力を鍛えて活躍できると、次に転職する時、他の仕事をする際に評価が高いので、自信になります。

「営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

「営業」といっても、業界や企業によって、仕事内容や条件はいろいろ!

求人探しにおける注意点を紹介します。

条件面の希望には、必ず優先順位をつけて

自分が絶対に譲れない条件を決めておくことで、仕事の探し方が変わってきます。

給料の最低条件を決めておくのか、内容にこだわるのか、自分の希望する勤務地を重要視するのか、どこに重きをおいて探すかで求人のみかたが変わってきます。

まず、自分は仕事をする上でどの点を重視するのか、順番を決めてから求人を見るようにしましょう。

これだ!と思う求人を見つけても、必ずほかと比較する

自分の興味のあるもの、条件的にも申し分ないものを見つけても、すぐにそこ一本で絞らないようにしましょう。

求人は様々なサイトに多数存在します。

そこと決めてから、いざ後で調べてみるとそこよりももっと良い求人が見つかったというのはよくある話です。

後からこちらを受けておけば良かったと後悔する前に、必ず他のサイトと比較しましょう。

仕事内容や条件で注目したいポイントは

法人営業なのか、個人営業なのか

法人、会社に対して営業をする仕事と、個人に対して営業をする仕事があります。

日本人は営業を受けることを嫌がる傾向にあるため、個人営業は断られるのが仕事です。

押し売りにならないようにお客様に寄り添って話す、信頼してもらう必要があります。

法人営業では、会社を相手にするため営業自体を嫌がられることはありませんが、会社の代表として営業をするために、最低限のマナー、会社のことを把握して代表である責任が伴われます。

個人よりは法人の方が責任が重く、法人営業をしているとキャリアアップしやすいです。

種類は新規開拓、ルート営業、内勤営業など、たくさんあるのでしっかりチェック

自分からアポをとって足で稼ぐ新規開拓営業、すでにいる顧客に挨拶回りのように営業をしていくルート営業、携帯販売、住宅の販売などすでに買うものを決めた上で訪れるお客様に営業をする内勤営業とあります。

自分が一番どれが一番やりやすいのか、どんな経験を積んでどのようになりたいのかで決めるようにしましょう。

給料の形態は、固定、基本給+インセンティブ、それとも完全歩合制?金額の確認も忘れずに!

営業は他の仕事と違い、給料形態が様々です。

固定給もあれば、基本給にプラスして成約をとれば件数に応じて給料が入る形もあります。

この場合基本給は他の仕事に比べて少なくなっていますが、その分結果がでた分だけ給料が上がるのでやりがいに繋がります。

完全歩合制(フルコミッション)は、基本給もなく結果を出さなければ給料がもらえません。

インセンティブで基本給にプラスして入る形よりも、一件一件の金額は大きいです。

ただ、結果を出さなければ給料が入らないので結果を出し続けなければなりません。

自分はどの給料形態がやりやすいのか、どれが一番やる気が出るかで決めるのがいいですね。

完全歩合制だからやる気が出る人もいれば、基本給の方が安心して働ける人もいます。

自分にはどれがあっているのか確認しながら、給料形態もチェックしましょう。

ノルマはある?成績評価は、チーム単位?個人単位?

会社によっては月の営業ノルマが決まっているところもあります。

その中でもチーム単位でノルマが決まっているところと、個人でノルマが決まっていてそれに応じて給料が変わるものもあります。

ノルマがストレスになる人と、ノルマがあった方がやりがいがでる人もいます。

チーム一丸となって頑張ることで仕事の楽しさを見いだすのか、自分のペースで仕事をした方が

やりやすいのかは人それぞれです。

残業や休日出勤は、月にどのくらい?

週休2日制と書いていても、休日出勤があって結局休みがほとんどないところもあります。

基本的な休みだけではなく、休日出勤はあるのか、残業は月どれくらいしているのかも確認しましょう。

求人の選び方

求人を探す

求人サイトから

自分の求めている条件、興味のあるものを絞って他の求人と比べながら決められます。

今やネットでも確認できるので、片手間に気に入ったものを探していけます。

求人サイトに載っているものは、実際に訪問して確認することができないので、入るまでその会社がどういうものかを知ることができません。

サイトに書いている情報しか得られないので、実際の現場を知ることができません。

企業のサイトの採用ページから

自分の働いてみたい会社に直接アプローチできるチャンスがありますが、求人サイトに広告を出すのと違い、運営していない可能性がありますそもそも企業が直接採用ページを出していることは少なく、場合によっては求人募集を締め切っていても出し続けている場合がある。

転職エージェントを利用する

求人サイトに載っていない求人を紹介してもらえ、自分の適性と求めるものに合ったものを紹介してもらいやすいので、決めやすいです。

エージェントから要望を聞いてもらえ、相手から見てあっているものを紹介してもらえるので、自分が興味のなかったけれど実は適しているものを紹介してもらえることもあります。

実際に企業とも面談することができるので、自分が納得いくまで迷って、決定することができます。

その一方、自分が具体的に何をしたいのか決めていなければ上手くエージェントに伝わらずに、中々自分の納得のいくものが紹介してもらえません。

また、エージェントによってもやり方が違うので、必ずしも自分のために考えてくれるエージェントにあたるとは限りません。

求人内容が自分の希望を満たしているかをチェック

仕事内容

営業だからといって、同じ業界だからといってどれも同じ仕事ではありません。

自分にあった仕事内容なのか、気に入る仕事内容を探すようにしましょう。

内容が苦痛なもの、合わないものでは、いくら条件がよくても意味がありません。

給与・昇給・賞与

営業は給与形態が様々なので、金額やどのような形で給料が支払われるのか確認しましょう。

昇給、賞与があるところだとなお良しですね。

休日

未経験だから、最初は経験が大事だから休みは確認しなくてもいい。

休みはそれほどなくても大丈夫と思っていても、いざ働きだすと休みは大切です。

土日祝日が休みなのか、それとも不定休なのか、自分の働き方やプライベートと兼ね合いながら決めるのが一番です。

休日の条件が合わない場所に入ってしまうと、いざ仕事をしてから合わなくなってしまい、せっかく働きはじめてもやめてしまう原因になります。

勤務地

家からどれくらいかかるのか、電車で通勤できるのか、勤務地の近くには何があるのも大切です。

通勤に片道1時間以上かかると、通うだけで疲れてしまいます。

また、電車でそれほど時間がかからなくても、駅から30分以上も歩かなければいけないと大変です。

通いやすい場所から選ぶのも一つの手です。

待遇

キャリアアップや、会社が実際にどこまでしてくれるのか。

ここはしっかりと確認し、そして求人に書かれていることだけで納得するのではなく、その企業を調べて一度裏付けしておくことが大切です。

経験者は知っている、営業職のホントのトコロ

やりがいを感じるのは、どんなとき?

営業はお客様と直接関われる仕事です。

このサービスを勧めてくれてありがとう。

あなたのおかげで、買う、受ける決断ができました。

お客様から直接喜びの声を聞けるのが営業の嬉しいところです。

そして何より、そのサービスを受けたことでお客様が良い方向へと進んだ報告が聞ければ、貢献できたやりがいが感じられます。

大変なことは?

いくらこちらがいい商品、サービスだと自信を持っていても、伝え方を間違えれば相手に良さは伝わりません。

おすすめしたい、提案してあげたいと考えていても自分の気持ちだけではどうにもならないところです。

そのために、どれだけ相手に伝わりやすく提案をできるのか、どうすれば良さを伝えられるかを学びながら能力を上げていく必要があります。

常に自分をレベルアップさせ続けなければいけないので、楽しい半面苦労もあります。

上手くいかない時は、どれだけ自分の足を運んでも結果に繋がらないので、疲れることもあります。

営業を辞めたい人の理由や乗り越え方は、こちらの記事を参考に!

「営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

これから営業職を探そうと考えている方へ

まずは自分はなぜ営業がしたいのか、どんな営業をしてキャリアアップをしていきたいのかを考えて決めれば目指すべき道が決まっていきます。

業界選び、営業の種類一つとってもその後の道までを考えて選ぶようにしましょう。

あなたが営業をする理由、仕事に求めるものはなんですか?そこから自分にあった営業の道を選びましょう。


営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に