営業向いてない人の特徴と逆に向いてる人の特徴についての写真

営業職と聞くと会社の花形部署だというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

求人の募集も多く、文系学部出身の学生の多くは営業職へ配置されることが多く、一見誰でもできて、稼ぎも良いというイメージですが、かなり大変な職種です。

今回は、そんな営業職に向いていない方と向いている方の特徴についてお話ししたいと思います。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業の大まかな仕事内容

営業職は会社の取引先である顧客との取引窓口をする仕事です。

BtoBもBtoCも会社によってはあります。

そして営業方法にも種類があり、新規開拓営業とルート営業というのが主な営業方法です。

新規開拓営業では、今まで取引をしたことがないお客様との商談になるため、テレフォンアポイントや飛び込み営業で顧客を獲得して行きます。

近年では、IT社会のため、ホームページから集約する会社も多く、飛び込み営業はだんだん少なくなりつつあります。

一方、ルート営業では、決まった取引先に対し、定期的に注文をとってくる営業手法のことを言います。

メーカーはルート営業が多いですね。

一見するとルート営業の方が楽に見えますが、取引を中止されたら損失になってしまうというプレッシャーや自社が新製品・新サービスを展開した時には、新規開拓営業と同じように顧客に対してそれをプレゼンをする場面なども出てきます。

営業職の主な業務内容としては、顧客との商談および契約締結・商談の為の見積書の作成や資料作成・発注処理・納品業務などです。

会社の規模によって管轄する範囲は異なりますが、営業事務というポジションが会社にある場合、ある程度の処理業務は任せられます。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業が向いてない人の5個の特徴

究極の真面目

究極の真面目な男性

あまりにも真面目な人は向いていないように感じます。

ユーモアがあったり、少し余裕をもってリラックスしながら仕事をこなせる人の方が営業の人には多い気がします。

商談とはいえ、ずっと数字などを並べられるよりも世間話を入れたり出来ると場が和みますし、お客様との距離も縮まります。

もちろん真面目な方でも向いているとは思いますが、真面目な方は営業成績のプレッシャーの呪縛に縛られやすかったりします。

営業職は外回りの為、肉体的にはもちろんですが、何よりメンタル面の疲労は想像以上です。

あまり仕事に関して、堅い姿勢で取り組む真面目さが裏目に出て鬱になりかねないので、上手くメンタルをコントロールできる真面目具合が良いでしょう。

空気が読めない

営業という職種はお客様あってこその仕事です。

お客様の購買意欲の熱量を感じ取ることが大切です。

興味が無い商品について目を輝かせてずっと営業トークをされても困っていますよね。

営業成績のプレッシャーもわかりますが、商談というのは初対面の一発で決めてもらう必要はありません。

むしろそうしようとするとせっかく取れる注文も白紙になってしまうかもしれません。

回数を重ねて何回か会う内に信頼を得ていくものです。

お客様に最初の段階から、空気を読まず自分本位な都合で熱心に商品を売り込むのは空気を読めていない行動です。

営業の仕事に興味はあるけど、自分にも空気を読んで仕事ができるのか心配な人は、こちらから相談してみると良いでしょう。

清潔感がなく、外見に気が使えない

営業職に必要なのは、商品知識やコミュニケーション能力だけではありません。

基本的には、「好きな異性を落とす」つもりくらいの覚悟で仕事に臨んだ方が良いです。

好きな子とデートにはオシャレをしますよね?

清潔感がない人は印象が悪いのは恋愛の世界でもビジネスの世界でも一緒です。

人が資本ですから。

高いものを身につけろとは言いませんが、靴を磨くことや、サイズの合ったスーツを着ること、髪をセットすること、ヒゲを剃ることなどをやっておけばやらないより印象は変わります。

ビジネスの世界でも恋愛の世界でも悲しいことに、同じ能力値であればイケメン・美女とその他では受注率も変わってくるのが現実です。

結局、人は見た目が大事ということです。

もちろんそれに伴った中身も大事ですよ。

タイムマネジメントができない

時間を守れない人は、営業職以前に日本社会において認められることは極めて難しいでしょう。

特にビジネスの場では時間厳守です。

客先に出向く時は5分前行動を心がけましょう。

もし、仮に他の予定は長引いて遅れそうな場合や交通機関の影響で遅刻しそうな場合は、約束の時間の10分以上前に連絡を入れましょう。

また、元の約束の時間からおおよそ何分程度遅れそうか伝えることができるとベターです。

早く目的地に着いてしまったとしても、お邪魔をせずに時間を潰しておくのがベターです。

あまり早くお邪魔してしまうと、相手のスケジュールを崩してしまいかねませんのでかえって印象が悪いです。

約束した時間の3〜5分くらい前にお邪魔するのが良いと思います。

お客様の貴重な時間を頂いているのだという意識を常に持ちましょう。

また営業職は日中外回りしていることが多いので、会社に帰ってきてから事務処理をしなくてはいけません。

裁量労働制が取られていると残業することに意味はないですし、精神衛生上よくありません。

自分のスケジュールをうまく組み立てて、なるべく残業しないようにしましょう。

自分で考えて動けない伝書鳩

お客様から製品仕様や納期など無茶難題を突きつけられることは日常茶飯事です。

むしろ、最初の提示した条件で決まることの方が稀有です。

そういった状況に陥った時、その場で判断ができなければ「持ち帰ります」といって上司に相談するなり、社内の稟議を取れば良いのですが、後からどんどんと要望が増えてくるお客様も中にはいらっしゃいます。

営業の立場からすると、面倒くさいと感じるお客様です。

要望に対してなんでも「上司と相談します」「預からせてください」と言っていると「要領が悪いやつだなあ」と印象がついてしまいます。

新人の頃であれば仕方がないですが、ある程度経験がついてきたら、自分で考えて動けるようにしましょう。

仕事に慣れてくるともちろんある程度権利は譲渡されるはずですし、同じようなケースに何度も直面することがあるはずです。

また、相談される上司の立場に立ってみても、自分の仕事が忙しい中、逐一相談されていては負担が大きいです。

お客様と会社の伝書鳩にならないようにしましょう。

あなたはお客様にとっては会社の看板を背負った代表者のような人間なのですから、自信を持って決断を下しましょう。

上司に怒られることに怯えていてばかりでは成長はありません!

向いていない人の特徴は当てはまりましたか?

皆さんには、営業に向いてない人の特徴はありましたでしょうか?

もし少しでも当てはまったり、自分には向いているのかな…と不安を感じている人は、一度キャリアアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

「営業に転職すべきか」「このまま営業をやり続けるべきか」「他にこんな仕事が向いている」といった点について的確にアドバイスくれるので、実際に転職先を探す前に話を聞いてみるのがオススメです。しかも無料で。

相談先としては、パソナキャリアがおすすめです。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業が向いている人の4個の特徴

度胸がある

度胸がある男性

新規開拓営業では基本的に初対面の人と話をして行くことになります。

場合によっては飛び込み営業をしなければいけないこともあります。

度胸がないと、メンタル的にやられてしまいます。

対お客様に対してもそうですが、営業成績のことで上司に怒られることも多いと思います。

また、無理をして納期で注文を取ってきて他の部署の人間に嫌われるということもありますので、自分の給料やキャリアパスを考え、人にどう思われようが堂々とした行動を取ることも重要です。

またクレーム等のトラブルが起きた際に、その損失を自腹で出すというくらいの度胸がないとやっていられないくらい、仕事ではトラブルというものはつきものです。

人たらし

「人たらし」という言葉には2通りの意味があります。

一つは「女たらし」という言葉と同じように人を騙し、誘惑することを指します。

もう一つは、誰からも好かれる人という意味があります。

実はこの2つの意味どおりのスキルが営業には必要です。

時には褒めたくない相手をお世辞で褒めることも必要ですし、自社の製品やサービスについて良い面を強調して話す必要があります。

嘘はいけませんが、嘘をついてはいないが物事を過大に表現するトーク力は営業には必須です。

人によっては罪悪感さえ感じてしまうかもしれませんが、ビジネスの世界では綺麗事だけではやっていけないことも多いのです。

また、もう一つの意味の方が営業の心得としてはとても肝心です。

ビジネスの世界では競合他社がある中で自社の製品を売り込んでいかなければなりません。

他社の製品・サービスを比較され、機能が劣っていることだってありますし、価格が高いこともあります。

それでも優秀な営業マンは受注をすることができます。

それはお客様から好かれることです。

商品は自分自身です。

自分自身に価値があり、お客様に「あなただから買うよ。」と言わせるくらいお客様との関係を作ることが何よりも重要です。

お客様との信頼関係ができていれば、他社よりコストが高くても必ずあなたを選んでくれます。

お客様との商談の中で商品だけではなく、自分自身を売り込める人間こそが営業に向いています。

「あなたに任せれば大丈夫ですね。」とお客様に言わせるくらいの知識や経験をプロフェッショナルとして身につけてください。

自信が無いときでも少々見栄を張ったって大丈夫です。

そのくらいの度胸がなければ仕事は務まりません。

自分自身の価値を見出すことができる営業の仕事で働きたいと思った人は、こちらから仕事を出して貰うと良いでしょう。

適度に力の抜き方を知っている

たまにコンビニや公園に車をとめて寝ているサラリーマンを目にしませんか?

外回りだと移動時間があったり、アポの合間で空白の時間ができることがあります。

数字の見込みがある程度あれば、少し自由時間を確保しても良いと思います。

毎日、靴底を減らして、数字とにらめっこをし、お客様の理不尽な要求に耐えていて、休憩をとらずには身が持ちません。

たまにはリラックスをしてモチベーションを維持することが大切です。

筆者も営業職時代、たまにサボっていました。

ただ、やはり堂々とはできないことなので、業車にステッカーが貼ってある場合、同僚に密告されるリスクがあるので気をつけてください。

また、最近では会社貸与のデバイスや車のGPSで発覚することがあるので要注意です。

気を配りつつ、上手く肩の力を抜いてください。

社内営業ができる

営業職というのは会社に利益をもたらす花形の仕事ではありますが、他の部署の人間から恨みを買いやすいポジションにいます。

同じ社内でも他の部署の人は固定給なのに対し、営業職は歩合給で時には考えられないような給料を手にします。

周りの助けがあっての歩合給であるため、「あいつが高給取りなのは俺のおかげ」と思う、固定給の縁の下の力持ちもいるわけです。

また営業職は競合他社がしのぎを削る中、自分の成績都合で注文を取ってくる人も多いのが現実です。

鬼のような短納期、無茶な仕様、赤字覚悟の価格などで注文を取ってきて、契約書を撒いた後は現場の人間に丸投げをする形になることもあります。

当然、割り振られた人からしてみたら堪ったものではありません。

社内営業をしっかり行っておくことで、仕事がスムーズに回って、最終的にトラブルやクレームを防ぐことに繋がります。

「自分の力だけで得た注文ではない」と常に心に留めておきましょう。

記事を読んでも、向いているか・向いていないか分からなかった人は

皆さんには、営業に向いてる特徴はありましたでしょうか?

もし当てはまるか不安だったら、キャリアアドバイザーの人に相談してみると良いでしょう。向いているかどうか、的確にアドバイスをくれます!

相談先としては、パソナキャリアがおすすめです。

もし相談する前に、オンラインで自己診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断をやってみましょう。

質問に答えていくだけで、自分にあてはまる5つの強みを診断してくれます。

営業として成長するために必要なことは?

営業職は成績をしっかり上げて、多くの給料を還元して貰ってこそ、その面白みを感じるというものです。

では、結果を残すためにはどのようなことを心がければ良いのでしょうか。

自分自身を買ってもらうこと

自分自身を買ってもらうというスタンスを常に忘れないでください。

自社の製品が他社の製品よりも機能的に劣ることやコストパフォーマンスが悪いということは、ビジネスの世界では多々あります。

だからと言って諦めていては仕事になりません。

性能でもコストでも勝てないのであれば、お客様に自分という商品を買ってもらうことが重要です。

そして自分を買ってもらうために、自分の価値を見出しましょう。

このスタンスを忘れて商品だけに注力する、ということにならないようにしてください。

自己管理ができること

ノルマに対して、いついつまでにどれくらい売り上げて、どのくらいの契約を取るのか明確な目標を自分自身で持つことによって、日々の行動管理が自然にできるようになります。

行き当たりばったりの計画ではノルマ未達に終わってしまうこともあるでしょう。

話を聞いてニーズを察知すること

聞く力というのは大変重要です。

ビジネスというのは困ったことから生まれるものです。

顧客というのは、困っていることがわかっていても、どうやって解決して良いのか、また解決するためにはどのような商品を用いれば良いのか、顧客自身ではわかっていないものです。

それをヒアリングの中で察知し、プロフェッショナルとして最適なソリューションを提案するのが営業職というものです。

本当にお客様のことを思って、一生懸命ベストな方法を考えて、提案をすればきっと信頼を得ることができるでしょう。

相手の立場に立って考える力

お客様の立場で物事を考えることは非常に大切です。

それによって自ずと、お客様が困っていることやそれを解決するベストな手段が見えてきます。

また、相手の立場になって物事を考える力は仕事だけでなく、自分の友人関係などを良好にするはずです。

これらのことを踏まえて、営業として働きたいと思った人は、こちらから仕事を出して貰うと良いでしょう。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業の経験を活かせる他の仕事とは?

営業の経験は必ずどの仕事でも活かすことが出来ます。

何故なら商品を売り込むプロであり、何よりコミュニケーションのプロであるからです。

営業職を経験した人がその経験を活かしやすいお仕事をご紹介します。

タクシードライバー

お客様にもよりますが、酔っ払いの方などを載せるとタクシーでトークが始まります。

たかが移動手段とはいえど、お客様を不快な気持ちにさせてはいけません。

初対面だけど上手く踏み込み過ぎない程度に、車内を和やかな雰囲気にすることは大切なことです。

きっと、営業で培ったトーク力が活きてくるでしょう。

また日本では外国ほど流行っていませんが、Uberのドライバーというのも時代柄、考えてみても良いかもしれません。

販売員

アパレル店員なども見方が少し異なるだけで、やっていることは営業の仕事と大差ありません。

買おうかどうしようか迷っているお客様の購買意欲を上手く刺激することや、自分がアテンドしたお客様に気に入ってお店のファンになってもらうことが重要です。

空気を読みながらお客様の温度感を探るというのは万人ができることではないので、営業の経験が活きると思います。

また長いこと営業をやっていると、直感で商品を購入するお客様とそうでない人の判断がなんとなくですがつくようにもなります。

コールセンタースタッフ

コールセンタースタッフはクレーム処理の窓口になることもあり、一見辛い仕事に見えますが、クレームと言ってもお客様が怒っているのは恐らくあなたに対してではないはずです。

会社や商品を販売した営業マンに対して怒っているはずなので、何もストレスフルに感じることはありません。

ときに理不尽なクレームもありますが、その場合は真に受ける必要はありません。

適度に聞き流すことも重要です。

営業で培ったヒアリング能力を発揮して、お客様が何に怒っているのか、誰に怒っているのか、何に困っているのか冷静に分析してみましょう。

中にはヒートアップした状態で電話をしてきて、さらにどんどんヒートアップをしてくるモンスタークレーマーもいますが、それを無事収めることができるとそれがやりがいに変わるかもしれません。

他にも営業の経験を活かせる仕事を出して欲しい人は、こちらから出して貰うと良いでしょう。

他にもある!営業の募集で自分にあった求人を探すコツ!

どのような条件で求人を探せば良いかコツをご紹介します。

雇用形態から探す

正社員はもちろんですが、派遣やアルバイトという形態での募集も多いので、ご自身のワークライフバランスを考えてみましょう。

最近ではフリーランスとして営業の仕事を請け負うこともできますので、営業の請負専門で自営業をしてみるというにも新しい働き方かもしれません。

会社の業態から考える

メーカーや商社ではルート営業、その他の業界では新規開拓が比較的多いです。

またB to Cビジネスになる場合は、新規開拓営業が多めです。(保険や証券など)

誰に対して自分の価値を提供したいかということがモチベーションを持続させる上で重要です。

採用面接などを受ける際には、どのような層が自分の顧客になるか面接官に聞いておくことをお勧めします。

給与や雇用条件から考える

営業職ではインセンティブ(歩合制)を採用している会社が多いので、自分の営業成績が給与に反映されます。

結果次第で同年代の友人たちより稼ぐことも可能ですが、いくら過程を頑張っても結果を出さなければスズメの涙程度の給与しかでない会社も多いので、ある程度覚悟が必要です。

特に働き始めてすぐに結果を出せる人は多くないので、転職する際はある程度の貯蓄をしておくことをお勧めします。

会社によってはフルコミッション制(完全歩合制)をとっている会社もあり、歩合制は基本給+インセンティブという体系なのに対し、フルコミッション制は跳ね返りは大きいですが、売り上げがゼロであれば給与もゼロになってしまうようなハイリスク・ハイリターンな制度なので、事前にしっかり確認をしましょう。

また、営業職はインセンティブ制度が多いため、残業はみなし残業とされ、残業代や休日出勤手当が出ないことが多いのが現状です。

B to Bであれば取引先との会食や、土日の接待ゴルフ、B to Cであれば平日の割と遅くまで訪問営業を強いられる可能性があります。

自分の自由な時間が欲しいという方やワークライフバランスに敏感な方には、営業職はあまりお勧めしません。

エリアから考える

営業車が使用できるか否かでだいぶ変わってきますが、B to Bの場合はやはり都市部で営業ができた方が客先の分母が大きいので有利です。

しかし、その分競合もいるということも忘れてはいけません。

B to Cの場合は住宅街が集まっているところに営業をかける方が都合が良いので、ある程度田舎で就職しても良いかと思います。

営業の仕事はB to Bの場合もB to Cの場合も、勤務先から電車で1時間圏内であることをお勧めします。

退勤時間が接待や会食で遅くなるケースがあるので、駅近であることも重要です。

まとめ

以上、営業職に向いていない方と向いている方の特徴についてお話ししましたがいかがでしたでしょうか。

求人募集の間口がとても広く、誰でも挑戦できる職業です。

しかし、誰でも続けられる仕事ではありません。

売り上げを作れなければ役割を果たしていないという評価を受けることになります。

筆者も営業職を経験し、酸いも甘いも味わいました。

決して優秀な営業マンではなかったので、今になって振り返ってみると総じて辛い経験の方が多かったようにも感じます。

しかし、上記で述べたことを意識的にしてみたところ、どんどん業績も上がり、給料も良くなっていきました。

もちろんこの記事に書いたことが全てではないので、思い切って一度挑戦してみることをお勧めします。

慣れるまでは辛いことも多いとは思いますが、この記事が読んでいるあなたの覚悟を決める材料になると嬉しいなと思います。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズ11選

外回りの多い営業マンは、会社の顔として取引先やお客様の元へ伺う事がメインのお仕事なので身だしなみには気を配っておく必要がありますね。更に、移動が多く時間の管理もしっかりしないと大事な取引も万全の準備で臨めなくなります。出来る営業マンほど、色々なグッズを使って時間効率や清潔感をキープしているようです。時間を有効に使う事で、無駄な残業が減りプライベートも充実と、良い事ずくめですね。今回は、忙しい営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズを11選ご紹介していこうと思います。営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズ11選スティック電動歯ブラシ外出先で食事をした後に欠かせない口腔ケ

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職