もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。

一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。

そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。

ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?

ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。

一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。

既存顧客への新商品、新サービスの営業

既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います。

一般の営業も、基本は新商品の営業という仕事内容ではあります。

しかし、一般の営業が「新規顧客」を対象としたものに対して、ルート営業は「既存顧客」を対象とした営業となります。

既存顧客ですから、今までにも商品の営業を行い、購入をしていただいています。

新しい商品やサービスが発売された場合、更に新たに購入をしていただけるように営業を行うのです。

既存顧客へのフォロー

商品やサービスを購入していただいた後に、アフターフォローを行います。

ルート営業は、一般の営業のように、商品を売ったらすぐ次の新規顧客へ営業という仕事内容ではありません。

同じ顧客をこれからも訪問し営業を続けていくので、「商品を売ったら終わり」ではなく、アフターフォローを行って次の営業に繋げて行かなければなりません。

新商品やサービスの使い心地、良い点と悪い点、疑問点などをヒアリングしてメーカーへフィードバックを行い、顧客が気持ちよく新商品を使用できるような環境を整えます。

これにより顧客からの信頼も生まれ、次回の新商品やサービスの営業をスムーズに行うことができるのです。

既存顧客のサービスの拡大

既にご購入頂いている商品やサービスを更に拡大してもらえるよう営業を行います。

これは、同じ顧客を回るルート営業ならではの仕事内容と言えるでしょう。

以前購入していただいた商品をリピート購入してもらったり、月間5回程使用していただいているサービスを倍の10回にしていただくとか、サービスの内容をグレードアップしていただくといった具合です。

既存顧客からの売り上げ維持

現在売り上げている数値を、下げることのないよう維持します。

営業をして売り上げを増加させていくことも大事ですが、売り上げを下げてしまったら本末転倒です。

顧客の心を離さない営業が重要です。

そのためにも顧客との信頼関係の構築が重要となります。

既存顧客との信頼関係の構築

「そんなことが仕事なの?」と思うかもしれませんが、既存顧客との信頼関係の構築が一番重要な基礎部分の仕事と言えるでしょう。

次々と新規の顧客を相手にしていく一般の営業とは異なり、ルート営業は同じ顧客を相手にしていきます。

そして、既存顧客だからと言って、誰が営業をしても商品を購入していただける訳ではありません。

昔から仲の良い友人と数回しか会ったことのない知人では、どちらに情が湧くでしょうか。

顧客も人の子ですから、信頼関係も情も無い相手からは商品を購入したいとは思いません。

信頼関係という強固な基礎を築き上げ、ようやく営業を行えるステージができあがるのです。

ルート営業正社員求人でよくある募集内容とは?

ルート営業と言っても、業種や詳細な内容はさまざまです。

ルート営業正社員求人でよくある募集内容を紹介します。

職種

ルート営業・配送・納品という職種の募集がよくあります。

これは、注文頂いた商品を既存顧客へ配送を行いながら、新たな商品の注文を頂くといった形式の職種です。

営業担当と配送担当が分かれている場合もあります。

食品や自動車部品、おしぼり、建材など、業種は多岐にわたります。

給与相場

ルートセールスの年収相場は、300万から400万程です。

現場から管理職にステップアップすれば更に年収はアップするでしょう。

勤務時間や休日、残業

顧客が夜中まで営業をしていなければ、比較的残業も少なく帰宅時間は早いと言えるでしょう。

逆に、夜中も営業をしており、遅い時間にも伺う必要がある場合などは残業も多く、帰宅時間は遅くなります。

土曜日も営業してる顧客が多い場合は、土曜日も出社することがあるでしょう。

日曜日と祝日は完全に休日といった求人が多いです。

求められる人物像

ルート営業で一番重要なのは、相手の懐に入り信頼関係を構築することです。

人と話しをするのが好きな人や、人懐っこい人、人とすぐ仲良くなれる人などは適職と言えるでしょう。

また、話しをするのが好きなだけでなく、人の話を聞くのが好きだったり、人の話をうまく引き出せる能力がある人は大活躍が期待されます。

自分から話しをすることも重要なことですが、更に重要なのは「相手の話を聞いてあげる」こととなります。

顧客が今どういう思いでいるのか、どういったことをしてもらいたいのかを聞き出し、それに応えることで、顧客からの信頼が生まれるのです。

ルート営業正社員のおすすめ求人のポイント

これからルート営業の仕事をしたいと考えている人にとって、おすすめ求人のポイントを紹介していきます。

求人を探す際は、このおすすめ求人ポイントが含まれているものを探してみると、良い条件の求人に巡り合えるでしょう。

完全土日休みである

ルート営業の仕事で、完全土日休みの求人は良い条件と言えるでしょう。

ルート営業の仕事は営業だけでなく、配送の仕事も兼ねている会社が有ります。

土曜日に顧客が営業していると、営業は行わないにしろ、顧客のために商品の配送業務を行わなければなりません。

そのため、土曜日は交代で出社をする会社も有ります。

その結果、日曜日は完全休みで土曜日は隔週休みとなることがあります。

ルート営業の仕事で完全土日休みは好条件と言えます。

取引先が小規模な求人

特に営業未経験者は、ルート営業で伺う取引先が比較的小規模な求人を選ぶのがおすすめです。

規模が大きい会社は、大きさに比例して従業員数や売上高などが多くなります。

そのため、規模の大きい会社相手にルート営業を行うとなると、営業の売上目標額も大きくなる可能性があります。

営業経験者であれば臆することなく営業を行えるかもしれませんが、営業未経験者でいきなり規模の大きい会社が相手であると、精神的にきつくなる可能性があります。

特に営業未経験者は、取引先の規模が比較的小規模な求人を選ぶと良いでしょう。

営業に専念できる求人

ルート営業は、営業だけでなく配送と納品を兼ねている場合があります。

特に営業初心者の人は、配送と営業との兼任であると、入社したての頃は忙しくて精神的にきつい思いをする可能性があります。

配送業務は、顧客から「急ぎで納品してほしい」という要望があるので、余計に焦ってしまうことがあります。

そのため、営業初心者はルート営業のみに専念できる求人を探すと良いでしょう。

自分が興味のある業界の求人

自分が興味のある業界の求人を選択することで、初期の段階から顧客とスムーズに会話を行うことができます。

特に入社したての頃は、全く知識の無い状態で顧客を相手にしなければなりません。

明るい性格で会話が好きな人であれば、業界の知識が無かったとしても、仕事の内容以外の会話である程度はごまかしが効くでしょう。

しかしそうでない人は、初期の段階は業界の知識がないと、顧客との会話がスムーズにいかない可能性があります。

ルート営業正社員の仕事についてよくある疑問

ルート営業は、一般の営業と比べて求人が少なく、実態を知っている人が少ないと言えるでしょう。

そんな、特殊な営業であるルート営業について、よくある疑問と回答を紹介していきます。

ノルマは有るの?

一般の営業と同様に、ノルマ(売上目標)はあります。

会社に決められたノルマに到達できるようにルート営業を行います。

ただし、ノルマの達成のし易さについては、一般の営業と異なる部分があります。

もう少しでノルマが達成されそうなとき、ルート営業の方が有利な面があります。

一般の営業では、あともう少しでノルマが達成される状態でも、信頼関係が希薄な新規顧客から売り上げを得なければなりません。

しかし、ルート営業の場合は、ある程度、もしくは深い信頼関係が構築された状態で営業を行い、ノルマ達成を目指します。

そのため、信頼関係が構築された顧客に対して、「あともう少しだけ購入してほしい」と情に訴えかけて営業を行うことが可能です。

こういったところからも、ルート営業の方が比較的ノルマ達成をし易いと言えるでしょう。

同じ顧客ばかり回って本当に売れるの?

同じ顧客ばかり何度も回っても、飽きられて売り上げが下がることはありません。

むしろ、同じ顧客の所に何度も通った方が売り上げが上がります。

顧客の立場から考えると、あまり訪問してこない営業よりも、毎日のように何度も訪問してくる営業の方が好まれます。

理由は、顧客が「この営業は自分を大切にしてくれている」と感じるからです。

人間、自分のことを大切にしてくれる人に対しては好印象を抱くものです。

逆に、自分に対して無関心であると、好印象どころか相手に対して何も感情が生まれません。

顧客の所へ通えば通うほど信頼関係が構築されるので、通う数に比例して売り上げも上がるでしょう。

1日のスケジュールは自分で組めるの?

会社の業種や業態にもよりますが、一般の営業よりスケジュールの自由が利かない可能性があるでしょう。

ルート営業の場合は、同じ顧客を毎日訪問します。

そのため、顧客の方から「毎日この時間に来てほしい」という要望があることがあります。

また、配送を兼ねている場合は、配送業務も行わないとならないため、自分で自由にスケジュールを組むことが難しくなります。

そのため、空き時間に喫茶店で休憩といったことも難しいものとなるでしょう。

営業経験は必要なの?

営業経験があった方がすんなりと業務に携わることができますが、必ずしも必要ではありません。

顧客と信頼関係を構築することが最重要項目なので、営業経験よりも性格の方が重要であると言えます。

顧客によっては、型にはまった堅い営業であると敬遠される可能性があります。

堅すぎず、フランクな営業の方が好まれることもあります。

そのため、営業経験というよりも、会話力や明るい性格などの方が重要であると言えます。

新規顧客営業は一切しないの?

ほぼしませんが、新たに契約を交わせる可能性がある顧客がいた場合は、新規顧客営業を行う場合があります。

その場合も、全くのゼロからの営業という訳ではなく、既存顧客からの情報であったり、新規顧客の方から働きかけがあって営業に伺うといったことが多いでしょう。

一般の営業のように、新規顧客からの売り上げノルマを提示されて、新規顧客営業を行うといったことはあまりないと言えるでしょう。

もし特定の顧客の売り上げが著しく落ちたらどうするの?

売り上げが著しく落ちてしまったら、顧客に対してヒアリングを行って原因を追究し、場合によっては営業担当者を変更します。

売り上げが著しく落ちる原因で多いのが、信頼関係を失ってしまったということです。

もし、ある既存顧客とトラブルを起こしてしまい、信頼関係を失ってしまうと、売り上げが著しく落ちる場合があります。

ルート営業は、既存顧客のみを回って売り上げを得ていくので、既存顧客のみが頼みの綱となります。

そのため、ある既存顧客の売り上げが落ちたからといって、新規の顧客から落ちた売り上げ分を補填するといったことはできません。

他の既存顧客の売り上げを突然一気に上昇させるのも難しく、現実味がありません。

一度信頼を失うと売り上げが著しく落ち込み、リカバリーに苦慮することになります。

今まで築き上げてきた信頼関係を失うと、著しく売り上げが落ちるという怖さが、ルート営業にはあります。

まとめ

ルート営業は一般の営業と比べて求人数が少ないため、どういった求人があるのかや、どういった求人を選択したら良いのかなど、分からないことが多いでしょう。

今回紹介したルート営業の仕事内容や、おすすめの求人ポイントを参考にして、自分に合ったルート営業の求人を選択することが重要となります。

ルート営業に挑戦しようと考えている人は、是非、自分に合っている求人を吟味して選択し、挑戦をしてみてください。


関連キーワード

ルート営業求人

ルート営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

ルート営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための6個の注意点

ルート営業に転職を考えている方に、その転職を良いものにするために注意した方がいい事や、会社選びで考えておくべき事など、現在、ルート営業をしている立場から色々とご紹介したいと思います。ルート営業の転職で注意したほうが良い6個のことルート営業と言っても本当に様々です。ルート営業と一言で言っても、その種類は様々です。と言うことは、仕事の内容や大変さや、そして、給与の良し悪しも様々と言うことです。転職をするとしても、どんなルート営業を選ぶかが大きなポイントににりますし、まさに、注意すべき点でしょう。詳しく調べて、自分に向いているルート営業を選ぶことが転職を成功させるもっとも大切なポイントです。仕事の内