転職をするのは、一大決心が必要です。

前職よりステップアップできる職場に就きたいという方向けに、今回はルート営業への転職を成功させるために注意すべき点や会社選びで考えておくべき点など、現在ルート営業をしている経験者の意見なども踏まえて色々と紹介したいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ルート営業の転職で注意したほうが良い6個のこと

ルート営業と言っても実に様々

ルート営業と一言で言っても、その種類は様々です。

ということは、仕事の内容や給与についても様々ということです。

転職をするとしても、どのようなルート営業を選ぶかが大きなポイントになります。

詳しく調べて自分に向いているルート営業を選ぶことが、転職を成功させるために最も大切なポイントなのです。

仕事の内容を細かくチェック

ルート営業は、ただ営業だけするものばかりではありません。

取引先を回りながら納品や搬入もする場合もあります。

この場合、体力的に挫折する人もいるかもしれません。

また、ルート営業と言いながら新規への飛び込み営業をする場合などもあります。

 

求人情報ではルート営業以外に何をするか分からないことが多いので、取引先の情報を調べたり面接の時に詳しく訊く必要があります。

求人に隠された情報を読む

これはルート営業に限ったことではないかもしれませんが、求人に出ている情報はほんの僅かです。

しかし、その少ない情報に様々なことが隠されているので、注意して見てみましょう。

楽なのに給与が良い、ルート営業なのに高額のインセンティブがあるなど不思議に思ったら、求人だけでなく他の情報からもその会社を調べてみると良いでしょう。

ノルマはないと書いてあるが

求人情報には「ルート営業なのでノルマはありません」と書いてあることもしばしばです。

そんな良い話が本当にあるのでしょうか。

筆者の場合、確かにノルマはありません。

しかし、実行予算という名の目標金額が設定されています。

普通の営業と比べれば非常に緩い数字ですが、存在していることは事実です。

会社としても売上がなければ成り立ちませんから、仕方のないことだと思います。

取り扱い商品で業務内容が見えてくる

ルート営業の場合、何を商品として販売するかによって仕事の内容が見えてくることがあります。

例えば車の部品のルート営業でしたら、訪問先はメーカーやディーラー、小売店などが考えられます。

自分で納品することはないでしょうし、残業も少ない可能性が高いと思われます。

ただ、専門知識は必要となるかもしれません。

このように仕事の内容が見えてくることもあります。

仕事の忙しさは取引先次第

ルート営業で仕事の忙しさを左右するのは、取引先次第だと思います。

取引先の会社が遅くまでやっていれば、自ずとこちらも遅くまで対応することになります。

早朝も同様です。

転職先はもちろん取引先の業務がどんな状況かも調べることで、仕事の流れも見えてくることがあります。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

自分の希望を整理しましょう

転職で必要なのは、どんな条件を求めるかです。

前の仕事よりも高い給与か、それとも給与は低くても残業が少なく自分の時間を作りたいのか、他にも様々な希望があると思います。

その点を明確にしていけば、自ずと選ぶべき会社も絞れてくるでしょう。

転職先の会社の顧客を調べてみる

ルート営業は、その名の通り営業です。

営業の仕事を左右するのは、紛れもなくお客様です。

転職先の会社を調べるのはもちろんですが、その会社の顧客がどういう業種なのかなどその業種の情報を調べると営業側の動きも見えてくるものです。

例えば業種によっては手が空く時間帯が決まっているので、取引先と話をする時間帯が限られてしまいます。

日中忙しい取引先の場合、会えるのが夕方以降になると残業も増えるでしょう。

このような点も見えてくるので、調べてみましょう。

転職希望の会社の同業者をチェック

ルート営業たがらと言って、ライバル会社との競争がないわけではありません。

いくら好調に見える会社であっても、先々を考えるとライバル会社の数や動向をチェックしておいた方が良いでしょう。

競争が厳しい中に飛び込むのは厳しいものです。

転職組としてはなるべく早く成果を上げたいところなのでそこまで…と思うかもしれませんが、一応見ておきましょう。

業界の先行きを考慮しましょう

せっかく転職しても、その会社の経営が悪くなってしまったらどうにもなりません。

もう一度、転職せざるを得なくなってしまいます。

そうならないためにも、業界の先行きも考えておくべきでしょう。

更に言えば、その業界自体が縮小傾向にあれば優れた営業だとしても売上を上げることは難しいです。

売上が上がらなければ給与も上がらないのですから、チェックすべきポイントなのは間違いありません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

転職するにあたっての必要な心構え

どんな人でも最初は新人

どんなに前職で実績を上げていた人でも、転職した会社の社員からしてみたら皆新人です。

実績を上げるまでは謙虚に一からやっていく心構えは必要だと思います。

どこの業界にも長年培われたノウハウがあるものです。

まずはしっかり学びましょう。

車でのんびりできると思ったら大間違い。

ドラマなどで車を停めて休んでいるサラリーマンをよく見ますが、あのようなことは現在ほぼ見られません。

そうは言っても寝てたりするのを見かけることがあるかもしれませんが、大抵は疲れて睡魔に襲われたサラリーマンが仮眠を取っているか、仕事が嫌になってサボっているかのどちらかです。

大変なのはどの仕事も一緒ですが、ある程度覚悟しておきましょう。

それなりに忙しい方が1日は早く終わりますよ。

外回りだけが仕事ではありません。

ルート営業はお客様の所を回っているだけに思われている方もいるかもしれませんが、決してそれだけが仕事ではありません。

外回りの準備をしたり、資料や見積の作成、商品の手配などの事務仕事も色々とあります。

会社によってサポートしてくれる内容も様々です。

営業以外にもしなくてはいけないことがあることは、知っておく必要があると思います。

ルート営業の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

売上を上げるには顧客管理が肝心

ルート営業が普通の営業と少し違うのは、幾つかの取引先を継続して営業していくところです。

これは一つの取引先を何度も訪問し継続して取引するということです。

そのため、お客様との付き合いは長期間になります。

そこで一つ一つのお客様を管理して、より良いサービスを提供して売上を向上させていきます。

ちょっとしたことを真面目にコツコツと

ルート営業は、決まった取引先と長い付き合いになります。

そのため、売上を上げるためには取引先との信頼関係が重要です。

信頼を得るために、些細な仕事でも真面目にコツコツと対応していくことが大切です。

例えばメールの返信や納期の連絡など些細なことでも、手を抜けばあっという間に信頼関係は崩れるものです。

売上の向上が年収アップの近道だと思うので、しっかりやっていったほうが良いでしょう。

ルート営業の転職で人気な職種や業界とその理由

ルート営業には様々な種類がありますが、その中でも転職先としてどのような業種や業界があるのかを紹介します。

ルート営業を選ぶ人は、普通の営業よりもストレスやプレッシャーが少ないことや残業の少なさなども条件にしている傾向があるようです。

メーカーなどのルート営業

メーカーのオフィスや工場への営業です。

メーカーへの部品や材料などの提案営業になります。

ここでの取引先は、大手の企業などです。

人気な理由

メーカーへのルート営業が人気なのは、時間の正確さだと言えます。

きちんとした勤務体制ができているので、訪問する営業側にしても時間外の勤務が少なく、その分残業も少なくて済むようです。

転職で自分の時間が欲しいと思っている方たちに人気のようです。

また大手メーカーだと個人の意見よりも企業の意向で対応してくれるので、商談を進めるのは大変ですが、ビジネスライクな分割り切って仕事ができるので気持ち的にも楽かもしれません。

有名企業所属のルート営業

ここで紹介するのは、勤める企業が有名企業の場合です。

有名企業に転職するのは難しいですが、その分メリットも多いようです。

ルート営業の仕事の中心は商品を売ることなので、その部分が楽だと自ずと仕事も楽になるでしょう。

人気な理由

有名企業でのメリットと言えば、やはりネームバリューでしょう。

みんなが知っている企業というだけで信頼度も違いますし、商談もしやすいようです。

また社員数が多いのもポイントで仕事のサポートも充実しているため残業の少なさや休みの取りやすさでも人気があるようです。

自分に合ったルート営業の求人の選び方や注意点

求人情報も様々ありますが、その中で自分に合うものがどれなのか選ぶ時のポイントや注意点を紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

ルート営業では正社員の求人がほとんどだと思います。

理由は様々あると思いますが、アルバイトのルート営業は今まで聞いたことがありません。

派遣の方とは一緒に働いたことがありますが、こちらもほとんどいませんでした。

逆に考えると、ルート営業でアルバイトの募集があったときは注意して確認した方が良いのかもしれません。

【選び方②】職種から探す

職種で考えるなら二つのパターンがあります。

一つ一つの商品は安価で売りやすいが売上を上げるには数を売らなくてはいけないパターンと、一つ一つの商品は高額で売りにくいが一つでも売れれば売上が確保できるパターンです。

どちらが良いとも悪いとも言えません。

自分に向いているのがどちらなのか、よく考えて選ぶことが大切です。

【選び方③】会社の業態から考える

ルート営業の中には、商品の納品や搬入も営業が行うケースがあります。

前職が体力を使うものだった方は問題ないと思いますが、そうでない方はキツいかもしれません。

車の運転に納品と体力面で疲れて辞めてしまう方もいるようです。

急ぎの納品などで残業する機会も多い傾向にあるようです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

ルート営業と一口に言っても、その内容は会社によって様々です。

あくまでも営業だけ行う場合や、営業しながら納品や搬入もする場合など様々です。

ですから、仕事の内容によって給与も異なります。

給与が良くて仕事も楽というものは滅多にありません。

給与が良ければ仕事も大変でしょう。

しかし、給与が安いからと言って楽とも限りません。

基本給よりも成果報酬が多い場合は営業にとって厳しい条件なので注意したいところです。

【選び方⑤】エリアから考える

どんな商品を扱うかによって変わってきますが、都会のほうがモノがよく売れる傾向にあると思います。

取引先の企業も密集しているので、短時間に件数をこなすこともできます。

売上を考えれば都会が有利です。

しかし、ライバル会社との競争も多いのも事実です。

売上あっての営業ですから、ここら辺の見極めが肝心です。

まとめ

ルート営業は、普通の営業と比べると新規の飛び込み営業もなく楽なイメージがあるようです。

そういう面で転職先に選ばれる方も多いようです。

しかし、普通の営業と同じくルート営業にも、少なからず新規開拓があるケースも存在します。

もしなかったとしても、給与はそれなりに少なくなるでしょう。

上手に転職先を選んで効率良く仕事ができれば、ある程度給与も得られて自分の時間を作れる職種だと思います。

また、営業職を始めるにあたってのスキル形成にもなると思います。

この記事でご紹介したことが、転職を考えている方のお役に立てば嬉しいです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




ルート営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

ルート営業の給料や年収はどのくらい?残業代は出るの?基本給以外についてもご説明します!

ルート営業は、一般の営業とは異なりなかなか求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情が分からない人も少なくないでしょう。給与の実態が分からないがためにルート営業の求人に応募するのをためらってしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安を少しでも取り払えるように、分かりづらい部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することでルート営業の給料相場を割り

ルート営業正社員求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びの参考にご覧下さい!

ルート営業の正社員求人が気になっている方は、この記事は必見です。もし皆さんが営業希望の求職者だったら、一般の営業とルート営業の二つの求人のどちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージしやすいですがルート営業のイメージは湧きにくく、求人選びで避けてしまっていた方も少なくはないはず。そんな知られざるルート営業とはどのような業務内容なのか、おすすめ求人のポイントは何かなどを具体的にご紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なります。一般の営業にはないルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既

ルート営業の仕事内容を役割に分けてご紹介!この仕事の良いところはこんなところ!

営業という職種は、大まかに分けて「新規開拓営業」と「ルート営業」に分けられます。どちらも同じ「営業」という職種ではありますが、「新規開拓営業」はその名の通り新規の顧客を獲得する為の営業です。反対に「ルート営業」は新規の顧客を獲得するための営業ではなく既存の顧客から売上を伸ばす為の営業となります。私が経験した「自動車部品卸売り業」の「ルート営業」を例に挙げながら、「ルート営業」の仕事内容ややりがいなどを詳しく紹介していきます。ルート営業の仕事は大きく2個の役割に分けられる商品の営業担当既存の顧客を訪問し、自社で扱っている商品の営業を行います。高価な商品の発注を獲得した際は、営業担当自らがその商品

ルート営業が辛いと思う7個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

営業は営業でも、様々な営業スタイルがありますよね。中でも、ルート営業はつらいと思っている方は多いのでないでしょうか?ここでは、ルート営業がしんどいと思っている方のために、ルート営業のつらい所とそれを乗り越えるための方法を経験者がお教えいたします。ルート営業はきつい、大変なことばかりではありません。その分おすすめな理由もあるんです。自分にはルート営業は向いてないと思わず、まずはこの記事を読んで参考にしてみてください。決してつらいことばかりではありません!ルート営業のおおまかな仕事内容とは?ルート営業は、決まったエリア、決まった取引先を、定期的または、不定期に訪問して、営業や納品、メンテナンスや在

ルート営業とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

ルート営業とは実際のところは、どんな事をしているのでしょうか?そもそもルート営業の仕事と言うと、求人などでよく目にしたり耳にしたりすることがあると思います。今回は10年以上ルート営業として働いてきた経験なども踏まえて、ルート営業のやりがいや詳しい業務内容、会社においての役割、なり方など詳しく解説したいと思います。皆さんがルート営業の仕事内容をこの記事で詳しく知る機会になれば幸いです。ルート営業とはどんな仕事?ルート営業とは、決まったお客様に定期的に訪問し、営業する仕事です。分かりやすく言うと、現代版の御用聞きのようなイメージです。しかし、ルート営業と言ってもその内容は様々です。取引先や扱う商品

ルートセールスが向いている人9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

営業職の一つであるルートセールス。さまざまな業種でルートセールスによる営業が行われており、これから就職、転職を考える際、選択肢の一つとしてご検討されている方も多いのではないでしょうか。今回は、ルートセールスの仕事内容のご紹介と、どんな方がルートセールスに向いているか、現在ルートセールをされている方が転職する際にそのスキルを活かせる仕事、これからルートセールスの仕事を目指されている方に活かせる資格やスキルを解説いたします。私は、こんな会社でルートセールスの仕事をしていました私は以前、日用品メーカーのルートセールスをしており、とある系列のスーパーを県内全域担当して回っておりました。大体1週間程度の