ルート営業と言うと、求人などで良く目にしたり耳にしたりすることがあると思います。

では、実際のところルート営業とは、どんな仕事なのでしょうか。

10年以上、ルート営業として働いてきた経験なども踏まえて、ルート営業とはどんな仕事で、その仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説したいと思います。

ルート営業とはどんな仕事?

ルート営業とは、ある程度決まったお客様に定期的に訪問、営業などをする仕事です。

簡単に分かりやすく言うと、現代版の御用聞きのような感じです。

しかし、ルート営業と言っても、その種類は様々です。

取引先や、扱う商品によって多種多様なバリエーションがあります。

ルート営業の役割とは?

ルート営業は、会社にとって、どのような役割を担っているのかを、ご紹介したいと思います。

売上を上げること。

ルート営業も、営業であることには変わりがありません。

営業である以上、売上を上げて会社に利益をもたらせなくてはいけません。

これが、何よりも大切な役割になります。

この役割が上手く行かなければ会社の運営自体にも影響するので、しっかりやらなくてはいけないでしょう。

お客様と会社の間における中間管理職。

ルート営業は、お客様と会社の中間管理職と言っていいと思います。

お客様だけを喜ばせてもダメですし、会社だけを喜ばせてもダメです。

両方が喜べるように間に立って仕事をする役割があります。

要するに両者共にメリットを作らなくてはならないと言うことです。

これは、なかなか難しいものです。

しかし、この試行錯誤が楽しかったりもします。

ルート営業の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

取引先への訪問

この業務が、ルート営業にとっては、メインの業務になります。

会社にもよりますが、1日の決まったお客様を訪問しながら、イレギュラーで呼ばれたお客様なども訪問していきます。

その日の訪問先の順番や、移動経路などで、1日の忙しさが決まってきます。

効率良く回れれば、心に余裕を作ることも出来ますが、下手をするとドタバタな1日になっしまいます。

提案営業

訪問した取引先では、納品などもすることがありますが、メインで行うのは、営業トークです。

ルート営業は、飛び込み営業とは違い同じ取引先を複数回、訪問するので、色々と話が出来るのがポイントです。

話をしながら商品を進めたり、お客様のニーズを聞き出したり、また、市場の動向や他社の動向までもチェックすることが出来ます。

納品や搬入など

扱う商品や、会社によっても異なりますが、訪問営業するのと一緒に納品や搬入をすることがあります。

もちろん、商品を別日に発送納品することもあります。

この納品や搬入をどのようにするかで、仕事の大変さも大きく変わってきます。

体力を使うこともあるので、将来的にも続けていくのなら大切なポイントになるでしょう。

見積や資料の作成

営業と言っても、ただトークをすれば良い物でもありません。

商品やサービスを提案したら、それに関する資料や、見積書を作成したり、時にはサンプルなども作成してお客様に提示しなくてはいけません。

これが、結構手間のかかる業務です。

サンプルの作成などは、他の部署の協力もお願いしなくてはいけないので簡単には行きません。

外に出ている時には出来ない事なので、外回りと、この内勤のバランスを上手く取らないと残業時間が増える事にもなるので、効率良く上手く進めたい業務です。

仕事の流れ

取引先へ訪問、営業

まずは、お客様の所への訪問から始まります。

本当はお客様の新規開拓からなのですが、ルート営業の話なので、ここでは省かせて頂きます。

何回か訪問する中で、お客様のニーズを探り、商品や、サービスを提案営業します。

資料や、見積書の作成

提案営業をした結果、お客様が興味を示したら、サンプルや資料を持参して、再度、営業します。

具体的な話になり、お客様からの要望や、また、こちらから進んで見積書を提出します。

納品、搬入

回数はまちまちですが、営業や打ち合わせを重ねて、お客様の購入が決まったら、次は納品です。

商品にもよりますが、持参納品や発送納品、また、立ち会い搬入など、お客様と相談したがら商品を納品します。

日時の設定が必要な場合もあります。

請求、入金、お客様へのフォロー

商品を納品したらお仕舞いと言う訳にも行きません。

請求の発行処理や、その後の入金チェックも大切な仕事です。

会社の規模にもよりますが、営業としたは、ここまで携わっておきたいところです。

また、商品の納品後のフォローも大切です。

何か不具合があれば、今後の取引にも影響しますし、商品の改善にも役立たせることが出来るからです。

ルート営業はどういう人と仕事で関わるの?

ルート営業は、ただお客様とだけ関わる訳ではありません。

仕事をする上で様々な人たちと関わりながら働かなくてはいけません。

どのような人たちとどう関わるのかご紹介します。

お客様

一番大切な相手ですね。

お客様との関わりで、会社へも大きな影響がある訳ですから、とても怖い存在でもあります。

ですから、お客様より信頼されるような営業でなくてはいけません。

会社の人たち

一緒に頑張ってくれる仲間たちです。

会社の人たちの協力を得られなければ、いくら営業を、頑張っても満足の行く対応は出来なくなってしまいます。

また、お客様の方ばかり見て仕事をしていくと社内で対応してもらえず、お客様の要望に答えられなくなることもあります。

良く言われる社内営業も、円滑に仕事を進める上で大切と言うことです。

関連企業

全てを自社で、製造販売出来る会社でしたらいいのですが、それが出来ない場合には、様々な企業や業者の方たちと協力していかなくてはいけません。

関連企業は、色々とあります。

製造的なものから、宣伝媒体や、搬入なども企業に依頼することもあります。

自社ではないので、簡単に融通がきく事ばかりではありません。

コミュニケーションをしっかりとっておかなくてはいけないでしょう。

ルート営業の給料事情は?

給料面で言うと、正直なところ、あまり良くはありません。

仕事の内容によって色々変わっては来ますが、基本的には良くないです。

その分、ストレスが少なかったりノルマが緩かったりとメリットもあるのは確かです。

ルート営業の年収は、こちらの記事を参考に!

ルート営業でやりがいを感じること

どんな仕事でも、やりがいを感じることがあると思います。

ルート営業にも同じようにやりがいを感じることがあります。

この中でも、ルート営業ならではの出来事をご紹介します。

お客様との関わり

ルート営業では、特定のお客様と長い時期を過ごすことになります。

中には社内の同僚より会っている時間が長いと思われる、お客様もいます。

その為、付き合いも、それなりに深いものになります。

そんなお客様からの依頼を親身になって取り組んで、その時に、本当に感謝をされたりする時には、やってて良かったと思います。

達成感

ルート営業は、売上ノルマが無いと思われていることが多いようですが、決してそんな会社ばかりではありません。

ノルマと言っていなくても、簡単な目標などは、設定されていることがほとんどです。

この数字が営業にとっては、大変なプレッシャーになるのですが、逆に言えば、この数字をクリアしたときの達成感は良いものです。

また、売上にも関係してきますが、大きな商談などが成立した時も達成感を感じることが出来ると思います。

ルート営業に向いている人のタイプは?

ルート営業の仕事には、お客様との信頼関係が、とても大切です。

そんなルート営業に向いている人はどんな人なのか、少しまとめてみたいと思います。

コツコツと仕事をこなせるひと

ルート営業は、広く見ると毎日が同じ事の繰り返しになることが多いです。

また、定期的に訪問していることもあって、細かな仕事などは、ついつい明日に回しがちになってしまいます。

しかし、お客様との信頼関係が、大切なルート営業では、そういった粗雑な仕事もコツコツこなして行かなくてはいけません。

ですので、細かなことも嫌がらずにコツコツ出来る人はルート営業に向いていると思います。

細かい事に気がつくひと

営業をしていると、お客様との会話の中から得られる情報は、とても重要です。

しかし、会話以外から見えてくる情報も幾つもあります。

この情報に気づく事が大切です。

例えば、お客様の会社内のちょっとした変化によって、人事異動や、新入社員の入社、また、新しい機械が入ったりと、そこから商談に結び付くことも沢山あります。

このような細かなことに気がつくことが出来るひとは、ルート営業や、営業に向いていると言えます。

誰かのために動くことが好きなひと

ルート営業では、お客様の信用、信頼を得ることが大切です。

その為、信頼関係を築くために、お客様の要望に答えて行くことが必要です。

たまには、そのぐらい簡単に調べられそうな事でも、お客様の為に動かなくてはいけない事もあります。

調べ物だけでなくプラスアルファのサービスとして動く事も必要な時もあります。

このように、誰かのために動くことを、ためらわず動けるひとは、ルート営業に向いていると言えます。

ルート営業の仕事で大変なこと

ルート営業の仕事は、楽だと言うイメージが一般的にあるようですが、もちろん大変なことはあります。

ここで、幾つか紹介してルート営業への理解を深めて頂きたいと思います。

時間の管理

ルート営業では、時間の管理が、とても重要です。

お客様への訪問時間、また、移動の時間などスケジュールをきちんと管理しておかないと大変なことになってしまいます。

しかし、思い通りにならないのかが時間です。

焦れば焦るほどにはまって行ってしまうもので、そんな日は、本当に辛い1日になっしまいます。

逆に言えば、この時間の管理を上手くやっていれば、案外のんびり回れることもあります。

やり方次第ですかが、パニックにならないようにはしていきたいものです。

粗雑な作業

ルート営業は、お客様の所をどんどん回って、営業したり、納品したりしていて、行動的なイメージがあるかもしれません。

ですが、外回りの訪問営業と同じぐらい社内などで行う細かい業務があります。

事務作業や、手配などの様々です。

この細かな業務をきちんとやっておかないと外回りや、お客様に影響が出てしまうので、適当には出来ません。

外回りで時間が無い中でやりくりしなくてはいけないので、外回りの営業にとっては、辛いところです。

売上を上げること

ルート営業、営業にとって、やはり売上を上げることが何よりも難しく辛い業務ではないでしょか。

もしも、売上に関係なく営業出来たらどんなに気持ちが楽かと思います。

しかし、現実的には、そう簡単には行かないので日々売上に追いかけ回されることになるのですが。

本来でしたら営業だったら売上をやりがいにして、頑張って行くというぐらいの気持ちがなくてはいけないのかもしれません。

ルート営業になるためにはどうしたらいい?

最近は、求人紙や求人サイトなどで、様々なルート営業の仕事が、紹介されています。

では、ルート営業になるには、どのようにしたらよいか、幾つかご紹介したいと思います。

ルート営業に就職するために

まずは、情報を集めましょう。

そうするとルート営業と言っても色々な種類があることが分かると思います。

配送・配達を兼ねた営業や、電車や徒歩で回る営業。

また、メーカー相手のものから、工場や工事現場に訪問するものまで、本当に多種多様なルート営業があります。

この中から自分が興味ある商品や、ジャンル、また自分に向いている営業が何か見つける事が出来ればベストだと思います。

まずは情報収集からです。

資格は必要?

ルート営業をするにあたって、運転免許以外には、これといって特別な資格は無くても大丈夫です。

ただ、扱う商品によっては専門的な資格を持っている方が、給与の面では有利かもしれません。

また、専門的な資格を持っているとお客様にあたえる印象も大分違うので、この点からも持っていて損はないでしょう。

必要なスキルや資格、経験は?

どんな仕事でも、経験者は大きな武器と言えるでしょう。

ただ、ルート営業においては、新規開拓ではなく前任者がいるなどフォローもあると思うので、未経験でも十分対応出来ると思います。

資格はあった方が給与の面でも大切ですが、扱う商品によって必要な資格も違ってくるので就職したから資格を取っても遅くはないと思います。

その方が適切な資格を選ぶことが出来ると思います。

ルート営業で転職を成功させるために

転職でルート営業を考えているのでしたら、まずは、給与の面からしっかり考えなくてはいけません。

転職する理由も色々とあるとは思いますが、ルート営業の給与は、それほど良くはないことを知っておいた方がいいでしょう。

その上で、勤務地や実際回るルート範囲、扱う商品の情報を集めて自分にあったルート営業を見つけることが大切です。

更に細かく解説したいと思います。

給与を確認する

転職にあたったは、とても大切な部分です。

ストレスやプレッシャーなどから転職を考えてルート営業を選択する方も多いと思いますが、しかし、転職して仕事上のストレスが軽減されたとしても、給与が思ったよりも少なくて、その事がストレスになってしまっては、困ってしまいます。

そうならないためにも、給与面で納得出来るものか、しっかり情報を集めておくことが、転職を成功させる上で、とても重要になると思います。

勤務地、ルート範囲を調べる

これも重要です。

通勤なども大切ですが、ルートで回る範囲は、実際の仕事上でもかなり重要度は高いです。

なぜなら車で営業すると考えると移動の大変さも場所、範囲によって大きく変わってきます。

都市などでは、車での移動は大変かもしれませんが、お客様が密集している分、移動時間は少なく、また少ない時間で回る件数も稼ぐことが出来ます。

郊外だったとしても、車の移動は楽かもしれませんが、移動時間は掛かってしまうかもしれません。

どちらを選ぶかは、皆さん次第ですかが、給与に関係してくる売上のことも考えると、近いから選ぶなど簡単には決められないことが分かって頂けると思います。

扱う商品などを調べる

扱う商品によって仕事の状況も大きく変わります。

納品や搬入を自分でするのか、別のルートや配達でするのかなど普段の行動や社会処理など様々な事に関わってきます。

扱う商品を調べることによって、ある程度は把握することが出来ると思います。

転職してみたら、ルート営業と言っても、配送業務だけで給与も安く思ったものと違ってしまうと、また転職活動しなくてはいけなくなってしまいます。

そうならないためにも、しっかり把握しておきましょう。

取引先を調べる

どういったお客様の所を訪問し営業するのかも調べておいた方が良いと思います。

相手の勤務状況によって、こちらの勤務状況も変わってくるからです。

例えば、残業などもなく、しっかりとした勤務体制のお客様が相手だとこちらも訪問する時間はきっちりしてくるので、残業も、少なくてすむかもしれません。

逆に相手の会社が遅くまで勤務している状況なら、こちらも、その状況に合わせて残業することが大きくなるかもしれません。

そういった事も、色々と見えてくる事もあるので、チェックしておいて損はないでしょう。

ルート営業の将来性は?

ルート営業の将来性はどうでしょうか。

色々な種類があるので、一概には言えませんが、まだまだ十分に需要はあると思います。

逆に、これからは対面営業の役割が重要になって来ると思います。

インターネットや通販などが、主流になりつつありますが、だからこそ人対人の対面営業が出来る信頼関係の部分で力を発揮出来るのではないでしょうか。

幾つか解説したいと思います。

信頼関係

ルート営業で一番重要なのが信頼関係です。

この信頼関係がなければ、いくら訪問しても意味はありません。

この信頼関係を築くことが出来る所が将来的に重要になってくるポイントではないでしょうか。

対面営業の強みだと思います。

これからの社会でも、今までと同じように人対人の繋がりが、まだまだ必要になってくるでしょう。

情報が溢れている状況で、どの会社、どの商品、誰を選ぶかの選択肢において、信頼が重要な選択肢のひとつになることは、間違いありません。

次への繋がり

ルート営業で繋がりのある取引が売上を確保する上で重要になってきます。

インターネットなどでは、簡単には行かないのではないでしょうか。

検索する度に新しい情報が出てくるインターネットでは次への繋がりを確保することは、容易ではありません。

その点、ルート営業は、継続訪問できることから次へ繋がる営業をすることが出来ます。

この点においても将来性があると言えるでしょう。

ルート営業の仕事がおすすめな理由

時間や仕事のやりくりできる。

ルート営業は、日中ほとんどが外での業務になります。

また、1日に訪問する件数なども、ある程度決まっていることがほとんどです。

そのため自分なりに工夫して効率良く上手く回れば時間の余裕を作ることが出来ます。

また、時間に余裕を作ることで残業を減らすことも可能になります。

仕事で時間に追わる事がストレスになっていたり、もっと自分の時間が欲しい人には、おすすめです。

また、この時間を利用して売上を上げることも、もちろん出来ますので、この点でもおすすめ出来ます。

プレッシャーが少ない

ルート営業だと、飛び込み営業などとは違いノルマや目標の設定が緩いところが多いようです。

ある程度見込める売上が決まっている事などがその理由です。

売上のプレッシャーが少ないことは、営業にとっては、とてもストレスの軽減になります。

この点も、おすすめしたいところです。

しかし、ノルマが緩いのであって、全く無いわけではありません、これは営業であれば、仕方がない事だと思います。

まとめ

ルート営業には、様々な種類があります。

これは、扱う商品や訪問や納品の違いによるものです。

しかし、種類が多いと言う事は、この中から自分に合ったルート営業を選択出来ると言う事も出来るでしょう。

就職や転職でルート営業を考えている方には、一般的な営業よりも、未経験者にも優しいルート営業をおすすめします。

将来的に営業を目指す上でも、きっと役に立つ経験が積めると思います。

また、色々な面でやりくりが出来て、ノルマなどのストレスやプレッシャーが少ないルート営業をすることによってプライベートを充実させる事も出来ると思います。

色々とやり方次第でより良い生活を目指す事の出来るルート営業に挑戦してみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

ルート営業求人