ルート営業の求人を見かけることが多々ありますよね。

 実はルート営業は、普通の「営業」より一般的に楽と言われています。

営業職を避けて求人探しをしていた人も意外と合う可能性もありますので、必見です。

今回は、そんなルート営業の求人の内容を細かく解説していきます。

求人が多くてどう選べば良いのか分からない人にもおすすめできるポイントをご紹介させていただきます。 

「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ルート営業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

ルート営業は、各営業担当者が担当エリアを持ち、決まった取引先を定期的に回って営業活動をして必要に応じて打ち合わせや見積の提出などをしながら受注に繋げる仕事です。

場合によっては、納品や搬入作業もすることがあります。

扱う商品によって様々なパターンがあります。

ルート営業は会社でどういう役割を求められる?

既存の顧客との取引を継続させながら随時営業活動をし、未受注商品の掘り起こしや新商品の紹介などをして売上の維持と向上を目指します。

会社にとって経営の基盤となる重要な役割があります。

また、お客様の所に頻繁に訪問することから、取引先の経営状況や動向、ライバル会社のアプローチ状況などをチェックする役割もあります。

ルート営業求人にはどんな種類がある?

ルート営業と言っても、取り扱う商品の種類の数だけ違いがあります。

営業だけに特化するものや、納品も行うパターンなどがあります。

また、納品した商品のメンテナンスを兼ねているものなどもあります。

ルート営業求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

ルート営業で最も多いのが消耗品を扱う会社です。

定期的に訪問するということは、それだけ営業機会があるということです。

例えば、家を買ってもらったお客様に次の週に行ってまた家を買ってくださいと言っても買ってもらえないでしょう。

ただ、新しい家に必要な商品を営業することはできると思います。

具体的なパターンを紹介していきたいと思います。

オーソドックスな営業パターン

基本的な営業パターンです。

取引先を回って、納品した商品の状況や新たに購入を希望する商品の有無などを確認しながら営業活動をしていきます。

このパターンの場合は、納品や搬入は別途行うことになります。

納品も一緒にする兼務パターン

このパターンの取り扱い商品は、簡単で軽量なオフィスの備品や消耗品です。

定期的に訪問して、消耗品のチェックや新商品などを営業していきます。

このようなパターンは扱う商品が小さいことが多いので、納品も営業が兼務することがあります。

取引先と協力する共存パターン

このパターンは、食品や家電などの小売店の取引先に多いパターンです。

普段納品しているスーパー、飲食店、小売店などを回って、納品状況に問題がないかなどの状況確認をしながら問題点の解消やお客様のニーズを聞いて営業していきます。

自社商品の売上を伸ばすために商品の陳列を提案したり、場合によっては販売方法の提案などもしていきます。

メンテナンスも兼ねて営業するエンジニアパターン

このパターンは、オフィスで言うとコピー機などがあります。

トナーなどの納品や機械のメンテナンスをしに行った際に、使用状況などを踏まえて新しい機械の紹介などをします。

エンジニアがメンテナンスをするので、営業の説得力は高いと思います。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

ルート営業は、取引先によって大きく左右されます。

この場合、何を良しとするのかは人それぞれです。

例えば、極端に言うと取引先の営業時間が深夜だったとします。

そうすると自ずと営業活動も深夜になるわけです。

これは、深夜に働きたい人にとっては好都合です。

あくまでも極端な例ですが、自分に合った会社がベストになると思います。

「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ルート営業求人でよくある募集内容とは?

「決まった顧客を定期的に訪問する、初心者でも安心な簡単な仕事です」などと書いてあるのをよく目にするかもしれません。

これは、ある意味で間違ってはいません。

新規開拓と書いていなければ現在あるルートを引き継ぐ形になり、そこには前任者がいるので初心者でも安心です。

給与相場

飛び込み営業や個人相手の営業に比べると安いと思います。

決まった取引先相手なので楽な方だと考えれば納得できると思います。

高額な求人にはそれなりの理由があるので、ルート営業と言いながら飛び込み営業もしたり、営業活動よりも納品作業がキツかったりするので注意が必要です。

勤務時間や休日、残業

取引先によって大きく変わります。

取引先の営業時間やその営業時間内に話ができない、例えば医療関係などは営業時間の前後になります。

また外回りの辛いところですが、外回り以外に準備時間があるので残業は仕方ないと思います。

しかし、上手くやれば時間を作れるのもルート営業のメリットだとも言えます。

勤務場所

本社勤務では様々な部署が集まっているので、社内処理などがスムーズです。

スタッフも多いと思うのでサポートも期待できます。

その反面チェックも厳しいので、自由度は少ないでしょう。

支店などはサポートは厳しいですが、ある程度自由に動けるのは営業にとってはメリットかもしれません。

求められる人物像

営業に求められるのは、やはり取引先に好印象を持ってもらうことです。

それは清潔感だったり信頼感だったりします。

幾つか紹介してみたいと思います。

清潔感のある人

これは、営業だけでなく対人間の場合は大切ですね。

取引先に気に入ってもらえれば商談もしやすくなると思います。

信頼感のある人

信頼感も大切です。

どんなにトークが上手い営業だったとしても、そのトークを信じてもらえなければ商品を買ってもらうことはできないでしょう。

マメでコツコツと仕事ができる人。

ルート営業は、その種類にもよりますが同じ取引先を日々淡々と回ることが多いです。

その分、慣れてくるとどうしても集中力がなくなってきてしまいます。

一つ一つコツコツと仕事を進められる力は大切だと思います。

ルート営業が向いてる人の人物像について、こちらも参考に

必要なスキルや資格、経験

営業に必要なスキルは、一般的な社会常識ぐらいだと思います。

取引先との会話が問題なくできれば良いと思います。

そこが、求人などにも出てくる「初心者でも大丈夫」という部分です。

取り扱う商品の知識は後から学べば良いことですし、他には自動車免許があれば良いでしょう。

会社側から見れば、即戦力となる経験者はより喜ばれるでしょう。

「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ルート営業のおすすめ求人のポイント

ルート営業で重要なのは取引先です。

取引先によって忙しさや残業時間など様々な違いがあります。

どんな取引先が良いのかは人それぞれなので何とも言えませんが、取引先が細かく掲載されていえる求人はおすすめです。

ルート営業求人の雇用形態による違い

正社員が多いようです。

ルート営業は、担当がいなくなると代わりの担当者が回らなくてはいけません。

バイトだと急に辞められてしまう可能性があるので避けるようです。

アルバイトなどの仕事内容としては営業サポートが多いので、給与は安くなります。

自分に合ったルート営業の求人の選び方や注意点

どんなルート営業が自分に合っているか、様々な面から考えてみたいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

売上によって評価が左右される営業職はルートや取引先によって売上の良い時も悪い時もあるので、状況によって給与や待遇に変化が少ない正社員が良いと思います。

【選び方②】職種から探す

どこの会社でも売上ノルマのようなものがあります。

自分が売りやすいと思える商品を選んだ方が良いと思います。

どうせやるなら目標クリアを目指したいので、ここは押さえておきたい所です。

【選び方③】会社の業態から考える

取り扱い商品が多ければ、商品知識も幅広く持っていなくてはいけません。

取引先、取り扱い商品、どんな売り方をしているのかなど、詳しく説明している会社を選びましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

ルート営業の給与は最初は安い傾向にあります。

会社によっては実績を上げれば給与も上がっていきますが、最初から高額の求人の場合、ルート営業以外の業務もする可能性があるので注意しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

求人の段階では担当エリアが何処になるかは分からないと思いますが、会社の場所などから多少は判断できると思います。

自分が回ることをイメージしておくことは大切だと思います。

ルート営業求人についてよくある疑問

ルート営業の求人は、様々な媒体で目にすると思います。

しかし、細かく説明がされていることは少ないようです。

みなさんが疑問に思うことなどについてご説明してみたいと思います。

応募方法は?

ルート営業や営業の求人は、事業の拡大や即戦力の確保などの理由から募集がされています。

求人情報誌やサイトから応募することができますが、企業のホームページで募集が出ていることも多いのでそこからも応募できます。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

よく訊かれるのは経験の有無です。

即戦力になる人材を会社は求めています。

しかし実際にチェックしているのは話し方や印象などです。

お客様に直接対応するので当然のことですよね。

お客様に営業するつもりで面接担当者に自分を営業すると、上手くいくと思います。

未経験でも応募できる?

未経験でも問題ないでしょう。

ルート営業の利点として、新規ルートの開拓でない限り必ず前任者がいるので、その人に教わりながら引き継ぐという形が一般的です。

そのため、未経験でも大丈夫です。

会社の雰囲気は?

雰囲気は会社によって様々だとは思いますが、ルート営業というのはお客様の取り合いなどは少ないので、営業同士は助け合って働けると思います。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

正社員が多いです。

派遣社員やアルバイトの募集もありますが、営業サポートがほとんどです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

基本を正社員で考えるとアルバイトなどの営業サポートだと給与は安くなります。

残業って多いの?

残業は多いと思います。

取引先によって外回りにあてる時間も変わってきますが、外回り後の社内業務をどう処理するかで残業時間も変わってくると思います。

ただ取引先の要望があれば時間外の訪問もありますので、残業は多くなってしまうでしょう。

効率良く回るように工夫できるのもルート営業の利点でもあるので、工夫次第で残業時間を減らすことも可能だと思います。

シフトの自由度ってどうなの?

会社の人員に余裕があれば、代わりの人に取引先を回ってもらって休むこともできるかもしれませんが、アルバイトだったとしてもあまり自由にはできないと思います。

資格って必要なの?

資格はほとんど必要ないでしょう。

ただし車を使っての営業活動が多いと思うので、最低限普通免許は持っていた方が良いでしょう。

ルート営業の仕事がおすすめな理由

飛び込み営業よりは気楽です。

ルート営業は、飛び込み営業に比べると気持ち的に楽にできると思います。

決まった取引先に営業を定期的にできるということはチャンスが1回だけではないということです。

これは、飛び込み営業に比べると非常に楽なポイントだと思います。

工夫しだいで時間を作れる。

その日に決まった取引先を回るということは、急いで回ることもできますし、ゆっくり回ることもできるわけです。

工夫次第で時間を調節できます。

これは、様々な仕事の中でも非常に良いポイントです。

売上の安定が望める。

営業にとって評価に直接影響する売上ですが、ルート営業だとある程度売上が見込める点が良いポイントです。

飛び込み営業の場合は下手をすると売上がゼロという可能性もありますから、そこから考えると安心感があると言えるでしょう。

まとめ

ルート営業は営業の中でも楽な部類に入ると思います。

給与が安いという点もありますが、未経験でもできる仕事だと思いますし営業能力のスキルアップにもなります。

特に資格も持っておらず経験もなくて仕事探しに不安があるという方は、試しにルート営業をしてみるのも良いかもしれません。

求人の注意点を踏まえてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ルート営業の転職を考えている方は、こちらの記事を参考に!



関連キーワード

営業求人

ルート営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

ルート営業の給料や年収はどのくらい?残業代は出るの?基本給以外についてもご説明します!

ルート営業の年収事情をここで詳しくご紹介しちゃいます!ルート営業は一般の営業とは異なり、中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与が安いのか高いのか知らない方も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。そんな不安を払拭する為に、ルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することでルート営業の給料相場を割り出すことができます。正

ルート営業正社員求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びの参考にご覧下さい!

ルート営業の正社員求人が気になっている方は、この記事は必見です。もし皆さんが営業希望の求職者だったら、一般の営業とルート営業の二つの求人のどちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージしやすいですがルート営業のイメージは湧きにくく、求人選びで避けてしまっていた方も少なくはないはず。そんな知られざるルート営業とはどのような業務内容なのか、おすすめ求人のポイントは何かなどを具体的にご紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なります。一般の営業にはないルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既

ルート営業の仕事内容を役割に分けてご紹介!この仕事の良いところはこんなところ!

営業という職種は、大まかに分けて「新規開拓営業」と「ルート営業」に分けられます。どちらも同じ「営業」という職種ではありますが、「新規開拓営業」はその名の通り新規の顧客を獲得する為の営業です。反対に「ルート営業」は新規の顧客を獲得するための営業ではなく既存の顧客から売上を伸ばす為の営業となります。私が経験した「自動車部品卸売り業」の「ルート営業」を例に挙げながら、「ルート営業」の仕事内容ややりがいなどを詳しく紹介していきます。ルート営業の仕事は大きく2個の役割に分けられる商品の営業担当既存の顧客を訪問し、自社で扱っている商品の営業を行います。高価な商品の発注を獲得した際は、営業担当自らがその商品

ルート営業が辛いと思う7個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

営業は営業でも、様々な営業スタイルがありますよね。中でも、ルート営業はつらいと思っている方は多いのでないでしょうか?ここでは、ルート営業がしんどいと思っている方のために、ルート営業のつらい所とそれを乗り越えるための方法を経験者がお教えいたします。ルート営業はきつい、大変なことばかりではありません。その分おすすめな理由もあるんです。自分にはルート営業は向いてないと思わず、まずはこの記事を読んで参考にしてみてください。決してつらいことばかりではありません!ルート営業のおおまかな仕事内容とは?ルート営業は、決まったエリア、決まった取引先を、定期的または、不定期に訪問して、営業や納品、メンテナンスや在

ルート営業とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

ルート営業とは実際のところは、どんな事をしているのでしょうか?そもそもルート営業の仕事と言うと、求人などでよく目にしたり耳にしたりすることがあると思います。今回は10年以上ルート営業として働いてきた経験なども踏まえて、ルート営業のやりがいや詳しい業務内容、会社においての役割、なり方など詳しく解説したいと思います。皆さんがルート営業の仕事内容をこの記事で詳しく知る機会になれば幸いです。ルート営業とはどんな仕事?ルート営業とは、決まったお客様に定期的に訪問し、営業する仕事です。分かりやすく言うと、現代版の御用聞きのようなイメージです。しかし、ルート営業と言ってもその内容は様々です。取引先や扱う商品

ルート営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための6個の注意点

転職をするのは、一大決心が必要です。前職よりステップアップできる職場に就きたいという方向けに、今回はルート営業への転職を成功させるために注意すべき点や会社選びで考えておくべき点など、現在ルート営業をしている経験者の意見なども踏まえて色々と紹介したいと思います。ルート営業の転職で注意したほうが良い6個のことルート営業と言っても実に様々ルート営業と一言で言っても、その種類は様々です。ということは、仕事の内容や給与についても様々ということです。転職をするとしても、どのようなルート営業を選ぶかが大きなポイントになります。詳しく調べて自分に向いているルート営業を選ぶことが、転職を成功させるために最も大切

ルートセールスが向いている人9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

営業職の一つであるルートセールス。さまざまな業種でルートセールスによる営業が行われており、これから就職、転職を考える際、選択肢の一つとしてご検討されている方も多いのではないでしょうか。今回は、ルートセールスの仕事内容のご紹介と、どんな方がルートセールスに向いているか、現在ルートセールをされている方が転職する際にそのスキルを活かせる仕事、これからルートセールスの仕事を目指されている方に活かせる資格やスキルを解説いたします。私は、こんな会社でルートセールスの仕事をしていました私は以前、日用品メーカーのルートセールスをしており、とある系列のスーパーを県内全域担当して回っておりました。大体1週間程度の