会社に利益をもたらす重要な職種である営業職。

営業職というと、スーツを毎日外を歩き回っているというイメージを思い浮かべますよね。

しかし、実は営業職は外勤営業と内勤営業の二つに分けられます。

そして、内勤営業は常日頃イメージされている営業職のイメージとはまったく違う仕事をしているのです。

本記事では、そんな内勤営業の仕事内容、就職の仕方、向いている人向いていない人、仕事内容、将来性などを一挙に紹介していきます。

内勤営業という仕事に興味のある方はぜひ参考にしてください。

「内勤営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

内勤営業の仕事とはどんな仕事?

内勤営業とは「社内、店内に来られたお客様に向けて商品を販売する」営業職のことです。

外勤営業が会社の外をテリトリーにし、内勤営業が会社の内部をテリトリーにする分業体制になっています。

ゼロから顧客を開拓していく事も多い外勤営業とは違い、すでに来店されている=購入意欲の高い顧客に向けて営業活動をするのが大きな特徴です。

なので、顧客との商談成功率が高く商品やサービスの説明に専念しやすいというメリットがあります。

反面、社内にいるだけではお客様や市場の動向が読みにくい事がデメリットとして挙げられます。

内勤営業の仕事に就くためにはどうしたらいい?

内勤営業の仕事に就くのに特別なスキルや条件は基本的にありません。

外勤営業に比べるとハードな面が少ないため、女性の方も就職しやすいのが内勤営業の特徴の一つとなります。

仕事とプライベートの両立もしやすい職種なので、重視する方にとってはおすすめの職種です。

求人を自分で探す、エージェントに探してもらう、イベントなどで出会うなどして内勤営業の仕事を探しましょう。

内勤営業の仕事に就職するために

特殊なスキルは必要ではない求人が多いので、求人を見つけたら積極的に応募しましょう。

どちらかというと堅実で丁寧に仕事をする、スタンドプレーよりもチームワークを重視する事が求められますので、面接の際は自分のそのような一面をアピールするとよいでしょう。

営業事務としての働きを求めている会社もあり、事務作業に長けていればさらに印象は良くなります。

資格は必要?

あえて挙げるなら、パソコンの資格を取得していると有利になります。

内勤営業は事務仕事もこなさないといけないので、その過程でパソコンを使う事は避けられないからです。

表計算を行えるエクセルの資格をもっていれば特に重宝されますので、事前に勉強し資格を取得しましょう。

商品知識は何よりも大事なので、志望する会社が取り扱っている商品に関する資格を取得すれば大きなアピール材料となりえます。

必要なスキルとは?

お客様と直に接することが多いので、コミュニケーションスキルは必須となります。

販売する商品やサービスについて詳しい知識を取得する必要があるので、知識に対する好奇心や向上心も必要です。

お客様の満足感を得られるよう気配りや気遣いも求められます。

これらは一昼夜で会得できるものではないので、日頃から意識し身に付ける努力が必要です。

内勤営業の仕事の役割とは?

自社のサービスや商品の提供

来店されたお客様に、自社で提供できるサービスや商品を売り込むのが内勤営業の役割です。

来店されるお客様は購入意欲は高いですが、内勤営業が質問に対する答えや確認事項を正確に応えないと、見限って他店に行ってしまう恐れがあります。

正確に自社のサービスの利点を話すことが出来るよう常日頃から準備し、場合によっては他社のサービスをおすすめできるほど博識ベテランを目指しましょう。

来店したお客様を逃がす事の無いようしっかり接客し自社のファンにすることが肝要です。

顧客の新規開拓

「内勤営業だから新規開拓はしない」という声がありますが、それは真っ赤な嘘です。

社内で勤務する内勤営業でも、場合によっては顧客の新規開拓業務を行う事があります。

この場合、電話やメールを使ってお客様に情報を発信し、レスポンスがあった方に売り込みをかけて契約を成立させていくという流れになります。

お客様と直接対面はしませんが、その分コミュニケーションにより注意を払う必要があります。

お客様が興味を示さなければ失敗のため、電話やメールに掲載する情報もマーケティングを意識して作成しましょう。

外勤営業のフォロー

外勤営業のフォローが役割の一つに入っていることもあります。

この場合、外勤営業の見積もりを作成したり一緒に現場に赴いて業務を補佐するなどの業務を行う事になります。

内勤営業とはいえ、外勤営業としてのスキルも求められることもありますので日頃の準備が大事です。

適性を示すことが出来れば、そのまま外勤営業に転属になる場合もありますので、機会があれば積極的に実力をアピールしましょう。

内勤営業の具体的な仕事内容、営業活動をするの?

具体的な業務

それでは、内勤営業の具体的な業務内容を見ていきましょう。

内勤営業の大きな役割は、店内に来られたお客様に対する営業活動です。

そのため、行う業務は販売員としての仕事が多くを占めます。

むろんそれだけではなく、商品手配や見積もりなど営業職としての活動も行います。

販売員と営業職の二つの面を持つのが内勤営業の特徴で、どちらにも精通している社員は優秀な部類に入ります。

お客様に対する接客、商品説明

店内に来られたお客様を接客し、商品に関して説明したり質問にお答えするのが内勤営業の仕事の基本です。

単純な案内だけでなく、商品に対する深い知識やスムーズな手配の手順を知っている必要があります。

技術の進歩により覚える必要のある商品知識は毎日増えていくので勉強は欠かせません。

高額な商品であるほど説明の難易度はあがっていきますが、それを切り抜けたときの安心感と喜びはその分高いものとなります。

見積もり作成、契約

高額な商品の場合、その場では販売せず見積もりの作成から進めていく必要があります。

導入計画を説明し、値下げ交渉なども辛抱強くやっていく事で商談は成立し利益につながります。

数百万円を超える案件の場合は契約書も作成する必要があり、書類作成のスキルが内勤営業には求められます。

陳列整理、新商品提案、POP作成

競争に勝ち残るためには、商品を販売している店内にも常に気を配らないといけません。

ただ、お客様を接客するだけでは販売員と同じとなってしまいます。

陳列をお客様が見えやすいように陳列し、新商品があればそれを導入し、時にはPOPを作ってアピールするなど販売職としてのスキルも内勤営業には必要となります。

仕事の流れとは?

来店されたお客様に対する接客、商品説明

まず来店されたお客様に対応し、要望などをヒアリングしていきます。

その後要望に適した商品をピックアップして紹介するとともに、お客様の疑問点や質問に答えていきます。

必要と感じれば、要望になかった商品も紹介し売り込みをかけていきます。

見積もりの作成、交渉、商談成立と契約

希望する商品が決まった後、高額商品の場合は見積書を作成する必要があります。

見積書を提出すると、細かい条件の打ち合わせや値下げなどをお客様と交渉し、商談を成立させます。

必要であれば契約書を交わし、商品を手配することになります。

内勤営業、外勤営業問わずこの工程は重要です。

商品手配、納品

契約に基づき、注文を受けた商品を手配することになります。

お客様に事前に通達した納期に遅れないよう、慎重に事を運びましょう。

納期にきちんと商品が納品されているのを確認すれば、一連の業務は終了となります。

「内勤営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

内勤営業ではどういう人と仕事で関わるの?

営業職の例にもれず、内勤営業も仕事で様々な人と関わることになります。

コミュニケーション能力はもちろん、気遣いや調整能力も必要になってきますので日頃から磨いておきましょう。

内勤営業の人間が仕事で関わるのは以下の3種類に分類できますので、内勤営業の志望の方は要チェックです。

お客様

営業職である以上様々なお客様と関わることになりますが、内勤営業はエンドユーザー(商品を直接使用するユーザー)である個人のお客様と関わる機会の多い仕事です。

法人のお客様より気軽に話しやすいですが、商品の使用感など細かい商品知識を内勤営業に求めてきますので、それに対して的確に対応する事が重要です。

お客様が満足する対応が出来るように心がけましょう。

メーカー

場合によっては、商品の仕入れ先となるメーカーと関わることになります。

メーカーは新商品の提案などを行い、内勤営業側は値下げ交渉や仕入れ量の調整などを行います。

メーカーとの良好な関係は会社営業に不可欠なので、交渉は慎重しましょう。

仕入れ値の決定は会社の利益に関わってくるので経験を積んだベテランがまかされます。

同じ部署の人間

内勤営業は社内かつチームで仕事をすることが多いので、同じ部署の人間ともかかわっていく事となります。

営業職として商品知識を学び成果をだすためには、他の社員との連携が不可欠です。

日頃からコミュニケーションを欠かさず行い、なにかあっても協力体制を敷けるようにする努力が必要です。

内勤営業の仕事の給料事情は?

内勤営業の給料は、営業職の中では少なめになっていることが多いです。

営業時間が終われば業務終了という関係上、外勤営業などよりもハードではないと言う評価を受けがちなのが大きな原因です。

なので、短期間でガンガン稼ぎたいという方には内勤営業は向いてないかもしれません。

しかし、内勤営業でも大きな成果を挙げて目標を達成していけば給料の上がるスピードは早いです。

内勤営業でもガンガン稼ぎたいというかたは目標の達成に全力を注ぎましょう。

内勤営業でやりがいを感じること

内勤営業はお客様との距離が近い職種です。

ですので、お客様とコミュニケーションをとる過程でやりがいを感じることが多い仕事となります。

また、チームワークで仕事をすることも多いので、共同して大きな目標を達成した時にもやりがいを感じることが多いでしょう。

お客様に対して適切な商品を提供した時

お客様は内勤営業に商品の使い方や詳細なスペックなどを適切に説明することを望みます。

そんなお客様の要望を聞き、それに応じた最適な商品を提供した時に大きな喜びを感じるでしょう。

お客様が自身では気付いてなかった問題や課題に気付き、希望を越える満足度を与えられる頑張りましょう。

適切な商品を提供できれば、お客様と親密になりお得意様になってくれることもあります。

大きな仕事を成約した時

内勤営業も営業の端くれ。

大きな案件を成約した時が一番の喜びです。

不動産や住宅を取り扱っている会社の場合は、内勤営業でも数百万~数千万円の案件を担当する事もあります。

難易度は勿論高いですが、内勤営業だからと遠慮せず大きな仕事を狙っていきましょう。

分からないことがあれば周りと相談、質問しながら進めていけば間違いがありません。

チームで仕事を成功させたとき

内勤営業はチームで仕事をこなす事も多い職種です。

チームで仕事を成功させることは簡単ではありませんが、成功させたときは喜びもひとしおです。

チームでの仕事を通して社員同士仲良くなれば、仕事もやりがいのある充実したものへと変わるでしょう。

逆にチームで仕事が出来ずにいると孤立してしまい、会社に居づらくなってしまいます。

いかなる時も、単独でなく部署というチームの一員であることを忘れずに仕事を行いましょう。

内勤営業に向いている人のタイプは?

内勤営業は営業職の基礎となりうる職種であり、人とのコミュニケーションが嫌な人でなければ始めやすい職種です。

あえて言うなら、派手さよりも堅実さを持つ人の方が向いていると言えます。

逆に言えば、堅実さよりも派手に働くことを求める方は外勤営業の方が向いていると言えるでしょう。

応募する前に、自身がどのようなスタイルを好むのかよく考えましょう。

他には、このような方が内勤営業に向いているとされています。

説明が好きな方

購入意欲の高いお客様を相手にする内勤営業にとって、商品やサービスの概要を説明することは重要な仕事の一部です。

人に知識を説明をしたり疑問点を解消させることが好きな方なら、内勤営業の素質があると言えます。

生徒相手に授業をする教師のように振るまえるかが重要です。

丁寧に仕事をすることが好きな方

詳細な説明や事務作業が求められますので、丁寧かつ確実な仕事を好む方が内勤営業に向いていると言えます。

サービスや商品に興味を持っているお客様が多いので、それらをお客様に詳細に伝えることが出来れば商談が成功しやすいからです。

逆に、スピード感をもって仕事をしたいという方は、外勤営業に適性があっても内勤営業には向いていないかもしれません。

人の仕事を手伝う事に抵抗のない方

チームワークで仕事をしたり、外勤営業のフォローに回ったりと何かと人の仕事を手伝う機会が多いのが内勤営業の宿命です。

人の仕事を手伝う事が好きな方は内勤営業に向いていると言えるでしょう。

逆に言えば、一人で働きたい方や人に指示を与えて働かせたい方は、内勤営業には向いていない可能性があります。

「内勤営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

内勤営業で大変なこと

外勤営業に比べ残業や休日出勤がないため、一見ハードではないように思えるのが内勤営業の特徴の一つです。

しかし、会社によっては内勤営業でもハードな仕事を強いられる所もありますし、人によっては内勤営業の仕事がハードであると感じる方もいます。

一般的には、内勤営業は以下の三点が大変であるとされています。

自由がない

ハードである反面社外に出れば一定の自由が得られる外勤営業とは違い、内勤営業は社内に留まり監視を受けることになります。

忙しさによってはトイレも行きにくく、こっそり休憩することなどもってのほかです。

自由に裁量権をもって仕事をしたい方は、内勤営業はハードだと感じるでしょう。

適度に息抜きし、モチベーションを保つことが重要です。

ハードな所もある

不動産など高額商品を扱う所では、内勤営業と言ってもハードな労働を強いられます。

お客様と商談しつつ詳細なプランを立てる必要がありますし、見積書や契約書など作業量も多くなるでしょう。

内勤営業で仕事とプライベートを両立したいと考えている方は、入社前に求人や会社ホームページで仕事内容をしっかりチェックしましょう。

人間関係の調整が難しい

慣れれば一人で社外を歩き回る外勤営業とは違い、内勤営業は基本的に社内に留まりお客様を待つ必要があります。

そのため同僚や後輩、先輩社員とのコミュニケーションが欠かせません。

それを怠ると孤立は免れません。

内勤営業で転職を成功させるために

内勤営業は比較的転職のハードルが低い職種です。

プライベートは確保しやすいですが、給料は低めに抑えられがちなのでお金を人生の中で重視されている方は注意しましょう。

一般的に、内勤営業職の転職を成功させるには以下の3要素が必要不可欠だとされています。

内勤営業への転職を志す方は、以下の3点はできるだけ守りましょう。

別の会社で営業経験を積む

外勤営業・内勤営業を問わず、営業職に転職するならば営業職での経験とスキルが必要です。

営業職での経験がない方は、その他のポイントそれを補いましょう。

事務処理能力やパソコン操作スキルも必要なので、前職で事務職をやっていた方はそれをアピールするとよいでしょう。

チームワークのスキルを身に付ける

内勤営業は、単独で働くことも多い外勤営業と違いチームワークで仕事をすることが多い職種です。

スタンドプレーでしか仕事が出来ない方は敬遠されがちなので、内勤営業に転職する前にチームワークのスキルを磨きましょう。

志望動機をしっかりと作る

ともすれば「楽なポジション」と思われがちな内勤営業。

採用側もそれを意識しており、「楽そうだから内勤営業を志望した」という態度では選考で落とされてしまいます。

そうならぬように、「なぜ内勤営業なのか」という理由をはっきり言えるようにしましょう。

人をバックアップすることが得意だから、チームワークで仕事をする経験を積んできたから等様々な理由を作ることが出来ます。

内勤営業の仕事の将来性は?

多くの仕事がそうですが、内勤営業もAI時代の到来や外国人観光客の増加など日本社会の変容の影響を受け、将来の働き化や待遇も変わっていきます。

しかし、重要なのは「どう変化していくのか」ではなく「自分がどのように変化に対応していくか」です。

内勤営業は以下の三点のような変化が起こると予想されていますので、変化に対応できるよう日頃から準備を怠らないようにしましょう。

グローバル時代の到来

グローバル時代の到来により、外国の人間と仕事をする機会が増えています。

これは内勤営業も例外ではなく、例えば旅行業などは外国人観光客の急増で外国語に対応できる人材が急務な状況です。

ビジネスチャンスをつかむためには、外国語の習得はもちろん文化や習慣なども理解して、それを踏まえた営業活動が出来る人材を目指すことが必須です。

AIによる淘汰

AIによって経理などほとんどの事務作業が自動化されると予想されています。

事務処理が仕事の一つである内勤営業も打撃を受け、仕事の内容の一部変更を余儀なくされるでしょう。

ある試算ではコンビニなどAIによって小売店の販売員は殆ど消えるという結果も発表されており、「近いうちにAIに仕事を奪われるかもしれない」という危機感が必要です。

インターネットの発達

反面、インターネットの発展により外勤営業のように直接対面しなくても営業が行えるようになっています。

「インサイドセールス」というメールやウェブ会議などでお客様に商品やサービスを提案する新しい営業のスタイルも発展しつつあります。

内勤営業も「インサイドセールス」に形を変え、AIによる淘汰を避けつつ発展していく可能性を秘めています。

今内勤営業をされている方は、将来を見据えパソコンやインターネットについて今一度勉強してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

内勤営業は外勤営業に比べハードな部分が軽減され、女性でも努めやすい職種です。

また、営業職としての基礎を学ぶことが出来るため、営業職を時間をかけてマスターしてきたい方にもおすすめの職種です。

様々な変化の荒波を乗り切り、お客様に最善の提案ができるよう努力を重ねていく事が最も重要です。

本記事が、内勤営業に興味のある方にとって参考になれば幸いです。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います