国内営業に比べると海外営業は給料がいいのだろうかとか、海外営業は海外出張をしていて世界を飛び回っているので高給取りのイメージがあるかもしれません。

海外営業の仕事をしている人の給料事情って気になるところです。

海外営業といって業務は色々あって年収も実は異なります。

そのため、全員が高給とりという訳でもありません。

今回は、海外営業の給料事情について紹介していきます。

海外営業をしてみたい人、海外営業に転職を考えている人、海外営業に興味のある人は是非参考にして下さい。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「海外営業」の仕事例をチェック

海外営業の給料の相場はどのくらい?

海外営業の給料は、意外と国内営業とかと変わらずピンキリです。

もちろん給料が高い人もいますが、給料が平均な人もいます。

ここでは一般的な平均の年収を新卒や転職別で紹介していきます。

正社員で新卒入社した場合

海外営業に新卒で入社した場合の年収平均432万円です。

意外と普通な数字に拍子抜けした人も多いかもしれませんが、そこまで他の仕事と大きく給料に差がある訳ではないことがわかって頂けたかと思います。

正社員で転職した場合

海外営業に転職した場合の年収平均599万円です。

これはあくまでも平均の目安年収ですが、転職にあるとピンキリになります。

実績や経験、スキルに応じては転職した時点でもう少しもらえたりします。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

会社にもよりますが、夏と冬ボーナスを支給しているところと夏か冬だけのところもあります。

日系の会社で海外営業として勤める場合は、夏と冬のボーナスをもらえることがほとんどですが、外資系の会社で海外営業として勤める場合は、意外とどちらか一つもしくは賞与はないなんてところもあります。

昇給

昇給は、基本的には実績や昇進に応じて変わっていきます。

一年毎に上がるところもあれば半年毎に上がるところもあります。

最近は無条件で上げるのではなく、前年に残した成績や社内評価を元に昇給金額を決めたり、昇給できるかどうかを判断したりしているところも少なくありません。

臨時ボーナス

海外営業は、営業なので会社によっては、臨時ボーナスと称して成績の良かった人に臨時収入を提供しています。

外資系の会社に特に多いのですが、例えば1年を4期に分けて1期毎に成績が優秀であればいくらか支給すると決めて支給してくれるパターンと1ヶ月毎の成績に応じて臨時ボーナスを支給してくれるパターンがあります。

各種手当

手当としては、通勤費全額支給・残業手当・扶養手当・住宅補助手当などがありますが、最近は会社によっては住宅補助がない場合もあります。

その場合は、予め支給額に加味した金額を乗せて支給し、その代わり住宅補助を支払わないというスタンスが多いです。

また、住宅補助手当があったとしても全額負担というわけではなく3-5割負担が一般的です。

給与が高い人は何が違うの?

海外営業の給料高いと思われています。

海外営業の給料が高いのは、臨時ボーナスや賞与が他に比べてよかったり、昇給する毎に給料のベースが大幅に上がっていくなどのケースが考えられます。

ただ、海外営業も国内営業などと変わらず、給料が高くなるどうかについては結果次第ということころが多いです。

プロスポーツ選手と同じように結果が良ければ昇給も昇進もでき、給料が上がっていきますが、成績不振であれば昇進どころか場合によっては降格させられるところもあります。

ここでは海外営業の給料が高い人とそうでない人の違いは何かについてもう少し詳しく紹介していきます。

スキル

スキルが高い人は評価も高いので評価が高いと給与に反映されていきます。

そのため、昇給などで他の人と差が出てきます。

海外営業として求められるスキルは、英語や中国語などの日本語以外の言語能力、違った環境や文化などに柔軟に対応できる順応性や海外のビジネスのスピードやビジネスチャンスへの判断力など柔軟性がポイントになります。

役職

役職につくことは給与アップにつながら早道です。

部長や課長になるだけで通常の役職のない社員よりは基本給もボーナスも変わってきます。

ただ、今までは、年功序列が採用されているところが多かったので何歳になれば係長のチャンスがあるとか何歳までには課長になれるとかありましたが、今は年功序列を排除し、実際の成績や社内評価などを元に昇進させたり、昇進の機会を設けて候補者をあげ、候補者で社内面接を行い、昇進する人を決めることをやっている会社も増えてきました。

勤続年数

勤続年数が長いことは確かに基本給が高いので給与が高いといえます。

ただ、昨今は年功序列制度を廃止している会社も多く、また外資系の海外営業の場合は、勤続年数より実績がものをいうため、全ての会社で勤続年数が給与が高いというわけではありません。

地域

給与の高い人は、勤務地として東京の傾向が高いです。

首都であることや日本のマーケットの中心が東京であるため、海外営業は東京勤務が多いです。

加えて他都市と比べて東京の物価の関係から基本給が異なってきますので東京勤務が他の都市勤務より給料が高くなります。

また、海外に駐在するケースもあります。

この場合は、駐在手当がつきますし、住居費が会社負担になるケースが多いため、給料が日本で働くより優遇される傾向です。

しかも、赴任先がアメリカやヨーロッパ、シンガポールなど日本と変わらない物価のところよりタイやマレーシアなど日本より物価が安いところにいくことで生活費は抑えられますので収入が増えます。

学歴

海外営業の場合は、高い確率で大学や大学院の出身者が多いです。

しかも高学歴の人が多い傾向です。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業の給料の決まり方

営業成績

海外営業といえど、営業職なので最終的な判断は、各自が持つ営業成績です。

ゴールなどが設定されているケースがほとんどですが、そのゴールに対して進捗が100%超えたかどうかが大きく給料査定に響いてきます。

これは、社内査定だけでなく、転職する際に営業成績がどうだったか、マーケットシェアをどれだけ拡大したかなど具体的な営業成績としてアピールする材料にもなります。

そのため、社内の給料を上げるにも転職先の給料を少しでもアップさせる材料には営業成績が絡んできます。

会社への貢献度

会社への貢献度も営業成績同様、営業職の仕事を判断する材料になります。

例えば、他部署と組んで今までできなかったサービスや現状サービスの改善に成功したり、新たに会社がリリースした新商品を多く売ったなど、どれだけ会社に貢献したかは給料を決める上で大切な判断材料です。

これも営業成績同様、社内の給料アップだけでなく、転職する際のアピールポイントとしても使えます。

海外営業で給料を上げるため転職術とは?

海外営業をしていて給料を上げたいけど今の会社では頭打ちだなと感じると転職する人は少なくありません。

給料アップを目指して転職するにはどういったポイントを抑えたら転職がうまくいくのか気になるところです。

ここでは、海外営業として転職して給料を今より上げるためにはどうしたらいいかについてポイントを紹介します。

営業結果を残す

今のところで営業結果が好調であるならアピール材料になります。

もし、転職したいけど、思うようにはまだ結果を出せていないのであればタイミングを待ったほうがいいかもしれません。

なぜなら営業結果、実績をしっかり上げておくことで自分に付加価値をつけることができます。

これだけの実績を積んだとか、これだけの結果を残したことをアピールできたら転職先としてもどういう人材か会社に貢献してもらえるかどうかをイメージしやすくなります。

外国語

英語を始め外国語の習得、例えば、TOEICやHSKなどの資格を保有しておくこともおすすめです。

外国語を一生懸命勉強しましたや流暢に話せますと言ったところで面接の場ではなかなか証明できません。

そのため、TOEIC700点やHSK4級合格などの具体的な証明があれば面接官にも理解してもらいやすいですし、自分の語学力を証明しやすくなります。

柔軟性をアピールする

柔軟性は海外営業をする上では大切な要素の一つです。

日本と海外は文化や習慣が異なります。

ビジネスのスピードも日本とは異なるため、柔軟に対応したり、環境に順応する必要があります。

欧米とかに出張したら、時差ぼけなどもありますし、アジアだと習慣の違いなどがあります。

その都度カルチャーショックを受けたり、戸惑っている暇はありません。

郷に入っては郷に従う精神で柔軟に対応したり、順応が必須です。

転職時にも柔軟性、順応性が高いことはアピール材料になります。

これはなかなか具体的に説明するのには難易度が高いのですが、留学時の経験や駐在経験などがあればどうやってその環境に順応していったか、どうやって柔軟性を発揮したかを説明できたら転職先での期待値も上がり給料アップにもつながります。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

実際に海外営業の経験者として給料が上がった時を紹介します。

海外営業に興味がある人や海外営業をやってみたい人からするとどこで給料が上がったのか気になるところです。

筆者が給料がアップした時は「営業成績がよかった時」と「昇進した時」です。

どのようにして上がったかもう少し詳しく話していきます。

営業成績がよかった時

営業成績がよかった時に給料が上がる仕組みとしては会社が営業成績のいい人に対して臨時ボーナスを支給しているからです。

その会社では各月で営業一人一人にゴールつまりノルマを設定しており、ノルマを達成することで臨時ボーナスが支給されます。

どれくらいもらえるかの目安も視覚化されていて、100%達成で給料にプラス10万とか120%で給料にプラス20万といった具合に設定されています。

そのため、実績をあげれば上げるだけ臨時ボーナスが上がり、給料が上がるという仕組みです。

プロ野球選手やプロサッカー選手などと同じで営業成績が、試合での結果なのでその結果に応じてもらえる金額が変わってくるということです。

筆者の場合は、臨時ボーナスで最高30万プラスで頂いた事があります。

昇進した時

海外営業だけでなく色々な仕事で言える事ですが昇進する事でベースが上がるので給料はアップします。

ベースアップ率も会社によって異なってきますが、筆者が過去に昇進した際の昇給は会社で決められていて、平社員から係長で5%、係長から課長で10%といった具合になっています。

もちろん採用当初は全員平社員から始まるので上に上がれば上がるほど給料のベースが上がっていく仕組みです。

ただ、今までは年功序列を持って何歳になれば昇進の資格があるという会社もありましたが、最近は営業でどれだけ実績を積んだかにより会社の評価をベースにして昇進の資格があるかどうかを判断されます。

そのため、若くても昇進のチャンスを設けている会社も少なくありません。

筆者の時は、営業成績が1年間100%以上達成していて、かつ社内での評価が良以上の場合は、平社員であれば平社員から係長、係長であれば係長から課長に昇進するチャンスがもらえ、社内面談により、自分がどれだけ頑張ったか、実績を残したかを証明し、上層部に認められたら昇進できるというちょっと珍しい仕組みを採用している会社でした。

まとめ

この記事を読んで、海外営業であっても国内営業であってもプロスポーツ選手と同じようなポイントで昇級や昇進がされていくということを理解していただけたかと思います。

実際に営業職は海外であれ、国内であれ、一番評価の重点を置かれるのは成績です。

ノルマを達成しているかどうかです。

営業職をしたいけどノルマは嫌だからやらないけど、給料が欲しいなんて人は少なくないかもしれませんが、それでは会社が何を元に評価するか難しくなってしまいます。

また、ノルマを達成して実績を残しておくことで国内営業から海外営業へ社内転籍する際、転職する際など自分のアピールポイントとして最大限に活かすことができます。

もちろん、海外営業となると柔軟性や順応性、何より言語が大切にもなってきます。

実績プラスαは海外営業として活躍するために必要な要素になります。

この記事を読んで海外営業に挑戦してみようと思って頂けたら嬉しいです。



関連キーワード

海外営業求人

海外営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

海外営業の仕事での成功談と失敗談をご紹介!この仕事が面白い理由もお話しします!

海外営業は、華やかなイメージの海外を飛び回るエリートに思われるかもしれません。実際に日本で海外営業しているというと凄い人と思われてしまいますが、実際は、海外に出張しますが、仕事内容は日本の営業と同じことをしています。担当によってはニューヨークにもいきますがほとんどはアジアが主戦場になります。つまり意外と知られていませんが、海外営業は、常にかっこよく仕事をしているわけでもありませんし、海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではなく、仕事の内容としては国内の営業と変わりはありません。それでも海外営業は、国内の営業では味わえない経験であったり、体験をすることができます。成功したら自信

海外営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

海外を飛び回って仕事をするって聞くとかっこいいとか憧れる人は多いかと思います。学生時代に留学していたり、海外で生活をした経験があったり、外国語を学んでいた人にとっては、経験を活かすもってこいの仕事と言っても過言ではありません。実際に海外営業の仕事に就いている人のほとんどは学生時代や幼少期に海外で過ごした、留学していた人が多いです。しかし、海外営業の仕事をするにあたり、必ずしも海外経験が必要というわけではありません。ただ、海外営業の仕事はどうしても対海外マーケットなので海外に対して免疫のある海外留学していた人や海外生活をしていた人は、アドバンテージがあります。今回は、海外営業の仕事内容や給与事情

海外営業になるには?勉強しておくべきことをご紹介!仕事を探す時の注意点も教えます!

海外営業は、海外を飛び回ったり、世界を相手に仕事をこなしているイメージがあってとても魅力的に思えます。実際には対日本国内で仕事するより、様々な面で刺激的ですし、海外旅行好きには海外へ出張へ行けることは羨ましい限りです。もちろん、楽しい仕事ばかりではありません。日本国内で仕事のクレームや問題に直面するように海外でも同様のトラブルは発生してしまいます。また、言語の違いがあり、日本国内で仕事するより苦労することがもしかしたら多いかもしれません。ただ、そんなマイナス面を差っ引いても、海外営業は刺激的で魅力のある仕事です。今回は、海外営業になるにはどうしたらいいのか、どんな勉強をしたらいいのかなどについ

海外営業の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

海外営業というと男性のイメージだけでに思えるかもしれませんが、最近は女性も活躍しています。ただ、先進国などの治安が安全な場所だと海外営業として仕事しやすいかもしれませんが、発展途上国などの治安に不安のあるところだと女性の海外営業が活躍できるかどうかは不安なところです。今回は、海外営業の仕事は女性でも出来るかどうかについて紹介します。海外営業の仕事のおおまかな仕事内容海外営業の大まかな仕事内容は新規販路を見つけて販路を拡大したり、新規・既存限らずお客様に対して商品・サービスの説明を行ったり、必要に応じてプレゼンテーションをしたり、定期的な海外の展示会やイベントに参加して商品やサービスの説明をした

海外営業のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

海外営業と聞くと華のあるイメージを抱く人が多いと思います。実際、海外営業で活躍することは会社として重宝されているところも少なくはありません。しかも、海外を飛び回るイメージでニューヨークの摩天楼をバックに商談したり、パリのシャンゼリゼ通りを通ってお客様のところへ向かうなんて聞くと魅力的に思えます。ただ、意外と知られていませんが、海外営業は、そんなかっこいい仕事ばかりをしているわけでもありません。海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではないですし、仕事の内容としては国内の営業と変わりはありません。ただ、海外営業は、国内営業とは違った仕事の面白さや楽しさがあり、やりがいもある仕事で

海外営業とはどんな仕事?仕事内容や役割、仕事の探し方など詳しく解説します!

海外営業と聞くとかっこいいイメージですか?それとも英語や他の言語をスラスラ喋って海外を飛び回っているイメージでしょうか?海外営業と聞くとニューヨークの摩天楼やパリのシャンゼリゼ通り、イギリスのビックベンをバックにスマホで電話しながら歩いている姿を思い浮かべる人がいるかもしれません。しかし、海外営業も同じ営業です。常にそのような華やかな舞台ばかりではありません。意外と知られていませんが、海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではなく、仕事の内容としては国内の営業と差や違いはあまりありません。強いていうなら言語が違うくらいです。ただ、海外営業は、仕事の面白さや楽しさが国内の営業とは

海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための4個の注意点

海外営業と聞くと海外を飛び回って外国語を使って海外の人とやりとりしている華やかなイメージ仕事に思えるかもしれません。そのため、転職するという選択肢が内容に思われがちですが、意外と転職する人は少なくありません。海外営業を経験する人は、海外と関わり合いがあることで日本の転職に対してまだまだ存在するマイナスのイメージはあまりなく、自身のキャリアアップやステップアップを目指して積極的に仕事を変えることや何か勉強したり、チャレンジします。今回は、海外営業の内情や転職に関して話します。題して海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための5個の注意点について紹介します。海外

海外営業とは?仕事内容と向いてる人の特徴をご紹介!英語を活かせるかっこいい仕事。

戦後経済発展を遂げてきた日本ですが、最近は大きく頭打ちをしてなかなか成長が見込めていません。そのため、10数年前から企業のグローバル化をテーマに国内だけで生産していたものを海外へ委託しコストを抑えて製造率を上げたり、海外の製品を日本へ輸入して販売活路を見出したりと今までにない商品が特に数年前から日本のマーケットを賑わせています。グローバル化に伴い、企業に設置された部署は様々なのですが、フロントラインでイメージされやすいのは海外営業ではないでしょうか。海外営業は、文字通り、海外の取引先やサプライヤーなどと交渉したり、打ち合わせしたり、時には海外へ新規開拓をしたりします。ただ、海外営業と言ってもど