海外営業というと男性のイメージだけでに思えるかもしれませんが、最近は女性も活躍しています。

ただ、先進国などの治安が安全な場所だと海外営業として仕事しやすいかもしれませんが、発展途上国などの治安に不安のあるところだと女性の海外営業が活躍できるかどうかは不安なところです。

今回は、海外営業の仕事は女性でも出来るかどうかについて紹介します。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業の仕事のおおまかな仕事内容

海外営業の大まかな仕事内容は新規販路を見つけて販路を拡大したり、新規・既存限らずお客様に対して商品・サービスの説明を行ったり、必要に応じてプレゼンテーションをしたり、定期的な海外の展示会やイベントに参加して商品やサービスの説明をしたりすることです。

海外営業の詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

海外営業の仕事って女性でもできるの?

海外営業に憧れて海外営業の仕事にチャレンジしたい女性も少なくありませんし、語学力や度胸は男性より長けている女性も多くいます。

結論からいうと海外営業の仕事は女性でもできます。

海外営業の男女比ってどれくらいなの?

具体的な数字が出ているわけではありませんが、海外営業の世界もまだまだ日本だけ男性が多い気がします。

印象としては男女比8:2といったところかと思います。

ここ最近は女性の海外営業も増えてきてますし、活躍も聞いたりしますが、会社によっては、まだまだ男性中心の職場となっているようなので比率としては少ない方かと思います。

海外営業の仕事、女性の私だからこそできたこと

海外営業の現場は体力を必要としているのでまだまだ男性の方が多く、女性が少ない会社ばかりだと思います。

しかし、海外営業をする上で女性だからできないとか女性だからちょっと難しいというネガティブな考えだけでなく、女性だからできたこと、女性であることで持てる強みがあります。

男性にはない女性ならではの強みを活かすことで、女性でも海外営業の仕事をこなすことができます。

ここでは、5つの女性ならではの特性を紹介します。

女性ならではの特性を活かすことで海外営業として活躍することができます。

共感すること

一般的に男性に比べると女性の方が共感する能力は高いと言われています。

これは実際にイギリスの大学が共感度を男女別で分析した結果にも現れているので、実証された既成事実です。

男性の場合、競争に対しての意識やプライドが高く、数字を達成することやビジネス獲得を念頭に置いて仕事をしますが、女性の場合は、まずお客様からの感謝やどうやったらお客様を助けてあげられるかを考える傾向にあります。

それは、男性のように数字や実績だけを見て提案したり、課題解決を考えるということではなく、お客様側の立場に立ってお客様の状況やビジネスに共感や理解しながらサービスや商品を提案している傾向にあるからです。

きめ細やかさ

男性と違い女性は細かなところに気配りができると言われています。

一般的に商品開発などに置いても女性目線が重宝されているように、女性ならではの目線や考え方は男性とは違う細かなところまで気配りができているためです。

また、男性より女性の方が相手の気持ちを先回りして、相手が何を考えているか必要としているかを察してあげることもできる能力があります。

母性があること

男性との決定的な違いは女性には母性があることです。

母性があるとないとはどう違うかというと男性の場合は、お客様との関係も利害関係を優先しがちなのに対して、女性は、最後まで責任を持って相手のことを考えて頑張れる傾向にあることです。

それは、本能的に備わっている力なのかもしれませんが、子育てをする能力が男性より女性の方が高いため、母性による差が生まれます。

そのため、どうやったらお客様が喜んでくれるか、どうやったらチームに貢献できるかというのを必死で考え、底力を発揮することができます。

もちろん、男性に母性がないというわけではありませんが、一般的に見ても女性はこの傾向に強いため、女性ならではの強みとも言えます。

周囲を巻き込んで仕事すること

二人三脚で一緒に頑張っていく傾向にあるのは男性より女性の方が多い気がします。

女性の場合は、相手が好きであろうと嫌いであろうと、仕事上は強調して相手との調和をとり一緒に頑張って仕事をすることができます。

男性の場合は、どちらからというと単独プレーであったり、指示して作業をしてもらう傾向が強いです。

そのため、調和を図かりチームワークで仕事をしていけるのは女性ならではの強みです。

実際に大学の研究で男性ばかりのグループと女性を加えたグループとでチームワークをさせたところ、男性は喧嘩して先に進まないのに対して女性がいるグループはチームワークで成果をあげた結果が出ています。

協調性や協和力は女性ならではの強みといってもいいかもしれません。

努力・勤勉さ

これは個人差があるのかもしれませんが、コツコツとした努力や着実に学ぼうとする姿勢は女性の方が強い気がします。

男性の場合は、仕事に対してダイナミックなものが多く、契約を狙う仕事も小さいものより大きいものに力を注ぐ傾向にあります。

勤勉性という意味では男女の差はないかと思います。

ただ、男性の場合は、小さな仕事になるとモチベーションを保つのが女性より困難なため、ちょっとしたお客様との約束事や細かな作業を忘れがちな人が多い気がします。

それに対して、女性の場合は、小さな仕事であっても大きな仕事であっても同じように頑張ることができ、お客様とのちょっとした約束であったり、細かな作業も着実にこなします。

また、男性は一つの仕事に対して時間をじっくり割いてお客様の話をじっくり聞いてというよりは、一か八かの大勝負が好きな人が多い気もします。

女性の場合は、一つの仕事に対してじっくり取り組め、お客様の話をじっくり聞いてお客様の立場に立って提案できるため、勤勉さやコツコツとした努力は女性の方が強いかと思います。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業の仕事の大変だった経験は?

海外営業の仕事で大変なことはもちろんあります。

女性ならではの悩みであったり、仕事の悩みであったり色々あります。

最近は営業職の職場で女性も増えてきましたが、海外営業職の場合は、まだまだ男性の方が数が多いため、場合によっては女性が孤軍奮闘する時もあります。

それゆえ、女性ならではの悩みを相談できなかったり、女性ならではの感情を周囲に理解してもらえなかったり、長い移動時間や時差ボケと戦う体力が男性より劣っていたり、中にはお客様からのセクハラなどがあったりと色々と大変です。

ここでは海外営業の仕事で大変だった経験を紹介します。

相談し合うことができないこと

まだまだ男性が多い職場のため、女性同士で相談することができないのが現状です。

もちろん、職場ではいい先輩や上司に恵まれて男性であっても仕事の相談はできます。

しかし、男性に相談するのと女性に相談するのは、やはり安心感や共感的なところでどうしてもズレが生じてしまいます。

例えば、お客様の立場でこれをこうしたいと思っていて相談したとしても、男性の先輩や上司だと「そんなの気にせずこうしたら?」と言われ求めている答えと違うものだったりした時は女性の先輩であったり、上司もしくは同僚がいたらいいなと思うことはあります。

女性ならではの感情を理解してもらえない

男性に比べて女性は感情的になる時があります。

例えば、自分の行動や考えなどが伝わらないため歯痒い思いをしている時や相手に怒られたとき、理不尽な思いをした時や不誠実な対応をされた時、自分の考えていることが思い通りにならないときなどがあります。

こういった状況で泣いてしまったり、怒ってしまったりすることがあるのですが、こういうことをしていると男性からはただのヒステリックな人の烙印を押されてしまい、勝手なイメージを作り上げられてしまいます。

体力的な差

海外出張が立て続けになると結構な体力が必要になります。

例えば、アジアへの出張であれば、東京からシンガポールまでの7時間ほどでいけ、時差も1時間しかありません。

そのため、移動時間はちょっと長いのですが、寝て過ごしたりすればそこまで大きな負担にはなりません。

ただ、アメリカやヨーロッパだと10時間を超える移動時間が多く、乗り継ぎをしたり、時差が大きいので時差ボケになりがちです。

そのため、貧血を起こしてしまって仕事ができなかったり、時差ボケがひどすぎて仕事に行けないことがあります。

セクハラ

圧倒的に悩みとしてあげられるのはセクハラです。

これは、職場だけでなくお客様からもセクハラを受けることがあります。

日本でも営業をしている女性の悩みとして、お客様から食事に誘われたとか個人的な悩みを相談されたとかいう話を耳にします。

ただ、日本の場合は、法律もあるため、下手に手を出すことはできません。

しかし、海外の場合は、日本と法律も違いますし、お客様から強烈にアプローチされることもあります。

断ったら仕事がなくなるなどの立場を利用したセクハラもありますし、あからさまなセクハラもあります。

男尊女卑

女性の海外営業としての悩みの一つとして上がることが多いかもしれませんが、国によってはまだまだ男性上位の考えが強い国での仕事は女性としてやりづらいです。

国際社会で男尊女卑はよくない、男女雇用機会均等がうたわれているため、最近は表立って男尊女卑をしているところは減ってきたのかもしれませんが、発展途上国であったり、先進国であっても女性の言うことより同じことを言ったとしても男性のいうことを信じる国は少なくありません。

海外営業の仕事に向いている女性はどんな人?

ここまで女性の海外営業の仕事での大変な経験談を紹介してきました。

それだけを読むと女性が海外営業をするのは大変なことで、向いていないのかもしれないと思われがちですがそうではありません。

海外営業であっても普通の営業であっても男性だけでなく女性も活躍することができます。

ここ数年は営業職をする女性も増えました。

海外営業としてはまだまだ少ないですが、営業職として成功する女性も増えてきています。

ここではどういった女性が海外営業の仕事に向いているか紹介したいと思います。

コツコツ努力できる人

小さなことでもコツコツと着実に努力できる人は海外営業に向いています。

海外営業というとよく大きな仕事をしていると思われがちです。

もちろん、国内の営業に比べて規模の大きな仕事は少なくありませんし、海外を相手に仕事するので国内より大きな仕事を取ることは醍醐味ではあります。

ただ、当然ながら小さな仕事もたくさんあります。

小さな仕事からコツコツと積み上げて大きな仕事に結びつくこともあるため、コツコツと努力ができる女性は海外営業に向いています。

誰かの役に立ちたいと思う人

母性があるため、女性は男性より誰かの役に立ちたいと思う傾向にあるようですが、より強く誰かの役に立ちたい、お客様を喜ばせてあげたい、チームに貢献したいと思える人は海外営業に向いています。

愛嬌がある人

女は愛嬌なんて過去によく言われたことがありますが、女性の愛嬌は場を和ませたり、協和を生んだりできる武器にもなります。

男性が愛嬌良く振舞っていたとしても女性とはちょっと違った印象になりがちです。

そのため、愛嬌を振る舞える女性は国内や海外営業に向いていると言えます。

人と話することが好きな人

人と話すことが好きな人は海外営業に向いています。

男性の場合は、話好きとなると自分の話ばかりをしがちで相手の話を聞かない傾向が強いですが、女性の話し好きの場合は、相手の話をよく聞きながら共感したり、自分の話をしたりする傾向にあります。

それは仕事にも活かすことができ、お客様の話をよく聞き、共感したり、理解したりしてサービスの提案や商品の提案をすることで仕事を獲得できたりします。

そのため、人と話すことが好きな女性は海外営業に向いています。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

海外営業の仕事は、まだまだ男性が多い職場です。

それは今までこの記事で紹介した理由であったり、営業職自体が元々男性の多い職場で今まさに環境が変わり始めているため、まだ女性の人数は少ないと言えます。

ただ、最近は女性が営業職を希望したり、営業職として成功する人も増えてきました。

海外営業の仕事も最近では女性の進出も目覚しく、少しずつですが成功する人も増えてきました。

そのため、女性だからできないとか女性だから採用されないということはないので海外営業の仕事に興味を持ったならぜひチャレンジして下さい。


関連キーワード

海外営業求人