戦後経済発展を遂げてきた日本ですが、最近は大きく頭打ちをしてなかなか成長が見込めていません。

そのため、10数年前から企業のグローバル化をテーマに国内だけで生産していたものを海外へ委託しコストを抑えて製造率を上げたり、海外の製品を日本へ輸入して販売活路を見出したりと今までにない商品が特に数年前から日本のマーケットを賑わせています。

グローバル化に伴い、企業に設置された部署は様々なのですが、フロントラインでイメージされやすいのは海外営業ではないでしょうか。

海外営業は、文字通り、海外の取引先やサプライヤーなどと交渉したり、打ち合わせしたり、時には海外へ新規開拓をしたりします。

ただ、海外営業と言ってもどんな仕事かなかなか細部までイメージしづらいかと思います。

今回は、海外営業がどういう仕事か、また、海外営業の仕事はどんな人に向いている?

得意な人の特徴やキャリアについて解説します。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業の仕事はどんな仕事?

海外営業って何か知ってますか?

海外営業とは、国内ではなく海外のマーケットに自社や国産製品を売り込みに行ったり、逆に海外から流行品や定番品などを買い付けたりしています。

会社によっては、海外営業ではなく、輸出営業とか輸入営業もしくはグローバル営業と呼ばれているところもあります。

違いはさほどありません。

要は対象とするマーケットが日本だけでなく海外も交えているという事です。

主な仕事は、売るもしくは買う、アフターケア、見積もり依頼や製品価格の調整、社内やお客様との打ち合わせ、物流業者やサプライヤー、販売会社などとの納期調整などがあります。

海外営業の大まかな仕事内容

海外営業といっても営業部なので基本的には仕事内容が営業と変わりません。

対海外であって営業として売り込んだり、買い付けたり、売った後のアフターケア、見積書を作ったりもらったり、納期調整をしたりがあります。

会社によっては買付となると海外営業部や営業部ではなく、購買部が担当するケースもあります。

販売

販売は文字通り、営業の最も大切な仕事ですが、売り込みです。

売り込みといっても方法は様々です。

もう少し詳しく紹介します。

国内での営業活動において常に新規顧客開拓の営業部ばかりではなく、ルート営業といった営業活動があります。

海外営業部にも同様に海外営業部と言っても新規顧客を積極的に行う海外営業部もあれば決まったサプライヤーや取引先だけを中心にケアしていく海外営業部もあります。

買い付け

買付は、前述の通り、会社によっては購買部に分類されますが、輸入営業部という名前で活動している会社も多いです。

基本的にはサプライヤーから製品や部品を買い付けて日本市場もしくは日本の取引先に販売する事です。

アフターケア

アフターケアも営業の大切な仕事ですが、売っただけでなく売った後も使い心地や問題点、気づいたことなど何かしら意見や感想、改善点を確認するのも営業の仕事です。

これは国内営業だけでなく海外営業も同じで定期的に海外のお客様とコンタクトして現状の確認をする必要があります。

見積書

見積書は営業部である以上、国内・海外関係なく作成したり、依頼したりしなければなりません。

お客様の希望価格と会社の販売希望価格の間に立って調整するのも営業部の仕事ですし、これも国内営業だけでなく海外営業もやらなければいけない仕事です。

打ち合わせ

海外営業は、打ち合わせも定期的にスケジュールされます。

国内だけでなく海外の関連会社、販社や社内の支店などと打ち合わせをしたり、実際に顧客先へ出向きお客様と打ち合わせをしたりします。

納期調整

製品などを輸出・輸入する際には製品の数が多い、納期が短い、大量に送ってコストを下げたい場合などは、必ず物流会社を使います。

輸出も輸入も実際に海外とのやりとりになりますので国内のようにすぐ製品が来るわけではありません。

そのため、輸送業者へ納期の問い合わせをしたり、取引先やサプライヤーと納期について打ち合わせをしてベストな日を決めないといけません。

この仕事は、会社によってはサプライチェーン部もしくはロジスティック部が担当するケースもありますが、サンプルなどのやりとりだとほぼ海外営業が担当しています。

海外営業の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

海外営業の大まかな仕事がわかって興味を持ったら海外営業にどんな人が向いているのか気になるところです。

ここでは、海外営業として成功している人の共通点から海外営業の仕事に向いている人の特徴を5個紹介します。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外に抵抗がない人

海外営業なので海外が苦手という人にはまず向きません。

海外へ営業に行くと文化や習慣などがガラッと変わるため、体調を崩したり、ぼったくりにあったりなど日本ではあまり経験しないことを経験しがちです。

そのため、そのような経験をすることが苦痛だと思うなら海外営業は向いてません。

コミュニケーション能力が高い人

海外のお客様やサプライヤーは、日本語よりさらに直球で意見や要望を伝えなければなりません。

そのため、コミュニケーション能力が高くないと難しいと言えます。

母国語でない英語や中国語などでコミュニケーションするだけでなく相手の意図をそこから探らないといけないため、コミュニケーション能力が低いと向いているとは言えません。

チャレンジ精神が旺盛な人

チャレンジ精神は海外営業をする上で大切な要素の一つです。

日本とは違い、興味を示さないものの話は聞いてくれません。

そのため、一回だけでなく何度も足を運んだり、説明をしたり、継続して活動していかなければなりません。

チャレンジ精神が少ないと苦痛になってしまう可能性が高いのでチャレンジ精神が旺盛な人は、海外営業に向いています。

好奇心が強い人

海外マーケットは刺激がたくさんあります。

そのため、何か新しいものを買い付けしたり、販売する際は日本国内外で常にアンテナをはっていないといけません。

好奇心がないと真新しいものにも興味がない、なぜ・どうしての疑問がでないとなかなか活動するのに行き詰まりを感じてしまいがちです。

そのため、好奇心が強い人は海外営業に向いていると言えます。

外国語が得意な人

海外営業は、どうしても日本語以外の言語が必要になります。

稀に韓国、中国、台湾などの隣国の取引先やサプライヤーで日本語ができる人はいますが、基本的には日本語以外の第二言語で交渉、調整や商談をしないといけないため、外国語が得意な人は海外営業に向いています。

逆に海外営業の仕事に向いていない人の特徴は?

海外営業に向いている人の特徴がわかったところで今度は海外営業に向いていない人の特徴も知りたいところです。

海外営業にチャレンジする前に自分で向いていないと思うなら修正したい人もいるでしょう。

ここでは向いていない人の特徴をまとめてみました。

参考にして下さい。

メンタルが弱い人

海外営業は国内営業以上にメンタルのコントロールを必要としています。

国内とは文化も慣習も異なるため、うまくコミュニケーションをとれないと仕事が円滑に進みません。

そのため、調整に時間がかかったり、思うように仕事が進まなかったりするため、メンタルが弱いと仕事に支障が出てきます。

そのためメンタルがうまくコントロールできないと海外営業に向いていません。

自発的に行動できない人

受動的に指示を待って行動する日本とは異なり、積極的に動かないと仕事をもらえません。

ある程度自分で考えて積極的に行動しない、自発的に行動できな人は、海外営業に向いてません。

海外に対して苦手意識がある人

海外営業は必然的に海外との繋がりができるため、海外に対して苦手意識がある人は、海外営業に向いていません。

計画性がない人

海外出張して実際にお客様へ提案したり、商談したりするにあたり、計画的にどういう提案をするとか商談後にどうするとかの計画が必要なります。

海外営業の仕事で活かせる経験

海外営業に興味があると今までの経験が活かせるかどうか、今までのどんな経験が面接などでアピールができるか気になるところです。

「海外営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

留学経験・海外生活経験

海外留学や海外での生活の経験は海外営業に活かすことができます。

海外営業なので当然マーケットは対海外になります。

そのため、日本語以外の言語ができたり、海外の文化や習慣に対しての理解があったり、外国に対しての抵抗がないのは、海外留学を経験していたり、海外生活をしているとこれらの項目に合致するケースが多いのでその経験は役立ちます。

部活動の経験

部活やクラブ活動をしているとチームワークや誰かと一緒に何かをやることができるため、仕事にも繋がっていきます。

海外営業も営業活動をする上では単独行動は多いです。

ただ、対お客様だけでなく、アシスタントや請求部署など対社内でも色々と調整をしチームワークで解決したり、問題に取り組まなければなりません。

その際に部活動やクラブ活動で色々な人と一緒にイベントや企画をした経験は、どういう風に活動していくかやどうチームワークを組んでいくかのヒントになるため役に立つ、経験を活かすことができるといえます。

何か最後まで一生懸命成し遂げた達成感のある経験

何か目標を決めて最後までやり遂げた人、成し遂げた人は、経験が海外営業に役立ちます。

営業は契約したらゴールと思われがちですが契約してからが色々と大変です。

目標を決めて契約した後、そのお客様とどうやってビジネスを成長させて行きたいか、そのお客様をどうサポートして行きたいかを考えていなければ営業として成長できません。

そのため、何かを最後までやった経験は大いに役立ちます。

海外営業で働くメリットとは?

日本ではできない経験ができる

日本と海外の違いがわかるだけでなく日本ではできない経験ができるのが海外営業のメリットです。

例えば、日本で商談すると成約までにお客様の社内で稟議・承認が必要になります。

そのため、担当者から担当者の上司、その後にその上司さらに取締役と決定までの時間が長いのですが、海外の場合、その場で即決ということが多いためビジネスのスピードが早いです。

これは日本ではあまりできる経験ではありません。

海外のマーケットに携われる

テレビでよく見る上海やニューヨークのマーケットに携わることができます。

買い付ける仕事なら日本でのヒット商品の立役者になれるチャンスがあったり、逆に日本製品を海外にプロモーションし、海外マーケットでの日本製品のヒットを演出できる可能性があります。

外国語を活かすことができる

学生時代や海外生活で身につけた語学を仕事に活かしたいと考える人は少なくないと思います。

海外営業は、海外との取引なので日本語以外の言語を必要としています。

そのため、外国語を活かすチャンスは多いにあります。

海外へ出張できる

海外営業は、海外に出張できる機会が恵まれています。

アジア、アメリカやヨーロッパ、会社によっては中東やアフリカなど世界の国々へ出張できるチャンスがあります。

ただ、旅行ではないので海外出張といっても華やかなリゾート地ではなく、ビジネス街や工業地帯がメインになります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

海外営業を経験してどこかに転職したいと考えた場合、どのような場所に海外営業の経験が活きるか知りたいところです。

社内だと課長や部長などの役職へのステップアップもありますし、他部署への転部、例えばマーケティング、商品開発などへ転部するケースもあります。

社外へ転職の場合、サプライチェーン、マーケティング、ロジスティック、競合他社へ転職するケースがあります。

他のキャリアアップとしては大学講師として貿易の経験を活かして講義したり、海外の取引先の会社へ転職するケースもあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

海外営業の経験は他の仕事にも活かせます。

国内外のマーケットに携わっていたのでマーケティングの仕事ができますし、消費者の直の声を聞いてきた営業なので商品開発や商品企画の仕事もこなせます。

海外営業や貿易の経験を活かしてセミナーや大学の講義などをこなすことも可能です。

まとめ

海外営業は、国内営業と比べてチャレンジが多いですし、ハードな仕事です。

その反面、身になることが多く、国内営業とは違った経験ができます。

英語を仕事に活かしたい人や海外へ行きたい人には人気の仕事です。

海外にチャレンジしてみたい人、国内営業を経験したから海外のマーケットもみてみたい人などはぜひチャレンジしてみて下さい。

実際に海外営業求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

海外営業求人

海外営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

海外営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

海外を飛び回って仕事をするって聞くとかっこいいとか憧れる人は多いかと思います。学生時代に留学していたり、海外で生活をした経験があったり、外国語を学んでいた人にとっては、経験を活かすもってこいの仕事と言っても過言ではありません。実際に海外営業の仕事に就いている人のほとんどは学生時代や幼少期に海外で過ごした、留学していた人が多いです。しかし、海外営業の仕事をするにあたり、必ずしも海外経験が必要というわけではありません。ただ、海外営業の仕事はどうしても対海外マーケットなので海外に対して免疫のある海外留学していた人や海外生活をしていた人は、アドバンテージがあります。今回は、海外営業の仕事内容や給与事情

海外営業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

国内営業に比べると海外営業は給料がいいのだろうかとか、海外営業は海外出張をしていて世界を飛び回っているので高給取りのイメージがあるかもしれません。海外営業の仕事をしている人の給料事情って気になるところです。海外営業といって業務は色々あって年収も実は異なります。そのため、全員が高給とりという訳でもありません。今回は、海外営業の給料事情について紹介していきます。海外営業をしてみたい人、海外営業に転職を考えている人、海外営業に興味のある人は是非参考にして下さい。海外営業の給料の相場はどのくらい?海外営業の給料は、意外と国内営業とかと変わらずピンキリです。もちろん給料が高い人もいますが、給料が平均な人

海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための4個の注意点

海外営業と聞くと海外を飛び回って外国語を使って海外の人とやりとりしている華やかなイメージ仕事に思えるかもしれません。そのため、転職するという選択肢が内容に思われがちですが、意外と転職する人は少なくありません。海外営業を経験する人は、海外と関わり合いがあることで日本の転職に対してまだまだ存在するマイナスのイメージはあまりなく、自身のキャリアアップやステップアップを目指して積極的に仕事を変えることや何か勉強したり、チャレンジします。今回は、海外営業の内情や転職に関して話します。題して海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための5個の注意点について紹介します。海外


海外営業の仕事を探すにはこちら >