海外営業とは日本国外の市場を開拓し、営業する仕事。

英語をはじめとする語学が得意で生かしたい、海外で幅広く活躍したい、などかっこいい、華やかなイメージもありますが、実際にはどのような仕事内容なのでしょうか。

海外営業の仕事内容や求人を選ぶコツについてまとめました

「海外営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「海外 営業」の仕事例をチェック

海外営業って?

海外営業とは日本国外の市場を開拓し、営業する仕事です。

国内に拠点を置いて必要に応じて顧客先に出張、電話、メールなどを利用して営業する場合と、海外拠点に駐在して営業活動を行う場合があります。

海外営業の仕事内容

自社の製品やサービスを海外の顧客に売り込みを行うのが主な仕事です。

会社によっては、海外顧客から買い付けて国内市場に売り込む輸入業務も含まれる場合もあります。

海外マーケティング

海外マーケティングとは、自社製品を海外の「どの国の、誰に、どのように売るか」について戦略を練ることです。

市場規模や物価状況、人口比率などを分析し、より効果的に売り込んでいく手法を考えていくことになります。

時には現地の宗教や習慣などを十分考慮に入れたプランを立てることもあり、現地関するより深い知識や経験が必要になる場合もあります。

海外営業の一部門として「海外マーケティング」部門を置く会社もあり、顧客と直接やりとりをする営業部隊と分けていることもあります。

トラブル処理

法律や商習慣の違う国とビジネスをしていくときにトラブルはつきもの。

海外営業経験者の多くは、「かっこいい」という華やかで表面的なイメージよりもトラブル処理の追われて大変と感じている人も多いとか。

特に契約や納期関連のトラブルに直面した時には、言葉が通じない不自由さをより一層感じることでしょう。

海外業務専門の弁護士や経験豊富な方が海外ビジネスのコンサルティング会社を起業しているケースもありますので、必要に応じて相談し1人で抱え込まないようにしましょう。

海外営業の詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

海外営業の種類

一口に海外営業といっても、働く場所や採用のタイミングは様々です。

いくつかのケースを以下にまとめました。

勤務地は国内だが海外出張が多いタイプ

新規に顧客を開拓するのではなく、既存の顧客をサポートしていくタイプの営業の場合、普段は国内にいて電話やメール、時にはチャットなどを駆使して顧客と連絡を取り、定期的に海外出張して顧客と面談するというスタイルもあります。

最近ではスカイプの電話などをうまく利用して出張せずに顧客との商談を進めるケースも多いようです。

商談の都度、顧客と直接会う必要がある場合は、現地に駐在している駐在員や現地法人の社員と連携をとって営業活動を進めるケースもあります。

海外に駐在するタイプ

国内にいる海外営業部隊を現地でフォローするために、海外駐在拠点(支店)にいる海外営業部員もいます。

国内の海外営業部隊が海外出張する経費を抑えるために、国内の海外営業部門から指示を受け、顧客との直接の面談は駐在員に任せて受注まで持っていくケースも多いようです。

また、トップセールスのために日本から出張してくる重役のために現地で通訳や案内をするアテンドの役目を担っている場合もあり、より語学に堪能な社員が海外駐在員として活躍の場を与えられているともいえます。

現地採用されるタイプ

国内にある会社が海外に「現地法人」を持っている場合、その現地法人で日本とのパイプ役を担う日本人を採用する場合もあります。

また、現地法人で現地の外国人を採用することもあり、その現地の外国人と日本とのパイプ役を果たすことも期待されていることも多いでしょう。

現地法人で採用される外国人といっても、日本企業の現地法人なので多くは日本語が堪能な方が多いです。

ただし、日本法人と現地法人ではお給料の体系が異なる場合が多く、現地法人は手当などを含めお給料を低く抑えている場合もありますので、事前に確認が必要です。

また、現地法人での採用ですと、転勤で日本に戻ってくるということはほとんどなく、現地で勤め上げることが求められますのでその点も留意しましょう。

実際にどんな海外営業の求人がでているかチェックするには

リクナビNEXT等、大手の転職サイトでは海外営業の求人募集が出ています。まずはそれをチェックしていくつか応募してみましょう。

おすすめ転職サイト

転職した人の約80%が利用!

『リクナビNEXT』は業界最大級の転職サイト。転職者の約80%が利用する、転職する人は絶対に使っておくべきサイトの1つです。

リクナビNEXTは、なぜ転職者に人気なの?

豊富な募集職種

募集されている職種は業界随一と言えるほどの幅広さ。どんな仕事を探している人にとっても最適な仕事が見つかりやすいでしょう。

求人数が圧倒的に多い

大手からベンチャーまで業界最大級の求人数を誇ります。毎週水曜・金曜に新しい求人が更新されるので、チェックを忘れずに!

リクナビNEXTだけに掲載されてる「限定求人」が大量にある

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%もあるので、登録(無料)して求人を覗くだけでも損はありません!(さらに、会員登録後に「スカウト機能」に登録をしておくだけで、自分にあった条件の良いオファーを送ってくれるようになります。転職者には便利でとても助かりますね!)

リクナビNEXTのおすすめ理由

  • 仕事を見るだけでも利用できる
  • 豊富な募集職種
  • 求人数が圧倒的に多い
  • リクナビNEXTだけに掲載されてる「限定求人」が大量にある
  • 登録するだけで、スカウト待ちできる

転職エージェントに海外営業の転職相談をしたいなら?

リクルートエージェント等、大手の転職エージェントでは、高年収など条件の良い海外営業の求人を非公開で抱えています。無料で転職相談もできるので一度相談してみるのも良いでしょう。

転職支援実績No.1!

『リクルートエージェント』は、転職エージェントの中でも支援実績No.1の会社です。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントでは、プロのキャリアアドバイザーに「無料で相談」するだけで、自分にあった求人を紹介してくれたり、履歴書の添削、面接対策、年収の交渉までしてくれます。

まさに、あなたの「エージェント」として、あなたを転職先に売り込むお手伝いをしてくれる会社なんです。

リクルートエージェントは、なぜ転職者に人気なの?

いくつもある転職エージェントの中で、なぜリクルートエージェントが人気なのかを解説します。

非公開求人が10万件以上

リクルートエージェントでは、応募が殺到しすぎるから一般公開できない求人を多く抱えています。支援実績No.1の会社だからこそ、これだけ多くの非公開求人があるのですね。

実績豊富なアドバイザーに相談しながら転職活動できる

リクルートエージェントには、各業界・業種に精通したキャリアアドバイザーがたくさんいます。だからこそ、自分が行きたい業界・就きたい仕事に適切なアドバイスをくれるのです。

高年収求人が多数

リクルートエージェントでは、年収1,000万円以上の高年収求人が多数揃っています。利用者も多いからこそ、企業側も条件の良い求人をリクルートエージェントに出しているのです。

リクルートエージェントのおすすめ理由まとめ

  • 非公開求人が10万件以上
  • 実績豊富なアドバイザーに相談しながら転職活動できる
  • 高年収求人が多数

よくある業種

特に海外営業が活躍するのは「メイドインジャパン」を支えるメーカー企業の「海外営業部」。

またはその製品を輸出するのを担う商社などが主な業種といえます。

一般家電・電子機器のメーカー

家電などの完成品から、電子機器などの元になるモジュールや半導体のメーカーの海外営業は海外取引先とのアライアンスなどの調整を行うなどの仕事も多いです。

知的財産権に関する取り決めが各国で異なるため、契約する際には海外取引を専門に扱う弁護士や弁理士のアドバイスをもらうこともあります。

消費財、飲食品メーカー

オムツなどのトイレタリー製品や化粧品、食品など、一般消費者向けの製品を海外市場に売り込むのも海外営業の仕事です。

現地の生活習慣や消費習慣の中に日本製品をいかに取り込んでもらうかという戦略的アプローチが必要になります。

特にアジア地域では日本製は品質が良いとして評判がよく、日本製であることをアピールすることで勝機をつかむといった戦略も立てられます。

自動車メーカー

トヨタや日産をはじめとする自動車メーカーでは、現地の子会社と連携して海外マーケットの開拓に取り組んでいます。

海外の生産拠点との調整役を担う場合も。

商社

総合商社と呼ばれる多くの品目やサービスを扱う商社や、特定の製品を得意とする専門商社とがあります。

より大きな仕事をめざすのであれば総合商社、会社の規模よりも自分のこだわりの製品という観点で企業を選ぶのか、個々人の価値観によるところかと思います。

サービス業

美容室チェーンや外食チェーンなどのサービス業が、国内市場の飽和に危機感を抱き海外へ活路を求めるケースも増えています。

現地での立地や現地の責任者、従業員の確保などを海外営業部員が担っているケースもあります。

モノを売り込むのとはまた別の視点で、現地の人々の生活にいかにうまく入り込むのかを考える、難しいことですがやりがいもある仕事になるでしょう。

「海外営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

国内営業と海外営業の違いは?

国内営業は国内市場の開拓を、海外営業は海外市場の開拓を行うという区分けをしている会社が多いようです。

顧客が国内か海外かというだけで、基本の仕事内容はあまり変わらない場合が多いようですが、相手先により求められるスキル知識は異なります。

海外営業にはどんな知識が必要なのかをまとめました。

責任範囲が大きい

海外市場を新規でアプローチするとなると、競合やマーケット分析から始まり相手の国を熟知することから仕事がスタートします。

取引先を見つけたとしても契約から、その維持、拡大など仕事は多岐にわたり、責任範囲が大きいといえます。

取引額などが大きい場合だと、数名のチームで一つの顧客を担当する、製品によってチームを分けるなど、会社によってチーム編成への考え方は異なります。

扱う製品、サービスにより営業スタイルが異なる

国内営業とも重なりますが、扱う製品やサービスにより営業スタイルが全く異なります。

そのため、同じ製品の国内営業で経験を積んでから海外営業に社内異動するというケースも多いようです。

海外営業に求められるスキル

海外営業に求められるスキル、メンタリティについてまとめました。

精神的な強さ

海外を市場にする以上、基本的に顧客は外国人。

日本人同士なら「あうん」の呼吸で伝わることが、外国人には全く通用しません。

契約や受注に向けていい方向に進んでいると感じていたら、突然そっぽを向かれたりすることもあり、精神的な強さは必要でしょう。

英語が話せる

世界の共通語はやはり英語。

中国やヨーロッパの各国で英語以外の国であっても、担当者とは英語でコミュニケーションを取ることがほとんどです。

メールはもちろん、電話や直接会ってのコミュニケーションが難なくこなせる英語力は必須になります。

ただし、ネイティブのような流暢さは求められないケースもあります。

仕事上の専門用語やビジネス上の言い回しが使えれば、多少ブロークンでも業務遂行に支障のないこともありますので事前に自分の語学レベルと照らし合わせ検討しましょう。

日本語力も必要

英語だけができれば十分ということではありません。

あくまで日本の企業に勤める「海外営業」部員ということであれば、社内でのコミュニケーションや社内調整には日本語力が欠かせないのです。

日本とは違ったマナー

ビジネス上のマナーは日本とは違う場合も。

顧客の宗教、商習慣などに影響される場合もありますので、ビジネスを開始する前に理解しておく必要があるでしょう。

積極性・アグレッシブさ

日本的な遠慮や配慮はあまり必要とされないかもしれません。

海外に営業で出向く積極性やアグレッシブさが求められます。

販売力

国内での同様の製品やサービスの販売を経験してから、海外市場の担当になるケースが多いようですが、それはやはり販売力が求められているからです。

製品を熟知し売り込むことができるようになるまでには時間と経験が必須となります。

コミュニケーション能力

日本語でも英語でも、顧客や社内からの信頼を得るには何よりコミュニケーション能力が重要です。

営業部門を志望する人は、コミュニケーション能力が高い人が多いのはそのためといわれています。

プレゼンテーション能力

日本では誰もが名前を知っているような大企業であっても、特に海外の新規顧客にアプローチする場合には、まずは会社紹介のプレゼンが重要なポイントになります。

まずは自分たちが「誰なのか」を知ってもらうことからビジネスが始まるのです。

海外営業は国内営業より年収が高い

海外営業は国内営業よりも年収が高い、というのは本当でしょうか?以下にまとめてみました。

インセンティブが発生するかも重要

海外営業で新規顧客を開拓する場合など、会社によってはインセンティブが設定されている場合があります。

自分が頑張っただけ収入が増えるのですからやる気もわきますね。

未経験でも出来る?

営業やビジネスを全く未経験の方が、中途採用などで海外営業に採用されるケースはまれでしょう。

国内営業を経験した後、やる気と語学力などが認められれば海外営業として採用されることもあるようです。

海外営業での成功の鍵は代理店に握られている!?

会社によっては営業拠点として「代理店」や「現地法人」を置き、日々の営業のフォローをしているケースがあります。

営業の成功の鍵はそれら現地組織に握られている、という声も多数聞きます。

海外営業に必要な知識は?

海外営業に必要な知識をまとめました。

国内営業とは求められる知識が少し異なるようです。

貿易の知識

国家間の商品の売買には、貿易の知識、海外経理の知識などが必要になる場合があります。

海外営業部門とは別にバックオフィスを担う専門部署を置いている会社もあります。

インターネット、PC操作知識

海外営業に限らず、マーケット戦略を考えるうえでインターネット知識は不可欠です。

商品や業界の知識

営業であれば商品や業界の知識がなくては仕事にならないのは当然です。

特に海外営業であれば、業界用語や知識に関する英語表現なども知っておく必要があります。

英語でのビジネスメール、文書作成知識

英語が得意でも、ビジネスメールや文書の知識を持っていないという人は意外と多いようです。

ビジネスでの英語表現をまとめた本がたくさん出版されていますので、一度目を通して役立ちそうな本は手元に置いておくといざというとき助けられます。

「海外営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業はやりがいがある!

海外営業のやりがいはどんなところにあるのでしょうか。

海外の文化や知識が自然と身についたり仕事でのやりがい以外にもメリットはたくさんありますね。

海外の文化の知識が身につく

海外の人とコミュニケーションをすることで、その文化や背景に自然と知ることができるようになり興味の幅も広がります。

達成感がある

営業として目標数字を達成するということにとどまらず、異国の人に承認され受注をもらったという達成感は何よりも代えがたいという意見も多数あります。

海外の企業とのやりとりは刺激があり楽しい

国内でも会社ごとにカルチャーがあるように、海外であればなおさら独特のカルチャーに刺激を受けることも。

日本企業のいやな部分が目についてくることもあるかもしれませんが、逆に日本の良さを再確認するチャンスになるかもしれません。

ビジネスに関する視野が広がるということにつながるでしょう。

他にも海外営業のやりがいは、こちらの記事を参考に!

海外営業で働く前に知っておくべきこと

海外営業部門で働く前に知っておくべきことを以下にまとめました。

海外での仕事は実力勝負

日本国内であれば有名企業であっても一歩海外に出たら無名というとはよくあります。

商品と営業マンの実力次第のいい意味でのビジネスライクな仕事ができると思います。

会社の看板頼みではなく自分の実力を試してみたい、チャレンジ精神旺盛な方には向いている仕事といえるでしょう。

理想の海外での仕事とは違う厳しい環境なこともある

海外との仕事という憧れだけで就いてしまうと、現実には現地の企業との契約や納期関連のトラブル対応ばかりだった、というケースもよく聞きます。

華やかな世界ばかりだけでなく現実には厳しい環境があり得ることも覚悟しておくことも必要です。

時差が大きい国で働くと大変

アメリカの東海岸やヨーロッパなど時差が大きい国とのやりとりをする場合、日本時間の朝型や夕方に忙しいピークが来るということもあります。

ただ、時差のある国々とのやりとりは、即時の対応を求められない猶予として前向きにとらえることもできます。

海外営業の仕事を選ぶ時のコツ

海外営業をしてみたい、と思った時に仕事を選ぶコツをご紹介します。

勤務地を日本国内にするのか海外拠点にするのか、自分の優先順位を明確にして仕事を選ぶとよいでしょう。

海外駐在なのか出張なのかスタイルを決める

勤務先の会社によりますが、国内の海外営業部にまず配属し経験を積んでから本人の希望や家族の状況によって、海外駐在を命ずるというケースが多いようです。

まずは新人を現地で経験を積ませる、という企業もあるということですので事前の情報収集が大切です。

自分にとって優良な会社だと思う条件を考える

まずは自分にとっての優先順位を考えることが重要です。

自分の優先順位が、お給料なのか、福利厚生なのか、相手客の国なのか、自分が成長できる環境であるのか、など人によって様々な基準があると思います。

海外営業は難しい仕事ですが、その分達成感が大きく仕事の成長のスピードも早いです。

自分自身の自信に繋がる仕事、やりがいは大いにあります!

日本国内のみならず、世界を相手に仕事をしたいという大きな志を持てば、きっと大きなやりがいとなることは間違いありません。

語学力に多少自身がなくても、それをカバーできるコミュニケーション力や販売力があれば海外営業部員として活躍できる可能性は誰にでもあります。

少しでも気になるなら、思い切ってチャレンジしてみましょう。

実際に海外営業の転職をする時は、こちらの記事を参考に!



関連キーワード

営業求人

海外営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

海外営業の仕事での成功談と失敗談をご紹介!この仕事が面白い理由もお話しします!

海外営業は、華やかなイメージの海外を飛び回るエリートに思われるかもしれません。実際に日本で海外営業しているというと凄い人と思われてしまいますが、実際は、海外に出張しますが、仕事内容は日本の営業と同じことをしています。担当によってはニューヨークにもいきますがほとんどはアジアが主戦場になります。つまり意外と知られていませんが、海外営業は、常にかっこよく仕事をしているわけでもありませんし、海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではなく、仕事の内容としては国内の営業と変わりはありません。それでも海外営業は、国内の営業では味わえない経験であったり、体験をすることができます。成功したら自信

海外営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

海外を飛び回って仕事をするって聞くとかっこいいとか憧れる人は多いかと思います。学生時代に留学していたり、海外で生活をした経験があったり、外国語を学んでいた人にとっては、経験を活かすもってこいの仕事と言っても過言ではありません。実際に海外営業の仕事に就いている人のほとんどは学生時代や幼少期に海外で過ごした、留学していた人が多いです。しかし、海外営業の仕事をするにあたり、必ずしも海外経験が必要というわけではありません。ただ、海外営業の仕事はどうしても対海外マーケットなので海外に対して免疫のある海外留学していた人や海外生活をしていた人は、アドバンテージがあります。今回は、海外営業の仕事内容や給与事情

海外営業になるには?勉強しておくべきことをご紹介!仕事を探す時の注意点も教えます!

海外営業は、海外を飛び回ったり、世界を相手に仕事をこなしているイメージがあってとても魅力的に思えます。実際には対日本国内で仕事するより、様々な面で刺激的ですし、海外旅行好きには海外へ出張へ行けることは羨ましい限りです。もちろん、楽しい仕事ばかりではありません。日本国内で仕事のクレームや問題に直面するように海外でも同様のトラブルは発生してしまいます。また、言語の違いがあり、日本国内で仕事するより苦労することがもしかしたら多いかもしれません。ただ、そんなマイナス面を差っ引いても、海外営業は刺激的で魅力のある仕事です。今回は、海外営業になるにはどうしたらいいのか、どんな勉強をしたらいいのかなどについ

海外営業の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

海外営業というと男性のイメージだけでに思えるかもしれませんが、最近は女性も活躍しています。ただ、先進国などの治安が安全な場所だと海外営業として仕事しやすいかもしれませんが、発展途上国などの治安に不安のあるところだと女性の海外営業が活躍できるかどうかは不安なところです。今回は、海外営業の仕事は女性でも出来るかどうかについて紹介します。海外営業の仕事のおおまかな仕事内容海外営業の大まかな仕事内容は新規販路を見つけて販路を拡大したり、新規・既存限らずお客様に対して商品・サービスの説明を行ったり、必要に応じてプレゼンテーションをしたり、定期的な海外の展示会やイベントに参加して商品やサービスの説明をした

海外営業のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

海外営業と聞くと華のあるイメージを抱く人が多いと思います。実際、海外営業で活躍することは会社として重宝されているところも少なくはありません。しかも、海外を飛び回るイメージでニューヨークの摩天楼をバックに商談したり、パリのシャンゼリゼ通りを通ってお客様のところへ向かうなんて聞くと魅力的に思えます。ただ、意外と知られていませんが、海外営業は、そんなかっこいい仕事ばかりをしているわけでもありません。海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではないですし、仕事の内容としては国内の営業と変わりはありません。ただ、海外営業は、国内営業とは違った仕事の面白さや楽しさがあり、やりがいもある仕事で

海外営業とはどんな仕事?仕事内容や役割、仕事の探し方など詳しく解説します!

海外営業と聞くとかっこいいイメージですか?それとも英語や他の言語をスラスラ喋って海外を飛び回っているイメージでしょうか?海外営業と聞くとニューヨークの摩天楼やパリのシャンゼリゼ通り、イギリスのビックベンをバックにスマホで電話しながら歩いている姿を思い浮かべる人がいるかもしれません。しかし、海外営業も同じ営業です。常にそのような華やかな舞台ばかりではありません。意外と知られていませんが、海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではなく、仕事の内容としては国内の営業と差や違いはあまりありません。強いていうなら言語が違うくらいです。ただ、海外営業は、仕事の面白さや楽しさが国内の営業とは

海外営業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

国内営業に比べると海外営業は給料がいいのだろうかとか、海外営業は海外出張をしていて世界を飛び回っているので高給取りのイメージがあるかもしれません。海外営業の仕事をしている人の給料事情って気になるところです。海外営業といって業務は色々あって年収も実は異なります。そのため、全員が高給とりという訳でもありません。今回は、海外営業の給料事情について紹介していきます。海外営業をしてみたい人、海外営業に転職を考えている人、海外営業に興味のある人は是非参考にして下さい。海外営業の給料の相場はどのくらい?海外営業の給料は、意外と国内営業とかと変わらずピンキリです。もちろん給料が高い人もいますが、給料が平均な人

海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための4個の注意点

海外営業と聞くと海外を飛び回って外国語を使って海外の人とやりとりしている華やかなイメージ仕事に思えるかもしれません。そのため、転職するという選択肢が内容に思われがちですが、意外と転職する人は少なくありません。海外営業を経験する人は、海外と関わり合いがあることで日本の転職に対してまだまだ存在するマイナスのイメージはあまりなく、自身のキャリアアップやステップアップを目指して積極的に仕事を変えることや何か勉強したり、チャレンジします。今回は、海外営業の内情や転職に関して話します。題して海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための5個の注意点について紹介します。海外

海外営業とは?仕事内容と向いてる人の特徴をご紹介!英語を活かせるかっこいい仕事。

戦後経済発展を遂げてきた日本ですが、最近は大きく頭打ちをしてなかなか成長が見込めていません。そのため、10数年前から企業のグローバル化をテーマに国内だけで生産していたものを海外へ委託しコストを抑えて製造率を上げたり、海外の製品を日本へ輸入して販売活路を見出したりと今までにない商品が特に数年前から日本のマーケットを賑わせています。グローバル化に伴い、企業に設置された部署は様々なのですが、フロントラインでイメージされやすいのは海外営業ではないでしょうか。海外営業は、文字通り、海外の取引先やサプライヤーなどと交渉したり、打ち合わせしたり、時には海外へ新規開拓をしたりします。ただ、海外営業と言ってもど