海外営業は、海外を飛び回ったり、世界を相手に仕事をこなしているイメージがあってとても魅力的に思えます。

実際には対日本国内で仕事するより、様々な面で刺激的ですし、海外旅行好きには海外へ出張へ行けることは羨ましい限りです。

もちろん、楽しい仕事ばかりではありません。

日本国内で仕事のクレームや問題に直面するように海外でも同様のトラブルは発生してしまいます。

また、言語の違いがあり、日本国内で仕事するより苦労することがもしかしたら多いかもしれません。

ただ、そんなマイナス面を差っ引いても、海外営業は刺激的で魅力のある仕事です。

今回は、海外営業になるにはどうしたらいいのか、どんな勉強をしたらいいのかなどについて紹介します。

「海外営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業になるには?

海外営業になるために必要な要素やステップが気になります。

海外営業というからには海外での留学や生活経験、駐在経験などが必須のように思えます。

他にも言語能力であったり、プレゼンスキルなどいくつか必要な要素をまとめてみました。

海外留学・生活経験

必須というわけではありませんが、海外営業になるために経験があればより仕事がしやすくなります。

日本国内から出たことがない人でも海外営業として活躍している人もいますし、ある日会社から海外営業部への転籍を言い渡された人も聞いたことがあります。

ただ、海外営業になる上で、外国の文化に理解を示さないといけないことと、日本とは異なるビジネス習慣があったりします。

海外留学や海外での生活があれば、これらを少なくとも経験する機会はありますので、海外留学や海外生活の経験はあれば尚良しです。

ただし、海外留学や海外生活をして外国語が話せるとか英語や外国語だけを勉強した留学経験では物足りません。

英語が話せてもビジネスでは商品の説明や細かな条件を交渉しないといけないため、日常会話ではなく、ビジネス英語やビジネス外国語が必要となります。

そのため、海外留学や海外生活は、大学などで外国語プラスして何か他の勉強をしておくことをおすすめします。

プレゼンスキル

プレゼンスキルは海外営業だけでなく営業として必要なスキルになります。

海外営業全てが英語や外国語を流暢に操れるかというとそうではありません。

語学力も必要ですが、プレゼンスキルが必要な理由は、常に交渉相手がネイティブとは限らないからです。

例えば、ヨーロッパや香港などは英語ネイティブではないですが英語を操れる人が多いです。

そのため、商談は英語で行うことが多くなります。

しかし、お互いに英語ネイティブではないため、微妙なニュアンスやお互いの意思疎通に障害が生じないとは言えません。

そのため、こちらの伝えたいことや相手に理解してほしいことをプレゼントして伝えるのですが、プレゼンとプレゼンに付随する資料をしっかり作れるスキルがあれば相手にも伝わりやすく、お互いの商談を円滑に進めることができるため、プレゼンスキルは必要です。

度胸

営業職全体に言えますが、度胸は必要です。

優柔不断にいつまでもあれこれ机上で考えて先に進めなかったり、新規の相手にしっかりと商品説明や商談ができなかったりする場合は、海外営業としてやっていけません。

失敗してもいいから積極的に取り組めることや多少の文法など、気にせずはっきりと意思表示や説明を臆することなくできる度胸は、国内営業よりさらに海外営業には必要となります。

高い順応性

海外営業は、順応性が高いことが大切です。

高い順応性を必要とする理由は、日本ではなく、海外で仕事をすると様々なカルチャーショックを感じます。

ビジネスマナーや一般常識だけでなく食事や日常生活についても最初は驚いたり、戸惑うことばかりです。

しかし、仕事で海外へ出向く以上、驚いたり、戸惑って仕事をしないわけにはいきませんし、現地の食文化は、お客様とランチやディナーを共にする上で信頼関係を築くのにかなり重要だったりします。

そのため、進められた食事を断ったり、食べなかったりすることで失礼にあたり契約が白紙になる事も少なくありません。

どの国や環境下であっても順応性が高い人は、海外営業として求められる素質の一つです。

海外営業の募集状況は?

海外営業の募集状況は、増えているといえます。

今まではメーカーも国内生産に重点を置いていましたが、今ではコストの観点から海外生産に移管したり、委託したりしています。

また、顧客も国内だけでなく海外に抱えるところも少なくありません。

どの分野においてもアジアや北米などとほとんどがつながりを持っているところばかりとなりました。

転職サイトなどを見ても海外営業で検索すると、おおよそ80〜200件ほどの該当する検索結果が出ますし、それ以上のサイトもあります。

いずれにせよ求人は少なくないのでチャンスはあります。

また、補足ですが、募集勤務地としてはやはり東京が一番多い傾向にあります。

「海外営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

海外営業の仕事のおすすめの探し方

ここまでの話を読んで海外営業に興味を持って頂いた方や、元々海外営業に興味を持って頂いた方もいるかと思います。

海外営業に興味を持って実際にチャレンジしてみようと思うと、次はどうやって海外営業の仕事を探したらいいかを知りたいところです。

ここでは、海外営業の仕事の探し方について紹介します。

大手転職サイト

まず多くの人がアクセスして検索するのが、大手転職サイトです。

リクナビネクストやen、DODAやキャリトレなどが代表的です。

時間を気にせず自分のペースで仕事を探せるのがメリットですし、ある程度の求人情報をその場で手に入れられるため、重宝している人は多いです。

デメリットとしては、質の高い求人かどうかは聞かないとわからないですし、気になって細かなところのアドバイスを求めたくてもサイトでは直接企業に問い合わせたりするしか方法がないという事です。

エージェントへ相談

急いで仕事探す必要はないけど、ちゃんとした転職先やちゃんとした自分にあった仕事先を探したい人には、エージェントに相談する方法もあります。

海外営業の場合は、適性が自分にはあるかどうかわかりづらいところです。

そういった自分の適性をしっかりと分析してきちんとしたアドバイスをもらって、自分に一番あった海外営業の職にチャレンジしたいなら、エージェントはおすすめです。

代表的なエージェントはビズリーチ、JACリクルートメントやパソナキャリアなどがあります。

会社のHP

就職や転職でこの会社の海外営業をしたいともう決まっているのなら転職や就職サイト、エージェントを通さずに希望の会社のHPから直接応募するのも一つの方法です。

実際にそれぞれの会社のHPには採用情報欄を設けて募集をかけています。

サイトやエージェントにリストアップされていなくても、会社のHPに募集をかけていたりするので、希望先が決まっている場合は直接の方が手っ取り早いです。

海外営業の仕事を探す際の注意点

海外営業の仕事を探している時に注意点があります。

それがどういった注意点かをまとめてみました。

もちろん他にも注意点や注目点はありますが、今回ここでは特に注目、注意してほしい点を3つに絞って紹介します。

求人内容で確認できるものと直接会社やエージェントに聞いてみないとわからないものもありますが、応募前にぜひチェックしてほしい3つを紹介します。

海外出張の有無

海外出張の有無は求人内容で確認しましょう。

もし、記載がないなら応募前に確認することをおすすめします。

海外営業といっても実際は海外に行かずに電話やメールのやり取りだけで業務を行う、日本でいうルート営業のようなポジションがあります。

その場合は、取引先が決まっていて、新規開拓の必要がなく、決まった会社からのオーダーや問い合わせを対応するだけなのでお客様のところへ出向く必要はありません。

それでも問題ない人もいますし、英語や多言語を使って仕事したいから、むしろそっちがいいという人もいますのでダメというわけではありませんが、海外営業として海外を飛び回りたい人は海外出張の有無については要チェックです。

代理店向けか顧客向けか

代理店向けか顧客向けかも募集内容で確認しておく必要があります。

海外出張の有無についてと少し重なりますが、代理店向けの場合は、比較的内勤で外回りや海外に出ることは非常に少なく、電話とメールの処理が多いです。

また、顧客向けか代理店向けかによって業務も異なりますし、希望とも異なる可能性があるので注意が必要です。

一般的にイメージする海外営業の場合は、顧客向けのため、代理店向けだと想像と違うと思ってしまうかもしれません。

キャリアアップや待遇

海外営業といってもキャリアアップや待遇はモチベーションを保つ上で大切な要素になります。

マネージャーや役職の仕事が将来可能性としてあるのかどうか、どういった待遇が用意されているのかどうかなどを注目しておくことをおすすめします。

会社によっては海外出張の際に食事代を上限決めて支給してくれたり、経費で処理してくれますが、会社によってはそうしてくれないところもありますのでチェックが必要です。

経験者が語る!できる海外営業はこんな人

筆者の周りで活躍している海外営業の人の特徴を3つにまとめてみました。

どういった人が海外営業として成功しているのか参考にして下さい。

もちろん、これ以外の要素を持ち合わせて成功している人もいますので絶対というわけではありません。

ただ、あくまでも筆者の周りで成功している人が持ち合わせる共通要素なので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

コミュニケーション能力が高い人

国内営業だけでなく海外営業としてもコミュニケーション能力が高い人は、成功しています。

それは、流暢に言語を操って仕事を取ってくるだけではなく、国内営業同様にお客様の声をしっかりと聞いて理解できるかどうかが鍵になります。

喋るだけでなく、聞く、理解するといったコミュニケーション能力が高い人は、海外営業としても成功している傾向にあります。

プレゼンスキルが高い人

プレゼンスキルの高い人もコミュニケーション能力が高い人同様に、国内営業だけでなく海外営業としても成功しています。

海外での商談や交渉は、日本語にあるような微妙なニュアンスが表現としてなく、こちらの意図を伝えづらかったりします。

そのため、プレゼントしていうべきことをまとめて伝えるだけでなく、プレゼン資料を活用して相互理解を深めることが上手にできる人は、海外営業として成功している傾向にあります。

度胸がある人

意外かもしれませんが、実は、言語能力より度胸がある人の方が海外営業としては成功している傾向にあります。

いくら英語や他の言語が操れるからといって使わなければ意味がありません。

宝の持ち腐れのように使うことを躊躇っている人より、間違ってもどんどん積極的に前に出れる人は商談も打ち合わせも上手くいきます。

「世界の果てまでイッテQ!」で出川哲朗さんは、英語ができないけど毎回なぜか目的地にたどり着いていますが、あれと同じく間違っていても必死で自分の意思を伝える人、伝えようと頑張っている人の方が相手も一生懸命理解しようと話を聞いてくれますし、伝わった時の達成感がお互いに生まれるので、お客様との信頼関係を築くきっかけにもなります。

海外営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が語る!海外営業はみんな英語が話せるか!?

海外営業の仕事をしていると聞くと、英語が話せる人や英語以外の外国語ができる人というイメージが強いです。

もちろん、海外営業の担当者で英語を流暢に喋れたり、留学経験から中国語や多言語を流暢に扱う人も少なくありません。

ただ、留学も経験せず、帰国子女でもない人であっても、海外営業として頑張っている人も少なくありません。

そのため、海外営業だからみんなが英語や英語以外の言語を流暢に扱うかというと答えは'NO'です。

ただ、みんなに共通するのが英語ができなくても失敗を恐れず、度胸を持って仕事に取り組んでいる、チャレンジしていることです。

まとめ

さて、色々と海外営業について紹介してきました。

参考になっていたら嬉しいです。

海外営業に興味を持った人や、これから海外営業について調べてみようと思う人はぜひどんどん調べたり、チャレンジしてみて下さい。

また、海外営業の仕事に興味がある方へ伝えたいのは、言語ができることはもちろん大切な要素の一つです。

できたことに越したことはありません。

ただ、できないから海外営業を諦めるというのはまた話が異なります。

言語ができなくてもチャレンジする気持ちが大切ですし、この記事でも紹介しましたが、度胸がある人の方が多少英語や多言語が使えなかったとしても成功する傾向にあります。

また、言語は使えば使うほど上達します。

最初は失敗しても当たり前なので物怖じせずに興味があるならぜひチャレンジして下さい。


関連キーワード

海外営業求人