海外を飛び回って仕事をするって聞くとかっこいいとか憧れる人は多いかと思います。

学生時代に留学していたり、海外で生活をした経験があったり、外国語を学んでいた人にとっては、経験を活かすもってこいの仕事と言っても過言ではありません。

実際に海外営業の仕事に就いている人のほとんどは学生時代や幼少期に海外で過ごした、留学していた人が多いです。

しかし、海外営業の仕事をするにあたり、必ずしも海外経験が必要というわけではありません。

ただ、海外営業の仕事はどうしても対海外マーケットなので海外に対して免疫のある海外留学していた人や海外生活をしていた人は、アドバンテージがあります。

今回は、海外営業の仕事内容や給与事情など興味があるけどなかなか情報がないという人のために海外営業正社員としての求人や仕事内容などについて紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「海外営業」の仕事例をチェック

海外営業正社員の仕事内容とは?

海外営業は、対海外のマーケットで仕事をしているため、海外営業には華やかなイメージを抱く人が少なくありません。

ただ、意外かもしれませんが、海外営業の仕事内容は、国内営業とさほど違いはありません。

お客様が国内か海外かの違いになります。

海外営業の仕事を大まかに紹介するとお客様への訪問、資料作成、お見積もり提案、アフターケアや新規開拓などが主になります。

それぞれの仕事内容でもう少し詳しく紹介します。

お客様への訪問

お客様への訪問としては、海外へ出張し、各お客様の会社や工場へ伺います。

ただ、国内営業とは違い、海外にお客様がいる海外営業の場合は、気軽に行くことは出来ず、国内営業よりもしっかりとした綿密な訪問時の打ち合わせ内容であったり、スケジュールをきちんと決めておかなければなりません。

資料作成

資料作成も海外営業の仕事です。

アシスタントがある程度作ってくれる会社もありますが、基本的には自分で用意します。

お客様に渡すハンドアウト資料やプレゼン資料など様々な資料を場面場面に応じて想定して準備します。

お見積もり・料金提案

サービスや商品に興味を持って頂いたお客様にお見積もりや料金提案をするのも営業の仕事です。

細かなディスカウント率や値下げについては営業で決めたり、あまりにも料金の折り合いがつかない場合は、上司やファイナンスへ相談してお見積もりや料金提案を行います。

アフターケア

商品を売るだけが営業の仕事に思われがちですが、商品を売った後のアフターケアも営業の仕事です。

これは国内営業と変わらず海外営業もアフターケアが大切です。

新規開拓

会社によりますが、海外営業であっても海外顧客の新規開拓をすることがあります。

ただ、日本と違って飛び込みで営業するというよりは電話やメールで相手に興味を持ってもらえるかどうかを試すところから始めることが多いです。

海外営業正社員はこんな人に向いている!

海外営業をやってみたいと思った人の中にはどういうタイプの人が活躍しているか気になるところです。

実際に海外営業をしている人でどういうタイプが多いのか、実体験から海外営業に向いている人のタイプをピックアップしてみましたので紹介します。

海外営業で活躍している人は、コミュニケーション能力が高かったり、外国語が話せたり、行動力があったり、好奇心が強く適応力が高いといえます。

もう少し詳しく紹介していきます。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人は、海外営業で活躍しています。

主に対日本マーケットではなく対海外マーケットで仕事をしていると日本人同士で分かり合えるような相手の意思を汲みとるようなことを海外の人はしません。

何か言い分を匂わせるだけでは伝わらないのではっきりと自分の意思表示をする必要があります。

それと同時に日本人とは異なった要望や条件をもつ外国のお客様の意図を汲み取らないといけません。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は海外営業として活躍しています。

外国語ができる人

海外営業の仕事を始める上で絶対に必要というわけではありませんが、実際に仕事を始めると外国語は必須のコミュニケーションツールです。

そのため、外国語を使いこなせることは相手の交渉やコミュニケーションをとる上で有利になります。

海外営業で活躍している人の中には最初英語ができなかったけど努力して使いこなせるようになった人も多くいます。

日本語プラス別の外国語ができる人は海外営業に向いています。

行動力がある人

日本と違い海外では積極的に行動しないと待っていても何もありません。

日本のように相手の意思を汲み取ったり、相手のことを考える習慣はないですし、ほのめかすだけでは何も伝わりません。

そのため、新規であっても既存であってもこちらから行動を起こしていく必要があります。

行動力がある人は、海外であっても新規開拓で飛び込んで営業したり、電話を積極的にしてアポイントを取ったり、話をしたりします。

英語が下手であっても行動力があることでカバーされる場面も実際にはあります。

よって行動力がある人は海外営業に向いているタイプと言えます。

好奇心が強い人

好奇心が強い人も海外営業に向いています。

海外マーケットは日本と違い色んな面で刺激的です。

日本より劣っていたり、優れていたりしますし、日本にはないようなマーケットの流れがあったりします。

日本と違う流れや環境の変化、少しでも気になったことや流行っていることに敏感に反応して興味を持ち、調査できるのはタイプの人は、好奇心が強い傾向にあります。

適応力が高い

適応力が高い人は、海外営業として活躍しています。

海外へ出張へ行ったり、海外の習慣や文化を理解してビジネスをするのが海外営業なので海外の習慣や文化、海外の生活環境にすぐ馴染める人は、アドバンテージがあります。

特に新興国へ出張する機会のある海外営業の場合、日本と環境が違います。

衛生的にも習慣的にも異なるため、1週間の出張であっても適応力が低い人には辛い経験でしかありませんが、適応力が高い人は、現地に溶け込みが早く、お客様とも打ち解けやすい傾向にあります。

また、海外でお客様と食事に行く機会があるとお客様からもてなしの一環で現地の料理を勧められます。

この料理がたまに日本では食べたことないようなものだったり、見た目がグロテスクなこともあります。

それでも相手のもてなし精神で提供してくれる料理なので食べないわけにはいきません。

そのため適応能力が重要ですし、適応力が高い人は海外営業に向いています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

海外営業正社員でよくある募集内容とは?

ここまで海外営業の仕事や向いているタイプを紹介しました。

少しは海外営業の仕事に興味をもって頂けたかと思います。

次に気になるのは実際にどういう募集があるかかと思いますのでここでは海外営業でよくある募集内容について紹介します。

年収相場

400-700万円です。

これはあくまでも参考程度ですが、筆者が知っている求人内容で年収を平均するとだいたいこの通りになります。

もちろん、働く場所やポジション、会社によってそれぞれ条件が異なりますのでこの年収より高いところも低いところもあります。

勤務時間や休日、残業

営業職は基本的にみなし労働のため、決まった時間に会社に出社して仕事をすることはあまりありません。

これも会社によりますが、筆者の体験した会社は、基本直行直帰であったので勤務時間や残業は決まっていませんでした。

基本的にはお客様のところへ打ち合わせに行く時間から仕事がスタートし、遅い時は深夜まで仕事したりすることもあります。

北米やヨーロッパを担当した場合、どうしても現地時間は日本と逆になりますので昼夜逆転してしまうこともあります。

福利厚生

福利厚生は、社会保険関連、退職金制度、会社によっては、財形貯蓄、、社員持株会制度、ストックオプションなどがあります。

勤務場所

本社、支社、直行直帰スタイルなどがあります。

正社員として求められるものとは?

アルバイトや派遣社員でも海外営業のサポート役ができます。

ただ、海外営業となるとアルバイトとかでの募集はまずありません。

海外営業の募集でアルバイトがなぜあまりないのか、正社員として求められるものがどういうところか知りたいところです。

ここでは、正社員として求められるものが何かを紹介します。

ここで紹介する求められるものはあくまでも筆者の実体験を元に紹介していますのでもちろん他にも会社によっては求められるものが異なるかもしれません。

他にも何があるか知りたいと思った方は調べてみて下さい。

プロフェッショナリズム

営業は国内・海外関係なくプロフェッショナリズムが求められます。

営業は会社の顔です。

お客様のところへ会社を代表して訪問したり、担当したりするため、会社イコール問い合わせは担当営業いうことになります。

そのため、いい加減なことを言ったり、適当な説明をしていてはお客様の信頼を得られませんし、仕事がはかどりません。

また、どんなに嫌なことがあったとしてもお客様のところへ行く場合は、その事をリセットしていかないとお客様には自分がどういう感情かは関係ないのでプロフェッショナルに徹する必要があります。

正社員として働くからにはプロフェッショナリズムが求められます。

積極性

新卒の社会人によくありますが、学校では受け身で先生から教えてもらった事を指示通りに勉強していた、指示通りに授業を進めていた環境下にいたせいか仕事の指示や次にどういう仕事をするかは受け身で待っていることが多いです。

ところが、営業、特に海外営業となると積極的にこちらから動かないと何も始まりませんし、待ってるだけでは仕事がありません。

そのため、積極的に行動して、積極的に発言できる事を正社員として求められます。

必要なスキルとは?

海外営業の正社員を始めるあたり、マストのスキルは実はありません。

あればいいスキルとしては、外国語であったり、パソコンの知識やスキルであったりしますが、必ずしも絶対ないというわけでもありません。

外国語に関しては入社後会社が語学学校へ通う費用をサポートしてくレたり、パソコンなどの資格を取る支援をしてくれたりするところもありますので入社してからスキルを身につけることも可能です。

そのため、海外営業の正社員として仕事を始める前に必要なスキルは特にないのです。

海外営業正社員のおすすめ求人の特徴とは?

色々と海外営業について紹介しました。

実際に興味を持って求人を調べてみようと思って頂いているかもしれませんが、せっかくなので海外営業の正社員の求人内容の特徴をご紹介します。

給料が高め

求人を見ていると国内営業より海外営業の方が給料の高い会社が多いです。

営業活動プラス展示会がある

海外マーケットに自社の製品を売り込みたい会社によっては、営業活動以外にも展示会へ積極的に参加しているところが多いです。

そのため、営業活動プラスアルファとして展示会への参加があります。

海外営業正社員になるために他にも知っておきたいこと

海外の習慣や文化への理解

海外営業の正社員になるために知っておきたいことは、やはり海外の習慣や文化への理解です。

海外営業の正社員になるにあたり必要なスキルは特にありません。

知っておくべきこととしては外国語であったり、海外のマーケットだったりしますが、他にも知っておくべきこと、知っておきたいことは海外の習慣や文化です。

日本とは異なるため、日本では考えれないような習慣や文化があります。

例えば、意外かもしれませんが台湾には社会人であっても昼寝の習慣があります。

この昼寝の時間はアポイントをとったり、訪問することをあまり快く思いません。

しかし、これも台湾の文化や習慣に対して理解がないと昼寝の時間に訪問して嫌がられたりしてしまいます。

他には、ドイツで金曜日の午後は暗黙の了解としてあまり積極的な訪問は喜ばれません。

それはみんなが週末モードになっている中、仕事仕事と言われるのを嫌うドイツ人の習慣です。

それらの事を予め知っておくと仕事を実際に始めた際にあとあと役立ってきます。

まとめ

今回は、海外営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴について紹介しました。

海外営業に興味を持っている人、これから海外営業に挑戦する人、何か刺激的な仕事をしてみたいけど何をしたいかわからない人の参考になれば嬉しいです。

海外営業はとても刺激的で面白い仕事です。

日本国内の営業では味わえない困難や楽しさ、やりがいがあります。

ぜひチャレンジしてみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

海外営業求人

海外営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

海外営業の仕事での成功談と失敗談をご紹介!この仕事が面白い理由もお話しします!

海外営業は、華やかなイメージの海外を飛び回るエリートに思われるかもしれません。実際に日本で海外営業しているというと凄い人と思われてしまいますが、実際は、海外に出張しますが、仕事内容は日本の営業と同じことをしています。担当によってはニューヨークにもいきますがほとんどはアジアが主戦場になります。つまり意外と知られていませんが、海外営業は、常にかっこよく仕事をしているわけでもありませんし、海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではなく、仕事の内容としては国内の営業と変わりはありません。それでも海外営業は、国内の営業では味わえない経験であったり、体験をすることができます。成功したら自信

海外営業になるには?勉強しておくべきことをご紹介!仕事を探す時の注意点も教えます!

海外営業は、海外を飛び回ったり、世界を相手に仕事をこなしているイメージがあってとても魅力的に思えます。実際には対日本国内で仕事するより、様々な面で刺激的ですし、海外旅行好きには海外へ出張へ行けることは羨ましい限りです。もちろん、楽しい仕事ばかりではありません。日本国内で仕事のクレームや問題に直面するように海外でも同様のトラブルは発生してしまいます。また、言語の違いがあり、日本国内で仕事するより苦労することがもしかしたら多いかもしれません。ただ、そんなマイナス面を差っ引いても、海外営業は刺激的で魅力のある仕事です。今回は、海外営業になるにはどうしたらいいのか、どんな勉強をしたらいいのかなどについ

海外営業の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

海外営業というと男性のイメージだけでに思えるかもしれませんが、最近は女性も活躍しています。ただ、先進国などの治安が安全な場所だと海外営業として仕事しやすいかもしれませんが、発展途上国などの治安に不安のあるところだと女性の海外営業が活躍できるかどうかは不安なところです。今回は、海外営業の仕事は女性でも出来るかどうかについて紹介します。海外営業の仕事のおおまかな仕事内容海外営業の大まかな仕事内容は新規販路を見つけて販路を拡大したり、新規・既存限らずお客様に対して商品・サービスの説明を行ったり、必要に応じてプレゼンテーションをしたり、定期的な海外の展示会やイベントに参加して商品やサービスの説明をした

海外営業のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

海外営業と聞くと華のあるイメージを抱く人が多いと思います。実際、海外営業で活躍することは会社として重宝されているところも少なくはありません。しかも、海外を飛び回るイメージでニューヨークの摩天楼をバックに商談したり、パリのシャンゼリゼ通りを通ってお客様のところへ向かうなんて聞くと魅力的に思えます。ただ、意外と知られていませんが、海外営業は、そんなかっこいい仕事ばかりをしているわけでもありません。海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではないですし、仕事の内容としては国内の営業と変わりはありません。ただ、海外営業は、国内営業とは違った仕事の面白さや楽しさがあり、やりがいもある仕事で

海外営業とはどんな仕事?仕事内容や役割、仕事の探し方など詳しく解説します!

海外営業と聞くとかっこいいイメージですか?それとも英語や他の言語をスラスラ喋って海外を飛び回っているイメージでしょうか?海外営業と聞くとニューヨークの摩天楼やパリのシャンゼリゼ通り、イギリスのビックベンをバックにスマホで電話しながら歩いている姿を思い浮かべる人がいるかもしれません。しかし、海外営業も同じ営業です。常にそのような華やかな舞台ばかりではありません。意外と知られていませんが、海外に行ったから何か特別なことをしているかというとそうではなく、仕事の内容としては国内の営業と差や違いはあまりありません。強いていうなら言語が違うくらいです。ただ、海外営業は、仕事の面白さや楽しさが国内の営業とは

海外営業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

国内営業に比べると海外営業は給料がいいのだろうかとか、海外営業は海外出張をしていて世界を飛び回っているので高給取りのイメージがあるかもしれません。海外営業の仕事をしている人の給料事情って気になるところです。海外営業といって業務は色々あって年収も実は異なります。そのため、全員が高給とりという訳でもありません。今回は、海外営業の給料事情について紹介していきます。海外営業をしてみたい人、海外営業に転職を考えている人、海外営業に興味のある人は是非参考にして下さい。海外営業の給料の相場はどのくらい?海外営業の給料は、意外と国内営業とかと変わらずピンキリです。もちろん給料が高い人もいますが、給料が平均な人

海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための4個の注意点

海外営業と聞くと海外を飛び回って外国語を使って海外の人とやりとりしている華やかなイメージ仕事に思えるかもしれません。そのため、転職するという選択肢が内容に思われがちですが、意外と転職する人は少なくありません。海外営業を経験する人は、海外と関わり合いがあることで日本の転職に対してまだまだ存在するマイナスのイメージはあまりなく、自身のキャリアアップやステップアップを目指して積極的に仕事を変えることや何か勉強したり、チャレンジします。今回は、海外営業の内情や転職に関して話します。題して海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための5個の注意点について紹介します。海外

海外営業とは?仕事内容と向いてる人の特徴をご紹介!英語を活かせるかっこいい仕事。

戦後経済発展を遂げてきた日本ですが、最近は大きく頭打ちをしてなかなか成長が見込めていません。そのため、10数年前から企業のグローバル化をテーマに国内だけで生産していたものを海外へ委託しコストを抑えて製造率を上げたり、海外の製品を日本へ輸入して販売活路を見出したりと今までにない商品が特に数年前から日本のマーケットを賑わせています。グローバル化に伴い、企業に設置された部署は様々なのですが、フロントラインでイメージされやすいのは海外営業ではないでしょうか。海外営業は、文字通り、海外の取引先やサプライヤーなどと交渉したり、打ち合わせしたり、時には海外へ新規開拓をしたりします。ただ、海外営業と言ってもど