営業職とひとえにいっても色々あります。

個人向けの営業職であったり、法人向けの営業職であったりです。

個人向けの営業職というのは保険であったり、不動産、金融関連の営業が多く、法人向けの営業職はメーカーであったり、商品の卸などの場合が多いです。

今回は、法人向けの営業のつらいことについて紹介していきます。

どういう人が法人営業として向いていないために苦戦を強いられているか、また、事前に大変な職場かどうか見抜くポイントがあるのかなどについて触れていきます。

法人営業のおおまかな仕事内容

法人営業って何か知らない人にはどんな仕事内容があるのかわからないかと思います。

法人営業というのは対個人ではなく、字の通り、対法人に対して営業活動をしていく職種です。

そのため、大まかな仕事内容は、企業訪問、問題点や要望の聞き取り、商品やサービス提案、見積もり作成や提案、アフターフォローなどがあります。

法人営業の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

法人営業の仕事がつらいと感じる8個の理由

法人営業の仕事は、何がつらいと思いますか?

意外と個人向けの営業と変わらないことがきつかったりしますし、法人営業ならではのつらいところもあります。

ここでは、法人営業の仕事でつらいと感じるポイントを紹介します。

ノルマがきつい

営業職なのでほとんど営業パーソンは数字を背負っています。

そのため、担当する会社や所属する営業部によっては月もしくは四半期ごとの数字がかなり高い、厳しかったりします。

営業職の役割として会社に利益をもたらすために、ノルマを達成することが一つの役割と会社から見られています。

そのため、ノルマを達成できないと上司からの叱責やレポートの提出など精神的なプレッシャーをかけられてしまいます。

そうなると法人営業の仕事はますますきついなと感じてしまう瞬間です。

職場がサポートをしてくれない

営業職は個人商店とよく言われますが、実は、周りのサポートは必須です。

チームがあって初めて営業職がフロントラインで仕事をすることができるのです。

しかし、いくら優秀な営業パーソンであっても、いくら頑張ったとしても職場の周りがサポートしてくれないのでは仕事がしづらい環境になってしまい、一人で抱える仕事や悩みが多くなり、結果仕事がつらくなる、法人営業の仕事をやめたくなってしまいます。

上司との人間関係がうまくいかない

どの仕事にもあり、必ず上位の悩みにランクインしますが、法人営業でも上司との人間関係がうまくいかないことは仕事がしづらいということになります。

上司と仲良しこよしはなかなか難しいですし、そこまで望む人はいないのかもしれませんが、的確なアドバイスや何か困った時のサポートを必要としているときに上司は必要になります。

ただ、ここで相性の問題であったり、根本的な考えの違いから上司と合わないこともあります。

そうなると仕事に対しての嫌気が出たり、仕事を辞めたくなるきっかけとなってしまいます。

接待が多い

最近は賄賂やコンプライアンスに厳しい会社が増えたり、若い世代の飲み会なるものが減ったこともあり接待をする機会も少なくなってきましたが、業界によっては、取引先との関係作りのために接待を必要としているところもあります。

土日のゴルフやイベント、金曜日の飲み会など仕事ではあるものの、接待となると通常の飲み会と違い色々と気遣いや準備が必要になります。

接待が多いと余分にこなさなければならない仕事も増え、気苦労も多く、肉体的だけでなく、精神的にも参ってきてしまいます。

休みの日の問い合わせ対応が多い

営業職によくありがちですが、自分が休みであってもお客様が休みでないと電話や問い合わせのメールがきたりします。

うまく立ち振る舞えたらいいのですが、問い合わせであったり、緊急の連絡の場合はそうはいきません。

休みではあるものの、結局自分が対応して休みでは無くなってしまうと仕事に対して嫌気がさしてきたり、やる気をなくしてしまうきっかけになります。

拘束時間が長い

ほとんどの営業職は、決まった就業時間がなく、お客様との打ち合わせ時間であったり、自分でスケジュールしないといけないケースばかりです。

お客様に合わせて仕事をしていると朝が早いお客様もいれば、夜遅いお客様もいる為、働いている時間が長くなりがちです。

その為、必然的に拘束時間が長くなってしまいがちです。

働いている時間が長いと感じてしまうと充実していればいいのですが、中にはクレームやトラブル処理で時間をかけて対処するケースもある為、この場合は嫌気がさしたり、辞めたくなったりする時もあります。

会社の経営戦略に賛成できない

会社の経営戦略に賛成できないケースも実は意外と法人営業としてつらいと感じるところです。

例えば、今までマーケットシェアを獲得するために、70%までディスカウントを営業判断でオッケーにしていたのに、経営陣の交代や会社の方向転換により、20%の値上げを各お客様に交渉し、会社の利益を回復させるよう指示が出たりすると、お客様にはそれまでの話とは一転、今度はタフな交渉をしないといけません。

会社としては利益を出さないといけないため、急な方向転換はないとは言えませんが、フロントラインの法人営業からすると、せっかく築いたお客様との信頼関係を崩しかねず、また、手のひら返しにも取れる方針に賛成できず、それでもやらないといけないとなると仕事がつらく感じてしまいます。

給料が割りに合わない

基本的な労働時間が決まっていない法人営業は、スケジュール管理も基本的には自己管理なのですが、お客様次第で労働時間が長くなったり、仕事量が多かったりします。

けれども基本的な給料は皆同じなので、給料が労働に対して割りに合わないと感じる人も少なくありません。

営業職は、会社によっては臨時ボーナスや特別報酬など成績に応じて上積みの収入がありますがそれがない、もしくは貰える条件に達してないけど労働は増えているとなると給料に不満を持ち、仕事へのモチベーションが下がるため、仕事がつらいと感じてしまいます。

事前につらい職場を見抜く方法はある?

事前につらい職場を見抜く方法があれば知りたいところですが、これは実はなかなか難しいのが現状です。

なぜなら、いくら事前に採用情報やインターネットで会社の評判などの情報を仕入れて、面接時に職場の雰囲気や面接官の雰囲気からつらい職場かどうかを見抜こうとしても実際に働いてみないとつらいかどうかはわかりません。

ホワイト企業と言われても、もしかしたら自分にはブラックな職場だったなんてこともありますし、ブラック企業であっても意外と自分にはあってたから苦じゃないなんてこともあります。

そのため、事前に知れたらいいですが現状は難しいところです。

つらい職場に当たった時の対処方法はある?

どれだけ事前に調べて、面接の時に職場の雰囲気や面接官の態度や仕草をチェックして、念入りにブラック企業でないかどうかつらい職場でないかどうかを調べたところで、いざ働いてみると自分に合わなかったという話はよく聞きます。

どれだけいい職場と言われていても、もしかしたら自分に合わないかもしれませんし、ブラック企業と言われていても、もしかしたら自分には天職かもしれないので、何が基準でつらい職場になるかは本人にしかわかりません。

ここでは、もし万が一つらい職場に当たってしまった時に、どう対処すべきかについておすすめの方法を紹介します。

スポーツや趣味に没頭する

仕事のオンオフをしっかり分けて休みの日は仕事のことを考えないようにしましょう。

そのため、スポーツや趣味に没頭することで、ストレス発散や気持ちのリフレッシュにつながります。

法人営業だと休みの日でもお客様から連絡が来ることもあり、なかなか難しいかもしれません。

ただ、土日何か問題があっても結局解決するのは月曜日であったりします。

つまり、すぐに対処できないため、モヤモヤした休日を過ごしかねないのです。

そのため、思い切って土日の休みは電話を取らない、メールをみないなどオフの日を作り、スポーツや趣味をして日頃のストレスを発散するようにしましょう。

友達や家族に相談する

仕事でのストレスや悩みは職場より友達や家族に相談する方が有効的です。

法人営業の悩みは、法人営業にしかわからないから職場の人に相談したいと思う人もいるかもしれません。

もちろん、その職場の人が信頼できる人ならそれもいいと思います。

ただ、疑えというわけではありませんが、職場での不満や愚痴を職場の人に話し、自分のところに戻ってきたなんて話も少なくありません。

そのため、思い悩んで誰にも相談できないとか相談したいけど、職場の人には相談していいかわからないなどの場合は、友達や家族に相談してみましょう。

嫌な上司には感情を消す

法人営業の仕事だけでなく仕事がつらい理由の一つに必ず上がるのは、職場の人間関係であったり、上司とのそりが合わないことです。

それでも仕事は楽しく充実している、職場の人間関係も良好だけど上司と合わないなんて場合は、感情を消して上司に接するのも一つの方法です。

人によっては、上司の話ははいはい聞くけど、感情だけは幽体離脱させるなんて強者もいます。

真っ向から向かい合うと嫌気が増してしまうので、感情を消して真っ向から向き合わないようにするのも方法です。

ノートに不満やストレスをなぐり書きしてみる

意外と効果的なのはノートに不満やストレスをなぐり書きしてみることです。

言葉にしてしまうと誰かに聞かれたり、聞こえたりしてしまい、場合によっては気まずいことになってしまいますが、ノートに書き出してしまえば聞かれる必要はありません。

しかし、ノートをみられてはいけないので職場で書くことは控えましょう。

人によっては「デスノート」や「裁きのノート」などユニークな名前をつけて楽しみながら書いている人もいます。

万人に好かれようとしない

法人営業だけでなく、営業としては人から好かれることが大切と教わったり感じることがあります。

もちろん、100人いたら100人に好かれることは本望ですが、現実はそうはいきません。

そのため、万人に好かれたらいいですが、そのためには自分が人に好かれるように努力しないといけません。

法人営業でも、俗に言う「社内営業」は必要で色々な人とコミュニケーションをとって、仕事に協力してもらえるように関係作りをしますが、当然ながらどうしても合わない人が出てきます。

そういった人に好かれようと努力するのではなく、あくまでも仕事は仕事と割り切って仕事上だけの関係を貫き、私生活などでは関わらないようにするのも大切です。

今の仕事を始めた理由や目的を考えてみる

職場がどうしてもつらくなってしまった時は、一度、自分がなぜ今の仕事を始めたのか理由や目的などがあれば考えてみるようにしましょう。

法人営業を始める人の理由は、大きな仕事がしてみたいとか将来の独立のために色々な人とつながりたいとかがあります。

もし、自分の目的や仕事を始めた理由がないのであれば、どんなにいい職場と言われていても続けるのは至難です。

もし、なぜ今の仕事を始めたのか理由や目的を見失っているのであれば、一度原点に立ち返ってみましょう。

意外と改めて見つけ直したことでやる気につながったり、頑張れたりします。

転職を考える

最後の最後の手段ですが、もし、どうやったところで法人営業の仕事がつらい、もしくは法人営業としては仕事を続けたいけど、今の職場はつらいという場合は、転職を視野に入れてもいいかもしれません。

転職することを「逃げる」とか悪く言う人がいるかもしれませんが、全ての転職が全て悪いというわけではありません。

それに何の為に仕事をしているのか、何が目的で法人営業を選んだのかを考えて、色々自分なりに頑張ったけどダメだった場合は、転職を考えてもいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

法人営業は、対法人の営業職なので個人向け営業と比べると大きな仕事ができたり、達成感などが大きく楽しい仕事ではあります。

ただ、法人営業故の悩みなどもあり、実際に法人営業として働いてみたけど仕事量が多くてやっていけないとか、毎日お客様から電話が来るからつらいなんて声も少なくありません。

何となくで始めれる仕事でないことは確かです。

ただ、大きな仕事をしたい、将来のために色々な人脈を作りたいなど目的や大きな目標があれば充実した仕事であるともいえます。

普段の生活でお目にかかれないような重役の方や、テレビでよく見かける社長や会長に会う機会あるのも法人営業のいいところです。

今回の記事で法人営業の仕事をしていて悩んでいる人が問題解決の糸口を見つけれたり、対処方法が参考になれば嬉しいです。


関連キーワード

法人営業求人