法人営業というとどんな仕事を想像しますか?

法人営業は文字通り、会社への営業活動を行うことで、個人に営業活動を行うわけではないです。

営業というと、保険や不動産などの個人に対しての営業のイメージが強いですが、会社に営業する法人営業は、最近個人への営業は苦手だけど会社への営業は興味があるとか、営業をとりあえずやってみたい人に人気の職種です。

ただ、どんな内容かあまりわからないと思いますので法人営業の仕事をやってみたい人、法人営業ってどんなのか知りたいなどという人に向けて色々と紹介していきます。

「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

法人営業の仕事はどんな仕事?

法人営業の仕事は、「電話」「見積もり」「訪問」「社内交渉」「定期訪問」「接待」などがあります。

法人営業の大まかな仕事内容

法人営業の大まかな仕事内容は、「電話」でアポイントやお客様の相談を聞いたり、「見積もり」を作成して提案、「訪問」して挨拶、聞き取りなどを行い、「社内交渉」でお客様のニーズにあった提案ができるよう社内の各部署と調整し、「定期訪問」は、既存のお客さんで現状チェックや問題点の把握をし、「接待」でお客様と食事やアクティビティなどをして仲を深めます。

電話

電話は、新規開拓やアポイントの調整、お客様からの相談や依頼のためにします。

法人営業で新規開拓のイメージがわかないかもしれませんが、既存のお客様の違う部署や紹介で会う担当者などは新規にあたるので、最初は電話でコンタクトすることが多いです。

見積もり

営業活動する上で見積もり作成は個人営業・法人営業関わらず大切な業務です。

自社のサービスや商品を買ってもらうのに提案として提出する見積もりは営業が作成することが多いです。

訪問

営業活動の一環として訪問は、大切な活動です。

電話だけでなく、実際に現場に足を運んだり、お客様の元へ行って話を聞いたりします。

社内交渉

意外かもしれないかもしれませんが、社内調整や社内の細かな交渉は営業の仕事です。

例えば、経理部へ請求書の発行日を調整する依頼をするなど営業の仕事になります。

お客様との打ち合わせ同様、社内交渉も実は重要な仕事ですのでどちらも手を抜くことはできません。

定期訪問

定期訪問は、既存のお客様のところへ月1回、週1回など定期的に伺うのですが、問題が何かあるとかではなく、既存のお客様の様子を伺ったり、現状を把握したり、今後のお客様の仕事の将来プランなどを伺うことです。

接待

最近は、接待すること、されることを禁止している企業が増えてきましたので接待自体がなくなりつつありますが、それでもお客様との関係構築する上で大切な仕事と言えます。

法人営業の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5つの特徴とは?

法人営業の仕事に向き不向きはあります。

向いてる人がどんな人なのか、向いてる人の5つの特徴をお話しします。

コミュニケーションスキルが高い人

コミュニケーションスキルの高い人は、法人営業に向いていると思います。

ただ、コミュニケーションスキルが高い=話し好きというわけではありません。

話をちゃんと聞いて相手を理解することに長けていることです。

人と触れ合うのが好きな人

法人営業は、営業職なので色々な人と出会い、色々と話しをしていかなければなりません。

そのため、人と触れ合うのが好きな人には向いている仕事と言えます。

人を喜ばせるのが好きな人

法人営業だけでなく、営業の仕事は、お客様に喜んでもらえることで自身の売上などにつながります。

それゆえ、人を喜ばせるのが好きな人は、どうやったらお客様に喜んでもらえるか、納得してもらえるかを自然と考えるので向いていると言えます。

チャレンジ精神が旺盛な人

チャレンジ精神が旺盛な人も法人営業に向いています。

営業は、定説で全てが収まるわけではなく、新たなものを創造したり、開拓しなくてはいけません。

そのため、チャレンジ精神の旺盛な人には刺激的な職と言えます。

柔軟性に長けている人

柔軟性に長けている人は、営業に向いています。

なぜなら、営業の仕事は、意外と型にはまる法則がありません。

常にイレギュラーが発生するため、柔軟に切り替えて仕事に取り組める人は向いています。

「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

法人営業の仕事で活かせる経験

法人営業の仕事に活かせる経験は、「接客アルバイト」「クラブ活動」「ボランティア活動」があります。

接客アルバイト

接客のアルバイトは、やはり対お客様で話しの受け答えをするのでその業務経験は、法人営業にも活かすことができます。

クラブ活動

クラブ活動を通じてチームワークやチャレンジ精神、クラブ活動を通じて何かを成し遂げて達成感を経験するので、それらの実績や経験は法人営業でも活かすことができます。

ボランティア活動

ボランティア活動は、誰かの役に立つために活動します。

そのため、誰かの役に立とうという精神は、法人営業の仕事に活かすことができます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

法人営業のキャリアアップの道は、一般社員 → 係長 → 課長 → 部長の社内キャリアアップがあります。

会社によっては、別部署、例えばマーケティングなどへの転部をして課長や部長などにキャリアアップしていく機会を与えているところもあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

法人営業経験は、他の仕事にも活かすことができます。

例えば、個人営業やルート営業などの同業種、様々な人と接して話を聞いたり説明をしていく中で蓄えた知識を持って教育職への道

海外法人営業のキャリアアップの道は?

海外法人営業の場合、お客様にプレゼン力、交渉力を見込まれお客様の会社の購買部や調達部へ転職するケースもあります。

「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

法人営業は、対会社の営業なので個人営業とは少し異なります。

ただ、営業職としての経験を積んだり、お客様の大きなプロジェクトに携われたりと貴重な体験も多く経験できます。

社内での交渉は、意外と大変で労力を要しますが、それ以上にお客様に喜んでもらえた時の達成感は大きな収穫になり、自らの自信へとつながります。

法人営業に興味を持っている、営業をやってみたいけど、どの営業職がいいのかわからない、色んなことにチャレンジしてみたい!などどいう人はぜひ法人営業にチャレンジして下さい。

  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

法人営業求人

法人営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

法人営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

昨今からの人手不足により、転職マーケットも活況が続いていますよね。「法人営業」への転職が視野に入っている方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では、法人営業で転職するための考え方について解説していきます。法人営業に転職するに当たっての必要な心構え転職とは「自分という商品」を売り込む営業である転職活動はあなたの次の就職先を探す活動に他なりませんから、なにより給与や雇用条件が気になることでしょう。初めて転職活動する人なら、なおさらです。ですが、求人を出す側の立場もあります。法人営業の求人の場合、それは人事部の採用担当者だけではありません。たとえば、各営業拠点の所長のような現場のトップが、自ら求

法人営業とはどんな仕事?仕事内容や個人営業との違い、営業方法の違い、おすすめ業界など経験者が解説します

就職などで法人営業の職に就いてみたい方は営業方法などのことはすでに理解されているでしょうか?また、個人営業といった職種もありますが違いなどはご存知ですか?営業職についてですが、入社前などには自分のやる仕事などについても調べておく必要が出てきます。入社してから覚えていけばよいという方もいますが、それはあまりおすすめは出来ません。その理由の一つが私自身が何も調べないままに入社をして苦労した経験があるからになります。営業という職業のイメージはなんとなくわかっていましたが法人や個人などの違いなどについてはあまり興味はありませんでした。その為にいざ仕事を始めてみると覚えることや準備に追われるようになり、