転職や就職などにおいて法人での営業を考えている場合、皆さんはどういった点について気をつけているでしょうか?

中には仕事の内容がまったくわからないという方もいると思いますが、面接を受ける前にはしっかりとしたことを知識としておくことが大切になってきます。

その理由となりますが、面接官は仕事内容については理解をした上で面接に臨んでいると考えることが多く、自分が内容的なものを知らなければ印象的にも良くはありません。

少しでも採用へ近づくためには営業における仕事内容というものに対しても理解をすることが大切なのです。

これは仕事が始まればわかることでもありますが、自分が扱う商品に対して理解がないままでは仕事にはなりませんよね?お客に対しての説明が出来ないとなれば仕事にも影響が出てきます。

同じように自分がこれからやろうとする仕事に対してはきちんとした理解を求められますので、法人営業というものがどういったものなのか曖昧だった方はしっかりと理解するようにして下さい。

それでは最初に法人営業とはどういったものなのかをお話ししていきますので、仕事の概要的なものを掴んでいきましょう。

法人営業のおおまかな仕事内容

まず始めに法人とは何かという事から説明していきたいと思います。

ここで言う法人ですが会社などの事を指しており個人を指す個人営業とは全く営業の相手方が違ってきます。

自らが相手先にしたい会社へ出向き自分の扱う商品などを売り込んでいくことが法人営業の主な仕事内容となります。

ここではコミュニケーション力も求められることになり、会話テクニックなども必要となるものでもありますので面接前には自分の会話力などに対してもチェックしてみることが大切になります。

また、参考の為に個人営業の仕事内容にも簡単に触れますが、この仕事の場合は完全に相手先になるのは個人だということを覚えておいて下さい。

法人ではその商品などに対する責任者と話を進めていくことになりますが、個人営業では一人の人物が売り込みの対象となる為にアポイントを取ることも難しいと言えますし、契約までの経緯というものも長期で考えた方が無難となってきます。

同じような営業にも相手によっては売り込むポイントなども違ってきますので注意が必要となります。

次のお話しは法人営業における営業の種類についてとなります。

募集がある場合にはどのような点に気をつければいいのかといった目安にもなってきますので自分でも確認するようにして下さい。

法人営業の募集でよくある営業方法の種類

法人営業での募集ですが主に2つの方法に分かれてきます。

一つ目は新規開拓営業と呼ばれるものとなり2つ目はルート営業となります。

募集でもこういった内容で書かれることが多くなり仕事の中身に対しての理解も必要となりますので注意が必要となります。

新規開拓営業

この営業内容ですが取引先となりそうな会社を回っていき自社で扱う商品を宣伝し契約を取ることが主な仕事となります。

飛び込みなどが主な方法でもありますので会話のテクニックなども覚えなければいけませんし高いコミュニケーション能力が必要になります。

ルート営業

この営業内容は主に既存の顧客をターゲットにしたもので新しい商品の売り込みであったり取り扱う品の単価をアップすることが主な仕事となってきます。

ここでも大切になるものはコミュニケーション力と言えますので顧客との信頼関係などが売り上げに関係してくることになってきます。

法人営業の募集でよくある商材の種類

次に大切な知識としてはどういったものを扱うかという事についての理解が必要となります。

ここでは2つの商材となるものが出てきますので募集内容を見る時には自分が応募する会社は何を扱うのかにも理解しておくようにしましょう。

有形商材

この商材は直接目で見ることの出来る物などを指しています。

自社で開発した物であったり他社から仕入れた物など手に触れることが出来る物を商材として売っていくことになります。

無形商材

無形商材というものも営業の対象となり、この場合には手に触れることのできないものが商材となってきます。

簡単に言うと知識やアイデアを買ってもらうことになり売り方というものにも違いが出てきますので注意が必要となります。

法人営業でよくある募集内容とは?

法人営業での募集内容ですが気をつけていきたい点がいくつか発生します。

中での給与などに関しては事前の理解が必要となってきますのでご注意下さい。

インセンティブや給与相場など

法人営業の場合には取引数に応じてインセンティブと呼ばれる出来高の制度を用いることも多くなりそれによって収入などが大きく変わってきます。

その場合は基本給が低くなる時も発生し、契約の本数が少ない場合は給与も低くなるという事も発生しますので注意が必要です。

この営業スタイルの場合、基本給の割合が会社ごとによって変わってきますので平均年収などで考えていくと約450万円という収入の見込みがあることがわかります。

もちろん契約本数が多くなれば自然と給与もアップしていきますのでやりがいのある仕事とも言えますが、基本給の確認はしっかりとするようにして下さい。

勤務時間や休日、残業

勤務時間や休日もチェックが必要な個所となり多くの場合土日に関しては休みとなる会社がありますので一般的な会社と同じようなシステムであることがわかります。

但し相手先が土日も営業をする関係の仕事であれば休みなどは平日となることもありますのでご注意下さい。

また、勤務時間や残業に関してですが相手先が法人の会社となるために多くの場合9時から18時・または19時などの勤務体制になってきます。

残業などに関しては商材の種類などによっても変わってくることがありますので、面接時に確認をすることも大切なこととなります。

福利厚生

この項目については会社ごとによって変わってきますが抑えておくポイントとしては交通費がいくらまで出るのか・住宅補助はあるかという事について確認をするようにしましょう。

中でも住宅補助はアパートなどを借りる場合の家賃の支払いに関係する大事な項目となってきますので自分の生活にも直接影響してくることになります。

勤務場所

勤務場所については取引先にしたい相手の会社へ出向くことになりますのでオフィス街などが主な現場となってきます。

また、車などを使う場合も出てきますので交通などの状況によって営業スタイルも変わってくると考えておきましょう。

求められる人物像

この仕事で求められる人物像ですが、お客としたい相手は様々なタイプの人となりますのでコミュニケーション力は必ず必要となってきます。

面接などにおいてもどういった対応が出来るのか試される場合もありますので相手が言った言葉をしっかりと理解し、自分で対応が出来るという人が求められていることがわかるはずです。

日頃からどのような事に対しても興味を持ち、対応策を考えてみることも練習となってきますので実行してみることもおすすとなります。

それでは最後に法人営業についての気になる疑問についてご説明していきます。

法人営業について気になる疑問

法人営業が初めての場合など自分でも気になることが出てくると思いますが多くの場合は以下のように考えてみるとよいでしょう。

未経験でも応募できる?

法人営業の場合ですが特に必要な資格などは求められていません。

特殊なものを扱うのであれば話は別となってきますし経験が必要で多くの知識を要する場合なども中にはありますが、基本的には未経験での応募も受け付けていますのでそれほど不安になることはありません。

残業って多いの?

残業についてですが、会社間をまわる仕事内容となる為にそれほど多くの残業は発生しません。

何かしらの資料などを作成しなければいけない場合などは残業なども出てきますが通常の仕事内容ではそれほど多くの時間はかかってきません。

ノルマは辛い?

営業職においてノルマというものは付き物でもありますが、初年度に関してはそれほど多くの結果は求められないという傾向があります。

人材を育て上げることも大切になりますので達成不可能なノルマを課せられるということは非常にすくないと言えます。

まとめ

法人営業を募集する場合には、自分がどういった仕事をしていくのかある程度の理解を持って面接に臨むようにして下さい。

未経験などでも問題なく採用が決まることから考えても最終的に必要となるものは本人のやる気と身体から溢れるパワーとなります。

人とのコミュニケーションが苦手だという方であれば法人ではなくルート営業なども選択肢の一つとして考えられますので切り替えることも大切になってきます。

今回は法人営業に募集する際の注意点をいくつかご紹介してきましたが、最低限自分が面接を受ける会社の商品などの知識は頭に入れるようにしておくことが大事です。

面接で質問される言葉として多くなるのが、なぜ面接を受けようと思ったのかなどのことが問われますが、一番良い返答としては扱う商品について気に入ったなどの答えが印象を良くしていきますので自分なりに調べてみるようにして下さい。


関連キーワード

営業求人