法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?

おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。

「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

法人営業の年収の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。

月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。

正社員で転職した場合

どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。

たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円程度まで一気に年収の範囲が広がります。

パート・アルバイト

法人営業職のパート、アルバイトというのはあまり存在しないというのが実態です。

多くの企業では、法人営業の部署の中にテレフォンアポインターをパート、アルバイトで雇用するケースが多いです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

営業職は数ある職種の中でももっとも賞与の金額が高くなる可能性を秘めている職種と言えます。

その理由は、業績が売上によって判断される職種であるためです。

また多くの企業では、稼いだ利益の中から賞与の原資を確保するので、営業職の人はその恩恵に預かりやすいということも言えると思います。

昇給

大きな企業になると、毎年ベースアップがあったりもしますが、中小企業やベンチャー企業の場合は、業績に応じて昇給という会社も少なくありません。

入社前にチェックしておくようにしましょう。

各種手当

手当については、営業職の場合は、営業手当や出張手当などがつく場合もありますが、営業だから特別に設けられている手当があるかといえばそんなことはありません。

給与が高い人は何が違うの?

法人営業職で給料が高い人は何が違うのか?

いくつかの要素に分けて解説していきます。

スキル

営業職の場合は、売上業績での評価が主流ですから、これが一番給与に影響を与えます。

要するに売る人が稼げるということです。

役職

これも大きく給与に左右する要素です。

多くの営業組織は階層になっております。

担当→主任→係長→課長→部長というように責任範囲や権限が大きいほど給与にも反映されるようになります。

ただしインセンティブ=業績連動給が用意されているような会社の場合、主任の給与が部長の給与を上回ることも珍しくはありません。

勤続年数

大手企業の場合など、年功序列制度が残っている会社であれば、長く勤めれば勤めるほど給与が上がっていくシステムが残っているかもしれません。

中小企業であっても歴史のある会社は勤続年数に応じて昇給するかもしれませんが、ベンチャー企業ともなれば多くの会社が業績連動給であることは覚悟しておきましょう。

地域

これは間違いなく東京の営業職が全国的には給与が高いです。

そもそもの採用企業数も多いため、条件を高めておかないと人が採用できないという事情もあります。

「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

法人営業の年収の決まり方

売上実績

法人営業で稼ぎたい場合は、他の誰よりも売ってくることです。

とても難易度の高いことですが、一番シンプルなやり方です。

トップセールスになることは給料を上げるための一番の近道です。

会社規模

あくまで非管理職に限った話ですが、中小に比べると大企業のほうが給料が高いため、とにかく大企業にもぐりこむというのも1つの戦略です。

法人営業で年収をあげるためにやるべき3個のこと

具体的に年収アップに向けてどんなことをやっていけばいいのか?

解説をしていきます。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

これは実はとても大切な事です。

交渉すること自体にも価値がありますが、上司から何が実現できれば給料アップが可能になるのか、具体的な話が聞けるかもしれません。

スキルアップを図る

これが一番の近道と言えます。

営業マンは数字だけで評価される残酷ではありますが、非常にシンプルで分かりやすい職業です。

自分が売れるようになるか、売れる人を育成するかが給料アップの一番の近道です。

思い切って転職する

例えば、上司の年収や今後の想定年収をそれとなく聞いてみて、給料アップの想定が崩れてしまったら、転職を考えるのもありだと思います。

転職先の選び方1:クライアント先へ転職

クライアント先から声がかかっているようでしたら、一つの転職先として考えてみても良いと思います。

先方はあなたの働きぶりを見たうえで、声をかけているわけですから、うまくマッチする可能性は高いと言えます。

転職先の選び方2:今いる会社よりも業界でのシェアが大きい会社を選ぶ

一旦ベンチャー企業への転職という選択肢は除いて考えます。

なぜなら、ベンチャー企業はチャンスもある反面リスクも大きいので、役員待遇に近い形で転職しない限り、そこまでの好待遇は望めないからです。

分かりやすいのは、今属している会社よりも規模の大きな企業、特にシェアの比率が高い企業への転職を目指すというのは、一つの手段と言えるでしょう。

「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

社内MVPを取った時

私が過去に属していた会社は、半期ごとに表彰制度がある会社でした。

営業部門で一番売れていた時は、半期が締まったタイミングで表彰され、その次の半期で年棒が見直され、給与アップにつながりました。

昇進した時

誰よりも売るというのが一番わかりやすいですが、もう一つは管理職になることがその近道です。

部下数人というレベルでしたが、◯◯マネージャーとなったときに大きく給料は上昇しました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

法人営業の年収は、他の職種と比較すると、新卒レベルの時から意外と高いと感じた人も多いのではないでしょうか。

そして、法人営業で給料をアップさせることは、とてもシンプルです。

方法は二つです。

自分が一番売るか、人に売らせる管理職になるか。

いずれにしても営業である以上、売上につながる仕事ができなければ、いつまでたっても、給料は上がりません。


関連キーワード

法人営業求人