法人営業のやりがいや、向き不向きについて紹介していきます。

「法人営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

法人営業はどんな仕事?

法人営業とは、企業向けに営業活動、自社のサービスや商品を販売する仕事を指します。

法人営業のやりがいとは?

会社を存続、発展させる上で重要な売上、利益を直接的に生み出す、花形のポジションです。

高額商材や大きな取引になれば、数億円、数十億円というビジネスに発展することだってあります。

営業マンの活躍というのは、世の中的にはあまりニュースにはなりませんが、社内の中では、多くの会社でヒーローになりやすいポジションといえるでしょう。

ビジネスの最前線で、会社を背負って立つ活躍ができるかもしれないことが法人営業のやりがいと言えます。

「法人営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

法人営業の仕事はどんな人に向いている?

では、法人営業はどんなタイプの人に向いているのか。

いくつか理由を挙げて解説をしていきます。

マメな人

法人営業で活躍し続ける人の共通点は、とにかくマメであることです。

接点を持ったお客さんについては、しっかり管理し、いつどんな会話をしたのかまで、データ化して、すぐに取り出せる営業マンというのは、非常に売れる人が多いです。

また、マメな人は、新しい情報が入ったらすぐにお客さんにも共有したりと、自社のサービスを販売する以外の行動を大切にします。

法人営業の場合、高額の取引になることも多いので、まずは信頼関係を築くことが不可欠です。

「この人からモノを購入しても良いかな」といかに思わせるかが勝負どころといって良いわけです。

タフな人

法人営業の中でも新規営業に携わる人に求められるのが、タフネスです。

現在、所属会社と取引のない会社にアプローチする際には、多くの場合、テレアポ=電話営業をしてアポイントを取り付けて、はじめてクライアント企業に訪問できる流れとなります。

その後も、訪問後に提案をしてもすぐに購入してくれるかどうかはわかりません。

時には、頑張っても売上目標に届かないことだってあります。

そんな時にも腐らずに行動を続けることができるタフネスは法人営業をやるうえで、非常に大切になっていきます。

聞き上手な人

営業というと、話上手な人でないと売れないのでは?と心配する人は、意外とたくさんいます。

結論から言うと、話上手である必要性はあまりありません。

話が上手だと、最初に顧客との関係性を築く上では、役に立つかもしれませんが、法人営業の神髄は、顧客の課題を把握し、効果的な提案でそれを解決することなので、話し上手であることは実は業績には大きな影響は与えません。

むしろ、顧客が今何に困っているのか、また自社が困っていることが何なのか?

何を課題として設定すればよいのかを一緒に考えてくれる、または導いてくれる営業マンが求められているわけです。

法人営業が、コンサルティングセールスと言われる理由は、そこにあります。

聞き上手になって、色々と位案をから話を引き出しましょう。

そうすると、何が課題なのかを掘り下げて考えることができます。

それができるようになれば、顧客も気づかないような課題を指摘して、クライアントが本当に喜ぶ提案ができるかもしれません。

課題を抽出して提案できる人

前の項目の続きになりますが、法人営業のミッションは、クライアントの課題解決をすることなので、法人営業の仕事で活かせる経験をいくつか紹介してみたいと思います。

テレアポや営業関連のアルバイト

正社員とは責任の範囲が大きく異なると思いますが、アルバイトで経験しておくだけでも大きな価値があります。

特にテレアポは、営業活動の基礎ですし、コミュニケーション力を鍛えるためにも役に立つ部分が多いので、特におすすめです。

恋愛経験

意外に思われるかもしれませんが、恋愛経験は非常に役に立ちます。

法人営業で成功する人の多くは、女性からの支持率も高い人になります。

ではなぜ恋愛経験が役に立つのか?

それは、相手が何をすれば喜ぶのか?

という経験を重ねることで、常に相手の立場に立った行動ができるようになるからです。

サービス業でのアルバイトの経験

これも利他の精神を磨くことができる最たる例です。

サービス業は、人のためにサービスを提供することですから、その経験を通じて、他者を常に意識したコミュニケーションが取れるようになります。

共通しているのは、人のために何ができるかを考え続ける仕事である点です。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

本人次第で色々なキャリアアップの道が考えられます。

法人営業の責任者として事業を大きくすることもできますし、もう少し高い目線を持てば経営に参画していくこともできます。

人事採用業務においても営業経験は役立ちます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

正直法人営業の仕事が活かせない仕事はないといってもよいくらい潰しのきく仕事です。

特に資格があるわけではないので、一見潰しがきかない仕事に思えますが、今回の記事であげた営業の基礎を一度身につけてしまえば、一生モノのスキルとなります。

逆に法人営業の仕事に向いていない人の特徴は?

向いてない人はどんな人なのかも紹介しておきます。

ムラがある人

マメな人の反対ですね。

ムラがある人は、力の入れどころがまちまちなので、顧客の管理が適当になりがちです。

こういうタイプの人で、立ち回りがうまく一時的に売れてしまう人もいますが、多くは長続きがしません。

ルーティンが苦手な人

日々の基礎行動(テレアポや顧客への細かい連絡)などをおろそかにする人、ルーティンをおろそかにする人には、あまり向いていません。

日々の積み重ねがモノをいう仕事です。

目標を追いかけることが苦手な人

営業マンのやりがいでもあり、プレッシャーでもあるのが、営業目標です。

いわゆるノルマというやつですね。

このノルマを追いかけることが苦手な消極的な人はプレッシャーばかりを感じてしまうことになりますので、向いていません。

法人営業の仕事で転職すると年収は上がる?

これはケースバイケースです。

しかし、個人営業から法人営業。

非営業職→法人営業に転職した場合は、最初から年収がアップするケースが多いと言えるかもしれません。

「法人営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

法人営業ではどんな人が活躍するのかを見てきました。

キーワードは「マメでタフで聞き上手」。

モテる人の要素そのままと言っても良いかもしれませんね。


関連キーワード

法人営業求人

法人営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

法人営業の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5つの特徴やキャリアについて解説します

法人営業というとどんな仕事を想像しますか?法人営業は文字通り、会社への営業活動を行うことで、個人に営業活動を行うわけではないです。営業というと、保険や不動産などの個人に対しての営業のイメージが強いですが、会社に営業する法人営業は、最近個人への営業は苦手だけど会社への営業は興味があるとか、営業をとりあえずやってみたい人に人気の職種です。ただ、どんな内容かあまりわからないと思いますので法人営業の仕事をやってみたい人、法人営業ってどんなのか知りたいなどという人に向けて色々と紹介していきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の仕事はどんな仕事?法人営業の仕事は、「電話」「

法人営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

昨今からの人手不足により、転職マーケットも活況が続いていますよね。「法人営業」への転職が視野に入っている方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では、法人営業で転職するための考え方について解説していきます。法人営業に転職するに当たっての必要な心構え転職とは「自分という商品」を売り込む営業である転職活動はあなたの次の就職先を探す活動に他なりませんから、なにより給与や雇用条件が気になることでしょう。初めて転職活動する人なら、なおさらです。ですが、求人を出す側の立場もあります。法人営業の求人の場合、それは人事部の採用担当者だけではありません。たとえば、各営業拠点の所長のような現場のトップが、自ら求

法人営業とはどんな仕事?仕事内容や個人営業との違い、営業方法の違い、おすすめ業界など経験者が解説します

就職などで法人営業の職に就いてみたい方は営業方法などのことはすでに理解されているでしょうか?また、個人営業といった職種もありますが違いなどはご存知ですか?営業職についてですが、入社前などには自分のやる仕事などについても調べておく必要が出てきます。入社してから覚えていけばよいという方もいますが、それはあまりおすすめは出来ません。その理由の一つが私自身が何も調べないままに入社をして苦労した経験があるからになります。営業という職業のイメージはなんとなくわかっていましたが法人や個人などの違いなどについてはあまり興味はありませんでした。その為にいざ仕事を始めてみると覚えることや準備に追われるようになり、


法人営業求人に関するコラム

法人営業の仕事はつらいと感じる人の8個の理由と事前につらい職場を見抜く方法とは?

営業職とひとえにいっても色々あります。個人向けの営業職であったり、法人向けの営業職であったりです。個人向けの営業職というのは保険であったり、不動産、金融関連の営業が多く、法人向けの営業職はメーカーであったり、商品の卸などの場合が多いです。今回は、法人向けの営業のつらいことについて紹介していきます。どういう人が法人営業として向いていないために苦戦を強いられているか、また、事前に大変な職場かどうか見抜くポイントがあるのかなどについて触れていきます。法人営業のおおまかな仕事内容法人営業って何か知らない人にはどんな仕事内容があるのかわからないかと思います。法人営業というのは対個人ではなく、字の通り、対

法人営業とはどんな仕事?仕事内容や会社においての役割、個人向け営業との違いやなり方など詳しく解説します!

営業と聞いてイメージするのは、個人宅の玄関前で営業トークをする訪問型や自動車や家などのショールームなどで提案する営業とかが多いのではないかと思います。もちろん、それらも営業ですが、営業には大きく分けて2つの分野があります。それは個人向けの営業と法人向けの営業です。個人向けは先ほど書いた通り、対個人のお客様に対して商品やサービスをご案内する営業です。保険や自動車、家や金融商品などが代表的です。一方で法人向け営業は、対法人のお客様に対して商品やサービスをご案内します。メーカーの営業や銀行などが代表的です。もちろん、車や保険も対法人向けもあります。今回は、法人営業とはどういう仕事なのか、法人営業と個

法人営業の3個の仕事内容と業務。経験者が教えます!

これから法人営業という仕事をする方や面接などを受ける方は、ある程度の仕事内容というものを理解しておくことが大切になります。これは事前に知っておくことで心の準備にもなりますし、これからどういった事に対して気をつけていけばよいのかという事もわかってきます。これらの事をやらないままに入社してしまえば仕事を覚えることで頭がいっぱいになり効率良く作業をすることが出来ません。また、営業などにおいて一番大切と思われることが事前準備です。法人営業などは飛び込みでの訪問も多くなりますが会社の製品や業績・どういった事に対して興味があるのかなどをチェックすることによって相手に興味を引かせるということになり、結果的に