営業職というとエネルギッシュにお客様のところへ行ったり、電話で積極的に商品を提案したりとにかく動き回ってゴリゴリ押していくイメージがあるかもしれません。

しかし、今の営業職はそう行ったタイプの人ばかりではありません。

ただ、営業職に興味があってチャレンジしたい人や営業職を考えている人にとって年収や仕事内容は気になります。

今回は、営業正社員の年収や仕事内容について紹介していきます。

営業正社員はどんな仕事?

営業正社員の仕事はざっくりと言ってしまえば、お客様のところへ行って話を聞いて最適の商品やサービスを提供することです。

営業正社員の大まかな仕事内容

営業正社員の仕事内容は、外回りつまりお客様のところへ訪問すること、見積もりなどの提案書の作成、電話でのアポ取りや商品・サービスの説明、アフターケアなどがあります。

営業正社員のおすすめ求人の特徴とは?

営業正社員に応募するにあたりどんな求人の特徴があるか気になりますよね。

ここでは求人内容であればおすすめの特徴を紹介します。

女性の採用が積極的なところ

女性の採用に積極的なところは男女関係なくチャレンジできる場を設けいているケースが多く、職場に女性が多いならなおさら働きやすい環境であるともいえます。

求人内容をチェックして女性の採用に積極的な職場はおすすめできます。

個人営業か法人営業か

個人営業か法人営業かによって仕事内容が異なるので、営業正社員と一概に言ってもどちらへ行くかを決めておく必要はあります。

未経験者には個人営業より法人営業をおすすめします。

対法人の方が営業の未経験者には段階を踏んだ話ができ、提案なども受け入れられやすいためです。

ノルマがあるかどうか

ノルマがあるかどうかをチェックする必要もあります。

ノルマがないことがいいと言う人もいますが、ノルマがあればインセンティブ制度を採用している会社も多いので、給料を多く稼ぎたい人はノルマの有無をチェックすることをおすすめします。

営業正社員でよくある募集内容とは?

営業の正社員で頑張るんだと思ったらまずはどういう募集内容があるか気になると思います。

年収や勤務日数、休日は営業職へ応募するのに大切な考慮要素です。

ここでは、年収や休日、求められる人物像などについて紹介します。

年収相場

年収400万〜年収800万円

勤務日数、休日

ほとんどの会社は土日祝休みもしくは週休2日制を採用しています。

福利厚生

社会保険、年金、交通費支給、家賃補助、会社によっては出張手当などがあります。

また、これも会社によりますが、社内トレーニングや資格取得奨励制度、仕事に関連した資格やスキルを習得するためのスクールへの補助を設けているところもあります。

求められる人物像

営業で求められる人物像はもちろん明るい人です。

ただ他にも求められる人物像はありますので紹介します。

明るい人

明るい人はやはり採用される可能性は高いです。

明るい人だとお客様にも受けが良くすぐ馴染みます。

コミュニケーションスキルの高い人

明るいだけではなくコミュニケーションがしっかり取れる人も採用される可能性は高まります。

コミュニケーションスキルが高い=話が上手とか話好きというわけではなく、相手の話をしっかり聞いてしっかりと受け答えができることです。

マメな人

営業はアフターケアも大切な仕事です。

売ったきりではお客様に満足して頂けません。

そのため、マメにお客様にコンタクトできる人、マメに気にかけてあげれる人は重宝されます。

必要なスキルや資格、経験

営業になるために、営業として活動して行くための資格は特にありません。

ただ、営業は色々なお客様にお会いして話す機会があるため、話題作りに色々と資格に挑戦したりすると後々役立つことはあります。

また、営業経験があれば当然採用される確率はグッとあがりますが、必ずしも営業経験がなければいけないということでもないので未経験でも営業職への応募は可能です。

他には、あれば役に立つスキルとして接客のスキルやサービス関連の就業経験があれば役に立ちます。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

営業職の正社員としての募集が多いですが、派遣やバイトで営業職として働いた場合、何が変わるか気になるところです。

ここでは違いについて話していきます。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

仕事の量は、営業職として見た場合、正社員と派遣やバイトとの差は仕事内容によりますがやはり変わってきます。

例えば責任の度合いは大きく変わってきます。

正社員だとある程度の裁量を持って仕事に従事できますが、派遣やバイトだと責任ある仕事に従事するよりは正社員のサポート役の方が多いです。

仕事内容は変わる?

正社員と派遣やバイトでは仕事内容は変わるケースがほとんどです。

外回りの場合、ほとんど正社員が外回りをして派遣やバイトは内勤としてサポート役に徹します。

派遣やバイトが外回りするときは、正社員と一緒に行くケースがほとんどですし、正社員はほとんどが一人で外回りするので仕事内容は変わってきます。

それぞれ求められるスキルは?

派遣やバイトとして営業職に従事する場合のスキルは、コミュニケーション能力やマメさ、責任感が求められることが多いです。

ただ、あれば良いスキルであってなくてもできないことはありません。

収入面は?

営業職では、収入面が大きく異なります。

派遣やバイトだと比較的時給制度が多く、正社員の場合は、月収か年収制度になっています。

たまに派遣であっても月収や年収制度を採用している会社もありますが、正社員との収入差はあります。

正社員では年収400万〜年収800万円が大半です。

それが派遣になると、時給1,200〜1,500円前後、バイトでは時給900〜1,200円あたりが相場です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

営業は常にチャレンジなので刺激が多い職種と言えます。

チャレンジ精神が旺盛な人、好奇心が強い人、刺激を求める人には最適です。

ただ、今まで世間でイメージされるようなゴリゴリの営業はそこまで多くなく、口下手であっても聞き上手であれば営業を上手くこなすこともできます。

この記事を参考に営業へチャレンジして見てください。


関連キーワード

営業求人