営業に転職するときに面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点など色々な角度からご紹介していきたいと思います。

営業に転職するときの面接方法や応募方法とは?

まず、応募方法ですが、いくつかあると思います。

求人を探して応募しますが、電話や書面の郵送、最近ではメールがメインになってきています。

面接方法もいくつかあり、会社に行って行う事もありますが、場所を借りての集団面接、また、実際に役員と会う役員面接などがあります。

営業に転職するときに面接で聞かれる3個のこととは?

転職で気になるのは、面接とその内容ではないでしょうか。

実際、面接での受け答えが採用不採用に大きく関わってくるのは事実です。

では、どのような事を聞かれるのか私の経験から紹介したいと思います。

転職理由

転職理由は、間違いなく聞かれると思います。

相手企業にとっても大切なことだからです。

問題を起こしたりトラブルで辞めたのなら、もちろん問題ですし、給料的なことでしたら相手企業も考慮しなくてはいけないからです。

こういった事も踏まえて転職者が企業に何を求めているかも分かるので、必ず聞かれると思います。

今までの経歴

相手企業が、転職者を求めている事にも、理由はあります。

人手不足だったり、従業員が辞めてしまって、その従業員の代わりが必要だったりと様々です。

新卒採用ではないので、育成よりも即戦力を求めているのは確かです。

そのため、どういった事が出来るのかも踏まえて、今までの経歴を聞いて、企業にとって即戦力に成りうるかを確認したい訳です。

履歴書に書いてあったとしても、改めて聞かれるはずです。

実際、どのような事ができるのか

先ほどの経歴とも関係しますが、より具体的に本人の口から聞きたいようです。

営業職での面接ですので、自分できちんと説明出来るのかなど、しゃべりもチェックしているようです。

また、出来る内容が企業の求めとあっているかも知りたいのでしょう。

ここらへんは、結構細かく聞かれます。

営業に転職するときの面接での受け答えのコツとは?

転職での面接で、どのような事が聞かれるのか分かったところで、では、どのような受け答えをした方が良いのか、受け答えのコツを私自身が面接を受けて感じた事をいくつか解説したいと思います。

嘘はつかない

自分の事を良く見せたいのは当たり前だと思います。

しかし、下手な嘘をついてボロが出てしまえば取り返しがつきません。

ですから、嘘はつかないで、正直に受け答えするのが、一番のコツだと思います。

嘘をついて採用になったとしても研修期間などでばれてしまい不採用になればどうにもなりません。

相手はそれなりに場数を踏んだ人たちですから、つまらなかった嘘なら見抜かれます。

きれい事でごまかさない

嘘では無いにしても、面接で相手が求めているのは、転職者自身の考えなどです。

一般的なきれい事を並べても企業は納得しないと思います。

転職先が他にまったく無いわけではないのですから、ここは自分の考えを試すつもりで、何でも話す事がコツだと思います。

もしも、受け入れられなければ、自分の考えを見直せば良い事だと思います。

内容よりも話し方や態度が重要

面接で話す内容がどうでもいい訳ではありません。

それよりも、話し方や、態度を見られている事を意識した方がいいと思います。

営業職に必要なスキルは、きちんと相手に話せる事と相手に与える印象です。

その点をチェックされるのは、覚悟しておかなくてはいけません。

しかし、逆に言えば、そこを押さえて面接をすれば企業に好印象を与えられる事にもなるので、面接を上手くいかせるコツのひとつだと思います。

営業に転職するときによくある疑問

営業に転職を考えた時に、私自身色々な疑問や不安がありました。

実際はそれほど悩むような事はなかったのですが。

ここでは、営業に転職をする時に考えるよくある疑問にいくつか答えていきたいと思います。

営業が未経験でも大丈夫?

未経験でも大丈夫です。

もちろん、求人に経験者のみとあれば難しいかもしれませんが、営業は未経験でも何とかなりますし、営業は、経験があればより良いのですが、経験よりも、その人の話し方や態度、また、相手に与える印象が大切なので、社会人としての基本的なマナーがあれば、問題ないと思います。

必要なスキルはある?

営業経験があれば、強いスキルにはなると思います。

ですが、未経験でも問題はありません。

また、相手企業の扱っている商品や、サービスの知識があれば、それも役に立つと思います。

営業職なので、外回りをする際に車の免許が必要な企業もあります。

前もって、やっておく事は?

営業で大切なのは、相手に与える印象です。

社会人としての基本的なマナーはしっかり身につけておきましょう。

話し方はさらに重要なポイントになるので、きちんとした敬語なども押さえておきたいところです。

もし、希望の業界があるのでしたら、その業界の情報なども調べておくと良いでしょう。

求人でどんな事に注意すればいい?

営業職の求人でチェックした方がいいのは、もちろん給与的な事も重要ですが、勤務時間や待遇面もしっかりチェックした方がいいと思います。

営業職の勤務時間は、正直、明記しずらいものです。

相手あっての仕事なので相手都合になる事もしばしばです。

そんな時でも、きちんと手当てが出るのかなど、手当てなど待遇面も注意して見てみましょう。

面接の時の服装の注意点は?

普通のスーツでいいと思います。

特別リクルートスーツでなくても問題ありません。

ただ、くたびれた感じや清潔感の無い服装は避けましょう。

何よりも印象が第一です。

まとめ

この記事を読んでいる方は、少しでも営業への転職を考えた方だと思います。

営業はどんな会社にも必ずいるものです。

営業が潰しがきくと言われるのもそのためです。

しかし、いざ転職をと考えた時に色々な不安や疑問が出てきてしまうと思います。

募集についてだったり、面接についても気になるでしょう。

そんな不安や疑問に、この記事で少しでも答えが出せていれば嬉しいです。

私自身、初めて営業を始めた時は、初対面の人と話す事が苦手で、しばらくは、苦労しました。

ですが、何事もやってみなければ分からないものです。

不安な事もあるとは思いますが、挑戦してみてはいかがでしょうか。



関連キーワード

面接 営業転職

営業転職についてもっと深堀りした情報を見る

転職したいと思ったら営業がおすすめな5個の理由。6年間営業の仕事をした私が解説します

転職しようと思ったらみなさんの選択肢はどんな仕事になりますか?接客販売や飲食関係でしょうか?それとも資格試験をとって専門職でしょうか?今の仕事に不安や不満を抱いて将来別の仕事に転職しようと考えているなら筆者は営業職をお勧めします。今回は転職しようと思ったらなぜ営業がおすすめなのかを紹介していきます。筆者の体験談を元に紹介しますのでこれが全てというわけではありません。ただ、実体験を元に紹介するので参考にはなると思います。ぜひ参考下さい。転職したいと思ったら営業がおすすめな5個の理由とは?転職したいと思ったら何を考えますか?次の職種ですか?それとも旅行に出たり、やれなかったことをやろうと思いますか

転職して営業になるには?違う職種から営業に転職した私がやったこと

社会人を始めてある程度仕事に慣れてきたり、今の仕事じゃなくて何か他に夢中になれる仕事がしたいなど様々な理由で転職を考えることがあるかもしれません。転職するのには、今の仕事の経験を活かせる同業を選ぶことがあったり、学生時代にバイトしていた経験から飲食店を選ぶことが多いかもしれません。他には、改めて別の分野の勉強をしたいと学生に戻ったりするケースもあります。転職を考えて転職サイトや求人サイトをチェックした時、飲食関連や販売職以外にも営業職の求人が多いことに気づくかもしれません。ただ、営業職の仕事は、色々なイメージからハードルが高いと思われています。しかし、営業職は、意外と未経験でもチャレンジするこ

営業が転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、利用したほうが良い人とは?

転職活動に転職エージェントが不可欠なのかというと、絶対に使用しなければならないものではありませんし、無ければ無くても活動は可能です。すべき理由はありませんが、転職エージェントは使い方次第では就職活動がかなり効率化します。ここでは「実際に営業が転職エージェントを使うメリット」というところに触れていきたいと思います。転職エージェントとは?「転職エージェント」は人材紹介会社のセールスです。もっとかいつまんで言うと代理店の営業、転職の代理人です。人材ビジネス全般に言えることですが、この業界は他人に働いてもらって(就職活動してもらって)その利益で生活しています。故に、エージェントに遠慮してはいけません。

営業以外の仕事に転職するために知っておくべき3個のことや人気な職種や業界を教えます!

営業の経験が転職にあたってどんなふうに役に立つのか?営業以外の仕事へ転職するには、どうすればいいのか?またどんな心構えで転職活動をすればいいのかをご紹介します。営業以外の仕事に転職するために知っておくべき3個のこと仕事の本質はどれも同じということは理解しておくこれは転職うんぬんに関係なくビジネスマンとしてもっておくべき心得の1つです。営業、エンジニア、販売、事務、現場仕事、経理、などなど、世の中には数え切れないほどの仕事や役割、職種がたくさんありますが、基本的にはすべて同じです。達成すべきゴールがあって、そこに向けて限られた時間の中で走っていくということです。色々なスポーツがあっても、勝利とい