営業の経験が転職にあたってどんなふうに役に立つのか?

営業以外の仕事へ転職するには、どうすればいいのか?

またどんな心構えで転職活動をすればいいのかをご紹介します。

営業以外の仕事に転職するために知っておくべき3個のこと

仕事の本質はどれも同じということは理解しておく

これは転職うんぬんに関係なくビジネスマンとしてもっておくべき心得の1つです。

営業、エンジニア、販売、事務、現場仕事、経理、などなど、世の中には数え切れないほどの仕事や役割、職種がたくさんありますが、基本的にはすべて同じです。

達成すべきゴールがあって、そこに向けて限られた時間の中で走っていくということです。

色々なスポーツがあっても、勝利という目的に向かって走るものだという点で共通していることと似ています。

営業だから、エンジニアができないわけでもないし、エンジニアだから営業ができないわけではないというのは是非知っておいたほうがいい事実です。

給料は下がる可能性が高い

一方で、異職種への転職は給与面でのリスクがつきまといます。

営業の経験は10年あるけど、エンジニア経験はないとします。

雇う側からすると、1年生と変わらないわけです。

当然いままでの社会経験や営業の専門性などは考慮されるべき項目ですが、転職したばかりで給与がアップすることはない、むしろ一時的には下がることを覚悟したほうがいいでしょう。

ただ、その他の職種の経験があってチャレンジすることはメリットにもなりえます。

営業職よりも勉強が必要な職種は多い

たとえば、同じ会社の中で職種転換することをイメージすると分かりやすいですが、経理や財務、またはエンジニアや制作などへの転職を考えるとします。

営業は、資格や専門知識も比較的いらない仕事です。

しかし、その他バックオフィスの仕事いうのは、専門知識や資格があったほうが良いものや明らかに有利になる仕事も多いです。

なので、営業職以外の仕事のほうが勉強しなければならない絶対量は多くなると考えたほうがいいでしょう。

自分に「どんな仕事」が向いているか診断するにはこちら →

転職を成功させるためには何をすれば良い?

今いる会社に引き止めれるくらいの成果を上げる

これは少し矛盾するかもしれないですが、転職を成功させるための一番の方法は、今所属している会社で1番になることです。

営業なら分かりやすく誰よりも売ることです。

お客様や転職エージェントというのは、非常に目鼻の利く人も多いですから、売れるようになると、不思議と声がかかるようになります。

今いる会社で最大限の努力をして、成果を上げることが一番の転職活動です。

転職活動における情報収集の質などは、二の次でいいのです。

異職種へ転職する場合は、相当の努力が必要と知っておく

先ほど、勉強が必要になると説明した項目と似ています。

異職種への転職をする場合は、がらっとやることが変わりますので、相当の勉強が必要になります。

たとえば、経理や財務などのバックオフィスに転職したいなら、営業をやりながら簿記を勉強するなど先行して動いておいたほうが得策です。

\転職成功のために、もっとやるべき事を知りたい人は/

転職するに当たっての必要な心構え

今いる会社とは円満退社を心がける

これは私自身の経験を踏まえてお話しますが、在籍している会社はなるべく円満に退職しましょう。

会社にとってはあまりよくないことですが、惜しまれながら退職することが一番のベストです。

次の会社にいってから、どんなことで前の会社とつながりができるかわかりません。

もしかしたら、取引をすることだってあるかもしれません。

仮に仲たがいをして退職していたら、いつ自分の悪いうわさがたつかもしれません。

周囲の人とも合意形成をしておく

特に配偶者との合意形成、相談は不可欠です。

なぜ転職をするのか?この転職に何を求めるのか?をまずは自分の頭で考えたうえで、よくよくパートナーや家族と相談したほうが良いです。

ひとりよがりな転職には、あとあと苦しいことが自分に返ってくることも多く、結果家族にも迷惑がかかり、誰も得しない状況になったりもします。

嫁ブロックなんてことば流行ったこともありましたが、まずは家庭が大事ですから、奥様、旦那様には相談しておきましょう。

自分に「どんな仕事」が向いているか診断するにはこちら →

営業以外の仕事に転職して年収を上げるためにやるべきこととは?

営業時代にマネジメントを経験しておく

今までに営業しかやったことのない人であれば、どんな職種であれ組織の末端からスタートすることになります。

立場に応じて、年収が上がる会社も多いので、営業時代にマネジメント経験をしておくと後々有利になります。

部下を持てる人かそうでない人かという判断は、任せる仕事にも影響するので大切な要素です。

その職種でその会社の一番になる

単純ですが、これが一番の近道です。

会社は分かりやすいところで、一番優秀な人に一番早く管理職としてのチャンスを与えます。

その後、現場経験を積みながら適性を判断されるわけですが、とにかく年収をあげたいということであれば、管理職を目指すのが一番の方法です。

たまにエキスパートコースというような専門職向けのキャリアコースを設けている会社もあるので、チェックしてみるといいかもしれません。

\年収アップのためにやるべき事を、もっと知りたい人は/

営業以外の仕事に転職で人気な職種や業界とその理由

主に人気の職種についてご紹介いたします。

社内SE

社員のパソコンの不具合のチェックやネットワーク環境の構築等、広くITに関する相談屋さんです。

人気な理由

あまり激務ではなく、大きな会社であれば、必ず情報システム部があります。

開発部のように新製品を開発したり、納期と戦ったりという激しさがないのでバランスよく働きたい人には最適です。

ただし、募集が少ないのと募集しても枠が狭いので、なるのが意外と大変な仕事です。

人事

新卒採用や中途採用の窓口となるポジションです。

人気な理由

学生向けに自社のプレゼンをしたり、面接をしたりと人と話すのが好きな人にとっては非常にやりがいのある仕事です。

自分の学校に来た人事担当にあこがれたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

元営業職という人も多いです。

人を口説くという点で営業と同じなんですが、売上を上げるわけではないので、営業ほどのプレッシャーはないケースが多いです。

人事=営業ということを理解している会社では、営業と同じ扱いを受けるかもしれませんので注意が必要です。

自分に「どんな仕事」が向いているか診断するにはこちら →

まとめ

営業職での経験は、どんな仕事に転職するにせよ、人とのコミュニケーションを大前提としている点で、つぶしはききやすいです。

しかし、専門職には専門知識や資格が必要になることも多いので、営業からの転職を考える方は、仕事での成果を上げることと勉強を継続することの2点を両立させる必要があります。


関連キーワード

営業転職