転職しようと思ったらみなさんの選択肢はどんな仕事になりますか?

接客販売や飲食関係でしょうか?

それとも資格試験をとって専門職でしょうか?

今の仕事に不安や不満を抱いて将来別の仕事に転職しようと考えているなら筆者は営業職をお勧めします。

今回は転職しようと思ったらなぜ営業がおすすめなのかを紹介していきます。

筆者の体験談を元に紹介しますのでこれが全てというわけではありません。

ただ、実体験を元に紹介するので参考にはなると思います。

ぜひ参考下さい。

転職したいと思ったら営業がおすすめな5個の理由とは?

転職したいと思ったら何を考えますか?

次の職種ですか?

それとも旅行に出たり、やれなかったことをやろうと思いますか?

今の仕事を前向きに辞めることができたならそれに越したことはありませんが、現実は様々な理由で仕事を辞めたり、辞めよう思ったりします。

ただ、何をしたわけではなく、今の仕事より刺激的な仕事をしたいであったり、もっとチャレンジできる仕事をしたいと思うのなら営業は転職先としておすすめの職種です。

常に変化を求められるチャレンジな仕事

営業は常に仕事で変化があり、その都度様々な場面でチャレンジなことがあります。

社内調整をしたり、お客様と交渉をしたり、必要に応じて社内外の打ち合わせを何度も繰り返して仕事を獲得したり、大きな案件を獲得したりします。

そのため、前例がないことがあったり、同じことがないので常に変化があり、また、常に仕事に対して変化を求められます。

チャレンジ精神が旺盛な人や好奇心がある人、柔軟性に富んだ人は、楽しいと思えるかもしれません。

色々な人に出会うことができる

営業は、色々なお客様に出会う機会があります。

通常の生活では会うことのない人や担当する分野によっては著名人と会うこともあります。

そのため色々な人に出会い、色々な人の考えを聞くことで自分自身の勉強にもなりますし、興味深いです。

販売や接客でも色々な人に出会うことがありますが、営業が出会う人はまたちょっと違った人に出会えることが多いため、人とコミュニケーションを取ることが好きであったり、色々な人に出会いたい人は楽しいと思えます。

何かを成し遂げた達成した達成感を得られる

営業にはノルマという目標であったり、ゴールがあります。

ノルマをクリアすることが大変なので営業職を避けている人も少なくありません。

ノルマをクリアしないと会社からや上司からのプレッシャーがあり、精神的に辛いと感じる人もいます。

ただ、その反面、ノルマをクリアしたり、大きな目標を達成した時の達成感は、スポーツで優勝したり、何か大きな目標をみんなでクリアした時の感動に近いものがあります。

体育会系のスポーツを過去にやっていたり、何か明確な目標を持って仕事に取り組みたい人にはやりがいのある仕事と言えます。

未経験であっても始めやすい

営業の仕事は、未経験であっても始めることができます。

専門的な営業の仕事、例えば、ITや金融関係を除くとほとんど未経験で営業の仕事を求人しています。

そのため、前職が全く違う業種であってもチャレンジすることが可能です。

実際に営業スタイルや営業活動において正解や不正解はなく、営業パーソン独自のスタイルで営業をすることが多いです。

正解のない仕事なので未経験であっても始めやすいというわけです。

未経験で営業に転職する時は、こちらの記事を参考に!

給料が上がる

営業の仕事は、ノルマがあり、ノルマだけを聞くと大変そうに思われがちですが、ノルマを達成することで多くの会社は営業に臨時ボーナスや給料に成果給を乗せて支給したりするケースが多いので今の仕事より給料が上がる傾向にあります。

お金のために仕事をしたくないと思う人も多いかもしれませんが、営業のように個人商店でなかなか周りの評価がわからない職種の場合、給料という目に見える形で評価されることは嬉しいことでもありますし、お金を多くもらって仕事して悪い気になる人もいないと思います。

営業の面白いポイントとは?

営業の仕事は、転職するにあたりおすすめなことはわかって頂いたかと思います。

営業の仕事に興味を持ったり、営業をやってみようと思ったら、次は営業の仕事で面白いポイントは何かが気になります。

ここでは営業の面白いポイントを紹介します。

頑張った分だけ成果が現れる

営業は個人商店と言われるくらい一人での活動が多いです。

そのため、自分がどう評価されているかはなかなかわかりづらいところです。

ただ、ほとんどの営業職は、ノルマが課されていて、これをクリアすると臨時ボーナスがもらえたり、評価が上がったりします。

そのため、頑張れば頑張った分だけ数字に記録されていくのでやりがいもあり、面白くもあります。

自分の成長が実感できる

営業の仕事は、個人商店なので周りの評価はなかなかわかりづらいものです。

仕事自体も個人プレーが多く、トライアンドエラーを繰り返して色々な仕事を覚えて行きます。

ただ、トライアンドエラーを繰り返していくと色々なことを学習し、知識や経験として蓄積していくので、同じパターンに出会ったり、ほかのお客様が悩んでいたことで新たなお客様が悩んでいてすぐに解決方法を提案できたりすると、自分の成長が実感でき、仕事が面白いと感じる瞬間です。

コミュニケーション能力が高まっていくのを実感した時

営業は、コミュニケーション能力が必須の仕事です。

コミュニケーション能力と一概に言ってもただ話す能力が高いことではなく、相手の話をしっかり聞き、相手が何を必要としているかしっかりと理解する力です。

未経験で営業を始めるとこの能力を身につけるのがなかなか難しく、苦労します。

しかし、何社も何社もお客様のところへ出向き、営業活動していると少しずつコミュニケーション能力が高まっていくことが実感できます。

それは、少しずつですがお客様と話せる話題が増えたり、共感できたり、お客様の必要としていることが理解できたりしてくるからです。

コミュニケーション能力が高まっていることが実感できると仕事がますます面白くなります。

営業のやりがいとは?

営業の仕事の面白さ、おすすめのポイントは理解頂いたかと思います。

突然ですが、営業の仕事ってちなみに何がやりがいになると思いますか?

営業の仕事にももちろんやりがいを感じる瞬間があります。

ここでは営業のやりがいを紹介します。

お客様と一緒に困難なハードルを乗り越えた時

お客様と一緒になってお客様が抱える問題点や困難なハードルを一緒に乗り越えた時は、面白く、大いにやりがいを感じますし、お客様からますます信頼してもらえるようになりますのでやる気にもつながります。

個人商店である営業が他の人と一緒に何かを成し遂げることは、お客様の場合は、お客様のサポートができたことへの実感と達成感を感じ、困難なハードルを一緒に乗り越えたことで辛さや喜びを共感できることが営業のやりがいを感じるところです。

他部署のメンバーと一緒にお客様の問題点を解決できた時

お客様だけでなく、他部署のメンバーと一緒にお客様の問題点を解決したり、サポートできた場合も同様に大きな喜びや達成感、やりがいを感じる瞬間です。

個人商店だとなかなか他の人と一緒に仕事をすることがありません。

ましてや社内の場合は、同じチームメンバーであっても会うことが少なかったりします。

その中で他部署の人と一緒に何かを成し遂げることは自信にもつながりますし、やりがいや喜びを感じるところでもあります。

お客様に喜んでもらえた時・役に立った時

どの仕事でもそうですが、お客様の役に立ったり、ありがとうと喜んでもらえたらやりがいを感じます。

営業活動に正解はないのでどうしたらいいのかわからない時があります。

社内評価が明確であればいいのですが、数字が具体的に出てノルマをクリアしているかどうかがわからないと営業の社内評価は分かりづらいものです。

そんな中、お客様が困っているところで何か役に立ったり、ちょっとした気遣いであったり、ちょっとした営業からのサポートなどでお客様に喜んでもらえることができたら、大きなやりがいを実感できる時です。

前例をみんなで作った時

あまり多くの機会があるわけではありませんが、お客様の要望や何かのきっかけで会社に今まで前例のないことを試みることがあります。

何でもかんでもやれるわけにはいきませんが、会社にとって前例ないことにチャレンジすることで新たなドル箱が出来たり、新たな製品、サービスが生まれるきっかけになったりとプラスに働くことでお客様や周りだけでなく最終的に会社にまで利益をもたらすような結果になった時は、携わった人と苦しみや喜びを分かち合えたり、自分が携わって出来た商品やサービスには愛着も湧くのでやりがいも出ますし、仕事が楽しくもなります。

営業の仕事に就くためにあるとよいスキルとは?

では、営業の仕事をしたいと思ったらまず何を始めておくべきか、どんなスキルがあると営業の仕事をする上で有利かなど疑問が浮かんだことと思いますのでここでは営業の仕事に就くためにどのようなスキルがあればいいかについて実体験を元に紹介します。

ここでの紹介するスキルはあくまでも実体験を元にしたスキルなので他にもあればいいスキル、好まれるスキルなどがあります。

あくまでも参考して頂ければ嬉しいです。

コミュニケーション能力

営業だけではないですが、コミュニケーション能力があればなおいいです。

なくても頑張って身につけていくこともできるのでどれだけ前向きに営業の仕事を取り組むかにもよりますが、営業の仕事に就く前にコミュニケーション能力があれば営業の仕事に就いた時に営業の仕事に馴染みやすくなります。

プレゼン能力

これもあればいいのですがなければないで営業の仕事をしながら身につけていくことも可能です。

プレゼン能力は、商品の紹介やサービスの提案などお客様に自社の商品やサービスの魅力を伝える、もしくは今困っている問題や直面している困難な状況を解決するには自社のサービスや商品が間違いないのだと言う時にお客様に売りつけられたと思われず自然に提案する能力は、プレゼン能力が高ければ高いほどスムーズです。

分析力

分析力は、何に使うのかと思ってしまう人もいますが、営業として分析力が備わっていたら営業活動がしやすくなります。

営業の仕事で分析力を発揮するのはマーケットの状況把握したり、競合他社の動きを分析したり、今、自分が担当しているマーケットでどのような動きをしたらお客様に受け入れられるか、どのような活動をすると他社と差別化をはかることができるのかなどをしっかりと把握することで自分の営業活動や戦略を定めることが出来ます。

自己管理能力

営業は個人で動くことが多いため、自己管理がとても重要になります。

例えば、時間を厳守すること、スケジュール管理をすること、納期を守るなど当たり前のことですが、しっかりと管理しないと営業の仕事を円滑に行うことができませんし、管理がしっかり出来てないとお客様との信頼関係を築くことが出来ません。

また、体調管理なども含めてプロフェッショナルに努める必要があるため、営業の仕事にチャレンジする前に自己管理能力をしっかり築いておくことは大切です。

知識を蓄える

スキルというわけではありませんが営業を始める前に関連した本や知識を予め学習しておくことをおすすめします。

営業活動においては答えがありませんが、お客様と話しする際に色々な知識があればお客様との話がスムーズになったり、会話を楽しめたりします。

営業になると決まったり、営業になろうと思ったら知識を蓄えるようにして下さい。

まとめ

営業職は、正直楽でありません。

自分で目標を設定して活動しないといけませんし、ノルマを会社から課されたりします。

成果があがらない事へのプレッシャーやクレームなど辛いことを数えたらきりがありません。

ただし、その反面、未経験者であってもチャレンジできること、ノルマをクリアすると臨時のボーナスを支給されたりする、何かを成し遂げた時の達成感など、マイナスを吹き飛ばすプラス要素もいっぱいあります。

筆者は実際に営業の仕事をして、ノルマがあったり、大変なことを色々経験しましたがそれでも営業の仕事は楽しいと思えます。

もし気になった方がいたら変な先入観を持たずにまずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

営業転職