「転職をしたい!」と思っても、転職先が自分にマッチしていない会社や、思っていたのと違う会社だと転職を失敗してしまいます。

転職の失敗を防ぐために、まずは自分のことを見つめ直すところから始めましょう。

なぜあなたは転職したいのですか?転職したらどうなりたいですか?自分を分析して、営業に転職するために今何をすればいいのか、一つ一つ確認していきましょう。

営業の転職をする前に…まずは自分と向き合ってみる

1.どうして転職したいのか?理由や目的を整理する

転職することへの理由や目的は明確になっていますか?

ただ漠然と今の会社に不安、不満があるから転職をする。

という理由だけでは自分が求めている仕事を探すのは難しいです。

自分が転職に求めることは何か?なぜ転職をしたいのか?転職をする目的を改めて自分の中で洗い出していきましょう。

2.自分が持っているスキルや経験は何なのか

自分に足りないものや自分が苦手なものは知っていても、自分ができることを把握していないことはよくあります。

それ故に本来活かせるはずの仕事を選ばず、能力自体を眠らせてしまいます。

まずはこれまでどのような仕事を経験してきたのか?職種だけではなく、仕事内容で経験してきたことも書き出してみましょう。

その後に経験も踏まえて自分が持っているスキルを書き出してみましょう。

ここで一番やってしまいがちなのは、自分の経験などスキルにならないと強みに気づかずに書かないことです。

例えば経理の仕事をしていたのなら、経理の仕事をする上で必要不可欠なスキルは得ています。

スキルで浮かばないのなら、あなたがどうかではなく周りの人はどんなスキルを得ているかで考えるといいですよ。

3.転職後は、それらのスキルや経験をどう活かして、どんなふうになりたいのか

自分のスキルや経験してきたことの整理ができたら、次はそれをどう活かすかを考えるのが大切です。

スキルや経験はあなたの強みですから、活かさないのは勿体ないです。

転職したいということは今とは違う自分になりたい、今自分がしていることとは違うことがしたい、今の仕事が嫌だから、収入アップしたいから、現状に不満を感じているからですね。

具体的に転職してどうなりたいのか

  • どんな生活を送りたいか
  • どれくらい収入を上げたいのか
  • どんなスキルを手に入れたいのか

具体的に自分は何がしたくて転職をするのかを明確にしておくことが大切です。

曖昧にしたままだと実際転職活動をしても自分の納得するところに出会えない、いざ転職をしても実際やりたかったことと違う、ミスマッチを起こしてしまいます。

浮かんだスキルをどう活かせばいいのか?どんな自分になりたいのか?を具体的にイメージしてみましょう。

4.営業に必要な適性とは…自分に向いているのかどうかを知る

営業はスーパーでレジを打つのとは違い、人との関わりが大切になってきます。

法人相手でも個人相手でも営業は人を相手に自社のサービスを提案します。

営業は難しそう。

やりがいがある。

など様々なイメージがありますが、やはり何事も向き不向きがあります。

営業は提案できる力や、営業スキルはもちろん大切ですが、それさえ身につければ営業が上手くいくわけではありません。

営業に向いている人は人と関わるのが好きな人、人当たりが良くて好印象に思われる人は仕事がしやすいです。

営業は断られるのが仕事であり、飛び込み営業ではアポをとったからといって必ず結果に繋がるものでもありません。

結果に繋がらなくても行動できる、打たれ強さが必要です。

頭であれこれ考えて動かない人は、中々結果には繋がりません。

頭で考えるよりも先に動いている人、行動が早い、フットワークが軽い人は向いています。

勿論上手くいかなかったことの対策を考えることは大切ですが、対策ばかり考えて行動をしなければ結果には繋がりません。

一つ一つを慎重に行くのではなく、次々と切り替えて進める、切り替えの上手い人は向いています。

一つの失敗を悔やみがちな人は、その考えが足かせになって行動ができなくなってしまいます。

また営業は会社側がノルマを決めていることが多いです。

保険の営業であれば成約を取らないとお金が入らないので、会社のノルマがなくても自分で目標を決める必要があります。

目標から逆算して行動まで落とし込む、タイムマネジメントが苦手な人は失敗しやすいです。

最後に一番大切なのが、人と人とが関わりを持つ仕事ですから、相手のことを考えて提案をすることが一番大切になります。

自分の行いで人生がよくなってくれれば、貢献精神のある人はその思いが原動力となるので営業は向いています。

  • 打たれ強さ
  • 行動力がある
  • 切り替えが早い
  • タイムマネジメントができる
  • 人との関わりを大切にする

上記のような人は営業に適しています。

営業には小手先のテクニックではなく、人間的に魅力的であることが最低条件にあります。

技術職であれば能力があれば仕事ができますが、営業は能力だけでは上手くいかない世界です。

今のあなたはどうですか?

今の自分がわかったら

5.どの業界で、どんな営業をやりたいのかを考える

営業する対象者は大きく分けると、法人と個人

法人営業

個人ではなく会社に対して営業をします。

基本的には人材、金融、メーカー関係です。

特にメーカーへの営業が数多くあります。

法人営業では会社を相手にするために、個人のように営業自体を嫌がられることは少ないですが、代わりに対会社故のマナーは大切になります。

一営業マンとしてではなく、会社の代表として会社に出向くわけですから大きな責任は伴います。

自社や商材についての知識を入れ、会社の代表である自覚が必要です。

アポ取りに外に出向くのは勿論、それに加えて社内では資料の作成、テレアポや顧客へのメール対応と事務仕事もしなければなりません。

法人営業では責任が重い分その後管理職に進めたりと、能力がつきます。

また法人営業と一言でいっても、新規開拓の営業とルート営業の二種類があります。

自分が営業を開拓していき、どんどん結果を出していきたいと考えるなら新規開拓をしていく営業をすることをおすすめします。

ルート営業は決められた相手、顧客に対して再度訪問をするので断られることもなく精神的なストレスがありません。

自分から営業を勝ち取っていくのが苦手な人は、ルート営業から始めるのもいいですね。

個人営業

個人営業は法人営業とは違い一般の人を相手に営業します。

法人営業と違い相手が営業を受けることに慣れていないので、信頼関係を築くことが大切になります。

特に営業はセールスお断りとはじめから拒否されることが当たり前になっているので、その壁を壊すところから始まります。

また、新規顧客の開拓が主になっていくので、まずはアポがとれるのか、アポが取れても成約に至るのか、相手に売りつけるのではなく相手にとっていい提案をしてあげられる能力が必要になります。

信頼関係が築けるコミュニケーンション力や、その人のニーズを知る能力も必要になります。

ひとことで営業と言っても種類はいろいろあります

新規開拓営業

会社自体がお客様リストを持っておらず、一から自分でリストを集めてアポをとって営業をしていきます。

新規開拓営業はまずアポをとれるリストの収集が大変になります。

保険であれば、保険の営業をかけるためのリストを集めるところから始まります。

はじめは人の紹介や多くの場合は交流会に行ってリストを集めていきます。

それでも、リストからアポにも至らないこともあるので、商品の説明に入るまでの流れで上手く行かない人が多いです。

新規開拓は営業までが営業勝負、会社の元で働いていますが自分の力で全て行うために独立する力がつきます。

ルート営業

ルート営業は新規開拓営業と違い自分でリストを集めたり、アポ取りで断られることもありません。

ルート営業はすでに取引をしている顧客に対して、新たな商品の提案をすることが主なので、営業というよりかは継続して取引してもらうためのあいさつ回りに行くようなものです。

取引先との信頼関係を失わないために気配りや配慮が大切になります。

取引相手とのコミュニケーションは必要不可欠です。

内勤営業(カウンターセールス)

携帯電話の販売や不動産のように、お客様が「ほしい!買いたい!」と思って訪問する人に対して販売します。

新規開拓のようにこちらから「この商品いいですよ。

契約しませんか?」と申し出るのではなく、契約したいと思っている人にお互いが納得できる物を提案します。

営業が主ではなく、販売やその後の事務作業が主体になります。

足を運んでお客さんへ営業をしにいくことがないので、他の営業に比べて同じ作業の繰り返しです。

技術営業(セールスエンジニア)

ITなど技術的なものの導入提案から、システムを導入した後導入のサポートやアフターフォローまでを行うのがセールスエンジニアの仕事です。

ITに関する知識はもちろん、提案するための営業スキルやコミュニケーション力が必要になります。

一般的な営業とは異なり技術面に特価した営業のため、営業だけではなくシステムを導入した後のサポートや、その後の障害への対応などコンサルタントの役割をすることもあります。

これからはITが更に広まる時代ですから、需要は高まります。

医薬営業(MR)

病院や開業医相手に行う営業です。

自社で扱う薬品を病院内で使ってもらうために、薬品の情報を提供するのが仕事です。

薬品自体を売るのではなく、正しい知識を教えることでその薬品を使用してもらうことが目的です。

病院相手の営業なので、営業先が限られている点が医薬営業の難しいところです。

海外営業

商社、メーカー、輸出関連などが主に海外営業を行っています。

海外営業で一番必要なのが語学力です。

また、日本人に対して営業する際も相手のニーズを聞き出したり、その人にとって一番いい形の提案をしますが、文化が違うために考え方が違うのが難しいところです。

海外の人の考え方を知るところから始めないといけないので、他の営業よりかは難しくなります。

ただ、海外で営業を取れるようになれば、日本での営業が楽になるのではじめに難しいところから挑戦するのもいいです。

あつかう商材の種類は、無形と有形の2つ

無形商材とは

保険のサービスや金融など、サービスや保障を扱うのが無形商材です。

形として残らないものを取り扱います。

目に見えない分営業として取り扱いにくく、必要性を感じさせるのが仕事の始まりです。

有形商材とは

自動車や住宅などの不動産など、形として現れているものが有形商材です。

いかに安くなるのか、他の会社で買うのとどこが違うのか、自社の商品だけではなく他社の商品知識も必要になります。

有形商材はお客様側から買いたい。

と思っている状態のことが多いので、無形商材のように必要性を感じさせる負担は少なくなります。

ただ、最終「今じゃなくてもいい」と思われることもあるので、自社で買うことのメリットを伝える必要性があります。

営業職未経験なら、未経験歓迎の求人が多い業界から転職先を選ぶのも、ひとつの方法です

営業未経験の場合は、未経験歓迎の職種に挑戦しましょう。

  • 人材業界
  • IT業界
  • 不動産業界
  • 保険業界

営業未経験でも積極的に採用しているのがこれらの業界です。

営業や事務は未経験からチャレンジする人が多いので、未経験歓迎の求人は数多くあります。

その中から自分にはどの営業が向いているのかを知って、選びましょう。

あなたのこんなスキルが役に立つ!

コミュニケーション能力

営業は対人で行うものです。

コミュニケーション能力は欠かせない必須な能力になります。

営業を経験したことがなくても、お客様との信頼関係が築けるコミュニケーションを取れれば、それだけでも成約率は上がります。

どれだけ営業トークが上手くても、コミュニケーション能力がなければ相手には伝わりません。

コミュニケーション能力があれば営業トークが多少ぎこちなくても相手に伝わります。

提案力

営業にとって一番欠かせない、これ一つで成約を左右するのが提案力です。

どれだけいい商品、サービスも相手に良い物だと感じさせられなければ相手は買ってはくれません。

相手にとってどう必要なのか、なぜこれを提案するのか、営業マンが伝えられなければ良さは伝わないまま終わってしまいます。

社内で企画の提案をしていた。

営業以外にも提案をするタイミングはありますよね。

その時に培った提案力は営業でも十分に活かせます。

扱うものと人が変わっても、本質は変わりません。

論理的思考力

営業は足で勝負するといいますが、成約に至らなかった時に「なぜ上手くいかなかったのか?どうすれば上手くいったのか?」を分析することが大切です。

改善をしないまま、考えないままでは何度挑戦しても同じ失敗を繰り返します。

どうすれば上手くいくのか、を論理的に考えられる人はすぐに問題を修正して成約に繋がります。

論理的に考えられる人は少ないので、その力があるだけでも経験ある営業マンよりも結果を出しやすいですよ。

行動力

新規開拓の営業であればアポが取れるまで動き続ける力、一日中駈けずり回ることもあるので、行動力がある人は営業では活かせます。

最初は行動力があれば経験を積むのも早いので、未経験でもすぐに仕事を覚えやすいです。

営業マンにとって一番欠かせない能力といってもいいでしょう。

ヒアリング力

相手にとって必要だと感じてもらう、提案をするためにはまずヒアリングをしなければいけません。

相手はどういう人で、何を求めているのか、何に困っているのか、提案をするにあたって相手のニーズを聞き出す力は活躍します。

普段から相手の話を聞くのが得意。

相手の困っているところを聞き出すことを常としていれば、相手に寄り添って話を聞くことができます。

ヒアリング一つでその後の提案も変わるので、営業の中で一番活かせる力といっても過言ではありません。

語学力

語学力があれば海外営業を任せられることもあるので、語学力があれば収入アップも目指せます。

TOEICや学生時代に培った語学力を活かせます。


関連キーワード

転職 営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業転職に関するコラム

営業に転職するときに面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

営業に転職するときに面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点など色々な角度からご紹介していきたいと思います。営業に転職するときの面接方法や応募方法とは?まず、応募方法ですが、いくつかあると思います。求人を探して応募しますが、電話や書面の郵送、最近ではメールがメインになってきています。面接方法もいくつかあり、会社に行って行う事もありますが、場所を借りての集団面接、また、実際に役員と会う役員面接などがあります。営業に転職するときに面接で聞かれる3個のこととは?転職で気になるのは、面接とその内容ではないでしょうか。実際、面接での受け答えが採用不採用に大きく関わってくるのは事実です。

転職したいと思ったら営業がおすすめな5個の理由。6年間営業の仕事をした私が解説します

転職しようと思ったらみなさんの選択肢はどんな仕事になりますか?接客販売や飲食関係でしょうか?それとも資格試験をとって専門職でしょうか?今の仕事に不安や不満を抱いて将来別の仕事に転職しようと考えているなら筆者は営業職をお勧めします。今回は転職しようと思ったらなぜ営業がおすすめなのかを紹介していきます。筆者の体験談を元に紹介しますのでこれが全てというわけではありません。ただ、実体験を元に紹介するので参考にはなると思います。ぜひ参考下さい。転職したいと思ったら営業がおすすめな5個の理由とは?転職したいと思ったら何を考えますか?次の職種ですか?それとも旅行に出たり、やれなかったことをやろうと思いますか

転職して営業になるには?違う職種から営業に転職した私がやったこと

社会人を始めてある程度仕事に慣れてきたり、今の仕事じゃなくて何か他に夢中になれる仕事がしたいなど様々な理由で転職を考えることがあるかもしれません。転職するのには、今の仕事の経験を活かせる同業を選ぶことがあったり、学生時代にバイトしていた経験から飲食店を選ぶことが多いかもしれません。他には、改めて別の分野の勉強をしたいと学生に戻ったりするケースもあります。転職を考えて転職サイトや求人サイトをチェックした時、飲食関連や販売職以外にも営業職の求人が多いことに気づくかもしれません。ただ、営業職の仕事は、色々なイメージからハードルが高いと思われています。しかし、営業職は、意外と未経験でもチャレンジするこ

営業が転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、利用したほうが良い人とは?

転職活動に転職エージェントが不可欠なのかというと、絶対に使用しなければならないものではありませんし、無ければ無くても活動は可能です。すべき理由はありませんが、転職エージェントは使い方次第では就職活動がかなり効率化します。ここでは「実際に営業が転職エージェントを使うメリット」というところに触れていきたいと思います。転職エージェントとは?「転職エージェント」は人材紹介会社のセールスです。もっとかいつまんで言うと代理店の営業、転職の代理人です。人材ビジネス全般に言えることですが、この業界は他人に働いてもらって(就職活動してもらって)その利益で生活しています。故に、エージェントに遠慮してはいけません。

営業以外の仕事に転職するために知っておくべき3個のことや人気な職種や業界を教えます!

営業の経験が転職にあたってどんなふうに役に立つのか?営業以外の仕事へ転職するには、どうすればいいのか?またどんな心構えで転職活動をすればいいのかをご紹介します。営業以外の仕事に転職するために知っておくべき3個のこと仕事の本質はどれも同じということは理解しておくこれは転職うんぬんに関係なくビジネスマンとしてもっておくべき心得の1つです。営業、エンジニア、販売、事務、現場仕事、経理、などなど、世の中には数え切れないほどの仕事や役割、職種がたくさんありますが、基本的にはすべて同じです。達成すべきゴールがあって、そこに向けて限られた時間の中で走っていくということです。色々なスポーツがあっても、勝利とい