コンビニでお茶を買うにも現金だけではなく、電子マネー、ポイント、クレジットカード等様々な代金の支払い方法がある現代社会でクレジットは誰しもが使う身近な存在です。

またより高額な買い物になればなるほど、クレジットを使った買い物をする人は増えていきます。

そんなクレジットを扱うのが信販会社です。

車の営業、製薬会社の営業のように華やかで派手ではありませんが、消費者の商品購入を見えないところで促進している存在です。

そんな信販会社の営業の紹介をします。

消費者の購買活動を促進させている影の立役者を知ってしまってください。

「信販会社の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

信販会社営業とはどんな仕事?

商品の売買方法の中で一番多いのが現金を使った方法ですが、商品の価格が高額になればなるほど、なかなか現金で商品を買うという事が難しくなってきます。

そんな時に利用されるのが信販会社のクレジットです。

信販会社の営業は自社のクレジットを加盟店に利用いただくために活動をします。

信販会社営業の役割とは?

大きく分けると信販会社の営業には二つ仕事があります。

ルート営業

既存で加盟店契約を結んでいる加盟店に出向き審査の状況、加盟店でのヒアリングを中心に月に何回か訪問します。

クレジットという商品は仕組み自体はどこの信販会社も同じです。

あとは審査が通りやすいか、加盟店へのバックリベートがどのくらいか、で比較をされます。

クレジット業界は競合の激しい業界です。

加盟店も一つの信販会社だけではなく、いくつかの信販会社と加盟店契約をしているところがほとんどです。

審査が通りにくい、クレジットを使ってもバックマージンが少ないと思われてしまうと、加盟店に他の信販会社を選ばれてしまします。

いつでも既存の加盟店にファーストオーダーをもらえるように関係づくりをしていくことが日々の営業活動で重要なことであります。

新規営業

信販会社はクレジットを使ってもらわなければ、売り上げがありません。

競合が激しいことは先ほども書きましたが、既存の加盟店だけでは売り上げを増やしていくことにはなりません。

既存加盟店を稼働させることと同時に新規加盟店も増やしていくことが売り上げを上げていくことにつながっていきます。

新規開拓は稼働加盟店を増やすための重要な仕事でもあります。

「信販会社の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

信販会社営業の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

訪問活動

新規開拓でもルート営業でも、加盟店へ訪問してお客様との関係づくりをします。

これは仕事の中でも一番重要な活動であります。

先にも書きましたが、クレジット業界は競合が激しい業界です。

加盟店との関係づくりは時として、バックマージンや手数料でどうしても競合先に勝てない時に、重要になります。

人相手の商売ですので、加盟店からファーストオーダーを頂くうえで、営業と加盟店の信頼関係があれば、「ここの信販会社であれば審査を通してもらえるであろう」「〇〇さんのところで、クレジットを申し込もう」と選んでいただけます。

勉強会、研修会

クレジット業界も民法改正などの法改正によって、実際の業務内容が変わることがあります。

またクレジットの新商品が発売されれば、その商品の勉強会を加盟店に行い取り扱って頂くよう販促活動をします。

こうした研修会も加盟店に時間を割いていただき、長い時では丸一日研修の講師として実施することもあります。

また加盟店の規模にもよりますが、一回の研修会で、50名から100名を相手に話すこともあります。

こうした研修資料や説明会のシナリオ等も自分で考えることも仕事になりますので、パワーポイントで資料を作ったりすることが多くあります。

頂いた申し込みのフォローアップ

クレジットは誰でも契約できるわけではありません。

契約をするためには審査が必要です。

審査の結果、保証人を依頼したり、減額を依頼したり、審査が通らないこともあります。

そうした時の加盟店へのフォローアップは重要であります。

「あちらの信販会社では審査が通ったのに、こちらの会社では通らないのはなぜか。審査が厳しいのではないか」そういった印象を加盟店にもたれてしまうと、次からの申し込みを頂くことが難しくなってきます。

フォローと言っても審査がすんなり通らない理由を加盟店に説明して納得していただければいいのですが、お客様の個人信用情報を加盟店に伝えることは個人情報の漏洩になりますので、具体的に何が原因で審査が通らないのかを伝えることはできません。

ですので、自社の審査部門に掛け合って、条件を緩くできないか交渉をしたり、加盟店に対して納得いただけるように個人情報に触れない程度に具体例等を出しながら説明をします。

仕事の流れ

日中は外回り

基本的に日中は外出して加盟店を訪問しています。

基本的には車での移動で、加盟店を訪問しつつ電話対応をします。

出先で事務的な仕事の依頼があれば、会社に残っている人に連絡をして代わりに対応をお願いしたりします。

訪問する加盟店も、予定は立てて訪問するようにしますが、突然のトラブルや問い合わせの対応で、予定が狂うことも多く、臨機応変に予定を組みなおすことが多いです。

また基本的には既存ユーザーへの訪問活動はアポイントを取りませんので、自由に予定は組めますが、あまりにも訪問する期間が空きすぎると、加盟店で働く方たちにすべてに会える機会が減り、違う信販会社に浮気をされてしまうこともありますので、注意が必要です。

月末月初は回収した契約書の処理や実績をまとめたりしますので、日中も会社での事務仕事が多くなることがあります。

帰ってきてからの事務作業

日中は訪問活動して、帰社後は資料の作成、訪問時に頂いた意見を会社へ報告等の仕事をします。

先ほども書きましたが、研修会の資料、訪問時の資料は自分で作りますので、調べもの、パワーポイントでの資料作成、印刷等も行います。

訪問時に頂いた意見を上司へ報告し、必要であれば報告書等を作成し、関係部署へ回覧をしたりします。

クレジットという商品自体の仕組みは出来上がっていて、正しく運用すれば問題は出てきませんが、加盟店は間違った運用をしたり、人為的なミス等が起こると、ひどければ法に触れたりすることが起きたりします。

信販会社の営業に入ってくる意見は様々ですので、文句レベルの意見から、法に触れてるような事件まで、様々な問い合わせが入ります。

そういった一つ一つの意見に対し、対応の仕方を変え、社内での報告業務を行っていきます。

信販会社営業はどういう人と仕事で関わるの?

信販会社の営業は加盟店で働くすべての人ととかかわります。

加盟店の社長、経理担当者、クレジットを使ってもらう現場営業担当者、販売員、年齢層も幅広く、男女問わずにかかわりコミュニケーションをとります。

社長、幹部

訪問するたび毎回会うわけではありません。

対会社で依頼をしなければならない時にアポイントを取り訪問します。

具体的には加盟店手数料の話、キャンペーンや研修の提案、現場での運用に法に触れる等の問題があれば、会社内での運用方法を見直して頂くように依頼をします。

あとは自社の社長、上司が表敬訪問する際にアポイントをとって同行する程度です。

経理、間接部門

クレジットは立て替え払いですので、お客様に代わってクレジット会社が、加盟店に商品代金を支払います。

ですから、経理担当者とも話すことは多く、商品代金の支払いに関して、送金額の差異があればその対応、そういった金銭関係の話をします。

また他間接部門に関しても、クレジットの拡販資材や社員研修に関することについても、企画担当者、研修担当者とも打ち合わせをします。

現場の営業担当、販売員

日頃の訪問活動の中で一番多く接することがあるのが現場の営業、販売員です。

自社のクレジットを使ってもらうために、仕事の話から世間話まで話の幅は広く、一番関係を作っていかなければならないところです。

仕事の話だけではなかなか関係は作れないもののです。

しかも、加盟店の規模によっては会う人数も桁が変わってきますし、年齢層も幅広く話題も豊富です。

年齢が変われば、同じ内容を伝えるにしても、言い方、ニュアンスを変えて言わなければ伝わらなかったりと、対人ですのですべてが同じでいいというわけではありません。

言葉選び、話題選び、多くの方と関係を作っているからこそ、大切であると思います。

信販会社営業の給料事情は?

正直、そこまでよくないと思います。

信販会社によって違いはあるとは思いますが、業界的に見ても給料がいいとは思いません。

多少なりともインセンティブが出たりはしますが、車のディーラーや完全歩合性の会社ほど努力が給料にしっかりと反映されるような業界ではありませんので、稼ぎたいといった方には向かない業界かと思います。

信販会社営業でやりがいを感じること

信販会社は「人のふんどしで相撲を取る」といったように、加盟店で物が売れないとクレジットも使ってもらえないという加盟店の業績に左右される商品です。

そういったものを扱う上で、やりがいは「感謝されること」に尽きると思います。

審査が通らない時に審査部門との交渉で契約をまとめる

審査部門も不良債権を抱え込まないように、申込に対し条件を付けたり、お断りしたりをします。

営業が使ってほしいと頼んでいるのに、いざ申し込みをしたら審査が通らなくて契約できない。

そういったときに営業として間に入り、審査部門に交渉をし、何とか前向きに話が進むように調整をし、契約ができたときに加盟店担当者に「ありがとう」と言われるとやりがいを感じます。

研修会の開催で、知識を提供する

どのような仕事もそうですけど、知識をしっかりと身につけなければ現場で仕事をすることができません。

そういった知識の提供を研修会を通して行うことで、現場の担当者から「研修会のおかげで一つ契約取れたよ」「わからないことがなくなった」という意見を頂けると、いってよかったなと感じます。

信販会社営業に向いている人のタイプは?

誰でもできる仕事だと思います。

商品の仕組み自体は完成されたものですので、特別クリエイティブな仕事かと言われればそうでもなく、かといって新規開拓をガツガツして契約をどんどんとっていこうといった仕事でもありませんので、万人に向いている仕事だと思います。

その中でもこんな人は特におすすめというのを書きに書きます。

コミュニケーション能力に自信がある方

先ほども書きましたが、幅広い年齢層の人と話をしますし、いろいろな性格の方がいらっしゃいます。

ですので、コミュニケーション能力が高くてデメリットになることはないかと思います。

また、日本全国で取引のある会社であれば、各地方言の聞き取りができないと仕事の話ができなかったりします。

私も、九州エリアを担当していたころは鹿児島弁がどうも聞き取れなくて苦労をしました。

また東北の方言もなれるまでに時間がかかると聞いたことがあります。

聞き取れなくても、コミュニケーションは取っていかなければなりませんので、時には身振り手振り、表情、すべてを使ってコミュニケーションをとっています。

そういったことから、コミュニケーション能力に自信のある方は向いているかと思います。

資料作成、調べものが得意な方

日中訪問活動をして、帰社後に研修会等の資料作成をします。

その時に、パワーポイントが使えなくて資料を作るのが苦手であると、限られた時間の中で準備をすることが難しくなります。

ですから、資料作成、調べものには極力時間を掛けずかつクオリティーも落とさない、そういったことができる能力がある人は向いているかと思います。

「信販会社の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

信販会社営業の仕事で良い面とは?

正直、派手さはありません。

加盟店に使ってもらってなんぼの仕事ですから。

営業と言っても裏方の地味な仕事が多いです。

ですが、加盟店の営業をサポートしたり、入社したばかりの新人の成長の携われたり、そういった部分ではやっていてよかったなと思います。

また労働時間もしっかりとしている業界なので、サービス残業もなく、休日出勤等も少ない業界であると思います。

基本的にはサポート

自分で活動したら実績がすぐに上がるわけではなく、加盟店を育てて稼働させることが仕事ですので、基本的にはサポートすることが大切です。

そういった意味では短期で実績が上がるというよりも、長期間で考えてどのように育てていこうか、予定を立てて必要なアプローチをしていきますので、成長過程に携われる、自分もその一端を担っているというのは、使命感があり、やっていてよかったなと思います。

ブラックな業界ではない

労働に関して悪質な業界ではないと思います。

と言いますのも、監査が厳しいので、労働に関しても会社側もサービス残業、休日出勤等かなり気にします。

サービス業、飲食業のように過酷な労働環境ではなく、きっちりと決められた時間の中で、働ける業界であると思います。

仕事が忙しければ、連日残業という事もありますが、ほかの業界と比べるとそこまで多くもないと思います。

まとめ

信販会社の営業はいろいろな営業職がある中で地味な部類に入ると思います。

また、板挟みになることも多く自分がしていないミスで加盟店、お客様に対して謝罪をすることもあります。

そう考えると立場も時と場合によっては、柔軟に変わり起きてしまった事態を収拾することを第一に仕事をしますので、実績にならないし、めんどくさい仕事だなと思ったりもします。

そういった中にいると、人間関係内でのバランス感覚は磨かれて行っていると思います。

仕事は地味ですが、関わる人の幅は広く自分の立ち位置を常に考えるようになりますので、関係の構築スキルは身につく業界かと思います。

私は、誰でもできる仕事であると思います。

高額な給料、華やかさを求めるのであれば向きませんが、そうでなければ誰にでもできると思います。

私も新卒で信販会社に就職しましたが、社会人としてのスタートをこの業界できれてよかったと思っています。

仕事は地味ですが、生きていくうえで必要なコミュニケーション能力も磨かれますし、何より労働環境がいいので、これからの未来に絶望することがありませんでした。

物を買い手段の一つとして、クレジットが無くなることはないかと思います。

もしこの記事を見て興味を持たれましたら、ぜひ詳しく調べてみてください。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います