「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?

リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。

派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。

有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?

今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。

「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと

仕事のスタイル

人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?

企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。

そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれません。

しかし、人材業界の営業職の仕事のスタイルは大きく2つに分かれています。

それは、「求人媒体型」と「紹介・派遣型」の2つです。

求人媒体型

これは、よくCMで目にするリクナビやマイナビなどの求人サイトの営業になります。

実際にどういったことをするかというと、求人の募集をかけたい企業に対して、自社媒体に掲載してもらうための新規営業もしくは、他社媒体から乗り換えてもらうための営業をする形になります。

簡単に言うと、新規開拓の営業スタイルになります。

紹介・派遣型

これは、人材紹介や人材派遣の営業になります。

求人媒体型と違うこととしては、そこまで新規に特化した営業ではない点が挙げられます。

もちろん、新規企業を開拓することは大事なのですが、それよりも人材のマッチング力が大事になります。

人材紹介や人材派遣は、採用が決まったタイミングで報酬が発生するため、単に企業と契約するだけではダメなのです。

企業と求職者をいかにマッチングさせて、採用につなげるかが大事になる営業です。

このように、一口に「人材営業」と言っても、仕事のスタイルはどういう形の人材会社かによって大きく変わってきます。

人材会社の営業職への転職を考える際は、まずどちらのスタイルで働きたいのかをしっかり考えた上で企業を選んでください。

働くエリア

先ほどは仕事のスタイルに関して述べましたが、もう一つ考えないといけない部分が、エリアになります。

「転職をしたい!」と思っても、自分の住んでるエリアで転職が可能なのかが気になりますよね。

大都市であれば、人材系の企業が多数ありますが、地方都市では、大手だと支社や支部がある企業は限られています。

なので、地元の企業しかない!ということも発生します。

加えて、複数エリアに支社や支部がある企業は、転勤がある可能性があります。

地元で働きたいと思ったとしても、数年後には転勤…なんてことがよくあります。

なので、自分がどこでどういった働き方をしたいのかを十分考えてから動くようにしてください。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

企業に関する情報を知る

人材業界への転職をする際に、大切なのは、企業の特徴を知ることです。

やはり、会社によって得意、不得意な分野があるので、それぞれの特徴を知っておくことが大切になります。

例えば、新卒採用だとマイナビがシェアNo.1だったり、エンジニアの採用だとパーソル(DODAの運営会社)が強かったり、と企業によって特色があります。

会社によっては、求人媒体型と紹介・派遣型を併せ持っている会社もあるので、どういうスタイルで、どの分野の仕事をしたいのかをしっかりと見極めてください。

実際に働いていた人に話を聞く

もし知り合いに、実際に働いていた人がいれば、ぜひ話を聞いた方がいいです。

なぜなら、人材業界は人の入れ替わりが非常に激しいからです。

理由は様々ありますが、入る人も多ければ、辞める人も多いという事実があります。

また、社内の雰囲気は会社によってかなり変わってくるので、事前に聞いておいた方がいいと思います。

「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するに当たっての必要な心構え

折れない心を持つ

人材営業で一番大切なことは、ズバリ「折れない心」を持つことです。

求人媒体型、紹介・派遣型のどちらの企業においても、営業職はハッキリ言って楽ではありません。

求人媒体型は、常に新規開拓やリプレイスを求められますし、紹介・派遣型は、企業と求職者の板挟みになることがしばしば。

ちなみに、入社したのが人材大手だからといって、企業のアポイントは思っている以上に取れません。

新規開拓は正直言って、かなり大変だと思います。

なので、人材業界問わず営業職の求人で、新規開拓の営業職は一番人気が無かったりします。

ただ、苦労した分、新規開拓をした企業で採用が成功した際の嬉しさは格別です。

気持ちの切り替えを早くする

人材業界でどういった形の営業をするかによっても変わってきますが、基本的に仕事のスピードはかなり早いです。

新卒採用であれば、3年計画、5年計画で採用をしていくなんてことはザラにありますが、中途採用やパート・アルバイト採用、人材派遣は短期決戦での求人活動が多いです。

媒体に載せて応募を集めるのも、人材のマッチングをするのも1分1秒のスピード勝負です。

特に、今は有効求人倍率が非常に高い状態なので、企業の求める「良い人材」は一瞬にして採用が決まってしまいます。

単に新規開拓で企業を追いかけるだけではなく、採用の部分までフォローするのが、人材営業になります。

なので、新規開拓出来たかだけではなく、採用に成功したのか否かの結果までを、ものすごいスピードで追いかけていく形になります。

そのため、次のようなことを個々の担当企業において考えていると、パンクしてしまいます。

  • 新規企業のアポイントが取れた・取れない
  • 採用に成功した・失敗した

だからこそ、気持ちの切り替えをいかに早くするかが大事になるのです。

人材営業の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

売上を常に上げ続ける

人材営業において年収を上げるには、売上を常に上げ続けことに尽きます。

インセンティブや昇給、賞与の評価は全て売上に紐づいています。

そのため、常に高い売上をキープできれば年収は前職よりもかなり良くなりますが、売上が上がらないと前職と同等もしくは低くなってしまう可能性は十分にあります。

ただ、人材会社は年功序列ではなく、実力主義的な部分もあるので、最初は売れない営業でも徐々に売れていけば、マネージャー職への昇格は、他の企業に比べて早い傾向にあります。

年収を上げるチャンスはかなり多いのも事実です。

人材営業で人気な業界とその理由

人材営業と言っても、色んな会社で募集がかかっていますよね。

そんな中、どの企業を選べばいいか困ってしまいませんか?

今回は、その中でも人気のある企業を3つご紹介します。

リクルートホールディングス

人材業界のトップをひた走るのが、リクルートホールディングスです。

圧倒的な立ち位置に関しては、今のところ不動のものとなっています。

人気な理由

会社としての売上もさることながら、人気の理由としては、「多角的な事業展開」と「若手でも新規事業等に挑戦できる社風」があります。

古くからある会社はどうしても年功序列の風潮が強いですが、リクルートは実力があればどんどん任せてもらえるため、結果が目に見えやすい会社です。

また、多くのビジネス誌で、リクルート出身で活躍している人々が記事になっていることも、要因の一つかと思われます。

パーソルホールディングス

人材業界の売上2位を誇っている会社です。

2013年にインテリジェンスを買収し、人材業界の幅広い分野で活躍をしている会社です。

人気な理由

転職支援から派遣まで、かなり幅広い分野をカバーしていることもあり、また、特定の分野に強いのも人気の理由の一つです。

やはり、強い分野が無いと営業職の人間にとっても売り込みにくくなってしまうため、専門性があると営業もしやすくなります。

パソナグループ

人材業界の売上3位がパソナグループになります。

様々な事業展開をしており、現在、子会社は66社あります。

人気な理由

パソナグループは、雇用創造に重点を置いています。

そのため、他の人材会社とは少し毛色の違うことをやっています。

支援対象もアマチュアスポーツ選手や農林・農業系など多岐にわたっていることから、よりニッチな部分でのサポートをしたい、という方からは人気があります。

「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった人材営業の求人の選び方や注意点

さて、ここまで人材営業のタイプや転職成功のためのポイントに関して述べてきましたが、実際のところ、自分に合った人材営業の求人は一体何なのかが気になりますよね。

では、実際にどういったポイントで求人を探すべきなのかをまとめてみました。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態に関しては、人材営業だと正社員採用のものが基本になります。

ただ、大手になると育児などを考慮した時短勤務やリモートワークも可能だったりするので、働き方はある程度柔軟性があると思います。

しかし、契約社員やパート・アルバイトでの採用自体は、中々ないため、正社員でしっかり働きたい方にとってはおすすめです。

【選び方②】職種から探す

基本的には、職種は営業職になりますが、これは、いわゆる転勤ありの総合職、といった形になります。

企業によっては、転勤のないエリア限定職という形もあります。

エリア限定職は転勤がない代わりに給与面が少し低かったりはしますが、地域に根付いて働くことが出来るため、どのエリアで働くかを重視されている方には、こちらがおすすめです。

【選び方③】会社の業態から考える

一番最初でも触れましたが、人材会社の業態は大きく2つに分かれます。

求人広告型と紹介・派遣型です。

ガンガンテレアポや飛び込みをして新規開拓をしてみたい!という方であれば、求人広告型が向いていると思いますし、企業や求職者のニーズをしっかり聞くことを重視したい!という方であれば、紹介・派遣型が向いていると思います。

加えて、人材以外の事業を同じ会社で展開していれば、人材営業として中々活躍が難しくても、今後社内異動で別の事業に携われる可能性もあるので、そこも考慮して企業を見た方がいいかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

雇用条件は、企業ごとの差はあまりないかもしれませんが、給与に関しては、かなり変わります。

どこを見るかというと、ズバリ賞与と手当です。

月給に関しては、同規模の企業同士だと大きくは変わらないのですが、実は、賞与でかなりの差が出ています。

年間支給が1.0ヶ月の企業もあれば、高い企業だと7.0ヶ月近い企業もあります。

仮に月給が25万円だとすると、賞与だけで150万程の差が出てしまうので、ここは注意して見た方がいいです。

また、手当も大事です。

営業手当や家賃補助が出ているかどうかなどで、月給が一緒でも企業によって支給額が大きく変わってきます。

なので、実際にどの手当がどれくらい出るのかもしっかりチェックしましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

地方エリアで働きたい、という方はこの部分が必須ですよね。

まずは、働きたいエリアでどの企業が募集をしているのかを確認してみてください。

大手の企業は、支社があったりしますが、場合によっては、大手の代理店しかない、というエリアもあります。

代理店だと、待遇などは大手とかなり違ってくるので、条件面をしっかり確認するようにしてください。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

これは、好きなブランド…というより、名前を知っているかどうかに近いですね。

知名度の高さだとリクルートがトップです。

やはり、自分に馴染みがある企業だと親しみは沸きやすいです。

あとは、過去に自分が使っていたサイトや会社があると、仕組みもある程度わかっているので、仕事には取り組みやすい部分があります。

ちょっとしたことでもいいので、こっちの方が好き、というものがあると、悩んだ時に決めやすくなります。

まとめ

ここまで、人材営業に転職するためのポイントや見極め方に関して説明をしてきましたが、いかがでしょうか?

人材営業と言っても、様々な企業や仕事のスタイルがあるため、一概に言うことはできません。

しかも、求人情報に書いていないことは、実際、山のようにあるため、「思っていたのと違った!」ということで、絶え間なく人の入れ替わりがあるのも事実です。

しかし、人材営業の仕事は、企業にとってより会社を発展させるための人材を繋ぎ、求職者に対しては、新たな人生をプレゼントできる、とても素敵な仕事だったりします。

ほんの些細なことでも人生は大きく変わります。

これからの企業と求職者の未来に関われる、そんな仕事をしてみたい!

という方は、人材営業も一つの候補としてみてくださいね。


関連キーワード

営業求人