営業職は外勤営業と内勤営業の2つに分類されます。

内勤営業はいわゆる「スーツで外を歩き回る」一般的な営業のイメージとは違い、会社の内部で来店されたお客様に対して営業活動を行う仕事です。

今回はそんな内勤営業のやりがいについて紹介しますので、内勤営業への就職や転職をお考えの方は参考にしてください。

内勤営業の仕事でやりがいを感じる6個のポイント

内勤営業と外勤営業の違いは、お客様を接客するのが社内か社外かです。

社内で接客する内勤営業は、サービスや商品を購入する気でいる意欲の高い顧客に対して、商談を成立させやすいというメリットがあります。

反面、ゼロから顧客とのパイプを作り上げていく事は苦手としています。

直にお客様と接したり、電話で対応したり様々なスタイルがあるのも内勤営業の特徴です。

そんな内勤営業ですが、やりがいを6つ挙げることが出来ます。

お客様と直に接することが出来る

来社されたお客様と直に接することが出来るのが内勤営業の大きな特徴の一つです。

商品やサービスを一から説明して購入に繋げ、お客様から「ありがとう」と感謝されると大きなやりがいを感じます。

法人ではなく個人を相手にすることが多いので、あまり気張らず接客することもできます。

一つの仕事に集中して取り組める

外勤営業は移動やプレゼンの準備など他の作業に時間を取られやすい、体力を消耗させられるというデメリットがあります。

一方で、内勤営業はお客様への接客と売り込みに全力を注げることが出来るという強みがあります。

品知識などスキルの習得も速いです。

メリハリがはっきりとしている

外勤営業は休日出勤や夜遅くの営業、接待など平日休日の区別なく働かされることが多いという問題があります。

その点、内勤営業は会社が閉店すれば業務終了なので、仕事とプライベートのメリハリが効きやすく、休日もしっかり休めるというメリットがあります。

それを反映してか女性が数多く働いているのも内勤営業の特徴です。

特定の人間と仲を深めることが出来る

一人で会社の外へ行き営業するのが外勤営業の特徴ですが、内勤営業は部署内の同じメンバーと毎日働きます。

内勤営業はチームワークが求められるので、部署内の人間とは関係を深めやすいです。

常連客やお得意様として、来店されるお客様とも親密になることが出来ます。

物事を正確に説明するスキルが身につく

内勤営業は購入意欲の高いお客様を対象としており、商談を成立させるにはサービスや商品を正確に説明することが必須となります。

その過程で他人に物事を正確に説明し、質問などにもしっかり対応するコミュニケーションスキルや対応力が身に付きます。

他の営業職にも転職しやすい

内勤営業は接客対応や事務処理能力、チームワークが身につくので営業職としての基礎を学ぶことが出来ます。

将来的に、外勤営業やセールスエンジニアなど別の営業職へ転身する時に、内勤営業で培ったスキルや経験をアピールすることが出来るので転職でも有利になります。

やりがいはあるけども....知っておいて欲しい大変なこと

このように外勤営業と比べて様々なメリットのある内勤営業ですが、もちろんデメリットもあります。

外勤営業は会社の外に出れる分色々自由にふるまえる面もありますが、会社内での営業が主の内勤営業ではそれがありません。

それによってさまざまなデメリットが生じます。

内勤営業のデメリットを5つ紹介しますので、内勤営業に興味のある方はまずデメリットをチェックしてください。

閉鎖的な環境を強いられる

社内で働く内勤営業は、会社の監視を受けやすいというデメリットがあります。

外勤営業は外回りなので、豪華な食事をとったりこっそり休憩したりとある程度自由にふるまえる時もありますが、内勤営業では難しいです。

ミスや失敗などもダイレクトに同僚や上司に知れ渡るので、フォローもしにくいです。

お客様のクレームにも直に接する必要があります。

閉鎖的な環境も苦にしないという方ならこの仕事に向いているでしょう。

人間関係に悩まされる

外勤営業は様々な人間に出会いますが、基本一人で働くので社内での人間関係にあまり悩まされません。

しかし、内勤営業は同じ部署の人間と力を合わせて働く必要があるので、人間関係が悪化した時につらい思いをすることになります。

同じ場所にとどまるので孤立しても逃げ場はなく、閉鎖的なので陰湿ないじめなども発生しやすいです。

内勤営業を行う場合は人間関係をある程度調整できる力が必要となります。

運動不足

外勤営業が一日中動き回る仕事とすれば、内勤営業は一日中社内にとどまる仕事です。

デスクワークなども多いので、外で出歩く仕事をしたいという方には向いていない仕事です。

運動不足になると体重も増えますし、長時間パソコンを触るような仕事内容だと目の疲れや肩の凝りなども出てくるようになります。

一日中同じ場所に留まることが苦にならない方なら内勤営業をおすすめできます。

お客様の動向をつかみにくい

外で様々なお客様や同業者と出会い情報の入ってくる外勤営業と違い、来社されたお客様のみを対象にするので顧客の動向が見えにくいのが内勤営業のデメリットです。

一生懸命スキルや商品知識を勉強しても、それがはたしてお客様のニーズをつかんでいるのか不透明なことが多いです。

商談が成立したお客様だけでなく、不成立だったお客様にも詳細にヒアリングして次につなげることが内勤営業には求められます。

外勤営業よりハードな職場もある

外勤営業より比較的楽なことが多い内勤営業ですが、一部職場では外勤営業よりはハードな営業を強いられることもあります。

携帯電話販売会社など生活必需品を販売する業態の場合、毎日のように夜遅くまでお客様が押し寄せ、閉店しても業務の整理で深夜まで働かされるケースもあります。

住宅など高額な商品を販売する場合もハードな労働を強いられることが多いです。

まとめ

いかがでしたか?

内勤営業は一般的なイメージの営業とは違いますが、その分様々なメリットがあり営業職としての基礎も身に付く有意義な仕事です。

もちろん仕事である以上大変なこともありますが、学べることも多いので興味のある方はぜひ内勤営業職を志望してみてください。


関連キーワード

営業求人